レスラーノート

本名:高木功
1961年11月8日
大阪府守口市出身
190cm 140〜146kg 血液型:O型

タイトル歴
世界タッグ
WAR6人タッグ
アジアタッグ
WEWヘビー
得意技
ダイビングボディプレス(フロッグ・スプラッシュ)
ニールキック
アラシドリラー

中学卒業後、大相撲の高田川部屋に入門。77年の3月場所で初土俵。 79年11月に幕下に昇進。四股名を卓越山に改名して十両に昇進。相撲界には9年在籍し、最高位は西十両5枚目。 東幕下5枚目だった86年の7月場所を全休し、廃業を決意。 87年に全日本プロレスに入門。3月31日、富山県魚津市総合体育館のハル園田戦でデビュー。そのデビューを飾ったシリーズ中に、馬場がパートナーに大抜擢し、4月10日から11日の期間でアメリカ・メリーゴーランド州ボルチモアで開催された「世界タッグ五輪2」に出場。世界の強豪24チームの中で日本代表として出場し、4位と大健闘。12月11日、日本武道館大会でラッシャー木村と対戦。9分5秒、ブルドッキング・ヘッドロックに敗れた。 88年6月、タイガーマスク(三沢)を中心とする決起軍に参加。 90年1月3日、後楽園ホール大会で天龍の入場時に乱入して襲撃。その後のシリーズでは天龍の容赦のない攻撃を受け続けた。1月28日、シリーズ最終戦の後楽園ホール大会で天龍とシングルで対戦し、サソリ固めに敗れた。後遺症を理由に、2月23日からのシリーズを欠場。8月7日、記者会見を開いてSWS入団を表明。9月29日、福井市体育館でのSWSのプレ旗揚げ戦に出場し、谷津と組んで天龍、石川組と対戦。天龍の容赦ない頭部への蹴りを受け、TKO負け。試合後に救急車で病院に運ばれた。11月17日、SWSの道場大会で仲野信市と対戦。5分13秒、バックドロップを切り返しての片エビ固めでフォール勝ち。同大会で北尾と対戦。ラリアットに敗れた。 12月1日から左肩脱臼と右膝靭帯断裂を理由に欠場。 91年1月22日、素行不良を理由に田中社長から契約を解除された。 92年10月、PWCの旗揚げに参加。インディ団体のPWCやSPWFを渡り歩く。SPWFでは土木作業員のコスチュームでラフファイターとして活躍。 95年にWARでマスクマンの嵐(2代目)として登場。8月29日、冬木弘道との敗者隅田川飛びこみマッチに敗れる。9月6日14時9分、中央大橋から隅田川に飛びこみ、待機していたクルーザーに救助された。 98年にWARが経営難のため活動停止。

2001

天龍が全日本プロレスに復帰しWAR軍の結成を呼びかけたため、01年8月、全日本プロレスに復帰。8月30日、広島・東区スポーツセンター大会で太陽ケアと対戦。1分7秒、シャイニングウィザードに敗れた。9月6日、名古屋国際会議場イベントホール大会で保坂秀樹と対戦。6分3秒、嵐ドリラーで勝利。9月8日、日本武道館大会で北原と組んで荒谷信孝、奥村茂雄組を相手にアジアタッグ王座決定戦。17分38秒、嵐が嵐ドリラーで奥村に勝利。アジアタッグ王座を獲得した。10月8日、後楽園ホール大会で世界タッグ王者の天龍、安生組と組んで川田、荒谷組とジョニー・スミス、ジョージ・ハインズ組を相手に8人タッグマッチで両タッグ王座の防衛戦。15分30秒、安生が顔面ニーリフトで荒谷に勝利。10月19日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でジョニー・スミス、ジョージ・ハインズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。18分38秒、嵐がフロッグスプラッシュでハインズに勝利。10月27日、日本武道館大会で渕正信と対戦。15分55秒、フロッグスプラッシュで勝利。11月24日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦に北原と組んで参戦。12月4日、秋田市立体育館大会で荒谷信孝と対戦。11分21秒、パワーボムで勝利。リーグ戦は2勝5敗に終わった。

