レスラーノート

ウェス・ブリスコ

WES BRISCO

本名:ウェズリー・ブリスコ
1983年2月21日
フロリダ州タンパ出身
183cm 102kg

タイトル歴
FCWフロリダタッグ
得意技
ブリスコロール

父はジェリー・ブリスコ。叔父はジャック・ブリスコ。 09年3月、WWEの2軍団体FCWでデビュー。 10年11月4日、エグザビアー・ウッズと組んでFCWフロリダタッグ王座を獲得。 11年9月、WWEを離脱。その後、インディ団体を転戦。12年にTNAに登場。 13年3月10日、TNAのPPV「ロックダウン」でカート・アングルと金網マッチ。レフリーがダウンしている時にアングルがアングルスラムを決めて金網の外に出たところでブリスコの仲間のディーロ・ブラウンがアングルを金網に戻してブリスコを引きずり出し、起き上がったレフリーが金網の外に出たブリスコを見て勝利。12月6日(収録は3月18日)、TNAの「ワン・ナイト・オンリー」でロックスター・スパッドと対戦。パワースラムで勝利。 14年1月、TNAを離脱。5月3日、新日本プロレスの福岡国際センター大会に来日。5月3日、福岡国際センター大会で小島聡のNWA世界ヘビー級王座に挑戦。9分25秒、ラリアットに敗れた。5月25日、横浜アリーナ大会でロブ・コンウェイと組んでアーチャースミス・ジュニア組、NWA世界タッグ王者の天山、小島組を相手に3WAYでの王座戦。11分38秒、小島のラリアットからの天山のムーンサルトプレスにブリスコが敗れた。