ダークロHP

ロン・ハリス
RON HARRIS


1963年10月23日
フロリダ州オーランド出身
203cm 130kg
タイトル歴:WCW世界タッグ USWAタッグ チャンピオンシップUSAタッグ WLW世界ヘビー PNWヘビー PNWタッグ
得意技:チョークスラム

双子の弟、ドン・ハリスと共に大型のタッグコンビとして全米各地をサーキットした。デビュー前はウェストパームビーチで警察官をしていた。ドン・ハリスと共に87年11月にテネシーでデビュー。足首をケガして長期欠場。91年春にドンと共にオレゴン地区のPNWに入り、ブルーズ(生傷)ブラザースと名のって活躍した。パシフィック・ノースウェスト・タッグ王座は6度獲得。92年1月18日、パシフィック・ノースウェストヘビー級王座を獲得。2月7日にスティーブ・ドールに敗れて王座転落するが、3月24日に奪回。7月にPNWが崩壊した。同年にオリエンタルプロレスに来日し、剛竜馬ジェシー・バーと抗争を展開。11月18日、後楽園ホールで剛、ジェシー・バー組を破り、初代チャンピオンシップUSAタッグ王座に就いた。92年12月28日から93年2月15日にかけて、メンフィス地区でドンと組んでUSWAタッグ王座を3度獲得。その後、95年にWWFに進出。96年にECWに登場。同年後半からWWFに復帰し、グリム・ツインズとしてタッグ戦で活躍。ブライアン・アダムス、ブライアン・リー、ドン・ハリスと共にバイカー集団のDOAとして活躍。99年10月にWCWに登場。同年11月22日、00年2月12日、3月19日にはWCW世界タッグ王座を獲得している。01年に全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦に参加。優勝決定トーナメントに進出し、1回戦(準決勝)で川田利明長井満也組と対戦。7分5秒、川田のストレッチ・プラムにドンが敗れた。03年8月、WLW世界ヘビー級王者としてノアに来日。9月12日、日本武道館で森嶋猛とタイトルマッチを行った。試合のほとんどを圧倒的に攻めていたが、14分29秒、森嶋のバックドロップに敗れて王座陥落。あまりにひどい試合内容のため、試合後にブーイングが起こった。右腕にライトニングボルトのタトゥーがあるのがロンで、左腕にあるのがドン。05年に引退。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP