レスラーノート

男色ディーノ

1977年5月18日
広島県豊田郡瀬戸田町出身
179cm 103kg

タイトル歴
KO−D無差別級
KO−Dタッグ
DDT・EXTREME
UWA世界6人タッグ
KO−D6人タッグ
得意技
男色ドライバー
ゲイ道クラッチ
漢固め
リップロック(口づけ)

02年4月2日、CMAの金町地区センター大会での6WAYマッチでデビュー。日本が誇るゲイプロレスの第一人者。入場時に男性客には無差別セクシャルハラスメント、邪魔な女性客にはグーパンチを食らわせ、リング上ではイケメンレスラーの唇を奪って至福を満たす。尻を武器に相手と観客を阿鼻叫喚に陥れている。 11年8月28日、大石真翔、飯伏幸太と「ほもいろクローバーZ」を結成し、DDTマットを席巻。 12年9月19日、「ほもいろクローバーZ」解散。 13年5月23日、紅白プロレスの後楽園ホール大会でゴールデン・パインと組んで日高郁人めんそ〜れ親父組のUWA世界タッグ王座に挑戦。11分44秒、めんそ〜れの親父ぬいGAYからの唇固めにパインが敗れた。7月21日、後楽園ホール大会で佐々木健介、大石と組んでKO−D6人タッグ王座奪取に成功。8月4日、花鳥風月の王子小劇場大会で忍と対戦。9分40秒、男色ドライバーで勝利。8月17日、両国国技館大会のメインで飯伏幸太と対戦。20分59秒、ローリングエルボーからのフェニックススプラッシュに敗れた。8月18日、両国国技館大会での2日目は高木三四郎、大鷲透、組に敗れて6人タッグ王座から転落。アジャ・コングを引き入れてチーム・ホモサピエンスを結成。12月23日、後楽園ホール大会でアジャ・コング、大石と組んで6人タッグ王者に返り咲いた。 14年3月15日、花鳥風月の新宿FACE大会で井上雅央と対戦。10分30秒、リップロックで勝利。 15年9月27日、後楽園ホール大会で大家、スーパー・ササダンゴ・マシンと組んでKO−D6人タッグ王座を獲得。

2016

16年1月3日、後楽園ホール大会でKENSO、スーパー・ササダンゴ・マシンと組んでKO−D6人タッグ王座を獲得。3月21日、両国国技館大会で曙と対戦。10分20秒、男色ヨコヅナインパクトからの漢固めに敗れた。10月23日、後楽園ホール大会のメインで石川修司のKO−D王座に挑戦。21分27秒、ジャイアントスラムに敗れた。

2017

17年4月29日、後楽園ホール大会で高山善廣と組んで船木誠勝、坂口征夫組のタッグ王座に挑戦。10分33秒、高山がエベレストジャーマンで坂口に勝利。KO−Dタッグ王座を獲得。5月4日に高山が首を負傷して長期欠場。5月9日、タッグ王座を返上。8月20日、両国国技館大会で高木三四郎と「DDT20周年記念ウェポンランブル〜全権・コントラ・結婚〜」マッチで対戦。17分16秒、ゴッチ式男色ドライバーで勝利。DDTのリング上の全権を獲得した。9月20日、東京・宮地鉄工所での「工場プロレス」で高木と組んで丸藤正道HARASHIMA組のKO−Dタッグ王座に挑戦 。27分21秒、丸藤のフォークリフト式不知火にディーノが敗れた。9月27日、DDTドラマティック総選挙で587票を獲得して1位となり、賞金100万円と王座挑戦権を獲得。10月22日、後楽園ホール大会で竹下幸之介のKO−D王座に挑戦。22分30秒、クロスアーム式ジャーマンスープレックスに敗れた。

2018

18年8月14日、新木場1stRING大会で入江茂弘の試合後にいつでもどこでも挑戦権を行使し、1分37秒、ゲイ道クラッチでフォール勝ち。KO−D王座を獲得した。8月28日、新木場1stRING大会で里村明衣子を相手に防衛戦。11分56秒、シャイニング・スコーピオに敗れて王座転落。9月23日、後楽園ホール大会で入江、KO−D王者の里村明衣子を相手にサバイバル3WAYマッチでの王座戦。16分9秒、ディーノがゲイ道クラッチで入江にフォール勝ち。20分1秒、ディーノが男色ドライバーで里村に勝利。KO−D王座を奪回した。10月21日、両国国技館大会のメインで佐々木大輔を相手に防衛戦。32分10秒、ミスティカ式クロスオーバー・フェイスロックに敗れて王座転落。

2019

19年4月21日、長野芸術館アクトスペース大会で平田一喜のアイアンマンヘビーメタル級王座に挑戦。14時15分、男色ドライバーからの漢固めでフォール勝ち。アイアンマンヘビーメタル級王座を獲得した。4月28日、後楽園ホール大会で伊橋剛太を相手に防衛戦。11時32分、横入り式エビ固めを切り返してフォール勝ち。島谷常寛を相手に防衛戦。11時33分、横入り式エビ固めを切り返してフォール勝ち。6月2日、アイテムえひめ大会で島谷常寛を相手に防衛戦。13時24分、横入り式エビ固めにフォール負けして王座転落。同日、アイアンマン王座をかけたバトルロイヤルに出場し、13分1秒、惜しくも最後の大石真翔にオーバー・ザ・トップロープに敗れた。同日、アイアンマン王座を獲得した愛媛県知事に挑戦。13時40分、リップロックを狙ってギブアップ勝ちして王座獲得。14時42分、大石真翔を相手に防衛戦を行い、ローブローからのエビ固めにフォール負けして王座転落。7月15日、大田区総合体育館大会で青木真也と対戦(3分10R)。4R2分54秒、スリーパーホールドに敗れた。9月15日、両国KFCホール大会で高梨将弘と対戦。17分45秒、タカタニックに敗れた。

2020

20年1月5日、板橋区立グリーンホール大会でゴージャス松野のO−40王座に挑戦。10分30秒、ラ・マヒストラルにフォール負け。4月12日、TVマッチで大鷲透のアイアンマン王座に挑戦。格闘ゲーム風の画面構成と特殊効果で試合を行い、2分58秒、スペーストルネード男色ドライバーで勝利。アイアンマン王座を獲得した。5月2日、TVマッチで彰人を相手に防衛戦。2分、首固めでフォール勝ち。5月9日、TVマッチで中村圭吾、HARASHIMA、高尾蒼馬を相手に4WAYでの防衛戦。6分3秒、ディーノが男色ドライバーで中村に勝利。5月16日、TVマッチでアントーニオ本多を相手に防衛戦。6分28秒くらいにお互いに股間を打って倒れた2人にレフリーが「だめだこりゃ」と言って無効試合に終わった。5月23日、TVマッチでアントーニオ本多を相手に防衛戦。本多が召喚して周囲の人間に憑依させたごんぎつねの餌食になろうとした瞬間、ディーノが布団の中でハッと目を覚ます。「夢か・・・あっ、もうこんな時間か。アントンとのシングル、よし、がんばろう!」とディーノが布団から出ていき、10分19秒、無効試合に終わった。5月30日、TVマッチでアントーニオ本多を相手に防衛戦。8分11秒、反則負け。規定により王座防衛。6月7日、TVマッチで大石真翔を相手に防衛戦。会場になかなか来ない大石を待つ展開。とうとう会場に現れた大石がリングに向かって走るが転倒。レフリーが試合不成立を宣言した。6月13日、TVマッチでアントーニオ本多を相手に防衛戦。8分41秒、スーパーごんぎつね3に敗れて王座転落。直後にリップロックでフォール勝ちして王座奪回。6月20日、新宿FACE大会での時間差入場バトルロイヤルで防衛戦。アントーニオ本多が勝利して王座転落。直後に横入り式エビ固めでフォール勝ちして王座奪回。8月8日、神田明神ホール大会でKING OF DDTに参戦し、1回戦でアントーニオ本多と対戦。2分57秒、リバースえび反りジャンプ2連発で勝利。8月9日、神田明神ホール大会での2回戦で上野勇希と対戦。10分18秒、BMEに敗れた。9月13日、板橋区立グリーンホール大会で岡谷英樹と対戦。8分31秒、ゲイ道クラッチでフォール勝ち。9月27日、後楽園ホール大会で平田一喜と対戦。7分34秒、奇跡を呼ぶ一発逆転首固めにフォール負け。10月10日、TVマッチで高木三四郎と人望デスマッチ(慕ってる者は何人でも試合に参加できる)。開始直後に高木のセコンドの中村圭吾が裏切り。撮影中の今成夢人が乱入してディーノを攻撃。高木が「今成を買収したんだ。おれを大谷(晋二郎)さんみたいに「三さん」と呼んでくれ」と叫び、大谷の得意技である顔面ウオッシュにいくと「晋さんをバカにするな」と今成が裏切り。窮地の高木は「ギャラ倍だ!誰か来てくれ」と言うと、今林AP、井上マイクリングアナが乱入。ディーノが高木にパイルドライバーを浴びせてカバーすると、高木は1万円札を取り出し、松井レフリーはカウントを停止。木曽サブレフリーがカウントを始めると、松井レフリーがカット。松井レフリーがラリアットにいこうとすると、木曽レフリーは裏アキレス腱固めで切り返した。そこで、リング周辺にいた選手たちが総出で介入し、リング上は収拾がつかない状態に。そこに慌てた彰人が現れて、試合を止めて無効試合(試合時間は8分ぐらい)。10月25日、後楽園ホール大会で中村圭吾と対戦。2分54秒、生ゴッチ式男色ドライバーで勝利。11月3日、大田区総合体育館大会で彰人と対戦。9分51秒、口の呼吸 参ノ型 口付け(リップロック(口づけ)しながらのゴライアス・バードイーター)に敗れた。11月8日、TVマッチで納谷幸男と対戦。4分31秒、首固めでフォール勝ち。11月9日、まっするの後楽園ホール大会でDJニラと対戦。12分26秒、ヤマタノオロチに敗れた。11月14日、TVマッチでゴージャス松野と対戦。6分49秒、十字架固めでフォール勝ち。

2021

21年4月3日、2AWスクエア大会で岡谷英樹と対戦。7分31秒、リストクラッチ式リップロックでレフリーストップ勝ち。4月4日、DDT・野郎Zの板橋区立グリーンホール大会で納谷幸男と対戦。10分37秒、両者リングアウト。4月11日、後楽園ホール大会で秋山準のKO−D王座に挑戦。23分37秒、エクスプロイダーに敗れた。6月12日、広島アステールプラザ多目的スタジオ大会で高鹿佑也と対戦。7分27秒、男色ドライバーで勝利。6月20日、後楽園ホール大会で岡田佑介と対戦。6分41秒、ゲイ道クラッチでフォール勝ち。7月24日、和泉シティプラザ弥生の風ホール大会で高鹿佑也と対戦。5分48秒、男色ドライバーで勝利。8月23日、記者会見に飯野と共に登場し、「フェロモンズ」結成を宣言。ディーノは男色“ダンディ”ディーノに、飯野は飯野“セクシー”雄貴に改名。9月12日、福岡・西鉄ホール大会で飯野雄貴と組んで竹下幸之介、勝俣瞬馬組のKO−Dタッグ王座に挑戦。19分34秒、勝俣のMADMAXにディーノが敗れた。