レスラーノート

アニマル・ウォリアー

ANIMAL WARRIOR
本名:ジョゼフ・ラリナイダス
1961年1月26日
ミネソタ州ミネアポリス出身
190cm 130kg

通称
暴走戦士
タイトル歴
AWA世界タッグ
インタータッグ
NWA世界タッグ
WWF世界タッグ
WWEタッグ
UWA世界タッグ
得意技
パワースラム

タッグチーム、ロード・ウォリアーズで80年代に大人気だった筋肉派レスラー。顔にペイントし、映画「マッドマックス」のような暴走族スタイルの外見。荒削りなバイオレンスファイトを得意とした。大学を中退後、ミネアポリスでE・シャーキーのコーチを受け82年11月にプロレス入り。デビュー当初のリングネームはジョー・ローリネーティー(ジョー・ローレンという説もある)。ノースカロライナにブッキングされたが、大きな活躍ができずにミネアポリスに戻る。83年6月、オレイ・アンダーソンのブッキングでNWAジョージア地区に転戦し、ポール・エラリングをマネージャーに、ホーク・ウォリアーとロード・ウォリアーズ結成。 84年8月にAWA世界タッグ王座を獲得。 85年3月、全日本プロレスに初来日。3月9日、来日2戦目となる両国国技館大会で鶴田天龍組のインタータッグ王座に挑戦。両国国技館でのプロレス初使用となった大会で持ち味を発揮し、1本目は7分35秒、ホークがラリアットで鶴田に勝利。2本目は2分13秒、ホークが鶴田をフルネルソンにとらえたところを天龍に倒されてジャーマンのような体勢となり、ダブルフォールとしてカウントが叩かれたが、直前で鶴田が肩を上げたためホークのフォール負け。3本目は、この判定に納得がいかないウォリアーズが試合放棄。暴動寸前の大混乱の幕切れとなった。3月14日、愛知県体育館大会でのシリーズ最終戦で長州カーン組を相手にAWA世界タッグ王座の防衛戦。5分30秒、両者リングアウトに終わった。 86年4月、ニューオリンズのスーパードームで開催された「世界タッグ五輪」で優勝。 87年3月12日、日本武道館大会で鶴田、天龍組のインタータッグ王座に挑戦。ダブルインパクト(アニマルが天龍を肩車してホークがダイビングラリアット)で天龍をグロッキー状態にさせ、さらにアニマルが場外でパイルドライバー。11分17秒、リングアウト勝ちしてインタータッグ王座を獲得した。 88年10月、NWA世界タッグ王座を獲得。 90年7月に新日本プロレスに登場。帰国後にリージョン・オブ・ドゥームのチーム名でWWFに移籍。 91年3月30日、SWSの東京ドーム大会でホークと組んで天龍、ホーガン組と対戦。同時にリフトアップスラムでたたきつける見せ場を作り、リングアウト勝ち。8月、ナスティ・ボーイズを破りWWF世界タッグ王座を獲得。 92年9月に解散し、リングを離れた。 96年1月にWCWでホークと再結成。4月に新日本プロレスでパワー・ウォリアー(佐々木健介)とトリプル・ウォリアーズを結成してスコット・ノートン、スタイナーズ組に勝利。9月16日、新日本プロレスの愛知県体育館大会で天山広吉と対戦。4分17秒、パワースラムで圧勝。 97年2月、WWFにチーム名をLODと改名して登場。10月にWWF世界タッグ王座を獲得。 01年1月にWCWに復帰するが3月に団体が崩壊。インディ団体XWFに参加。12月9日、ZERO−ONE「真撃」の大阪城ホール大会でホークと組んで大谷田中組と対戦。15分6秒、ダブルインパクトからのアニマルのラリアットで大谷をKOして、レフリーストップ勝ち。 02年6月には新団体IWSを旗揚げ。11月23日から始まった全日本プロレスの世界最強タッグリーグ戦に武藤敬司と組んで参戦。5勝2敗の2位。 03年3月1日、横浜アリーナで行われたWJプロレスの旗揚げ戦でホークと組んでザ・クラッシャーズ(トッド・シェーン、マイク・シェーン)のIPWハードコアタッグ王座に挑戦。11分4秒、ダブルインパクトでマイクに勝利。IPWハードコアタッグ王座を獲得した。その後もWJプロレスに参戦。3月15日、後楽園ホール大会でザ・クラッシャーズと対戦。9分4秒、振り子式合体チョークスラムをくらってトッドにホークがフォール負け。3月16日、宮城県スポーツセンター大会でザ・クラッシャーズを相手にタッグ王座の防衛戦。6分25秒、ダブルインパクトでマイクに勝利。3月18日、太田市民体育館大会で佐々木健介、鈴木健想組と対戦。11分20秒、健介のノーザンライトボムにホークが敗れた。3月19日、草加市スポーツ健康都市記念体育館大会で谷津嘉章、鈴木健想組と対戦。5分51秒、ダブルインパクトで谷津に勝利。3月20日、流山市総合体育館大会でザ・クラッシャーズと対戦。5分57秒、ダブルインパクトでマイクに勝利。6月29日、北海道立総合体育センター大会でザ・クラッシャーズを相手にタッグ王座の防衛戦。11分35秒、合体チョークスラムをくらってトッドにアニマルがフォール負けして王座転落。