レスラーノート

長州力

本名:吉田光雄(旧戸籍名は郭光雄)
1951年12月3日
山口県徳山市(現・周南市)出身
184cm 115kg
血液型:O型

通称
革命戦士
タイトル歴
UWA世界ヘビー
WWFインター
IWGPヘビー
IWGPタッグ
PWF世界ヘビー
インターナショナルタッグ
WMGタッグ
得意技
リキラリアット
サソリ固め

入場曲は「パワー・ホール」(作曲は平沢進)。桜ヶ丘高校時代からレスリングを始める。専修大学時代はアマレスで活躍。アマレス部の主将を務めた。フリースタイル、グレコローマンの2種目の100キロ級で活躍。71年に全日本学生選手権でフリースタイル90キロ級に出場し優勝。72年のミュンヘン五輪に韓国代表として出場。フリースタイルの90キロ級に出場し、3回戦で敗退。 73年、全日本選手権で、フリー、グレコ共に100キロ級に出場し優勝。全日本学生選手権でもフリー、グレコ共に90キロ以上級に出場し優勝。12月、新日本プロレスに入門。 74年8月8日、日大講堂のエル・グレコ戦でデビュー。デビュー戦ではサソリ固めで勝利した。デビュー後すぐに海外遠征。 77年2月に帰国。4月にファン公募で長州力に改名。79年6月には坂ロと組んで北米タッグ王座に君臨。

1982

82年4月、メキシコでUWA世界ヘビー級王座を獲得。帰国直前にベルトを失う。10月に帰国。「おまえのかませ犬じゃない!」と藤波に宣戦布告。

1983

83年4月3日、蔵前国技館大会で藤波のWWFインターナショナルヘビー級王座に挑戦。16分39秒、ラリアットで勝利。WWFインターナショナルヘビー級王座を獲得。この試合でプロレス大賞のベストバウトを受賞した。5月にマサ斎藤キラー・カーン小林邦昭アニマル浜口谷津嘉章タイガー戸口寺西勇と維新軍を結成。

1984

84年8月2日、蔵前国技館大会でアントニオ猪木と対戦。29分39秒、ラリアットをかわされた直後にグランドコブラツイストにフォール負け。この試合でプロレス大賞のベストバウトを受賞した。 9月21日、谷津、浜口、小林、寺西と共に新日本プロレスを離脱して新日本プロレス興行に移籍。9月25日、永源遙栗栖正伸保永昇男仲野信市新倉史祐が移籍。9月26日、キラー・カーンが移籍。10月9日、新日本プロレス興行がジャパンプロレスリング株式会社に社名変更。10月23日、笹崎伸司が移籍。10月25日、レフリーのタイガー服部が移籍。11月1日、マサ斎藤が移籍。12月、ジャパン・プロレスを旗揚げして全日本プロレスに参戦。

1985

85年6月27日、ジャパンプロレスリング株式会社の社長に就任。11月4日の大阪城ホール大会で、全日本プロレス対ジャパンプロレスの頂上対決としてジャンボ鶴田とシングルで対戦。一進一退の攻防が続き、40分を過ぎたあたりから長州がスタミナ切れ。鶴田は長州を引っぱるような形で60分フルタイムの引き分けに持ちこんだ。この試合はプロレス大賞の年間最高試合賞を受賞。両者の対戦はその後も行われず、結果的にこの一試合のみに終わった。

1986

86年2月5日、札幌中島体育センター大会で谷津と組んで鶴田、天龍組のインタータッグ王座に挑戦。24分1秒、谷津がジャーマンスープレックスで天龍に勝利。インタータッグ王座を獲得。4月5日、横浜文化体育館でAWA、PWF2冠王のスタン・ハンセンに挑戦。試合は18分27秒、ラリアットをレフェリーに誤爆したハンセンの反則負けに終わり、ルールによってAWA王座はハンセンの防衛、PWF王座は長州が獲得した。4月23日、相模原市立体育館大会でリック・フレアーのNWA世界ヘビー級王座に挑戦。21分4秒、両者リングアウトに終わった。