2002

02年1月11日、大阪市中央体育館大会で川田利明と対戦。6分6秒、延髄斬りに敗れた。1月、北原が全日本プロレス参戦を終了したためアジアタッグ王座を返上。2月12日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で荒谷信孝と対戦。12分11秒、フロッグスプラッシュで勝利。3月8日、SPWFの船橋アリーナ大会で津谷章嘉と対戦。7分24秒、スプラッシュで勝利。3月23日から始まったチャンピオンカーニバルに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で川田利明と対戦。3分20秒、ストレッチプラムに敗れた。3月26日、富山産業展示館テクノホール大会で長井満也と対戦。10分56秒、ハイパーニー空牙に敗れた。3月28日、呉市体育館大会でジム・スティールと対戦。11分10秒、ジャンピング・パワーボムで勝利。4月1日、長岡市厚生会館大会で小島聡と対戦。13分5秒、ラリアットに敗れた。4月3日、気仙沼市総合体育館大会で安生洋二と対戦。9分45秒、グランドクロス200に敗れた。4月6日、函館市民体育館大会でマイク・バートンと対戦。9分55秒、パワーボムに敗れた。リーグ戦は1勝5敗に終わった。4月13日、日本武道館大会で荒谷信孝と組んで王座決定戦で長井奥村組と対戦。23分27秒、荒谷のかち上げラリアットで奥村に勝利。アジアタッグ王座を獲得した。6月9日、Zepp Tokyo大会(エイプとのコラボイベント)で長井満也と対戦。3分41秒、膝十字固めに敗れた。9月23日、札幌テイセンホール大会でカズ・ハヤシ、ジミー・ヤン組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分24秒、荒谷がムーンサルトプレスでヤンに勝利。10月14日、愛知県体育館大会で小島聡と対戦。16分17秒、ラリアットに敗れた。10月20日、宮城県スポーツセンター大会のメインで小島聡と対戦。18分32秒、ラリアットに敗れた。11月23日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦に荒谷信孝と組んで参戦。12月1日から左肋骨骨折のため欠場。その後のリーグ戦は不戦敗。5敗2引き分けに終わった。

2003

03年1月3日、後楽園ホール大会で天龍源一郎、渕正信組を相手にタッグ王座の防衛戦。24分35秒、荒谷がムーンサルトプレスで渕に勝利。2月16日、博多スターレーン大会でギガンテス、テンタ組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分9秒、ギガンテスがレフリーを暴行して反則勝ち。3月22日、後楽園ホール大会で佐藤耕平と対戦。4分45秒、フロッグスプラッシュで勝利。3月23日、後楽園ホール大会でのチャンピオンカーニバル1回戦で荒谷信孝と対戦。12分34秒、嵐落としで勝利。3月28日、北海道立総合体育センター大会での準決勝で武藤敬司と対戦。18分3秒、フロッグスプラッシュで勝利。同日の決勝で小島聡と対戦。16分30秒、ラリアットに敗れた。4月10日、広島県立総合体育館小体育館大会で奥村茂雄と対戦。6分57秒、嵐ロックで勝利。4月12日、日本武道館大会で橋本真也の三冠王座に挑戦。17分4秒、三角絞めに敗れた。5月23日、ZERO1の弘前市河西体育センター大会で黒毛和牛太と対戦。4分24秒、嵐落としで勝利。6月8日、横浜文化体育館大会で武藤敬司と組んで、世界タッグ王座決定トーナメントに参戦し、1回戦でザ・グラジエーター、ギガンテス組と対戦。20分17秒、武藤がウラカンラナでグラジエーターに勝利。同日の決勝で小島聡、ジミー・ヤン組と対戦。24分49秒、嵐がフロッグスプラッシュでヤンに勝利。世界タッグ王座を獲得した。5回の防衛を重ねた。6月11日、松本市総合体育館大会で川田利明と対戦。14分37秒、延髄斬り2連発に敗れた。7月13日、大阪府立体育会館大会で荒谷望誉と対戦。5分24秒、フロッグスプラッシュで勝利。7月19日、日本武道館大会で荒谷望誉と対戦。10分15秒、パワーボムで勝利。7月25日から始まったZERO1の火祭りに参戦。開幕戦のキラメッセぬまづ大会で横井宏考と対戦。9分24秒、パワーボムで勝利。7月27日、全日本プロレスの石川県産業展示館4号館大会で金村キンタローと対戦(火祭り公式戦)。4分50秒、横入り式エビ固めにフォール負け。7月30日、後楽園ホール大会で大谷晋二郎と対戦。14分53秒、フロッグスプラッシュで勝利。7月31日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で藤原喜明と対戦。5分1秒、ワキ固めに敗れた。リーグ戦は2勝2敗に終わった。9月6日、日本武道館大会でギガンテス、TAKAみちのく組を相手にタッグ王座の防衛戦。18分24秒、シャイニング・インパクトを決めて嵐がギガンテスにフォール勝ち。9月21日、後楽園ホール大会で河野真幸と対戦。4分33秒、パワーボムで勝利。10月5日、後楽園ホール大会でTAKAみちのく、柏大五郎、石坂鉄平とハンディキャップマッチ。6分53秒、超高角度パワーボムで石坂に勝利。10月26日、日本武道館大会でディーロ・ブラウン、ブキャナン組を相手にタッグ王座の防衛戦。24分26秒、武藤がムーンサルトプレスでディーロに勝利。11月22日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦に武藤敬司と組んで参戦。3勝2敗1引き分けに終わった。12月27日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でムタと組んでクリストファー・ダニエルズ、ダン・マフ組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分7秒、ムタがシャイニングウィザードでダニエルズに勝利。

