レスラーノート

泉田純至

本名:泉田純
1965年10月28日
宮城県栗原郡築館町出身
185cm 132〜139kg 血液型:B型

タイトル歴
アジアタッグ
IWAタッグ
得意技
不入ドム(「ふにゅうどむ」肩に担いで相手を回転させながら叩きつける)
隕石(トップロープからダイビングへッドバット)
ノリタケ(仰向けに寝ている相手にジャンピングヘッドバット)

県立築館高校の相撲部で活躍。東京農大農学科に進学したが父の急死によって2年で中退。青雲竜の四股名で大相撲の東関部屋に入門。東関親方の現役時代の四股名は高見山。この年の1月に興したばかりの新しい部屋だった。入門時の身長は181cm、体重は103kgだった。幕下まで進み、その後は相撲教習所で教官を務めていた。通算成績は121勝103敗7休。最高位は平成3年五月場所・幕下西37枚目。91年に全日本プロレスに入団。 92年5月25日、宮城県スポーツセンターの永源大熊戦 (パートナーは馬場木村)でデビュー。 当初のリングネームは泉田竜角。泉田竜舞と名のっていた時期もある。当初はコミカルなファイトを中心に戦っていたが、経験を積むことで次第にシリアス・ファイトの方を前面に出すように。かつてはジャイアント・キマラとのイベント・コンビなども結成した。 94年10月22日、日本武道館大会で井上雅央と対戦。7分43秒、パワーボムで勝利。 97年3月のチャンピオンカーニバルに参戦したが、開幕戦のタッグマッチで左足首を骨折し、全試合不戦敗となった。 98年3月のチャンピオンカーニバルに参戦し、全敗に終わった。10月に本田とのコンビでアジアタッグ王座を獲得。 99年12月3日、日本武道館大会で本田多聞と対戦。7分16秒、STFに敗れた。 その後、00年にノアの旗揚げに参加。 01年10月6日、ディファ有明大会で青柳政司と対戦。8分48秒、いん石で勝利。12月6日、白河中央体育館大会で池田大輔と対戦。8分48秒、膝十字固めに敗れた。

2002

02年1月17日、岐阜産業会館大会でマット・マーフィーと対戦。5分17秒、チョークスラムで勝利。2月2日、ディファ有明大会で田上明と対戦。11分7秒、大車輪ノド輪落としに敗れた。3月14日、後楽園ホール大会で志賀賢太郎と対戦。10分56秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。3月21日、清水マリンビル大会で齋藤彰俊と対戦。10分26秒、スイクルデスに敗れた。4月6日、愛知県体育館大会で池田大輔と対戦。9分35秒、裸絞めに敗れた。4月26日、IWAジャパンの後楽園ホール大会で一宮章一と組んでタッグ王座決定トーナメントに参戦。1回戦で金村キンタロー、サン・ポール組と対戦し、5分31秒、一宮がシャイニングウィザードでポールに勝利。準決勝では三宅、上野組と対戦し6分21秒に泉田のパワーボムで上野に勝利。決勝戦では松田慶三、宇和野貴史組と対戦し、17分41秒に一宮のパワーボムで宇和野に勝利。IWAタッグ王座を獲得した。5月20日、旭川市大成市民体育館大会でスコーピオと対戦。11分49秒、450°スプラッシュに敗れた。5月23日、ゆうばり文化スポーツセンター大会で川畑輝鎮と対戦。14分10秒、チョークスラムで勝利。6月12日、後楽園ホール大会でヨネと対戦。3分5秒、右ハイキックに敗れた。6月23日、IWAジャパンの後楽園ホール大会で松田慶三、ジャイアント・ドラゴ組を相手にタッグ王座の防衛戦。8分33秒、一宮が垂直落下式DDTで松田に勝利。7月13日、鶴岡市体育館大会でバイソン・スミスと対戦。6分12秒、場外でKOされてレフリーストップ負け。7月21日、大阪・はびきのコロセアム大会で佐野巧真と対戦。10分21秒、13分44秒、胴絞めスリーパーに敗れた。7月26日、国立代々木競技場・第2体育館大会でヨネと対戦。9分10秒、フロント・ネックロックで勝利。8月25日、所沢くすのきホール大会で井上雅央と対戦。12分55秒、横入り式エビ固めにフォール負け。10月1日、IWAジャパンの代々木競技場・第2体育館大会で松田、宇和野組を相手にタッグ王座の防衛戦。17分56秒、宇和野の首固めに一宮がフォール負けして王座転落。10月12日、徳島市立体育館大会で齋藤彰俊と対戦。9分26秒、スイクルデスに敗れた。11月30日、旭川大成市民センター体育館大会でベイダーと対戦。4分17秒、チョークスラムに敗れた。

