レスラーノート

クリス・マスターズ

CHRIS MASTERS

本名:クリス・モルデスキー
1983年1月8日
カリフォルニア州サンタモニカ出身
196cm 122kg

通称
ザ・マスターピース
タイトル歴
OVWタッグ
WLWヘビー
PCWヘビー
NWAナショナルヘビー
NWAナショナル
得意技
マスターロック(フルネルソン)

通称「ザ・マスターピース」。ボディビルダーとして活躍後、02年にデビュー。UPWで活躍後、WWEのファーム団体OVWに入団。芸術品のような体格をビンス・マクマホンが気に入り、1軍昇格を催促させた。05年2月にWWEのRAWに進出。21日のRAWでのデビュー戦ではスティーブン・リチャーズをフルネルソン(後にマスターロックと呼ばれる)から1分弱で勝利した。その後、自分のマスターロックを外せたら賞金がもらえるという「マスター・ロック・チャレンジ」を行ない、一度も破られることはなかった。8月からショーン・マイケルズと抗争。10月の「アンフォーギブン」でマイケルズと対戦し敗れた。9月ごろからカリートと組むようになった。 06年4月2日、PPV「レッスルマニア」でカリートと組んでビッグショー、ケイン組の世界タッグ王座に挑戦。6分41秒、ケインのチョークスラムにカリートが敗れた。この試合をきっかけにカリートと仲間割れ。

2007

07年3月、ついにECW王者のボビー・ラシュリーによってマスター・ロック・チャレンジが破られた。11月にWWEを離脱。12月20日、IGFの有明コロシアム大会にクリス・ムーアの名で登場。柳澤龍志と対戦。柳澤の重厚なミドルキックに苦戦したが、ラリアット2連発から5分46秒、マスターロックで勝利した。

2008

08年2月9日、ミズーリ州ホーランドでキース・ウォーカーを破りWLWヘビー級王座を獲得。3月14日から19日にかけてイギリスの団体NLWのツアーに出場。6月12日から7月20日まで、イタリアの団体NWEのスペインツアーに出場。10月26日から11月2日にかけて、NWEスペインツアー(全3大会)に出場した。

2009

09年7月にWWE・RAWに復帰。10年4月、ドラフトでスマックダウンに移籍。

2011

11年1月18日、NXTの放送でバイロン・サクストンと対戦。マスターロックで勝利。2月1日、NXTの放送でバイロン・サクストンと対戦。マスターロックで勝利。4月のドラフトでRAWに移籍。8月5日、WWEを離脱。その後はインディー団体を転戦。

2014

14年、イギリスのPCWで活躍。8月1日、ジョーイ・ヘイズを破りPCWヘビー級王座を獲得。11月29日、イギリス・プレストンでのPCWとROHの合同興行でデイブ・マスティフ、ウーハー・ネイションとの3WAYマッチに敗れて王座転落。

2015

15年3月14日、ネイションとの敗者PCW追放ノーDQマッチに勝利して王座奪回。7月10日、デイブ・マスティフに敗れて王座転落。7月27日、TNAに登場。ジェフ・ジャレットのGFWの一員としてクリス・モルデツキーの名で参戦し、TNAと抗争を展開。9月16日放送のTNAインパクト・レスリングで決着戦。GFWのジャレット、エリック・ヤング、ブライアン・マイヤーズ、サンジェイ・ダットと組んでTNAのラシュリー、ドリュー・ギャロウェイエディ・エドワーズデイビー・リチャーズブラム組を相手にリーサル・ロックダウン(凶器使用の金網マッチ)で対戦。大混戦の末、ギャロウェイのフューチャー・ショックにマイヤーズが敗れた。この大会でGFWがTNAから撤退した。

2017

17年4月6日、クリス・アドニスに改名してインパクト・レスリングに登場。イーライ・ドレイクと共にヒールとして活躍。10月19日、インパクト・レスリングの放送でジョニー・インパクト(ジョン・モリソン)と対戦。インパクトエルボーに敗れた。

2018

18年1月、インパクト・レスリングを離脱。

2021

21年3月21日、NWAのジョージア州アトランタ大会でトレバー・マードックのNWAナショナル王座に挑戦。丸めこまれてフォール負け。3月30日、NWAのジョージア州アトランタ大会トレバー・マードックのNWAナショナル王座にノーDQマッチで挑戦。マスターロックでレフリーストップ勝ち。NWAナショナル王座を獲得。ナショナル王座はNWA世界王座への挑戦権をかけたバトルロイヤルに出場するため返上。5月25日、NWAの放送でNWAナショナル王座を返上し、NWA世界王座への挑戦権をかけたバトルロイヤルに出場したが、トレバー・マードックの勝利に終わった。6月7日、NWAのジョージア州アトランタ大会での王座決定戦でJTGを破りNWAナショナルヘビー級王座を再び獲得。6月22日、NWAの放送で、空位となったナショナル王座決定トーナメントに参戦し、1回戦でパロウ、トム・ラティマーと3WAYマッチ。ラティマーと雪崩式ブレーンバスターをパロウに決めてハイタッチ。ラティマーにトップロープに上がるように指示。ラティマーがトップロープに上がっている隙をついてそのままパロウにフォール勝ち。7月6日、NWAの放送での決勝でJTGと対戦。マスターロックで勝利。NWAナショナル王座を獲得した。8月29日、ミズーリ州セントルイスでのNWAの73周年記念大会でジェームズ・ストームを相手に防衛戦。丸めこんでフォール勝ち。9月1日、NWAのミズーリ州セントルイス大会でニック・オルディスと対戦。テキサスクローバーホールドに敗れた。12月4日、NWAのジョージア州アトランタ大会でジューダスを相手に防衛戦。マスターロックで勝利。

2022

22年2月12日、NWAのケンタッキー州オークグローブ大会でアンソニー・メイウェザーを相手に防衛戦。丸めこまれてフォール負けして王座転落。2月19日、NWAの放送でフェイブル・ジェイクと対戦。マスターロックで勝利。同放送でマーシュ・ロケットと対戦。マスターロックでレフリーストップ勝ち。6月11日、NWAのテネシー州ナッシュビル大会でジャックス・ダンのNWAナショナルヘビー級王座に挑戦。ラリアットに敗れた。7月12日、NWAのテネシー州ナッシュビル大会でトム・ラティマーと対戦。ブライターサイド・オブ・サファリングに敗れた。8月23日、NWAの放送でカプリス・コールマンと対戦。マスターロックでレフリーストップ勝ち。8月27日、NWAのミズーリ州セントルイス大会でオディンソンと対戦。スプレー攻撃をくらって反則勝ち。9月17日、NWAの放送でのナショナル王座決定トーナメント予選でカプリス・コールマンと対戦。マスターロックで勝利。9月20日、NWAの放送でのナショナル王座決定トーナメント準決勝でジェイク・デュマと対戦。マスターロックで勝利。12月13日、NWAの放送でジャックス・ダンと対戦。マスターロックを決めたところで急所蹴りをくらって反則勝ち。