2004

04年1月3日、後楽園ホール大会でジ・イーグル、ショーン・ヘルナンデス組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分3秒、シャイニング・インパクトで嵐がイーグルにフォール勝ち。1月12日、倉敷山陽ハイツ体育館大会で保坂秀樹と対戦。10分57秒、フロッグスプラッシュで勝利。1月18日、大阪府立体育会館大会で小島聡、カズ・ハヤシ組を相手にタッグ王座の防衛戦。26分49秒、小島のラリアットに嵐が敗れて王座転落。4月10日から始まったチャンピオンカーニバルに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で佐々木健介と対戦。5分41秒、ノーザンライトボムに敗れた。4月12日、Zepp Tokyo大会で武藤敬司と対戦。10分34秒、シャイニングウィザード2連発に敗れた。4月15日、後楽園ホール大会でカズ・ハヤシと対戦。9分27秒、十字固めにフォール負け。4月17日、ディファ有明大会でジャマールと対戦。11分13秒、腕固めでレフリーストップ勝ち。リーグ戦は1勝3敗に終わった。5月3日、Zepp Osaka大会でペロと対戦。6分4秒、パワーボムで勝利。6月12日、愛知県体育館大会で太陽ケアと対戦。14分14秒、タイガードライバー91に敗れた。7月4日、後楽園ホール大会で本間朋晃と対戦。10分2秒、パワーボムで勝利。9月3日、横浜文化体育館大会でグラン浜田と組んで天龍源一郎、渕正信組と対戦。6分31秒、天龍のラリアットに嵐が敗れた。試合後、以前から誘われていたTAKAみちのく率いるRO&D入りを決意したが、逆にRO&Dから襲撃を受ける。スーパー・ストロング・マシンに救出されてマスクを渡された。その後、マスクマンのラブマシン・ストームとしてスーパー・ラブマシンやミニ・ラブマシン(グラン浜田)らと組んでRO&Dと抗争。タッグ戦では相手をリストラボックスに閉じこめて分断する戦法を使った。9月23日、熊本・興南会館大会で嵐として小島聡と対戦。13分19秒、CCDに敗れた。10月16日、飯田市勤労者体育センター大会で諏訪間幸平と対戦。5分48秒、胴絞めスリーパーで勝利。11月21日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦にスーパー・ラブマシンと組んで参戦。リーグ戦は2勝1敗1引き分けに終わった。12月29日、Zepp Tokyo大会でa・k・aトーナメントに参戦し、1回戦でグレート・コスケと対戦。10分29秒、横入り式エビ固めでフォール勝ち。12月30日、Zepp Tokyo大会での2回戦でTHE APEMAN(カズ・ハヤシ)と対戦。6分16秒、ラ・マヒストラルにフォール負け。

2005

05年3月13日、楢葉町民体育館大会で平井伸和と対戦。9分11秒、フロッグスプラッシュで勝利。4月9日から始まったチャンピオンカーニバルに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で近藤修司と対戦。10分33秒、A.T.ロックに敗れた。4月10日、後楽園ホール大会で太陽ケアと対戦。4分1秒、ラ・マヒストラルにフォール負け。試合後、TAKAみちのくに挑発されてマスクを脱いで退場。以後、素顔の嵐に戻った。4月13日、アイテムえひめ大会で佐々木健介と対戦。7分11秒、コーナーから落とすトルネードボムで勝利。4月14日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で小島聡と対戦。15分9秒、ラリアットに敗れた。4月17日、新潟市体育館大会でジャイアント・バーナードと対戦。2分38秒、バーナードが暴走したため反則勝ち。リーグ戦は2勝3敗に終わった。5月27日、出水市総合体育館大会で雷陣明と対戦。6分54秒、パワーボムで勝利。5月29日、神戸サンボーホール大会で本間朋晃と対戦。10分15秒、フロッグスプラッシュで勝利。6月15日、東金アリーナ大会で土方隆司と組んでアジアタッグ王座決定トーナメントに参戦し、1回戦で近藤修司、YASSHI組と対戦。11分18秒、近藤のラリアットをくらってYASSHIに土方がフォール負け。7月22日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でチャック・パルンボと対戦。9分40秒、シットダウン・パワーボムで勝利。7月26日、国立代々木競技場・第2体育館大会でブキャナンと対戦。4分35秒、フロッグスプラッシュで勝利。8月30日、旭川地場産業振興センター大会で平井伸和と対戦。11分11秒、パワーボムで勝利。9月1日、札幌メディアパーク・スピカ大会で土方隆司と組んで佐々木健介、中嶋勝彦組のアジアタッグ王座に挑戦。20分30秒、佐々木のラリアットに土方が敗れた。11月20日から始まった世界最強タッグ決定リーグ戦にAKIRAと組んで参戦。11月29日、宮城県スポーツセンター大会で平井伸和と対戦。10分50秒、ジャンピング・パワーボムで勝利。リーグ戦は1勝3敗に終わった。

2006

06年1月2日、後楽園ホール大会で14人参加のバトルロイヤルに勝利。1月8日、大阪府立体育会館大会でカズ・ハヤシと組んで佐々木健介、中嶋勝彦組のアジアタッグ王座に挑戦。21分2秒、中嶋のジャーマンスープレックスにハヤシが敗れた。2月27日、高山マウントエース大会でブルート一生と対戦。10分28秒、逆片エビ固めで勝利。3月2日、呉市体育館大会で平井伸和と対戦。9分22秒、ジャンピング・パワーボムで勝利。4月7日から始まったチャンピオンカーニバルに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で鈴木みのると対戦。4分50秒、胴絞めスリーパーにレフリーストップ負け。4月9日、後楽園ホール大会で中嶋勝彦と対戦。7分18秒、ジャンピング・パワーボムで勝利。4月11日、キラメッセぬまづ大会で小島聡と対戦。11分36秒、ラリアットに敗れた。4月13日、兵庫県立武道館大会でディーロ・ブラウンと対戦。4分28秒、ローダウンに敗れた。4月15日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でマット・モーガンと対戦。7分46秒、首固めでフォール勝ち。リーグ戦は2勝3敗に終わった。5月23日、都城市運動公園体育館大会で平井伸和と対戦。10分15秒、ジャンピング・パワーボムで勝利。5月30日、ウェルサンピア高知大会で雷陣明と対戦。11分14秒、パワーボムで勝利。 7月5日、大麻不法所持の容疑で逮捕。全日本プロレスから永久追放。

2007

07年6月21日、無我の後楽園ホール大会で復帰戦。第0試合で西村修と対戦し3分24秒、スリーパーホールドに敗れた。試合後にマイクをつかみ「最初に去年の不祥事についておわびしたい。プロレスに携わるすべての人とファンであるみなさん、本当に申し訳ありませんでした」と語ってから四方に向かって土下座した。その後は無我の試合に高木功の名で出場。7月1日、無我の新潟フェイズ大会でヒロ斉藤と対戦。7分21秒、首固めにフォール負け。9月1日、無我の幕張メッセ国際展示場大会で後藤達俊と対戦。7分10秒、レフリー暴行のため反則勝ち。9月25日、無我のアクロス福岡大会で長井と対戦。12分9秒、ライガーボムで勝利。11月3日、無我のウイングハット春日部大会で吉江豊と対戦。16分42秒、ダイビング・ボディプレスに敗れた。11月18日、無我の国東体育館大会で後藤達俊と対戦。8分52秒、首固めにフォール負け。12月13日、無我の後楽園ホール大会で倉島と対戦。7分51秒、パワーボムで勝利。