1987

87年1月17日、徳山市民体育館大会でカート・ヘニングを相手に防衛戦。8分18秒、ラリアットで勝利。試合後のインタビューで「ジャパンがこの世界で生きていくためには、ジャンボや天龍なり、藤波なりをみんな倒さなきゃならないから」と藤波の名を出して波紋を呼んだ。2月5日、札幌中島体育センター大会で鶴田、天龍組を相手にタッグ王座の防衛戦。17分5秒、天龍のジャーマンスープレックスに谷津が敗れて王座転落。この試合が全日本プロレスでの最後の試合となった。3月23日、ジャパンプロレス本社で副会長の大塚直樹と共に記者会見を開いて全日本プロレスからの離脱と完全独立を表明。3月25日、大阪ロイヤルホテルでの猪木対マサ斎藤戦の調印式で斎藤の代理人として出席。3月28日、シリーズ開幕戦の後楽園ホール大会への来場をマサ斎藤、小林、保永、ストロング・マシンヒロ斉藤、笹崎、佐々木健介、寺西、服部と共にキャンセル。ジャパンプロレスが分裂した。5月に新日本プロレスに復帰。

1988

88年7月22日、アントニオ猪木に初めてフォール勝ち。

1989

89年4月24日、初開催となった東京ドーム大会でIWGPヘビー級王座決定&闘強導夢杯トーナメントに参戦し、1回戦で橋本真也と対戦。3分41秒、サソリ固めにきたところをエビ固めに丸めこまれてフォール負け。6月に現場責任者に就任。以後、新日本プロレスで実権を握った。7月12日、大阪府立体育会館大会でサルマン・ハシミコフのIWGP王座に挑戦。7分40秒、ラリアットで勝利。IWGPヘビー級王座を獲得した。8月10日、両国国技館大会でベイダーを相手に防衛戦。10分4秒、回転エビ固めにフォール負けして王座転落。

1990

90年8月19日、両国国技館大会でベイダーを破りIWGPヘビー級王座を獲得。12月26日、浜松アリーナ大会で藤波を相手に防衛戦。18分46秒、回転足折り固めにフォール負けして王座転落。

1991

91年2月25日、グレーテスト18クラブ王座の初代王者に認定された。3月21日、東京ドーム大会でタイガー・ジェット・シンを相手に防衛戦。11分7秒、背後からのラリアットでKO勝ち。8月、第1回G1クライマックスに出場。8月7日、愛知県体育館大会で蝶野正洋と対戦。14分17秒、STFに敗れた。8月9日、両国国技館大会でビガロと対戦。10分10秒、DDT3連発からのフライングボディプレスに敗れた。8月10日、両国国技館大会で橋本真也と対戦。7分50秒、ニールキックをくらってフォール負け。リーグ戦は3戦全敗に終わった。

1992

92年1月4日、東京ドーム大会のメインでIWGPヘビー級王者の藤波を相手に、自らのグレーテスト18クラブ王座も賭けてダブルタイトルマッチ。12分11秒、ラリアット3連発で勝利。2冠王となった。8月16日、福岡国際センター大会でグレート・ムタを相手に防衛戦。11分26秒、ムーンサルトプレス2連発に敗れて王座転落。10月8日から始まったSGタッグリーグ戦に橋本真也と組んで参戦し、優勝。10月18日、幕張メッセ大会でトニー・ホームと対戦。6分39秒、ラリアット4連発で勝利。

