レスラーノート

藤田和之

1970年10月16日
千葉県船橋市出身
182cm 115kg

通称
野獣
タイトル歴
IWGPヘビー
IGFチャンピオンシップ
レジェンド・チャンピオンシップ
GHCナショナル
得意技
右フック
ヒザ蹴り

八千代松蔭高校時代よりアマレスに熱中。高校時代の88年に、88キロ級・115キロ級で全国高校選抜大会、インターハイ、国体の三冠王者となる。日本大学時代は89年よりフリー90キロ級で全日本学生選手権を4連覇。 93年、95年の全日本選手権に優勝。大学卒業後の93年4月、アトランタ五輪を目指し、新日本プロレスの「闘魂クラブ」に入団。

1996

96年4月、中国の蕭山で行われたアジア選手権でフリースタイルの100キロ級に出場し、7位に終わり、アトランタ五輪出場を逃した。11月1日、広島グリーンアリーナの永田裕志戦でデビュー。大会場、テレビマッチでのデビューとなった。水車落としを見せたが、10分10秒、フロントスープレックスからの逆エビ固めに敗れた。12月10日、大阪で斎藤彰俊を破りデビュー16戦目にしてシングル初勝利を挙げる。中堅選手や外国人選手から白星を奪うなど、着実にランクアップを遂げる。

1997

97年8月2日、両国国技館大会でドン・フライと対戦し、緊張感あふれる好勝負を展開。6分40秒、バックドロップからのレッグネックロックに敗れた。97年度のプロレス大賞の新人賞を獲得した。

1999

99年1月4日、東京ドーム大会で中西学と対戦。11分10秒、アルゼンチンバックブリーカーに敗れた。5月より左ヒジ手術のため長期欠場。8月28日、 神宮球場大会で復帰し、ブライアン・ジョンストンと対戦。3分55秒、腕ひしぎ十字固めで勝利。10月11日、東京ドーム大会でジャスティン・マッコリーと対戦。2分35秒、スタンディング・アキレス腱固めで勝利。

2000

00年1月4日、東京ドーム大会でキモと対戦。4分2秒、金的蹴りで反則負け。この試合を最後に新日本プロレスを退団。猪木事務所に所属。1月30日、東京ドームの「PRIDEグランプリ2000」のハンス・ナイマン戦でバーリトゥード・デビュー。1R2分48秒、けさ固めで勝利。5月にはトーナメントで強豪マーク・ケアーと対戦。判定勝ち。膝を痛めたため決勝のマーク・コールマン戦ではタオル投入によるTKO負け。

2001

01年4月、大阪ドームでスコット・ノートンを破りIWGP王座を獲得。5月27日にPRIDEで高山善廣と対戦。2R2分18秒、肩固めでTKO勝ち。6月6日、日本武道館大会で永田を相手に防衛戦。10分57秒、グラウンドでの膝蹴り連打でレフリーストップ勝ち。この試合でプロレス大賞のベストバウトを受賞した。10月8日、東京ドーム大会で佐々木健介と対戦。6分36秒、パンチの連打でレフリーストップ勝ち。12月、練習中に右アキレス腱を断裂。IWGP王座を返上し、長期欠場。

2002

02年7月に復帰。7月20日、新日本プロレスの北海道立総合体育センター大会で垣原賢人と対戦。1分9秒、スリーパーホールドで勝利。8月8日、UFOの東京ドーム大会で安田忠夫と対戦。1R2分46秒、肩固めで勝利。8月29日、新日本プロレスの日本武道館大会でNWFヘビー級王座決定トーナメントに参戦し、1回戦で高山善廣と対戦。8分23秒、ヒザ蹴り6連発に敗れた。10月14日、新日本プロレスの東京ドーム大会のメインで永田裕志のIWGP王座に挑戦。12分55秒、バックドロップホールドに敗れた。 12月31日、さいたまスーパーアリーナでの猪木祭りでミルコ・クロコップと対戦(5分3R)。0対3の判定負け。