2008

08年2月1日、「2008年、無我からドラディションに団体名が変わり、高木功から、嵐のリングネームに戻すことを決意しました。その理由の一つは、大会後の写真撮影に藤波さんがリングに上げてくれた事で、やっと仲間になれたと思いました」と、リングネームを嵐に戻すことを表明。その後もドラディションに出場を続けた。9月27日、チーム・ベイダーの新木場1stRING大会でスーパー宇宙パワーと対戦。5分13秒、パワーボムで勝利。11月13日、和志組の新木場1stRING大会で松崎和彦と対戦。6分5秒、パワーボムで勝利。

2009

09年1月23日、和志組の新木場1stRING大会で佐野直と対戦。3分18秒、パワーボムで勝利。2月8日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で梶原慧と対戦。7分49秒、パワーボムで勝利。2月11日、焼津市民体育館大会でアミーゴ鈴木と対戦。6分12秒、パワーボムで勝利。9月16日、函館市民体育館大会で河上隆一と対戦。4分14秒、スリーパーホールドで勝利。

2010

10年4月19日、新宿FACEでの天龍プロジェクトの旗揚げ戦に出場。メインでディック東郷と組んで天龍、高木三四郎組と対戦。20分3秒、天龍の投げっぱなしパワーボムに東郷が敗れた。9月5日、新木場1stRINGで自主興行を開催。メインで宮本、相島と組んで長井、関本、不動組と対戦。21分23秒、嵐がフロッグ・スプラッシュで不動に勝利した。

2011

11年5月27日、アパッチプロレスの新木場1stRING大会で金村の王座に挑戦。7分15秒、ラリアットで勝利してWEWヘビー級王座を獲得。6月23日、アパッチプロレスの新木場1stRING大会で木村浩一郎を相手に防衛戦。6分3秒、パワーボムで勝利。7月10日、和志組の石巻市総合体育館大会で星野勘九郎と対戦。11分35秒、フェイスロックで勝利。8月28日、アパッチプロレスの大阪MOVE ON ARENA大会で橋本友彦を相手に防衛戦。10分16秒、パワーボムで勝利。9月28日、アパッチプロレスの新木場1stRING大会で下田大作を相手に防衛戦。8分22秒、パワーボムで勝利。11月10日、後楽園ホールでの天龍のデビュー35周年記念興行でと対戦。6分48秒、ボディプレス3連発に敗れた。12月31日、アパッチプロレスの新木場1stRING大会で不動力也を相手に防衛戦。10分17秒、パワーボムで勝利。

2012

12年2月29日、アパッチプロレスの新木場1stRING大会で黒田哲広を相手に防衛戦。12分28秒、パワーボムで勝利。4月26日、アパッチプロレスの新木場1stRING大会で黒田哲広を相手に防衛戦。17分3秒、ラリアットに敗れた。5月23日、天龍プロジェクトの後楽園ホール大会のメインで村上和成と組んで高山マイバッハ谷口組と対戦。15分34秒、高山のランニングニーリフトに嵐が敗れた。6月15日、広島グリーンアリーナでの齋藤彰俊の自主興業で河野と組んで曙、組と対戦。6分59秒、曙のランニングボディプレスに嵐が敗れた。7月25日、アパッチプロレスのテイクオーバー・ザ・インディペンデント・トーナメントに出場。新木場1stRINGでの1回戦で翔太と対戦。44秒、パワーボムで勝利。8月27日、アパッチプロレスの新木場1stRING大会での2回戦で宮本和志と対戦。11分27秒、嵐ロックでTKO勝ち。9月21日、アパッチプロレスの新木場1stRING大会での準決勝で黒田哲広と対戦。4分20秒、雁之助クラッチにフォール負け。9月26日、天龍プロジェクトの後楽園ホール大会で村上和成を相手にランバージャックデスマッチで対戦。5分16秒、大外刈りを決めてフォール勝ち。

2013

13年5月7日、天龍プロジェクトの新木場1stRING大会で河上隆一と対戦。9分9秒、大外刈りを決めてフォール勝ち。

2015

15年4月3日、天龍プロジェクトの新宿FACE大会でグレート小鹿と組んでカブキ井上雅央組と対戦。11分51秒、嵐がパワーボムで井上に勝利。5月30日、天龍プロジェクトの大阪府立体育会館第2競技場大会で相島勇人と対戦。9分43秒、パワーボムで勝利。11月15日、両国国技館での天龍の引退興行で越中と組んで太陽ケア、相島組と対戦。9分54秒、越中のダイビングヒップアタックから嵐がパワーボムで相島に勝利。