1993

93年1月4日、東京ドーム大会のメインで天龍源一郎と対戦。18分14秒、パワーボムに敗れた。この試合でプロレス大賞のベストバウトを受賞した。

1994

94年1月4日、東京ドーム大会で藤原喜明と対戦。9分4秒、ラリアットで勝利。5月1日、福岡ドーム大会で馳浩と対戦。10分56秒、サソリ固めで勝利。

1995

95年10月9日、東京ドーム大会でのUWFインターとの対抗戦で安生洋二と対戦。4分45秒、サソリ固めで勝利。

1996

96年1月4日、東京ドーム大会で垣原賢人と対戦。5分46秒、サソリ固めで勝利。8月、決勝戦で蝶野正洋にサソリ固めで勝利してG1クライマックス初優勝を達成。その背後には、連戦の疲れを癒すために平田をわざと休ませて不戦勝とさせ、5連戦のうちで1日の休みを取った作戦もあった。9月20日、大阪府立体育会館大会で日米対抗スーパースターズ・トーナメントに参戦。1回戦でスコット・ノートンと対戦。5分41秒、ラリアット2連発に敗れた。

1997

97年1月4日、東京ドーム大会のメインで橋本のIWGP王座に挑戦。18分4秒、垂直落下式DDTに敗れた。4月12日、東京ドーム大会で佐々木健介と組んで藤波辰爾、木村健悟組のIWGPタッグ王座に挑戦。15分35秒、長州がラリアットで木村に勝利。IWGPタッグ王座を獲得した。

1998

98年1月4日、東京ドームで引退試合を行い現役生活にピリオドを打った。引退試合は藤田和之吉江豊高岩竜一獣神サンダーライガー飯塚高史との5人掛けマッチ。藤田には3分57秒にリキラリアットで勝利。吉江には1分42秒にリキラリアットで勝利。高岩には1分21秒にサソリ固めで勝利。飯塚には2分2秒にアキレス腱固めで敗れた。ライガーには5分9秒にプランチャをはなった後、リキラリアット2連発で勝利した。

2000

00年5月22日に大仁田の対戦要求に応じて現役復帰を表明。7月30日横浜アリーナで大仁田と因縁のノーロープ有刺鉄線電流爆破マッチを敢行。1万8千人の観衆を集めたこの試合で、大仁田は計5度の爆発を受け、7分46秒にサソリ固めでレフェリーストップ負け。長州の完勝だった。

2001

01年1月4日の東京ドーム大会では新日を解雇された橋本真也との遺恨決着のため試合を行うが両者レフェリーストップで決着はつかず。

2002

02年2月1日札幌大会、4月25日徳山大会に単発出場。11月12日、WJプロレスを設立。旗揚げ前の記者会見では「プロレス業界のド真ん中を歩かせてもらいます」と、「ど真ん中」をキャッチフレーズに提唱。

2003

03年3月1日に横浜アリーナで旗揚げ戦を行い、メインイベントで天龍と対戦。7分53秒、リキラリアット2連発で勝利した。3月15日、後楽園ホール大会のメインで天龍源一郎と対戦。10分27秒、53歳に敗れた。3月16日、宮城県スポーツセンター大会のメインで天龍源一郎と対戦。8分8秒、53歳に敗れた。天龍との対戦は、旗揚げ戦から6連戦が予定されていたが、第3戦が終わった時点で天龍の欠場により中止。その後、長州も欠場し、初のシリーズだったが暗雲が立ちこめた。その後、WJプロレスは低迷。5月31日、広島サンプラザホール大会で大森隆男と対戦。10分50秒、グラウンド・コブラツイストに敗れた。6月29日、北海道立総合体育センター大会で越中詩郎と組んで天龍源一郎、大仁田厚組と電流爆破タッグデスマッチ。7分50秒、天龍の53歳に越中が敗れた。7月20日、両国国技館大会でWJ最強者決定トーナメントに参戦し、1回戦で佐々木健介と対戦。12分59秒、ノーザンライトボムに敗れた。8月3日、駒沢オリンピック公園体育館大会で安生洋二と対戦。5分16秒、ラリアットで勝利。8月21日、大阪府立体育会館大会で天龍源一郎と組んでWMGタッグ王者決定トーナメントに準決勝から参戦し、大森隆男、鈴木健想組と対戦。12分26秒、天龍が53歳で健想に勝利。同日の決勝で越中詩郎、新崎人生組と対戦。15分10秒、長州がサソリ固めで人生に勝利。WMGタッグ王座を獲得した。9月22日、岐阜産業会館大会で矢口壹琅と対戦。9分21秒、ラリアットで勝利。10月20日、秋田市立体育館サブアリーナ大会で矢口壹琅と対戦。9分51秒、ラリアットで勝利。11月2日、ツインメッセ静岡大会で越中詩郎と対戦。9分19秒、首固めにフォール負け。 12月14日、ZERO−ONEの両国国技館大会のメインで長州軍対ZERO−ONEのシングルマッチによる勝ち抜き戦に出場。高岩にラリアットでフォール勝ちして橋本と対戦。右下腿ヒラメ筋不全断裂の重傷で試合に出場していたため防戦一方となり、14分26秒、ひざ十字固めにレフリーストップ負け。