2003

03年5月2日、新日本プロレスの東京ドーム大会で中西学と総合格闘技ルールで対戦(5分3R)。3R1分9秒、パンチの連打でレフリーストップ勝ち。6月8日、PRIDEの横浜アリーナ大会でエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦。1R4分17秒、スリーパーホールドに敗れた。12月31日、 神戸ウイングスタジアムでの「イノキボンバイエ2003」でイマム・メイフィールドと対戦(3分5R)。2R2分15秒、スタンド式肩固めで勝利。

2004

04年5月22日、さいたまスーパーアリーナでの総合格闘技大会「K1 ROMANEX」のメインでボブ・サップと対戦(5分3R)。開始早々にテイクダウンを取り、頭部にキックの連打。1R2分15秒、パウンドでタップアウト勝ち。5月23日、K1の谷川貞治イベント・プロデューサーが一夜明け会見で「サップ本人、新日本プロレス側にも伝えていませんが、僕はIWGPのベルトを返上したい」との意向を表明。6月1日、ボブ・サップがIWGP王座を返上した。6月5日、大阪府立体育会館大会で棚橋弘至とIWGPヘビー級王座決定戦。11分45秒、顔面蹴り3連発でKO勝ち。IWGPヘビー級王座を獲得した。7月19日、月寒グリーンドーム大会で柴田勝頼を相手に防衛戦。11分16秒、顔面蹴りでKO勝ち。10月9日、両国国技館大会で佐々木健介と防衛戦。胴絞めスリーパーホールドをかけた藤田だったが、両肩がついていたため3カウントを取られ2分29秒でフォール負け。タイトルを失う。タイトルマッチ史上最悪、世紀の大凡戦となった。12月31日、K1の大阪ドーム大会でカラム・イブラヒムと総合格闘技ルールで対戦(5分3R)。1R1分7秒、右フックでKO勝ち。

2005

05年7月18日、月寒グリーンドーム大会でIWGP王者の天山広吉に挑戦。13分59秒、ヒザ蹴りで勝利してIWGPヘビー級王座を獲得。8月4日から始まったG1クライマックスに参戦。開幕戦の福岡国際センター大会で後藤達俊と対戦。3分19秒、フロントスリーパーで勝利。8月6日、大阪府立体育会館大会で棚橋弘至と対戦。9分14秒、逆片エビ固めで勝利。8月7日、大阪府立体育会館大会で矢野通と対戦。3分41秒、パワーボムで勝利。8月8日、横浜文化体育館大会での真壁刀義戦は不戦勝。同大会で後藤洋央紀と対戦。1分11秒、フロントスリーパーで勝利。8月10日、ツインメッセ静岡大会で吉江豊と対戦。8分45秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。8月11日、愛知県体育館大会で中西学と対戦。8分2秒、グラウンドでのヒザ蹴りで勝利。8月13日、両国国技館大会で中邑真輔と対戦。6分25秒、ヒザ蹴りで勝利。7戦全勝でリーグ戦を突破。8月14日、両国国技館大会での準決勝で川田利明と対戦。6分23秒、ヒザ蹴りで勝利。同日の決勝で蝶野正洋と対戦。8分52秒、シャイニング・ケンカキックに敗れた。10月8日、東京ドーム大会でブロック・レスナー、蝶野正洋を相手に3WAYでの防衛戦。8分8秒、レスナーがバーディクトで蝶野に勝利したため王座転落。

2006

06年1月の東京ドーム大会では当初、メインでブロック・レスナー戦が発表されていたが、1ヶ月前の12月10日に欠場を表明。ファンの期待を裏切る形となった。5月5日、PRIDEの大阪・京セラドーム大会でPRIDE無差別級グランプリに参戦し、1回戦でジェームス・トンプソンと対戦(1R10分/2&3R5分)。1R8分25秒、右フックでKO勝ち。7月1日、PRIDEのさいたまスーパーアリーナ大会での2回戦でヴァンダレイ・シウバと対戦(1R10分/2&3R5分)。1R9分21秒、パンチとキックの連打をくらってセコンドがタオルを投入し、TKO負け。12月31日、PRIDEのさいたまスーパーアリーナ大会でエルダリ・クルタニーゼと対戦(1R10分/2&3R5分)。1R2分8秒、右アッパーから、上からのパンチでKO勝ち。

