レスラーノート

アレックス・ハマーストーン

ALEX HAMMERSTONE

1991年1月17日
アメリカ・アリゾナ州フェニックス出身
190cm 114kg

タイトル歴
MLW世界ヘビー
MLWナショナル
得意技
ナイトメア・ペンデュラム

13年、アリゾナのインディ団体でデビュー。 17年10月21日、INOKI ISMの両国国技館大会にハマーストーンの名で来日し、モンターニャ・シウバと対戦。4分32秒 バックフリップで勝利。

2019

19年2月から「メジャー・リーグ・レスリング」に参戦。2月2日、MLWのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でアリエル・ドミンゲスと対戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。3月2日、MLWのイリノイ州シセロ大会でブライアン・ピルマン・ジュニアと対戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。同大会でイサイアス・ベラスケスと対戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。4月5日、MLWのニューヨークシティ大会での初代ナショナル王座決定トーナメントに参戦し、1回戦でグリンゴ・ロコと対戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。6月1日、MLWのウィスコンシン州ウォーキショー大会での決勝でブライアン・ピルマン・ジュニアと対戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。MLWナショナル王座を獲得した。7月6日、MLWのイリノイ州シセロ大会でコット・ブラジルを相手に防衛戦。雪崩式ブレーンバスターからのナイトメア・ペンデュラムで勝利。7月25日、MLWのニューヨークシティ大会でサビオ・ベガを相手に防衛戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。8月18日から始まったノアのN−1 VICTORYに参戦。開幕戦の名古屋国際会議場イベントホール大会で潮崎豪と対戦。17分10秒、ペンデュラム・ナイトメアで勝利。8月25日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で杉浦貴と対戦。17分20秒、フロントネックロックに敗れた。9月8日、福島市国体記念体育館大会でマサ北宮と対戦。17分12秒、サイトースープレックスに敗れた。9月9日、後楽園ホール大会で丸藤正道と対戦。12分35秒、ペンデュラム・ナイトメアで勝利。リーグ戦は2勝2敗に終わった。11月2日、MLWのイリノイ州シセロ大会でデイビーボーイ・スミス・ジュニアを相手に防衛戦。後方回転エビ固めをスクールボーイで切り返してロープをつかんで押さえつけてフォール勝ち。11月9日、MLWのフロリダ州オーランド大会でダグラス・ジェームスを相手に防衛戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。12月5日、ニューヨーク市クイーンズ メルローズ・ボールルームで行われたMLWのオペラカップに参戦し、1回戦でMJFと対戦。パワーボムで勝利。準決勝でデイビーボーイ・スミス・ジュニアと対戦。ダイビング・ヘッドバットに敗れた。

2020

20年1月11日、MLWのテキサス州ノースリッチランドヒルズ大会でエアロ・スターを相手に防衛戦。マスクを剥いだ直後にスクールボーイでフォール勝ち。2月1日、MLWのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でT−Hawkを相手に防衛戦。トップロープの相手へのドロップキック、雪崩式ブレーンバスターからのナイトメア・ペンデュラムで勝利。3月13日、MLWのメキシコ・バハカリフォルニア州ティファナ大会でラレド・キッドを相手に防衛戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。11月18日、MLWのフロリダ州オーランド大会でジェイソン・ドゥガンと対戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。

2021

21年1月6日、MLWのフロリダ州オーランド大会でマッズ・クルーガーを相手に防衛戦。両者リングアウト。3月10日、MLWのフロリダ州オーランド大会でLAパークを相手に防衛戦。後頭部へのエルボーで勝利。4月14日、MLWのフロリダ州オーランド大会でミル・ムエルテを相手に防衛戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。7月10日、MLWのペンシルベニア州フィラデルフィア・2300アリーナ大会で41人参加のバトルロイヤルで勝利。同大会でトム・ローラーを相手に防衛戦。ナイトメア・ペンデュラムで勝利。10月2日、MLWのペンシルベニア州フィラデルフィア・2300アリーナ大会でMLW世界ヘビー級王者のジェイコブ・ファトゥとダブルタイトルマッチ。ネックブリーカーで勝利。MLW世界ヘビー級王座を獲得した。10月13日、ナショナル王座を返上。