2004

04年2月29日、ZERO−ONEの両国国技館大会のメインで橋本と対戦。11分8秒、ミドルキックにフォール負け。5月8日、ハッスルの横浜アリーナ大会でアダモンスターと対戦。2分35秒、ラリアットで勝利。6月25日、ZERO1の後楽園ホール大会で田中将斗と対戦。8分38秒、ラリアットで勝利。7月にWJプロレスの活動休止を表明。8月にWJプロレスの石井智宏、宇和野らと共にRIKIPROを設立。8月19日に後楽園ホールで旗揚げ戦を行なった。9月2日、ハッスルの後楽園ホール大会でサイコ・ザ・デスと対戦。3分14秒、ラリアットで勝利。10月9日、新日本プロレスの両国国技館大会の休憩前、トレーニングウェア姿でリングに上がり、「てめえら、この状態が何を求めてるかわかるか?外に出て行った人間が新日本のど真ん中に立ってる、この意味がわかるか?」とマイクで挑発。選手会長の永田がリングインして対峙。「時代を取りそこなった男がよく上がってきたな。中に残ってる人間が信頼されずに、外に出て行った人間がど真ん中に立ってる。次におれがこのど真ん中に立つ時は パワーホール全開で来る!」と古巣参戦を宣言。永田が張り手を叩きこみ、激しい張り合いを展開した。11月3日、新日本プロレスの両国国技館大会のメインで「蝶野正洋20周年記念試合」として蝶野正洋と組んで天山広吉、永田裕志組と対戦。12分42秒、蝶野がシャイニング・ケンカキックで天山に勝利。11月13日、新日本プロレスの大阪ドーム大会で蝶野正洋と組んで永田裕志、西村修組とイリミネーションタッグマッチ。4分8秒、長州がラリアットでKO勝ち。9分27秒、永田の垂直落下式ブレーンバスターに長州が敗れた。10分38秒、永田のサンダーデスドライバーに蝶野が敗れた。

2005

05年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会で闘魂杯巴戦に出場。蝶野と対戦し、6分54秒、スライディング式ケンカキックをくらってフォール負け。1月5日、リキプロの後楽園ホール大会で金村キンタローと対戦。6分29秒、ラリアットで勝利。2月20日、新日本プロレスの両国国技館大会で西村修と対戦。9分2秒、ロープエスケープを無視してサソリ固めをかけ続けたため反則負け。3月25日、ZERO1−MAXの札幌テイセンホール大会で高岩竜一と対戦。2分23秒、ラリアットで勝利。8月4日、WRESTLE−1の両国国技館大会でWRESTLE−1 GPに参戦し、1回戦で佐々木健介と対戦。6分10秒、ノーザンライトボムに敗れた。8月14日、リキプロの後楽園ホール大会で柴田勝頼と対戦。9分49秒、ラリアットで勝利。9月10日、ハッスルの愛知県体育館大会で藤井軍鶏侍と対戦。3分39秒、ラリアットで勝利。10月8日、新日本プロレスの東京ドーム大会で石井智宏と組んで藤波辰爾、西村修組と対戦。8分37秒、西村の足4の字固めに石井が敗れた。10月22日から始まった闘魂シリーズから新日本プロレスの現場監督に復帰。

