ダークロHP / レスラーノート

ブルー・パンテル
BLUE PANTHER


本名:ヘナロ・バスケス・ネバレス
1960年9月19日
メキシコ・ドゥランゴ州ゴメスパラシオ出身
171cm 88kg
タイトル歴:UWA世界ウェルター UWA世界ジュニアライトヘビー CMLL世界ミドル ナショナル・ミドル CMLL世界トリオ CMLL世界タッグ
得意技:マルティネーテ(ツームストン・パイルドライバー) ムーンサルト・プレス

青豹仮面。万能型のスーパー・ルード。アルコン・スリアーノ、エクトール・ロペス、さらにレネ・グアハルトにもコーチを受けた。78年3月にプロレス入り。81年にルードに転向して頭角を現す。84年12月16日にマテマティコからUWA世界ウェルター級王座を獲得。86年2月16日に覆面剥ぎマッチに勝利してブラックマンのマスクを剥ぐ。11月にはグラン浜田を破りUWA世界ジュニアライトヘビー級王座を獲得。UWAでは女子プロのコーチもしていた。91年7月にEMLLに進出。12月18日にエル・サタニコを破り初代CMLL世界ミドル級王座を獲得。92年4月にラブ・マシーンのマスクを剥ぐ。5月にAAAに移籍。7月にオクタゴンからナショナル・ミドル級王座を獲得。95年9月にAAAを解雇され独立。96年4月にフェルサ・ゲレーラと共にプロモ・アステカという新団体を旗揚げしたが、会社がコナン派に牛耳られたため離脱。97年7月にAAAにUターン。10月にEMLLに登場。98年12月にはドクトル・ワグナー・ジュニア、甥のブラック・ウォリアーと共にCMLL世界トリオ王座を獲得した。日本ではユニバーサル、新日本プロレスに登場。01年1月28日には全日本プロレスの東京ドーム大会に参加して、アルカンヘル・デ・ラ・ムエルテと組んでミル・マスカラスエル・イホ・デル・サント組と対戦。13分40秒、パートナーのアルカンヘルがマスカラスの回転エビ固めに敗れた。04年1月にテクニコに転向。6月25日、アトランティスと組んでCMLL世界タッグ王座を獲得した。08年9月19日、CMLLの75周年記念大会「アニベルサリオ75」のメインで、ビジャノ5号とマスカラ・コントラ・マスカラで対戦。1本目はマスクを奪われ反則勝ち。2本目はマスクを奪って反則負け。1対1で迎えた3本目、グラウンドコブラで丸め込まれてフォール負け。マスクを奪われた。試合後にビジャノ5号はブルー・パンテルを肩車して健闘を称えた。その後、ウルティモ・ゲレーロと組んでビジャノスと抗争。さらに同じドゥランゴ州ゴメスパラシオ出身のブラック・ウォリアー、ロホ・ジュニア、ラ・ソンブラ、ミステリオッソ2を加えて軍団を結成。09年5月29日、アレナ・メヒコでアベルノのCMLL世界ミドル級王座に挑戦。乱入したエフェストに気をとられて丸めこみに敗れた。11年12月16日、CMLLのビッグマッチ「シン・ピエダ」でフェリーノを相手にカベジェラ戦。セコンドの乱入による反則勝ちでフェリーノの髪を刈った。17年8月4日、アレナメヒコ大会でサム・アドニスとのカベジェラマッチに敗れて髪の毛を刈られた。18年10月19日、アレナ・メヒコ大会で40周年記念試合。ブラック・ウォリアー、パンテリータ・デル・リング(エフェスト)、エウフォリアと組んでマスカラ・アニョ・ドスミル、サンソン、クアトレロ、フォラステロ組と対戦。お互いに1本ずつ取りあった3本目、ブルー・パンテルが腕固めでドスミルに勝利した。11月30日、CMLLのアレナ・メヒコ大会でラヨ・デ・ハリスコ・ジュニア、アトランティスと組んでカネック、マスカラ・アニョ・ドスミル、ビジャノ4号組と対戦。2対1で勝利した。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP