レスラーノート

ロバート・ギブソン

ROBERT GIBSON
本名:ルーベン・ケイン
1958年7月19日
フロリダ州ペンサコーラ出身
183cm 105kg

タイトル歴
南部タッグ(テネシー版)
SMWタッグ
NWA世界タッグ

実兄のリッキー・ギブソンとのコンビでフロリダでデビュー。テネシー地区に転戦し南部タッグを79年から80年の間に2度獲得するがリッキーが引退したためチーム解散。ケン・ルーカスとのコンビを経て、83年4月にリック・モートンとのロックンロール・エキスプレスを結成し全米的な人気者となる。ミッドナイト・エキスプレス、ラシアンズと抗争。NWA世界タッグ王座を通算4度獲得。88年5月、全日本プロレスに初来日。91年にコンビ解散後はWCWで活躍。モートンとも対決した。9月には単独で全日本プロレスに来日した。92年、モートンとのタッグをSMWで再結成。SMWのタッグ王座を通算10度獲得。SMW崩壊後はシングルに戻るが、98年、WWFにモートンと復帰。WWF離脱後はロックンロール・エキスプレスとしてテネシーやカロライナのインディ・マットで活動。06年12月、WWE・OVWのトレーナーに就任。07年10月13日、WWEから解雇された。その後もインディー団体を転戦。

2018

18年4月7日、ハウス・オブ・ハードコアのルイジアナ州ニューオリンズ大会でモートン、ヘルムズと組んでスクワッド・ワールド・オーダーと対戦。モートンがフランケンシュタイナーを決めて、モートンとギブソンのダブルのドロップキックで勝利。

2019

19年8月25日、ROHのテネシー州ナッシュビル大会でモートンと組んでブリスコブラザーズのROH世界タッグ王座に挑戦。マーク・ブリスコのフロッギーボウにギブソンが敗れた。9月28日、新日本プロレスのアメリカ・ローウェルメモリアルオーディトリアム大会でモートンと組んでチェーズ・オーエンズ邪道組と対戦。9分10秒、オーエンズのパッケージドライバーにモートンが敗れた。9月29日、アメリカ・マンハッタンセンター・ハマースタインボールルーム大会で棚橋弘至、モートンと組んで内藤哲也鷹木信悟BUSHI組と対戦。10分19秒、棚橋がハイフライフローでBUSHIに勝利。9月30日、新日本プロレスのアメリカ・2300アリーナ大会でモートン、棚橋弘至、後藤洋央紀石井智宏YOSHI−HASHIと組んでジェイ・ホワイトKENTAタマ・トンガタンガ・ロア、チェーズ・オーエンズ、外道組とイリミネーションマッチ。1対1の対戦となり、22分20秒、棚橋がハイフライフローでオーエンズに勝利した。

2020

20年1月27日、新日本プロレスのノースカロライナ州ダーラム・アーモリー大会でモートン、アレックス・ゼインと組んで矢野通コルト・カバナロッキー・ロメロ組と対戦。10分41秒、矢野の横入り式エビ固めにアレックスがフォール負け。1月30日、新日本プロレスのフロリダ州チャールズ・F・ドッジ・シティ・センター大会でモートンと組んで矢野通、コルト・カバナ組と対戦。7分17秒、カバナの横入り式エビ固めにギブソンがフォール負け。2月1日、新日本プロレスのジョージア州アトランタ・コカコーラ・ロキシー大会で棚橋弘至、モートンと組んでTJP、アレックス・ゼイン、クラーク・コナーズ組と対戦。13分19秒、棚橋がハイフライフローでコナーズに勝利。