7月1日、札幌テイセンホール大会でホークと組んでベイダー、ディック東郷組と対戦。14分21秒、ダブルインパクトで東郷に勝利。7月3日、旭川大成市民センター体育館大会でホークと組んで佐々木健介、安生洋二組と対戦。7分25秒、ダブルインパクトで安生に勝利。7月4日、八戸市体育館大会でホークと組んで大森隆男、木村浩一郎組と対戦。8分28秒、ダブルインパクトで木村に勝利。7月5日、青森県武道館大会でホークと組んで佐々木健介、ダン・ボビッシュ組と対戦。8分33秒、健介のストラングルホールドγにホークが敗れた。7月7日、石巻市総合体育館大会でホークと組んで長州力、越中詩郎組と対戦。7分2秒、ダブルインパクトで越中に勝利。7月8日、岩手県営体育館大会でホークと組んで越中詩郎、新崎人生組と対戦。11分3秒、人生の横入り式エビ固めにホークがフォール負け。7月9日、山形市総合スポーツセンターサブアリーナ大会でザ・クラッシャーズと対戦。7分、ダブルインパクトでマイクに勝利。7月11日、新潟市体育館大会でザ・クラッシャーズと対戦。7分35秒、ホークがフライング・ラリアットでトッドに勝利。 04年4月、IWAジャパンに来日。4月29日、山形市総合スポーツセンター大会で松田慶三と組んでレザー・フェイス、フレディ・クルーガー組と対戦。4分10秒、アニマルがウォリアーボムでフレディに勝利。4月30日、米沢市営体育館大会でハクソー・ジム・ドゥガン、ジョージ・ハインズと組んでバリー・ウインダム、マイク・ロトンド、三宅綾組と対戦。11分13秒、レフリー負傷によりコミッショナーがゴングを要請し、無効試合に終わった。5月3日、横須賀臨海公園大会でハクソー・ジム・ドゥガンと組んでジャイアント・キマラ、ジョージ・ハインズ組と対戦。7分27秒、アニマルがウォリアーボムでハインズに勝利。5月4日、後楽園ホール大会でハクソー・ジム・ドゥガン、松田慶三と組んでバリー・ウインダム、マイク・ロトンド、三宅綾組と対戦。特別レフリーにテッド・デビアスを迎え、マイク・ロトンドの引退試合として開催された。8分26秒、ロトンドの横入り式エビ固めにドゥガンがフォール負け。7月、IWAジャパンに来日。7月17日、茅ヶ崎青果地方卸売市場大会で松田慶三、ウルトラセブンと組んでスティーブ・ウイリアムス、三宅綾、クラッシャー高橋組と対戦。12分24秒、アニマルがパワーボムで高橋に勝利。7月18日、全日本プロレスの両国国技館大会でロバート・ギブソン、グラン浜田と組んでTAKAみちのく、ジャマール、ブキャナン組と対戦。11分15秒、ブキャナンのシザースキックに浜田が敗れた。7月19日、富士山アリーナ大会で松田慶三、グレート・タケルと組んでロバート・ギブソン、マーティ・ジャネッティ、YUJI KITO組と対戦。15分9秒、アニマルがパワーボムでKITOに勝利。7月20日、渋川市総合公園体育館大会で松田慶三、チョコボール向井と組んでスティーブ・ウイリアムス、三宅綾、クラッシャー高橋組と対戦。13分3秒、向井がジャーマンスープレックスで高橋に勝利。7月21日、後楽園ホール大会で松田慶三、グレート・タケルと組んでスティーブ・ウイリアムス、マーティ・ジャネッティ、ロバート・ギブソン組と対戦。7分57秒、ウイリアムスのバックドロップにタケルが敗れた。 05年にWWEに登場。7月24日、「グレート・アメリカン・バッシュ」でハイデンライクと組んでWWEタッグ王座を獲得。 06年2月5日、横浜アリーナでのWWEの日本公演でマット・ハーディーと組んでジョニー・ナイトロ、ジョーイ・マーキュリー組のWWEタッグ王座に挑戦。13分40秒、ザ・スナップショットをくらってマーキュリーにマットがフォール負け。6月にWWEを離脱。その後はセミリタイア。 07年6月17日、TNAの特番「スラミバーサリー」でリック・スタイナーと組んでチーム3Dの持つTNA世界タッグ王座に挑戦。6分39秒、リックが3Dで敗れた。9月1日、健介オフィスのディファ有明大会でパワー・ウォリアーとヘル・ウォリアーズを結成。ブードゥー・マーダーズの近藤修司、YASSHI組と対戦し、6分11秒、ダブルインパクトで勝利。 08年5月11日、アレナ・メヒコでの闘龍門自主興行「ドラゴマニア3」で、UWA世界タッグ王座決定戦に出場。パワー・ウォリアーと組んでテリブレ、ダミアン666組と対戦。1分50秒、ダブルインパクトでテリブレからフォールを取りUWA世界タッグ王座を獲得した。 12年7月17日、WWE・RAWに登場。ヒース・スレーターと対戦し、パワースラムからのエルボードロップで勝利した。 17年2月23日、DSWの新木場1stRING大会に来日。宮本和志ロブ・テリー組のマネージャーとして登場し、タッグ王座獲得に貢献した。 20年9月22日、ミズーリ州オーセージ・ビーチの自宅で死去。