レスラーノート

マット・ジャクソン

MATT JACKSON

1985年3月13日
カリフォルニア州出身
178cm 78kg

タイトル歴
IWGPジュニアタッグ
ROH世界タッグ
PWG世界タッグ
NEVER6人タッグ
IWGPタッグ
ROH世界6人タッグ
AAA世界タッグ
AEW世界タッグ
AEW世界トリオ
オープン・ザ・ユナイテッドゲート
カンピオナートス・デ・パレハス
得意技
ロープハングDDT
モア・バング・フォー・ヤング・バックス

04年8月8日、実弟のニック・ジャクソンと揃ってデビュー。ニックと「ヤングバックス」を結成。アメリカのインディー団体を主戦場にしてキャリアを積む。

2008

08年1月5日、PWGのロサンゼルス大会でニックと組んで吉野正人、土井成樹組と対戦。17分20秒、吉野のソル・ナシエンテにマットが敗れた。1月27日、PWGのカリフォルニア州ラ・ハブラ・ハイツ大会でニックと組んでスコット・ロスト、ジョーイ・ライアン組のPWG世界タッグ王座に挑戦。ロストのダイビング・エルボードロップにマットが敗れた。5月14日からニックと共にドラゴンゲートのシリーズに来日。8月9日から始まったドラゴンゲートのサマーアドベンチャータッグリーグにニックと組んで参戦。4勝4敗に終わった。8月31日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でニックと組んでタイラー・ブラック、ジミー・ジェイコブス組のPWG世界タッグ王座に挑戦。ニックが集中攻撃されてローンバトルを強いられ、ジェイコブスがレフリーを引きつけている隙をついてタイラーが場外からイスを持ちだして振りあげたが、後ろにいたマットがイスを奪ってイス攻撃。ダウンするニックを場外に落としてすり替わったマットがスモールパッケージホールドでジェイコブスにフォール勝ち。PWG世界タッグ王座を獲得した。9月5日、ドラゴンゲートのカリフォルニア州ロサンゼルス・ジョン・アンソン・フォードパーク大会でニックと組んで斎藤了、横須賀享組のツインゲート王座に挑戦。14分29秒、斎藤のプレミアム・ブリッジにマットが敗れた。

2009

09年4月11日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でモーターシティ・マシンガンズを相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでシェリーに勝利。4月12日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会(100回目の大会)でカトラーブラザーズを相手にタッグ王座の防衛戦。2人重なって倒れた相手へのモア・バング・フォー・ヤング・バックスを決めて勝利。5月22日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でDDT4に参戦し、1回戦でカトラーブラザーズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。マットがカサドーラ・フェイスバスターでダスティンに勝利。同日の準決勝でケニー・オメガ、チャック・テイラー組を相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでオメガに勝利。同日の決勝でブライアン・ダニエルソン、ロデリック・ストロング組を相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでダニエルソンに勝利。DDT4に優勝した。7月25日、アメリカ・ペンシルバニア州フィラデルフィア「ジ・アリーナ」でのドラゴンゲートUSAの旗揚げ戦でニックと組んでCIMA、横須賀享組と対戦。17分2秒、モアバング4ユアバックを決めてマットが横須賀にフォール勝ち。8月28日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でジョーイ・ライアン、カール・アンダーソン組を相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでライアンに勝利。9月5日、AAWのイリノイ州バーウィン大会でニックと組んでジョシュ・レイモンド、クリスティン・エイブル組のAAWタッグ王座に挑戦。マネージャーのトゥルース・マルティニに乱入されて火のついたタバコを顔に押しつけられてエイブルにマットがフォール負け。10月4日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でケニー・オメガ、チャック・テイラー組を相手にタッグ王座の防衛戦。マットが丸めこんでオメガにフォール勝ち。11月20日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でヒューマン・トルネードと対戦。D.N.D.に敗れた。11月21日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でケビン・スティーン、エル・ジェネリコ組を相手にタッグ王座の防衛戦。2人同時のスーパーキックでスティーンに勝利。

2010

10年2月27日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でエル・ジェネリコ、チャック・テイラー組を相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでテイラーに勝利。4月10日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でブリスコブラザーズを相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでジェイに勝利。5月9日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でDDT4に参戦し、1回戦でジョニー・グッドタイム、ジェロム・ロビンソン組を相手にタッグ王座の防衛戦。2人同時のスーパーキックでロビンソンに勝利。同日の準決勝でカトラーブラザーズを相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでダスティンに勝利。同日の決勝でエル・ジェネリコ、ポール・ロンドン組を相手にタッグ王座の防衛戦。ジェネリコのBrainbustaaaaahhhhh!!!!!にニックが敗れて王座転落。

2011

11年3月4日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でニックと組んでDDT4に参戦し、1回戦でブランドン・ガットソン、ウィリー・マック組と対戦。ニックのスーパーキックからマットがマックにフォール勝ち。同日の準決勝でエディ・エドワーズ、デイビー・リチャーズ組と対戦。マットが丸めこんでエドワーズにフォール勝ち。同日の決勝でケビン・スティーン、戸澤陽組と対戦。2人まとめてモア・バング・フォー・ヤング・バックスを決めて勝利。DDT4に優勝した。4月9日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でニックと組んでエル・ジェネリコ、リコシェ組のPWG世界タッグ王座に挑戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでリコシェに勝利。PWG世界タッグ王座を獲得した。5月27日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でジョニー・グッドタイム、ジョニー・ユマ組を相手にタッグ王座の防衛戦。ダブル・スーパーキックでグッドタイムに勝利。5月28日、同会場でオースチン・エイリース、ロデリック・ストロング組を相手にタッグ王座の防衛戦。マットが丸めこんでストロングにフォール勝ち。8月20日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でクリス・ヒーロー、クラウディオ・カスタニョーリ組を相手にタッグ王座の防衛戦。マットが丸めこんでカスタニョーリにフォール勝ち。8月27日、CHIKARAのペンシルベニア州イーストン大会でジョニー・ガルガノと対戦。450°スプラッシュで勝利。9月10日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でジョーイ・ライアン、スコーピオ・スカイ組を相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでスコーピオに勝利。10月22日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でアダム・コール、カイル・オライリー組を相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでオライリーに勝利。12月10日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でケビン・スティーン、スーパー・ドラゴン組を相手にタッグ王座の防衛戦。スパイク・パッケージ・パイルドライバーにマットが敗れて王座転落。

2012

12年3月4日、ニューヨーク州ニューヨークシティでのROHの10周年記念大会でニックと組んでブリスコブラザーズのROH世界タッグ王座に挑戦。ドゥームスデイ・デバイスにニックが敗れた。5月25日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でニックと組んでプレイヤー・ウノ、ステューペファイド組とノーDQマッチでタッグ王座決定戦。FATALITY!にマットが敗れた。6月2日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でニックと組んでチャック・テイラー、ジョニー・ガルガノ組のタッグ王座に挑戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでガルガノに勝利。カンピオナートス・デ・パレハスを獲得した。7月29日、CHIKARAのマサチューセッツ州エバリット大会でダッシャー・ハットフィールド、マーク・アンジェロセティ組を相手にタッグ王座の防衛戦。1本目はマットが丸めこんでマークにフォール勝ち。2本目はマークのスタナーからのボー・ジャクソンにマットが敗れた。3本目はモア・バング・フォー・ヤング・バックスでダッシャーに勝利。12月2日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でマーティ・ジャネッティ、1−2−3キッド組を相手にタッグ王座の防衛戦。1本目は合体ツームストン・パイルドライバーでキッドに勝利。2本目はキッドのXファクターにマットが敗れた。3本目はモア・バング・フォー・ヤング・バックスでキッドに勝利。