2006

06年1月5日、リキプロの後楽園ホール大会で後藤達俊と対戦。6分28秒、ラリアットで勝利。2月19日、両国国技館大会で曙と組んでブロック・レスナー、中邑真輔組と対戦。12分49秒、レスナーのバーディクトに長州が敗れた。4月20日、福知山三段池公園総合体育館大会でNEW JAPAN CUPに参戦し、1回戦でブラック・ストロング・マシンと対戦。6分46秒、ラリアットで勝利。4月23日、宮崎県武道館大会での2回戦でジャイアント・バーナードと対戦。9分11秒、ジャックハマーに敗れた。10月15日から始まったG1タッグリーグに曙と組んで参戦。リーグ戦は2勝2敗に終わった。

2007

07年3月11日、愛知県体育館大会でのNEW JAPAN CUP1回戦で蝶野正洋と対戦。8分44秒、横入り式エビ固めにフォール負け。5月22日、広島県立総合体育館小体育館大会で矢野通と対戦。4分24秒、ラリアットで勝利。7月12日、Zepp Sendai大会で越中詩郎を相手にG1クライマックス出場者決定戦。7分13秒、横入り式エビ固めにフォール負け。7月29日、LOCK UPの後楽園ホール大会で石井智宏と対戦。7分37秒、ラリアットで勝利。

2008

08年2月16日、ソウル・コネクションの新宿FACE大会で“brother”YASSHIと対戦。2分28秒、ラリアットで勝利。

2009

09年3月14日、全日本プロレス両国国技館大会で高岩と組んで西村、征矢学組と対戦。長州の全日本プロレス参戦は22年ぶりのことだった。10分13秒、ラリアットで征矢にフォール勝ち。4月12日、ロックアップの後楽園ホール大会で藤波と組んで藤原、大森隆男組と対戦。9分39秒、長州のサソリ固めで藤原に勝利。10月10日、ハッスルの両国国技館大会(ハッスル最後の大会)で、ハッスル連合軍対RIKI軍団の5対5の勝ち抜き戦にRIKI軍団の副将として登場。ハッスル軍大将のマグナムTOKYOと対戦し、雪崩式ブレーンバスター、リキラリアット2発からのサソリ固めで2分4秒にレフリーストップ勝ち。11月、全日本プロレスの最強タッグリーグ戦に征矢学と組んで参戦。86年以来の23年ぶりの最強タッグリーグ戦出場となった。5勝3敗の勝ち点10で3位となり、優勝を逃した。

2011

11年1月10日、後楽園ホールでのレジェンド・ザ・プロレスリングの旗揚げ戦のメインで藤波と対戦。会場を埋めつくした超満員のファンの大歓声を受けて奮闘したが、9分29秒、エビ固めに丸めこまれてフォール負け。5月7日、レジェンドプロレスの大阪府立体育会館第2競技場大会で藤波と対戦。観客動員記録となる1500人もの超満員の観客の前で熱戦を展開。10分52秒、雪崩式ブレーンバスターからラリアットを2発決めたが、3発目をブロックされてからの逆さ押さえ込みにフォール負け。9月23日、レジェンドプロレスの名古屋国際展示会議場イベントホール大会で藤波と対戦。10分57秒、リキラリアットで勝利。9月30日、レジェンドプロレスの札幌テイセンホール大会で藤波と対戦。6分45秒、逆さ押え込みにフォール負け。