2003

03年1月15日、松江くにびきメッセ大会で小川良成と対戦。8分53秒、いん石を自爆して体固めにフォール負け。1月23日、テクスポート今治大会でドノバン・モーガンと対戦。8分31秒、不入ドムで勝利。3月23日、水戸市民体育館大会で永源遙と対戦。10分8秒、大外刈りで勝利。3月25日、新津市民会館大会で百田光雄と対戦。10分1秒、いん石で勝利。3月28日、熊本市総合体育館大会でヴィニー・バレンチノと対戦。8分4秒、いん石で勝利。5月9日、後楽園ホール大会で永源遥と対戦。6分43秒、大外刈りで勝利。5月17日、気仙沼市総合体育館大会でIZUに変身して菊地毅と対戦。11分33秒、いん石で勝利。5月18日、ビッグパレットふくしま大会でバイソン・スミスと対戦。8分30秒、アイアンクロー式体固めにフォール負け。5月20日、青森産業会館大会で佐野巧真と対戦。9分38秒、足固めに敗れた。5月27日、滝川市青少年体育センター大会で百田光雄と対戦。8分29秒、チョークスラムで勝利。5月28日、函館市民体育館大会で斎藤彰俊と対戦。9分39秒、スイクルデスに敗れた。7月1日、岩手県営体育館大会で力皇猛と対戦。12分1秒、ラリアットに敗れた。7月2日、秋田市立体育館大会で佐野巧真と対戦。13分18秒、ノーザンライトボムに敗れた。7月7日、津島市文化会館大会で井上雅央と対戦。10分50秒、横入り式エビ固めにフォール負け。7月9日、高知県民体育館大会で佐野巧真と対戦。13分41秒、ノーザンライトボムに敗れた。7月13日、根上町総合文化会館円形ホール大会で青柳政司と対戦。7分25秒、いん石で勝利。8月15日、皆瀬村とことん山キャンプ場大会で永源遥と対戦。7分21秒、いん石で勝利。8月31日、つくばカピオ大会で永源遥と対戦。9分7秒、いん石で勝利。9月7日、明石市立産業交流センター大会で菊地毅と対戦。10分47秒、いん石で勝利。10月12日、桂スタジオ大会で永源遙と対戦。8分37秒、いん石で勝利。10月15日、千葉ポートアリーナ大会で永源遥と対戦。5分26秒、隕石で勝利。10月19日、KBSホール大会で森嶋猛と対戦。15分41秒、バックドロップに敗れた。10月22日、岡山武道館大会で永源遥と対戦。7分21秒、いん石で勝利。11月15日、アクトシティ浜松大会で永源遙と対戦。6分23秒、いん石で勝利。12月3日、米沢市営体育館大会で永源遙と対戦。5分47秒、いん石で勝利。12月11日、後楽園ホール大会で永源遙と対戦。6分11秒、ランニング・ボディプレスで勝利。

