ダークロHP / レスラーノート

ジャイアント・キマラ
GIANT KIMALA


本名:ペンジャミン・ピーコック
1964年2月19日
ジョージア州メイコン出身
180cm 170kg
タイトル歴:ディープ・サウス・ヘビー
得意技:ダイビング・ネックブリーカードロップ ボディプレス

86年、ボツワナ・ビーストの名でジョージア地区に登場。87年、レンジャー・ロスを破り、ディープ・サウス・ヘビー級王座を獲得。90年2月、テキサスでWWAブラスナックル王者として遠征してきたグレート・ニタに挑戦。敗れたが、名勝負を展開した。90年にブッチャーのパートナーとして初来日。当時は初代キマラ(日本ではキマラと区別するためカマラと呼ばれることも多い)がいたために、2号を名のっていた。その後、初代キマラが来日しなくなったため、キマラに改名。全日本プロレスの中堅選手として活躍。一部では「戦うポンポコリン」という愛称で呼ばれていた。96年夏ごろから泉田純とタッグを組む。泉田が抱え上げキマラがトップロープから飛ぶ合体ネックブリーカーを使ったりしていた。99年にはECWにウガンダのリングネームで登場した。

 グーグル検索 レスラーノート検索


ダークロHP