2012

12年1月8日、レジェンドプロレスの後楽園ホール大会で橋本大地と対戦。10分59秒、リキラリアット2連発で勝利。4月20日、後楽園ホールでの藤波の40周年記念興行に出場。メインで藤波、初代タイガーマスクと組んで蝶野、ヒロ斉藤、AKIRA組と対戦。9分24秒、藤波がドラゴンスリーパーでAKIRAに勝利。5月5日、レジェンドプロレスの巌流島大会で大谷と組んで藤波、ヒロ斉藤組と対戦。7分29秒、長州がサソリ固めでヒロに勝利。6月15日、広島グリーンアリーナでの齋藤彰俊の自主興業で藤波、初代タイガーマスクと組んで藤原、カブキ青柳組と対戦。11分57秒、藤波がドラゴンスリーパーで青柳に勝利。

2015

15年11月15日、両国国技館での天龍の引退興行で石井智宏と組んで齋藤彰俊、河上隆一組と対戦。13分46秒、長州のリキラリアットから石井が垂直落下式ブレーンバスターで河上に勝利。

2016

16年1月25日、日本武道館で開催された音楽と格闘技の「対決コラボレーション」イベント「GUM ROCK FES.」のメインに登場。音楽の対バン対決(Thinking Dogs対Silent Siren)、東西のアイドル対決(HKT48対乃木坂46)、お笑い芸人とプロレスラーの対決(南海キャンディーズのしずちゃん対スーパーササダンゴマシン)の終了後、メインで藤波と対戦。5分49秒、ラリアット2連発で勝利した。

2017

17年10月29日、ドラディションの大阪南港ATCホール大会で藤波、マスカラスと組んで越中、カブキ、AKIRA組と対戦。8分53秒、マスカラスがフライングボディアタックでAKIRAに勝利。

2018

18年9月28日、仙台サンプラザホールで行われたみちのくプロレス主催の「昭和プロレスフェスタin仙台」でヒロ斉藤、人生と組んで藤波、東郷、GAINA組と対戦。9分51秒、人生が極楽固めでGAINAに勝利。

2019

19年6月26日、後楽園ホールで引退興行を開催。越中詩郎、石井智宏と組んで藤波辰爾、武藤敬司真壁刀義組と対戦。17分29秒、真壁のダイビング・ニードロップに長州が敗れた。



スクラップブック
(2020年8月2日11:03配信 朝日新聞DIGITALより)
長州さんは山口県徳山市(現・周南市)の出身。朝鮮半島出身の両親のもと、在日韓国人2世として生まれ育った。体力に自信があった長州さんは中学で柔道部に所属。このころ開かれた東京オリンピック(1964年)で、日本人選手が活躍する姿に感動し、自らも夢の舞台にあこがれるようになった。
 高校からレスリングに転向し、強豪の専修大に進学。3年生の時、ミュンヘンオリンピックを迎えた。長州さんはすでに全日本学生選手権で優勝するなどの実績を出していたが、日本国籍がないことから日本代表にはなれなかった。
 それでも夢をあきらめきれず、「たとえ日本代表じゃなくても、どの国でもいい」と、韓国の選考会に急きょ出場、代表の座をつかんだ。
 本番ではフリースタイル90キロ級で出場したが、メダルに手は届かなかった。「メダルを取る人は、僕たちよりもまだ何段階も上の練習をやっている。立てた目標に対してはたどり着けたっていう思い」と振り返る。
 長州さんは取材に対し、プロレス時代についても振り返った。大学卒業後、アントニオ猪木さん率いる新日本プロレスに入った。アマとプロの違いについて、「練習の厳しさで言ったら断然プロ。お客さんに見てもらってもうけるわけだから、体を作るにもストイックさが求められる」と話した。
 その上で、長州さんは「プロレスは表現」と言い、アントニオ猪木さんについて「本当にすごい人。リングの中で戦っているように見えるでしょう」と評価した。
 長州さんは19年に現役を引退、それに先立ち、2016年に日本国籍を取得した。「まあ、帰化は終わってるんだけど、そもそも日本に生まれて、日本の教育を受けて、日本の道徳で育ってきて。じゃあ俺、何人になるの?って。もう日本人でしょって」