2004

04年1月13日、熊谷市民体育館大会で永源遙と対戦。6分39秒、ランニング・ボディプレスで勝利。1月16日、船橋アリーナ・サブアリーナ大会で越中詩郎と対戦。8分51秒、ダイビング・ヒップアタックに敗れた。1月23日、 高知県民体育館大会で力皇猛と対戦。13分11秒、ラリアットに敗れた。2月23日、大阪市中央体育館大会で永源遙と対戦。7分25秒、ランニング・ボディプレスで勝利。3月13日、ディファ有明大会で森嶋猛のWLW世界ヘビー級王座に挑戦。12分45秒、バックドロップに敗れた。4月3日、ディファ有明大会でIZUに扮してバイソン・スミスと対戦。9分38秒、バイソンボムに敗れた。4月13日、ふくやまビッグローズ大会で永源遙と対戦。7分43秒、ランニング・ボディプレスで勝利。5月16日、本川越ぺぺホール・アトラス大会で永源遙と対戦。5分9秒、ランニング・ボディプレスで勝利。5月22日、青森産業会館大会で秋山準のグローバル・ハードコア・クラウン王座に挑戦。13分37秒、エクスプロイダーに敗れた。5月28日、釧路コミュニティ体育館・鳥取ドーム大会で永源遙と対戦。6分32秒、ランニング・ボディプレスで勝利。6月1日、月寒グリーンドーム大会で永源遙と対戦。6分18秒、ランニング・ボディプレスで勝利。6月3日、河西体育センター大会で永源遙と対戦。6分27秒、ランニング・ボディプレスで勝利。6月11日、後楽園ホールでの選手会興行でKENTAと対戦。鉢巻を締め橋本のような格好で登場。KENTAのステップキックは頭が固いためにKENTAが足を痛める。ブサイクへのヒザ蹴りを両腕で完全ブロックし、ヘッドバットをからめたコンビネーションから「ブサイクからのヒザ蹴り」を炸裂させた。ステップキックからコーナーへの顔面キックも放ったが、KENTAを場外に投げて若手と小競り合いをしているうちにカウントが進み、リングに戻ろうとしたがKENTAにスライディングキックで防御されて5分、リングアウト負けに終わった。6月26日、京都・KBSホール大会でIZUとして井上雅央と対戦。10分3秒、エビ固めでフォール勝ち。8月25日、秋田県立体育館大会で永源遙と対戦。6分41秒、隕石で勝利。8月29日、アクトシティ浜松大会で永源遙と対戦。7分21秒、ランニング・ボディプレスで勝利。8月31日、長野運動公園総合体育館大会でリチャード・スリンガーと対戦。10分50秒、不入ドムで勝利。9月2日、山陽ハイツ体育館大会で永源遙と対戦。6分24秒、ランニング・ボディプレスで勝利。9月4日、博多スターレーン大会でIZUとして本田多聞と対戦。10分52秒、回転地獄五輪パート0からの片エビ固めにフォール負け。9月5日、別府ビーコンプラザ大会で永源遙と対戦。6分22秒、ランニング・ボディプレスで勝利。9月23日、ディファ有明大会で菊地毅と頭突き宮城一決定戦。7分17秒、頭突きからの片エビ固めでフォール勝ち。10月10日、本川越ぺぺホール・アトラス大会で永源遙と対戦。6分3秒、ランニング・ボディプレスで勝利。11月13日、後楽園ホール大会での「勝ったら軍団入り決定マッチ」で川畑輝鎮と対戦。11分12秒、不入ドムで勝利し、秋山準率いるスターネスに入る。11月27日、札幌メディアパーク・スピカ大会でIZUとしてザ・グラジエーターと対戦。9分44秒、カミカゼアッサムボムに敗れた。12月2日、鹿嶋市立高松緑地体育館大会で永源遙と対戦。6分3秒、ランニング・ボディプレスで勝利。

2005

05年2月25日、京都・KBSホール大会で川畑輝鎮と対戦。8分40秒、不入ドムで勝利。4月17日、博多スターレーン大会で川畑輝鎮と対戦。9分51秒、不入ドムで勝利。5月18日、富山産業展示館テクノホール大会でマイケル・モデストと対戦。11分55秒、腕取り回転片エビ固めにフォール負け。6月4日、札幌メディアパーク・スピカ大会で永源遙と対戦。6分31秒、ランニング・ボディプレスで勝利。8月29日、上越市厚生南会館大会で百田光雄と対戦。8分3秒、回転足折り固めをエビ固めに押しつぶしてフォール勝ち。9月6日、本渡市民センター大会で力皇猛と対戦。9分14秒、ラリアットに敗れた。9月10日、卸センター・オレンジホール大会でバイソン・スミスと対戦。12分23秒、バイソンテニエルに敗れた。10月14日、千葉公園体育館大会で本田多聞と対戦。11分16秒、回転地獄五輪パート2に敗れた。11月18日から泉田純至に改名。11月22日、新潟市体育館大会でスコーピオと対戦。10分44秒、飛びつき前方回転エビ固めにフォール負け。11月29日、秋田市立体育館大会で平柳努と対戦。8分10秒、ノド輪落としで勝利。

