レスラーノート

エル・ファンタズモ

EL PHANTASMO

1986年10月24日
カナダ・ブリティッシュコロンビア州バンクーバー出身
185cm 89kg

タイトル歴
IWGPジュニアタッグ
RPWブリティッシュクルーザー
ECCW王座
ECCWタッグ
得意技
CR2(変型フェイスバスター)
サドンデス

05年10月、カナダのECCWでデビュー。07年5月5日、バンクーバーでヘイローと組んでECCWタッグ王座を獲得。13年7月6日、バンクーバーでECCW王座を獲得。16年1月16日、バンクーバーでスコッティ・マックを金網マッチで破りECCW王座を再び獲得。その後、イギリスのRPWで活躍。

2018

18年9月8日、RPWのブリティッシュJカップに参戦。1回戦でバンディードと対戦。ムーンサルトプレスで勝利。9月9日、準決勝でライガーと対戦。首固めでフォール勝ち。決勝でKUSHIDA、リッチ・スワン、ロッキー・ロメロと4WAYマッチ。セントーンで最後に残ったスワンに勝利。ブリティッシュJカップに優勝した。10月14日、RPWのロンドン大会でロッキー・ロメロと対戦。ムーンサルトプレスで勝利。

2019

19年5月10日、RPWのロンドン・ベスナル・グリーン大会でデビッド・スターをラダーマッチで破りRPWブリティッシュクルーザー級王座を獲得。5月13日から始まった新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。5月14日、仙台サンプラザホール大会でバンディードと対戦。12分12秒、CR2で勝利。5月16日、青森産業会館大会でBUSHIと対戦。10分31秒、CR2で勝利。5月19日、山形ビッグウイング大会でロビー・イーグルスと対戦。10分20秒、CR2で勝利。5月22日、後楽園ホール大会でオスプレイと対戦。26分40秒、CR2で勝利。5月23日、後楽園ホール大会で成田蓮と対戦。6分59秒、ダイビング・ボディプレスで勝利。5月24日、後楽園ホール大会でロッキー・ロメロと対戦。28分38秒、腕ひしぎ十字固めに敗れた。5月26日、幕張メッセ大会でYOHと対戦。12分3秒、ファイブスタークラッチにフォール負け。5月30日、大阪市中央体育館・サブアリーナ大会で田口隆祐と対戦。20分18秒、オーマイ&ガーアンクルに敗れた。6月3日、ジップアリーナ岡山大会でDOUKIと対戦。13分13秒、CR2で勝利。リーグ戦は6勝3敗に終わった。6月16日、後楽園ホール大会で石森太二と組んでYOH、SHO組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。23分、ファンタズモがCR2でYOHに勝利。IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。6月17日、後楽園ホール大会で高橋裕二郎チェーズ・オーエンズと組んで真壁刀義矢野通、田口隆祐組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。15分41秒、矢野の横入り式エビ固めに高橋がフォール負け。6月25日、仙台サンプラザホール大会で田口隆祐を相手にブリティッシュクルーザー級王座の防衛戦。24分4秒、CR2で勝利。6月29日、新日本プロレスのオーストラリア・メルボルン・フェスティバルホール大会でロッキー・ロメロを相手にブリティッシュクルーザー級王座の防衛戦。18分45秒、CR2で勝利。8月22日、ワシントン州タコマ・テンプルシアターでの新日本プロレス主催の「スーパーJカップ」に参戦し、1回戦でロビー・イーグルスと対戦。12分17秒、横入り式エビ固めでフォール勝ち。8月24日、新日本プロレスのサンフランシスコ州立大学スチューデントライフイベンツセンター大会での2回戦でTJPと対戦。14分49秒、横入り式エビ固めでフォール勝ち。8月25日、新日本プロレスのカリフォルニア州ロングビーチ州立大学・ウォルターピラミッド大会での準決勝でオスプレイと対戦。11分25秒、CR2で勝利。同日の決勝でドラゴン・リーと対戦。25分33秒、CR2で勝利。スーパーJカップに優勝した。9月16日、鹿児島アリーナ大会でオスプレイ、ロビー・イーグルス組を相手にタッグ王座の防衛戦。23分10秒、ファンタズモがCR2でイーグルスに勝利。10月14日、両国国技館大会でオスプレイのIWGPジュニア王座に挑戦。27分58秒、ストームブレイカーに敗れた。10月16日から始まったスーパージュニアタッグリーグに石森太二と組んで参戦。リーグ戦は5勝2敗に終わった。11月9日、新日本プロレスのカリフォルニア州サンノゼ・サンノゼシビック大会でSHOを相手にブリティッシュクルーザー級王座の防衛戦。20分23秒、CR2で勝利。12月8日、アメリカ・アナハイムコンベンションセンター大会でクラーク・コナーズと対戦。7分5秒、CR2で勝利。

2020

20年1月5日、東京ドーム大会でYOH、SHO組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分8秒、合体技のSTRONG Xをくらってファンタズモが敗れて王座転落。2月2日、北海道立総合体育センター大会でゲイブリエル・キッドと対戦。8分50秒、フロッグスプラッシュで勝利。2月6日、後楽園ホール大会でゲイブリエル・キッドと対戦。8分4秒、CR2で勝利。12月12日、アメリカで行われたスーパーJカップに参戦し、1回戦でリオ・ラッシュと対戦。15分16秒、横入り式エビ固めでフォール勝ち。同日の準決勝でブレイク・クリスチャンと対戦。7分24秒、スーパーキックで勝利。同日の決勝でACHと対戦。16分11秒、CR2で勝利。スーパーJカップに優勝した。

2021

21年1月4日、東京ドーム大会でベスト・オブ・ザ・スーパージュニア優勝者の高橋ヒロムと対戦。17分46秒、ウラカンラナに敗れた。1月23日、大田区総合体育館大会で石森太二と組んでエル・デスペラード金丸義信組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。23分7秒、ファンタズモがスーパーキックで金丸に勝利。IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。2月19日、新日本プロレスのアメリカでのTVマッチでリオ・ラッシュと対戦。スーパーキックで勝利。2月25日、後楽園ホール大会でデスペラード、金丸義信組を相手にタッグ王座の防衛戦。20分12秒、デスペラードのピンチェ・ロコに石森が敗れて王座転落。2月28日、大阪城ホール大会でデスペラード、BUSHIを相手に3WAYでIWGPジュニア王座決定戦。23分12秒、デスペラードのピンチェ・ロコにファンタズモが敗れた。5月6日、インパクトの放送でVSKと対戦。サドンデスで勝利。5月13日、インパクトの放送で6WAYマッチに勝利してXディビジョン王座への挑戦権を獲得。5月15日、PPV「アンダー・シージ」でジョシュ・アレキサンダーのXディビジョン王座に挑戦。アンクルロックに敗れた。5月28日、新日本プロレスのアメリカでのTVマッチでウィーラー・ユウタと対戦。14分6秒、サドンデスで勝利。6月23日、後楽園ホール大会で石森太二と組んでYOH、SHO組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。26分43秒、ファンタズモがサドンデスでYOHに勝利。IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。7月17日、後楽園ホール大会でロッキー・ロメロと対戦。30分時間切れ引き分け。7月25日、東京ドーム大会で田口隆祐、ロッキー・ロメロ組を相手にタッグ王座の防衛戦。20分56秒、ファンタズモがCTR2で田口に勝利。8月7日から始まったスーパージュニアタッグリーグに石森太二と組んで参戦。8月17日、後楽園ホール大会での4戦全勝で迎えた最終戦で、3勝1敗のエル・デスペラード、金丸義信組と対戦。21分4秒、金丸の横入り式エビ固めに石森がフォール負けして惜しくも優勝を逃した。9月5日、西武ドーム大会でエル・デスペラード、金丸義信組を相手にタッグ王座の防衛戦。20分28秒、デスペラードのピンチェ・ロコにファンタズモが敗れて王座転落。11月13日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でマスター・ワトと対戦。13分52秒、変型ラ・カレテラにフォール負け。11月15日、後楽園ホール大会で金丸義信と対戦。12分40秒、首固めにフォール負け。11月18日、長野運動公園総合体育館大会でDOUKIと対戦。9分40秒、CR2で勝利。11月21日、愛知県体育館大会でロビー・イーグルスと対戦。19分3秒、ウラカンラナにフォール負け。11月24日、後楽園ホール大会で石森太二と対戦。15分53秒、首固めでフォール勝ち。11月27日、藤沢市秋吉台文化体育館大会でBUSHIと対戦。13分45秒、エムエックスに敗れた。11月29日、後楽園ホール大会で高橋ヒロムと対戦。異様な威力を誇るサドンデス(トラースキック)から「疑惑の右足」と呼ばれて久しいファンタズモは試合前、ヒロムからシューズのチェックを要求されて靴を脱いだが異常なし。試合中にリング下に降りて新しい靴に履き替えて、23分14秒、サドンデスで勝利。12月3日、所沢市民体育館・メインアリーナ大会でSHOと対戦。11分47秒、急所へのサドンデスでギブアップ勝ち。12月5日、ツインメッセ静岡大会で田口隆祐と対戦。15分12秒、リストロックで勝利。12月8日、八幡浜市民スポーツセンター大会でYOHと対戦。14分32秒、ファイブスタークラッチにフォール負け。12月11日、アクリエひめじ大会でエル・デスペラードと対戦。21分11秒、サドンデスで勝利。リーグ戦は6勝5敗に終わった。