レスラーノート

マイティ井上

本名:井上末雄
1949年4月12日
大阪府大阪市福島区出身
175cm 105kg

通称
和製マットの魔術師
タイトル歴
IWA世界ヘビー
IWA世界タッグ
世界ジュニア(全日本プロレス)
NWAインターナショナルジュニア
アジアタッグ
得意技
サマーソルトドロップ

大阪学院高校では柔道部(柔道2段)。大阪のボディビルジムで体を鍛える。67年春の高校卒業と同時に国際プロレスに入団。7月21日、名古屋市金山体育館の仙台強戦でデビュー。13分27秒、逆さ押さえ込みで敗れた。 70年8月、小林と共にヨーロッパに遠征。ミッキー井上の名で活躍。 71年2月にいったん帰国し、3月に再渡欧。 72年4月にカナダにも遠征。10月に帰国。10月28日、佐野市民体育館大会で凱旋帰国試合。レッド・バスチェンと3本勝負で対戦し、1対1から時間切れ引き分け。 74年10月7日、越谷市体育館でIWA世界ヘビー級王者のビリー・グラハムと対戦。3本勝負で行われた試合は、1本目が12分4秒、逆さ押さえ込みで井上が勝利。2本目は6分15秒、カナダ式背骨折りでグラハムが勝利。3本目は3分48秒、逆さ押さえ込みで井上が勝利。IWA世界ヘビー級王座を獲得した。 国際プロレスのエースとして活躍が期待されたが、75年4月、マッドドッグ・バションに敗れて王座転落。6月8日、グレート草津と組んでIWA世界タッグ王座を獲得。12月2日、グレート草津と組んでIWA世界タッグ王座を獲得。12月11日、全日本プロレスの日本武道館大会(力道山13回忌大会)でヒロ・マツダのNWAジュニア王座に挑戦し、2対1で敗れた。 76年6月11日、グレート草津と組んでIWA世界タッグ王座を獲得。 77年4月に2度目のカナダ遠征。8月に帰国。11月6日、後楽園ホール大会でアニマル浜口と組んで小鹿大熊組を破りアジアタッグ王座を獲得。12月に女優の西尾三枝子と結婚(80年4月に離婚)。 78年11月3日から始まった日本リーグ争覇戦に参戦。3勝2敗2引き分けでリーグ戦を突破。11月25日、蔵前国技館大会での決勝トーナメント1回戦でジャンボ鶴田と対戦。16分38秒、回転エビ固めにフォール負け。 79年2月23日、アニマル浜口と組んでIWA世界タッグ王座を獲得。 80年7月15日、アニマル浜口と組んでIWA世界タッグ王座を獲得。 81年5月16日、後楽園ホール大会で阿修羅原と組んでIWA世界タッグ王座を獲得。8月の国際プロレス崩壊後、10月に全日本プロレスに正式入団。10月9日、後楽園ホール大会でミル・マスカラスのIWA王座に挑戦。9分15秒に敗れた。11月1日、後楽園ホール大会で阿修羅原と組んで佐藤石川組のアジアタッグ王座に挑戦し、2対1で敗れた。その後は中堅選手として活躍。 82年9月にヨーロッパ遠征。西ドイツのハノーバートーナメントに出場。 83年2月に阿修羅原と組んで佐藤、石川組を破りアジアタッグ王座を獲得。12月12日、蔵前国技館大会でザ・モンゴリアン(ジン・ルイス)と対戦。10分18秒、逆さ押さえこみでフォール勝ち。 84年2月にチャボ・ゲレロを破りNWAインターナショナルジュニア王座を獲得。8月に行われた世界最強ジュニアタッグリーグ戦ではグラン浜田と組んで優勝。 85年10月31日、石川と組んでアジアタッグ王座を獲得。12月12日、日本武道館大会で新倉史祐と対戦。9分48秒、サンセットフリップで勝利。 86年12月12日、日本武道館大会でヒロ斉藤と対戦。11分19秒、両者リングアウト。 87年7月30日、石川と組んでアジアタッグ王座を獲得。 89年1月25日、大阪府立体育会館でジョー・マレンコを破り世界ジュニアヘビー級王座を獲得。3月8日、日本武道館大会で渕正信を相手に防衛戦。首固めを首固めに切り返されてフォール負けし、王座転落。4月18日、大田区体育館大会で鶴見五郎と対戦。8分2秒、逆さ押さえこみでフォール勝ち。6月5日、日本武道館大会で鶴見五郎と対戦。7分35秒、肩に担がれているところを後方回転し、エビ固めに丸めこんでフォール勝ち。12月6日、日本武道館大会で菊地毅と対戦。8分21秒、サマーソルトドロップで勝利。 90年6月5日、千葉公園体育館大会で菊地毅と対戦。8分12秒、サンセットフリップ連発で勝利。6月8日、日本武道館大会でダスティ・ローデス・ジュニアと対戦。8分5秒、首固めでフォール勝ち。7月17日、石川県産業展示館大会で百田光雄と対戦。13分41秒、ジャックナイフ式エビ固めでフォール勝ち。7月27日、松戸市運動公園体育館大会でテリー・テイラーと対戦。10分57秒、サマーソルトドロップで勝利。 93年9月3日、日本武道館大会で大森隆男と対戦。6分6秒、ダイビング・エルボードロップに敗れた。 94年9月3日、日本武道館大会で志賀賢太郎と対戦。6分15秒、サマーソルトドロップ2連発で勝利。 98年6月に引退。8月にレフェリーになる。 00年にノアの旗揚げにレフェリーとして参加。 09年12月31日、後楽園ホールでの大日本、DDT、KAIENTAIの共催興業「天下三分の計 大晦日年越しスペシャル」でグレート小鹿タイガー戸口鶴見五郎グラン浜田と組んでTAKAみちのく、アブドーラ小林、高木三四郎、ポイズン澤田JULIE、MEN’Sテイオー組とイリミネーションマッチで対戦。11分30秒 サムソンクラッチで小林にフォール勝ちするなど活躍し、チームの勝利に貢献した。12月31日でノアとのレフリー契約を解除された。 10年2月に宮崎県都城市に転居。5月22日、ノアの後楽園ホール大会でレフリー引退興行が開催され、メインイベントでレフリーとして登場。試合後に引退セレモニーが行われ、「レスラーとして31年、レフリーとして12年、43年間このリングに立ってきました。本当に素晴らしい、夢のような時間でした。私が生きたこの時代に、プロレスという素晴らしいスポーツがあったことに感謝します。プロレス、ありがとう」とマイクで挨拶し、リング上で選手たちに胴上げされた。