2006

06年1月22日、日本武道館大会で小橋と組んで曙、力皇組と対戦。セカンドロープに乗った曙の上に力皇が乗っての「リキボノスプラッシュ63」をくらってフォール負けしたが、頑丈さを印象づけた。4月2日、後楽園ホール大会でGHC王座挑戦者決定トーナメントに参戦し、1回戦で佐野巧真と対戦。16分54秒、ノーザンライトボムに敗れた。

2007

07年2月15日の試合中にパートナーの秋山に不入ボムを放ち、スターネスを脱退。2月17日、ディファ有明大会で秋山準と対戦。頭突きや隕石を決めて奮闘したが、7分1秒、垂直落下式エクスプロイダーがかつてないほどの急角度で決まり、敗れて担架で運ばれた。秋山は「何もやらないよりは何かやる人間のほうがいいけど、もっと実力的に上がって互角になってからケンカを売るべき」と苦言を呈した。4月6日、高松市総合体育館大会で佐野巧真と対戦。 4分30秒、顔面へのローリングソバットに敗れた。4月7日、神戸サンボーホール大会で平柳努と対戦。7分50秒、不入ドムで勝利。4月16日、熊本・興南会館大会で太田一平と対戦。10分57秒、不入ドムで勝利。4月17日、鹿児島アリーナ大会で橋誠と組んで志賀賢太郎、川畑輝鎮組のグローバル・ハードコア・クラウン王座に挑戦。26分19秒、志賀の逆さ押さえこみに橋がフォール負け。10月9日、津市体育館大会で川畑輝鎮と対戦。15分時間切れ引き分け。11月25日、札幌STVスピカ大会でブキャナンと対戦。10分21秒、アイアンボムに敗れた。

2008

08年4月30日、WWAの韓国・ソウル・チャムシル体育館大会で秋山と対戦。6分32秒、エクスプロイダーに敗れた。

2009

09年から専属契約を解除されて年間報酬保障フリー契約選手になり、ノアでの出場が減る。12月31日でノアとの年間報酬保障契約を解除されてフリーに転向。

2010

10年5月9日、健介オフィスの郡山市総合体育館大会で梶原慧、滝澤大志と組んでビッグ村上、南野タケシ、卍丸組と対戦。15分4秒、村上の飛びヒザ蹴りに梶原が敗れた。8月24日、ドラゴンゲートの後楽園ホール大会で菊地と組んでCIMA、Gamma、望月組と対戦。休憩時間終了を知らせる曲を入場曲と勘違いして入場する失態を演じたが、15分8秒、橋がGammaに高尾山固めで勝利。

2011

11年1月10日、後楽園ホールでのレジェンド・ザ・プロレスリングの旗揚げ戦で橋、菊地と組んでヒロ斎藤、福田、田島組と対戦。13分52秒、菊地が火の玉ボムで田島に勝利。7月21日、リアルジャパンプロレスの後楽園ホール大会のメインで本田、菊地と組んで初代タイガーマスク長州藤波組と対戦。11分57秒、長州のリキラリアットに泉田が敗れた。10月2日、レジェンドプロレスの浜中町総合体育館大会でベアー福田と対戦。10分1秒、体固めで勝利。10月15日に泉田純寿に改名し、新木場1stRINGでプロレスリング頑(かたくな)を旗揚げ。旗揚げ戦では3試合に出場した。10月30日、泉田純佑に改名。11月10日、後楽園ホールでの天龍のデビュー35周年記念興行に出場。第1試合で志賀、菊地と組んで天龍、百田グレート小鹿組と対戦。10分53秒、百田のサムソンクラッチに志賀がフォール負け。

2012

12年3月15日、宝島社から「内側から見たノアの崩壊」が発売。泉田による告白という体裁で、ノアの反社会的勢力との関係を暴露した内容が反響を呼んだ。3月23日、ノアの公式サイトが、反社会的勢力との交際を理由に仲田龍GMと永源の一般社員への降格を発表。実際には3月9日の取締役会で降格が決定されていたとの記載があった。

2017

17年1月31日、神奈川県相模原市内の自宅で遺体となって発見された。警察による検視の結果、死因は心筋梗塞で、死去したのは1月25日前後と推定された。