2007

07年4月8日、PRIDEのさいたまスーパーアリーナ大会のメインでジェフ・モンソンと対戦(1R10分/2&3R5分)。1R6分37秒、スリーパーホールドに敗れた。

2008

08年3月5日、国立代々木競技場第一体育館で行われた戦極の旗揚げ戦でピーター・グラハムと対戦。1R1分23秒、スピニングチョークで勝利。6月8日、さいたまスーパーアリーナでの「戦極〜第三陣〜」でトラビス・ビューと対戦。カウンターの左パンチをくらってダウンし、そのままパンチの連打をくらって1R1分24秒、TKO負け。

2009

09年8月2日、さいたまスーパーアリーナでの戦極に出場し、ブラゴイ・アレクサンドル・イワノフと対戦。3R判定負け。12月31日、さいたまスーパーアリーナでの「Dynamite!!」でアリスター・オーフレイムと対戦。防戦一方の試合展開となり、1R1分15秒、強烈な左ヒザ蹴りをくらってKO負け。強度の脳震盪のため担架で退場した。

2011

11年8月27日、IGFの両国国技館大会のメインでジェロム・レ・バンナのIGF王座に挑戦。4分57秒、パウンドの連打にKO負け。9月3日、IGFの愛知県体育館大会でケンドー・カシンと組んでハーリー・スミスラシュリー組と対戦。10分16秒、藤田がバックドロップホールドでスミスに勝利。12月2日、IGFの両国国技館大会でケンドー・カシンと組んでピーター・アーツ、ラシュリー組と対戦。6分45秒、ラシュリーに羽交い絞めにされた藤田がアーツの右ハイキックをくらってフォール負け。12月31日、さいたまスーパーアリーナでの格闘イベント「元気ですか!!大晦日!!2011」でピーター・アーツと対戦。3分36秒、逆片エビ固めで勝利。

2012

12年3月20日、IGFの福岡国際センター大会でケンドー・カシンと組んでボビー・ラシュリー、ボブ・サップ組と対戦。6分22秒、藤田がキャメルクラッチでサップに勝利。5月26日、IGFの東京ドームシティホール大会で将軍岡本と対戦。3分42秒、逆エビ固めで勝利。7月14日、IGFの大阪府立体育会館大会のメインでジェロム・レバンナのIGF王座に挑戦。4分、ドリルアホールパイルドライバーで勝利。IGF王座を獲得した。9月29日、IGFの愛知県体育館大会のメインでボビー・ラシュリーを相手に防衛戦。10分49秒、パワーボムで勝利。10月16日、IGFの東京ドームシティホール大会のメインで澤田敦士と対戦。コーナーに押しこまれて、レフリーの制止を無視した張り手とチョップをくらったが、1分19秒、右パンチを決めてフォール勝ち。12月2日、パキスタン・パンジャーブ州ラホールでのIGFのナショナル・ホッケー・スタジアム大会のメインで鈴木秀樹と対戦。5分13秒、パワーボムで勝利。12月5日、パキスタンのカイバル・パクトゥンクワ州ペシャワールでのIGFのカイユームスタジアム大会のメインで将軍岡本と対戦。6分35秒、パワーボムで勝利。

2013

13年10月26日、東京ドームシティホール大会のメインで鈴木秀樹と対戦。1分58秒、顔面へキックを決めてフォール勝ち。12月31日、IGFの両国国技館大会のメインで石井慧を相手に5分3RのMMAルールで防衛戦。0対3の判定負け。IGF王座から転落した。

