ダークロHP / レスラーノート

村浜武洋

1974年12月5日
石川県石川郡野々市出身
163cm 70kg
得意技:加賀百万石アッパーカット トペコンヒーロ ブレーンバスター

93年12月、シュートボクシングでデビュー。JSBAカーディナル級王座、KICK世界スーパー・フェザー級王座を獲得し、97年11月にはK1ジャパン・フェザー級グランプリで優勝に輝く。99年7月にシュート・ボクシング協会を退団し、00年1月よりフリーとして大阪プロレスに登場。1月4日、大阪の、なみはやドームにおける星川尚浩戦でプロレスデビューした。5月には第2代大阪プロレス王者となる。6月、大阪プロレスに入団し、プロレスラーに転向。12月14日、大阪の新日マット初参戦ではライガーに真っ向勝負を挑んだ。01年1月8日、「DEEP2001」でバーリトゥードに挑戦し、ホイラー・グレイシーと引き分けた。4月20日、後楽園ホール大会で田中稔のIWGPジュニア王座に挑戦。ハイキックで田中の左後頭部を裂傷させるなど壮絶な打撃戦を展開したが、15分51秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。01年のプロレス大賞新人賞を受賞。03年6月13日、新日本プロレスの日本武道館大会で4代目タイガーマスクのIWGPジュニア王座に挑戦。15分37秒、タイガースープレックスに敗れた。 04年2月24日、K1に出場し、山本"KID"徳郁と対戦。2R2分38秒にKO負け。 05年1月に大阪プロレスを退団。6月17日、ゼロワンマックス入団を発表。7月6日、HERO'Sミドル級トーナメントに出場。レミギウス・モリカビュチスに1分14秒に左フックでKO負け。試合後には「総合のレベルが上がり過ぎていて、対応しきれない。K1と総合とプロレス、最近ではK1とプロレスをやってましたけど、かけもちではもう無理」と総合格闘技からの撤退を表明。 06年4月1日、靖国神社大会で小笠原和彦と対戦。5分46秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。4月末にゼロワンマックスを離脱。 07年1月からUWAI STATIONに出場。4月12日、R.I.S.E.の後楽園ホール大会で水谷秀樹と対戦。3R判定負けに終わった。7月13日、UWAI STATIONの大阪・松下IMPホール大会で吉江豊と対戦。4R1分46秒、ダイビング・ボディプレスで敗れた。その後は格闘技大会に出場。 10年3月27日の試合から村浜TAKEヒーローに改名。 12年4月15日、チャクリキの堺市産業振興センター大会でyama刃と2分3Rで対戦。引き分けに終わった。 13年6月9日、チャクリキ二刃会の大阪・はびきのコロセアム大会のメインでyama刃と3分3Rで対戦。0対2の判定負け。 16年12月2日、大阪市立城東区民センターでの元新日本プロレス取締役の上井文彦のプロデュース興行で高岩竜一と対戦。7分42秒、デスバレーボムに敗れた。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP