レスラーノート

上村優也

1994年11月18日
愛媛県今治市出身
180cm 82kg

得意技
かんぬきスープレックス

中学時代は陸上部で活躍。13年3月、愛媛県立今治工業高校卒業。大学時代はレスリングで活躍。16年10月、西日本学生レスリング選手権グレコローマンスタイル71kg級優勝。17年3月、福岡大学スポーツ科学部卒業。4月、新日本プロレスに入門。

2018

18年4月10日、新宿FACEでの若手主体興行「ライオンズゲート」で成田蓮を相手にデビュー。8分16秒、逆エビ固めに敗れた。4月13日、後楽園ホール大会で八木哲大と対戦。9分18秒、逆エビ固めに敗れた。4月15日、アイメッセ山梨大会で成田と対戦。8分10秒、逆エビ固めに敗れた。4月17日、石川県産業展示館3号館大会で八木と対戦。6分6秒、逆エビ固めに敗れた。4月18日、福井県産業会館・1号館展示場大会で海野翔太と対戦。7分35秒、逆エビ固めに敗れた。4月19日、大阪市中央体育館・サブアリーナ大会で岡倫之と対戦。6分48秒、逆エビ固めに敗れた。4月20日、豊橋市総合体育館・第2競技場大会で成田と対戦。6分48秒、逆エビ固めに敗れた。4月22日、大洗町総合運動公園体育館大会でロッキー・ロメロと対戦。8分3秒、スライスブレッドに敗れた。4月23日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。10分時間切れ引き分け。4月26日、加古川市立総合体育館大会で海野と対戦。8分18秒、逆エビ固めに敗れた。4月27日、広島グリーンアリーナ・小アリーナ大会で成田と対戦。4分43秒、逆エビ固めに敗れた。5月6日、アイテムえひめ大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。5月15日、新宿FACEでの「ライオンズゲート」で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。6月13日、新宿FACEでの「ライオンズゲート」で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。6月15日、所沢市民体育館大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。6月17日、後楽園ホール大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。6月18日、後楽園ホール大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。6月20日、いわき市立総合体育館大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。6月22日、秋田テルサ大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。6月24日、岩手県営体育館大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。9月9日、東金アリーナ大会で行われた永田裕志の自主興行で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。9月13日、大阪市中央体育館・サブアリーナ大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。9月18日、グランメッセ熊本大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。9月20日、柳井市体育館大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。9月21日、西条市総合体育館大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。9月23日、神戸ワールド記念ホール大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。11月24日、久喜市総合体育館大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。

2019

19年1月26日、ウイング・ハット春日部大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。1月29日、後楽園ホール大会で成田と対戦。6分24秒、フロントスープレックスに敗れた。2月2日、北海道立総合体育センター大会で成田と対戦。9分45秒、フロントスープレックスに敗れた。2月6日、長野運動公園総合体育館大会で海野と対戦。9分54秒、フィッシャーマンズスープレックスに敗れた。2月7日、名古屋国際会議場・イベントホール大会で吉田綾斗と対戦。7分1秒、バックドロップに敗れた。2月8日、四日市市中央緑地第2体育館大会で成田と対戦。6分43秒、フロントスープレックスに敗れた。3月1日、熊谷市立市民体育館大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。3月2日、佐久市総合体育館大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。3月4日、ビッグパレットふくしま大会で辻と対戦。10分時間切れ引き分け。4月13日、つくばカピオ・アリーナ大会で辻陽太と対戦。9分6秒、逆エビ固めに敗れた。4月14日、ニューサンピア高崎大会で辻陽太と対戦。7分19秒、逆エビ固めで勝利。4月15日、甲府市総合市民会館・山の都アリーナ大会で辻陽太と対戦。9分51秒、逆エビ固めに敗れた。4月17日、福井県産業会館1号館大会で辻陽太と対戦。7分39秒、逆エビ固めで勝利。4月18日、富山産業展示館テクノホール・西館大会で成田蓮と対戦。8分41秒、フロントスープレックスに敗れた。4月27日、海峡メッセ下関大会で成田蓮と対戦。9分10秒、フロントスープレックスに敗れた。6月14日、キラメッセぬまづ大会で辻陽太と対戦。8分13秒、逆エビ固めに敗れた。6月15日、町田市立総合体育館大会で辻陽太と対戦。8分22秒、逆エビ固めで勝利。6月16日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。8分49秒、逆エビ固めに敗れた。6月17日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。8分9秒、かんぬきスープレックスで勝利。7月28日、愛知県体育館大会で成田蓮と対戦。7分25秒、フロントスープレックスに敗れた。9月4日から始まったヤングライオン杯に参戦。9月5日、後楽園ホール大会でマイケル・リチャーズと対戦。8分47秒、逆エビ固めに敗れた。9月8日、東金アリーナ大会で辻陽太と対戦。8分50秒、逆エビ固めに敗れた。9月10日、ふじさんめっせ大会でカール・フレドリックスと対戦。6分12秒、高角度逆片エビ固めに敗れた。9月14日、やまぐちリフレッシュパーク総合体育館大会で海野翔太と対戦。6分53秒、フィッシャーマンズスープレックスに敗れた。9月16日、鹿児島アリーナ大会でクラーク・コナーズと対戦。9分31秒、逆エビ固めで勝利。9月18日、松江市総合体育館大会で成田蓮と対戦。8分35秒、成田スペシャル4号に敗れた。9月20日、京都市体育館大会でアレックス・コグリンと対戦。7分59秒、逆エビ固めに敗れた。リーグ戦は1勝6敗に終わった。10月4日、高岡テクノドーム大会で永田裕志と対戦。7分33秒、ナガタロック2に敗れた。10月16日から始まったスーパージュニアタッグリーグに4代目タイガーマスクと組んで参戦。10月25日、所沢市民体育館大会でカール・フレドリックスと対戦。7分28秒、高角度逆片エビ固めに敗れた。10月26日、ニューサンピア高崎大会でクラーク・コナーズと対戦。8分44秒、逆エビ固めに敗れた。リーグ戦は7戦全敗に終わった。

2020

20年1月25日、古河市中央運動公園総合体育館大会で辻陽太と対戦。10分1秒、逆エビ固めに敗れた。1月27日、山形ビッグウイング大会でゲイブリエル・キッドと対戦。10分34秒、高角度逆エビ固めで勝利。1月29日、新青森県総合運動公園マエダアリーナ・サブアリーナ大会で辻陽太と対戦。8分35秒、逆エビ固めで勝利。2月4日、後楽園ホール大会で石森太二と対戦。7分47秒、イエスロックに敗れた。2月5日、後楽園ホール大会でゲイブリエル・キッドと対戦。8分57秒、逆エビ固めで勝利。2月6日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。9分26秒、かんぬきスープレックスで勝利。6月17日、無観客大会でのNEW JAPAN CUP1回戦で金丸義信と対戦。9分32秒、ディープインパクトに敗れた。7月25日、愛知県体育館大会で石森太二と対戦。8分2秒、Yes Lockに敗れた。8月7日、後楽園ホール大会で永田裕志と対戦。8分6秒、ナガタロック2に敗れた。8月8日、後楽園ホール大会で石森太二と対戦。8分13秒、Yes Lockに敗れた。8月27日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。9分11秒、逆エビ固めに敗れた。9月6日、幕張メッセ大会で永田裕志と対戦。8分46秒、ナガタロック2に敗れた。9月19日、大阪府立体育会館大会で辻陽太と対戦。6分57秒、逆エビ固めで勝利。9月23日、北海道立総合体育センター大会でゲイブリエル・キッドと対戦。7分21秒、ダブルアームスープレックスに敗れた。9月24日、北海道立総合体育センター大会で辻陽太と対戦。8分13秒、逆エビ固めに敗れた。9月29日、後楽園ホール大会でゲイブリエル・キッドと対戦。9分10秒、高角度逆エビ固めで勝利。9月30日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。7分35秒、逆エビ固めに敗れた。10月5日、高松市総合体育館大会でゲイブリエル・キッドと対戦。7分35秒、高角度逆エビ固めで勝利。10月6日、広島サンプラザホール大会で辻陽太と対戦。15分時間切れ引き分け。10月8日、ジップアリーナ岡山大会でゲイブリエル・キッドと対戦。8分47秒、ダブルアームスープレックスに敗れた。10月10日、大阪府立体育会館大会で辻陽太と対戦。9分3秒、かんぬきスープレックスで勝利。10月13日、浜松アリーナ大会でゲイブリエル・キッドと対戦。8分37秒、かんぬきスープレックスで勝利。10月14日、横浜武道館大会で辻陽太と対戦。7分56秒、逆エビ固めに敗れた。10月17日、両国国技館大会でゲイブリエル・キッドと対戦。8分16秒、ダブルアームスープレックスに敗れた。10月23日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。9分9秒、かんぬきスープレックスで勝利。10月25日、幕張メッセ大会でゲイブリエル・キッドと対戦。7分21秒、かんぬきスープレックスで勝利。10月28日、山形ビッグウイング大会で辻陽太と対戦。8分22秒、逆エビ固めに敗れた。10月31日、茨城・かみす防災アリーナ大会でゲイブリエル・キッドと対戦。7分41秒、ダブルアームスープレックスに敗れた。11月1日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。6分34秒、かんぬきスープレックスで勝利。11月3日、ツインメッセ静岡大会でゲイブリエル・キッドと対戦。7分28秒、かんぬきスープレックスで勝利。11月5日、高知県民体育館大会で辻陽太と対戦。7分39秒、逆エビ固めに敗れた。11月15日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の愛知県体育館大会でマスター・ワトと対戦。4分14秒、TTDに敗れた。11月18日、後楽園ホール大会でBUSHIと対戦。9分57秒、旋回式コードブレイカーに敗れた。11月20日、後楽園ホール大会でエル・デスペラードと対戦。11分26秒、エル・エス・クレロにフォール負け。11月23日、Gメッセ群馬大会で石森太二と対戦。10分36秒、Bone Lockに敗れた。11月25日、朱鷺メッセ大会で高橋ヒロムと対戦。11分43秒、逆エビ固めに敗れた。11月29日、後楽園ホール大会で田口隆祐と対戦。11分26秒、オーマイ&ガーアンクルに敗れた。12月2日、大阪市中央体育館大会でDOUKIと対戦。12分54秒、スープレックス・デ・ラ・ルナに敗れた。12月5日、鹿児島・サンアリーナせんだい大会でSHOと対戦。15分1秒、ショックアローに敗れた。12月6日、福岡国際センター大会でロビー・イーグルスと対戦。7分30秒、ロン・ミラー・スペシャルに敗れた。リーグ戦は9戦全敗に終わった。

2021

21年2月14日、後楽園ホール大会でこの日がデビュー戦となった中島佑斗
と対戦。52秒、中島が左肘を怪我してレフリーストップ勝ち。2月19日、岩手県営体育館大会でゲイブリエル・キッドと対戦。7分3秒、ダブルアームスープレックスに敗れた。3月7日、アイメッセ山梨大会で辻陽太と対戦。6分56秒、Toqueにフォール負け。3月18日、ツインメッセ静岡大会でゲイブリエル・キッドと対戦。7分22秒、ダブルアーム・スープレックスに敗れた。4月11日、アクトシティ浜松大会でゲイブリエル・キッドと対戦。9分7秒、かんぬきスープレックスで勝利。4月16日、ニューサンピア栃木大会で辻陽太と対戦。9分14秒、逆エビ固めに敗れた。4月23日、高知県民体育館大会でゲイブリエル・キッドと対戦。8分34秒、ダブルアームスープレックスに敗れた。4月24日、高松市総合体育館・第1競技場大会で辻陽太と対戦。7分16秒、かんぬきスープレックスで勝利。5月1日、別府ビーコンプラザ大会でゲイブリエル・キッドと対戦。7分23秒、かんぬきスープレックスで勝利。6月14日、後楽園ホール大会で鈴木みのると対戦。13分55秒、逆片エビ固めに敗れた。6月15日、後楽園ホール大会でザック・セイバー・ジュニアと対戦。12分34秒、セレクテッド・テクニカル・ワークス2004−2013に敗れた。6月16日、後楽園ホール大会で棚橋弘至と対戦。13分17秒、テキサスクローバーホールドに敗れた。6月22日、後楽園ホール大会でタイチと対戦。10分12秒、タイチ式ラストライドに敗れた。6月23日、後楽園ホール大会で飯伏幸太と対戦。13分13秒、高角度逆片エビ固めに敗れた。7月2日、後楽園ホール大会で鷹木信悟と対戦。11分3秒、パンピングボンバーに敗れた。7月10日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ大会でマスター・ワトと対戦。9分9秒、RPPに敗れた。7月13日、新青森県総合運動公園マエダアリーナ・サブアリーナ大会で金丸義信と対戦。10分24秒、ディープインパクトに敗れた。8月1日、後楽園ホール大会でオカダ・カズチカを相手に壮行試合。12分19秒、マネークリップに敗れた。8月14日、新日本プロレスのロサンゼルス大会で海外遠征第1戦。10人タッグマッチに出場し、かんぬきスープレックスでライムライトに勝利。試合後、「LA道場で強くなるぞ」と叫びLA道場の柴田勝頼ヘッドコーチを呼び寄せ、リング上で「Come with me」と承諾された。11月13日、新日本プロレスのカルフォルニア州サンノゼ大会でジョシュ・アレキサンダーと対戦。11分44秒、アンクルロックに敗れた。