2014

14年4月27日、IGFの上野公園大会(パキスタン・ジャパンフレンドシップフェスティバルでの提供大会)のメインで将軍岡本と対戦。5分20秒、パワーボムで勝利。7月13日、福岡国際センター大会で橋本大地と対戦。2分22秒、パワーボムで勝利。7月20日、いわき明星大学大会でワン・ビンと対戦。1分47秒、キャメルクラッチで勝利。7月21日、スポーツアリーナそうま大会でワン・ビンと対戦。1分38秒、逆片エビ固めで勝利。7月23日、石巻市総合体育館大会で将軍岡本と対戦。3分23秒、パワーボムで勝利。8月30日、北朝鮮・平壌市の柳京・鄭周永(ユギョン・チョンジユヨン)体育館大会のメインでエリック・ハマーと対戦。7分15秒、ジャーマンスープレックスで勝利。8月31日、同会場での大会のメインでジェロム・レ・バンナと対戦。5分2秒、DDTで勝利。

2015

15年8月29日、両国国技館大会で澤田と対戦。9分37秒、パワーボムで勝利。11月15日、両国国技館での天龍の引退興行で関本と組んで諏訪魔岡林組と対戦。18分53秒、岡林のゴーレムスプラッシュに関本が敗れた。試合後のリング上で「諏訪魔、分かってるよな?おれは年末が楽しみでしょうがねえんだよ」とマイク。諏訪魔は「今日は天龍さんの引退試合のリングなんだよ!おまえが考えるリングに上がる気はねえ!」と大晦日での対戦をマイクで否定した。12月31日、両国国技館大会で澤田と対戦。右ストレートでダウンさせて顔面をキックして失神させ、6分8秒、レフリーストップ勝ち。

2016

16年2月26日、東京ドームシティホール大会でクラッシャー川口と対戦。4分7秒、バックドロップで勝利。4月17日、日本ガイシホールで行われた格闘技イベント「RIZIN」のメインでイリー・プロハースカと対戦。1R3分18秒、左フックをくらってTKO負け。9月25日、RIZINのさいたまスーパーアリーナ大会でバルトと対戦。体重差は約70キロ。元大関の巨体を崩すことができず、5分2R、0対3の判定負け。試合後の記者会見で総合格闘技からの引退を表明した。

2017

17年10月31日、後楽園ホールでの大仁田厚の引退試合に出場。カシン、NOSAWA論外と組んで大仁田、鷹木KAI組とストリートファイトトルネード・バンクハウスデスマッチで対戦。16分48秒、大仁田のサンダーファイヤーパワーボムに論外が敗れた。11月11日、ROAD FCの中国・河北体育館大会で総合格闘技に復帰。“カンフーパンダ”アオルコロと対戦。51キロもの体重差に苦しみ、1R2分1秒、TKO負け。12月23日、愛知県武道館での格闘技イベント「HEAT」で、HEATヘビー級王者のイ・サンスと対戦。飛びこんだところにパンチを合わせられて崩れ落ち、パウンドを浴びて1R3分59秒、KO負け。

2018

18年3月25日、全日本プロレスのさいたまスーパーアリーナ大会でカシン、論外と組んで諏訪魔、岡田佑介佐藤光留組と対戦。11分21秒、論外がキャメルクラッチで岡田にレフリーストップ勝ち。5月12日、ROAD FCの北京・キャデラックアリーナ大会でコン・ハンドンと対戦。2R2分46秒、TKO勝ち。4月4日、新宿FACEでの「はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦」のメインでカシン、論外と組んで田中将斗保坂、黒田組と対戦。13分5秒、カシンがぶら下がり首4の字固めで黒田に勝利。7月21日、大日本プロレスの大阪府立体育会館・第2競技場大会で関本と組んで橋本大地、神谷組と対戦。11分42秒、関本がラリアットで神谷に勝利。8月18日、ROAD FCの韓国・ソウル ビスタ・ウォーカーヒル・ソウル大会で現役米軍ファイターのジャスティン・モートンと対戦。2R1分19秒、ノースサウスチョークで勝利。11月3日、ROAD FCの韓国・大田忠武体育館大会でチェ・ムベと対戦。48才同士の対戦となった。1R1分55秒、強烈な左フックを決めてTKO勝ち。

2019

19年9月16日、ノアの大阪府立体育会館大会で稲村愛輝と対戦。3分44秒、変型キャメルクラッチでレフリーストップ勝ち。9月19日、リアルジャパンプロレスの後楽園ホール大会でスーパー・タイガーのレジェンド王座に挑戦。13分32秒、スリーパーホールドでレフリーストップ勝ち。レジェンド王座を獲得した。11月2日、ノアの両国国技館大会で谷口周平と対戦。7分57秒、スリーパーホールドでレフリーストップ勝ち。12月5日、リアルジャパンプロレスの後楽園ホール大会で船木誠勝を相手に防衛戦。9分26秒、チョークスリーパーで勝利。

2020

20年1月30日、潮崎豪のGHC王座への挑戦が決定。2月16日、ノアの後楽園ホール大会で杉浦貴と組んで潮崎豪、清宮海斗組と対戦。20分29秒、藤田がスリーパーホールドで潮崎にレフリーストップ勝ち。2月24日、ノアの名古屋国際会議場イベントホール大会で鈴木秀樹と組んで潮崎豪、谷口周平組と対戦。16分52秒、鈴木がグラウンド卍固めで谷口に勝利。3月29日、ノアの後楽園ホール大会(新型コロナウイルスの影響で無観客試合)のメインで潮崎豪のGHCヘビー級王座に挑戦。静まりかえる会場で30分間のにらみ合いを続け、31分が経過して藤田がタックル。藤田のグラウンドでの攻勢が続き、40分を過ぎてからはバルコニーやエレベーターホールまで7分間かけて場外戦を展開。最後は57分47秒、ラリアットに敗れた。12月17日、ストロングスタイルプロレスの後楽園ホール大会でスーパー・タイガーを相手に防衛戦。13分、上四方固めにフォール負けして王座転落。あっけない決着、かつ3カウントを叩かれた瞬間にはレフリーの死角で藤田の右肩が上がっていたため観客からブーイングが飛んだ。

2021

21年1月4日、後楽園ホール大会で井上雅央と対戦。6秒、フロントネックロックで勝利。3月7日、横浜武道館大会で征矢学と対戦。6分42秒、パワーボムで勝利。3月21日、後楽園ホール大会で拳王のGHCナショナル王座に挑戦。19分14秒、顔面蹴りで勝利。GHCナショナル王座を獲得した。4月29日、名古屋国際会議場イベントホール大会で杉浦貴を相手に防衛戦。18分8秒、オリンピック予選スラムに敗れて王座転落。6月13日、TVマッチで征矢学と対戦。9分6秒、顔面蹴りで勝利。9月12日から始まったノアのN−1 VICTORYに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でマサ北宮と対戦。9分29秒、顔面蹴りで勝利。9月19日、TVマッチで齋藤彰俊と対戦。13分12秒、フロントネックロックでレフリーストップ勝ち。9月26日、後楽園ホール大会で船木誠勝と対戦。5分5秒、顔面蹴りに敗れた。リーグ戦は2勝1敗に終わった。11月13日、ノアの横浜武道館大会で稲村愛輝と対戦。9分59秒、パワーボムで勝利。12月12日、Aチームの新木場1stRING大会で橋本友彦と対戦。10分23秒、顔面蹴りで勝利。12月27日、ノアの後楽園ホール大会で田中将斗と対戦。30分時間切れ引き分け。

2022

22年1月16日、ノアの仙台サンプラザホール大会で、王座防衛に成功した中嶋勝彦の前に立ち、GHCヘビー級王座のベルトを2分近く凝視。無言でリングを降りた。2月9日、ノアの後楽園ホール大会で杉浦貴、ケンドー・カシンと組んで中嶋、拳王、征矢学組と対戦。中嶋の蹴りをつかむとラリアットからパワーボムを決め、20分55秒、顔面蹴りで中嶋を完全KOしてフォール勝ち。試合後、中嶋のベルトを強奪して退場。バックステージで「おれがノアだよ。おれのノアだよ。な?おれがノアなんだよ。それだけだよ。なにがおかしい?来るべきところにきたんだよ、ベルトが。ノアは終わりだよ」と勝ち誇った。2月21日、飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントでGHCヘビー級王座の調印式に出席し、「まず意気込みの前にさあ、いつもの。そうそう、ビール2つ」と注文。中嶋は無言で藤田の帽子を外し、頭の上からビールをかけて無言で退場。藤田は「最高、やる前からビールかけしてもらっちゃったよ。気持ちいい。美味い、おかわり!」と2杯目を注文し、上機嫌で会見を終わらせた。2月23日、名古屋国際会議場イベントホール大会で中嶋勝彦のGHCヘビー級王座に挑戦。21分11秒、パワーボムで勝利。GHCヘビー級王座を獲得した。試合後、挑戦の名乗りを上げた田中将斗に頭からビールをかけられたが「気持ちいい!」と絶叫。「次はおれだ」と話す田中に「最高!」と叫ぶと、ベルトにキスをしてリングを降りた。試合後のバックステージで「ノアは本気を味わう場所だと確信した。本気の舞台で、本気で戦うことはすごく幸せなこと。しんどい期間、つらい期間あったけど、楽しかった!」と話し、カシン、杉浦、そしてなぜか宮脇純太の4人で乾杯。最後に「おれの、ノアだ!おれのノアになったからには、楽しみにしててくれよ!」と雄たけびを上げた。2月24日、一夜明け会見を行い、同日付でノアに正式入団したことを発表。藤田は「これからはノア所属となり生活も安定しましたので、あんな馬鹿な飲み方はもうしませんしショッパイなんて、もう言わせません。これからは野獣ではなく、人間・藤田和之、ノアの藤田和之として生きていきたいと思っております。今まで偽りの姿を見せてしまい、申し訳ございませんでした。今後は人間、ノア、そして新・藤田和之として努力して参ります」と語り、深々と頭を下げた。3月21日、福岡国際センター大会で田中将斗を相手に防衛戦。31分28秒、餅つき式パワーボムで勝利。4月8日、後楽園ホール大会で杉浦貴と組んで潮崎豪、田中将斗組と対戦。クリーンファイトに徹していたが、場外でセコンドのケンドー・カシンから渡された缶のハイボールを飲み干すと表情が一変。18分37秒、藤田がラリアット、バックドロップ、ビーストボムからの顔面へのサッカーボールキックで潮崎に勝利。試合後も潮崎にビーストボム、田中にラリアット、味方の杉浦までラリアットを決めた。4月30日の両国国技館大会で2度目の防衛戦を行う予定だったが、4月27日、新型コロナウイルス感染による欠場と王座返上をノアが発表した。5月21日、大田区総合体育館大会で復帰し、岡田欣也と対戦。7分11秒、エルボーの連打、ボディスラムからの逆片エビ固めで勝利。8月11日から始まったN−1 VICTORYに参戦。開幕戦の横浜武道館大会で潮崎豪と対戦。20分46秒、ビーストボムで勝利。8月13日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でイホ・デ・ドクトル・ワグナー・ジュニアと対戦。9分23秒、カサドーラにフォール負け。8月17日、仙台サンプラザホール大会で鈴木秀樹と対戦。19分5秒、胴絞めスリーパーホールドで勝利。8月19日、後楽園ホール大会でアンソニー・グリーンと対戦。4分59秒、パワーボムで勝利。8月20日、後楽園ホール大会で田中将斗と対戦。20分56秒、スラインディングDに敗れた。8月27日、名古屋国際会議場イベントホール大会で望月成晃と対戦。8分43秒、顔面蹴りで勝利。8月28日、カルッツかわさき大会で拳王と対戦。19分4秒、ビーストボムで勝利。リーグ戦は5勝2敗に終わった。10月30日、有明アリーナ大会で清宮海斗のGHCヘビー級王座に挑戦。24分6秒、フランケンシュタイナーに敗れた。12月11日、Aチームの大阪・コレガスタジオ大会で橋本友彦と対戦。11分12秒、顔面蹴りで勝利。