2013

13年1月12日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でDDT4に参戦し、1回戦でリコシェ、リッチ・スワン組と対戦。マットが丸めこんでスワンにフォール勝ち。同日の準決勝でブライアン・ケイジ、マイケル・エルガン組のタッグ王座に挑戦。ニックが丸めこんでエルガンにフォール勝ち。PWG世界タッグ王座を獲得した。同日の決勝でエル・ジェネリコ、ケビン・スティーン組を相手にタッグ王座の防衛戦。マットが丸めこんでジェネリコにフォール勝ち。DDT4に優勝した。2月10日、CHIKARAのペンシルベニア州イーストン大会でシェイン・マシューズ、スコット・パーカー組を相手にタッグ王座の防衛戦。マシューズの逆エビ固めにマットが敗れて王座転落。3月23日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でエディ・エドワーズ、ロデリック・ストロング組を相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでエドワーズに勝利。3月24日、カリフォルニア州ハンティントン・パークでのブライアン・ケンドリック主催のキング・オブ・フライトトーナメントに参戦し、1回戦でリッチ・スワンと対戦。試合途中でニックに交代したが丸めこまれてフォール負け。4月6日、ドラゴンゲートUSAのニュージャージー州セコーカス・メドーランド・エキスポセンター大会でニックと組んでCIMA、ARフォックス組のタッグ王座に挑戦。19分19秒、モア・バング・フォー・ヤング・バックスでフォックスに勝利。ユナイテッドゲート王座を獲得した。8月9日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でエディ・エドワーズ、ロデリック・ストロング組、リコシェ、リッチ・スワン組を相手に3WAYラダーマッチでタッグ王座の防衛戦。ベルトを獲得して勝利。10月19日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でジョーイ・ライアン、キャンディス・リレイ組を相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バング・フォー・ヤング・バックスでキャンディスに勝利。10月24日、後楽園ホール大会で新日本プロレス初登場。ニックとの連携を駆使して「スーパージュニアタッグトーナメント」を勝ち上がると、決勝戦でロッキー・ロメロアレックス・コズロフを撃破。見事、優勝を遂げた。11月9日、TAKAみちのくタイチ組を破りIWGPジュニアタッグ王座を獲得。11月16日、ドラゴンゲートUSAのニューヨーク州エルムハースト・クイーンズボロー・エルクスロッジ大会でブラバド・ブラザーズを相手にタッグ王座の防衛戦。23分11秒、合体式ツイスト・フェイスバスターにマットが敗れて王座転落。

2014

14年1月4日、東京ドーム大会での4WAY戦に勝利してタッグ王座を防衛。3月8日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でニックと組んでボビー・フィッシュ、カイル・オライリー組のROH世界タッグ王座に挑戦。オライリーの三角絞めをニックがジャックナイフ式エビ固めに切り返してフォール勝ち。ROH世界タッグ王座を獲得した。3月28日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でチャック・テイラー、トレント・バレッタ組を相手にタッグ王座の防衛戦。マットがローブローから丸めこんでテイラーにフォール勝ち。4月6日、両国国技館大会で飯伏エル・デスペラード組を相手にタッグ王座の防衛戦。11分47秒、モアバング4ユアバックを決めてマットがデスペラードに勝利。5月3日、福岡国際センター大会でロメロ、コズロフ組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分9秒、モアバング4ユアバックを決めてマットがロメロにフォール勝ち。5月10日、ROHと新日本プロレス共催のカナダ・トロント・Ted Reeve Arena大会でアレックス・コズロフ、ロッキー・ロメロ組、アレックス・シェリーKUSHIDA組を相手に3WAYでIWGPジュニアタッグ王座の防衛戦。12分38秒、モア・バング・フォー・ユア・バックを決めてマットがコズロフにフォール勝ち。5月17日、ROHと新日本プロレス共催のニューヨーク・ハンマーステインボールルーム大会でボビー・フィッシュ、カイル・オライリー組を相手にROH世界タッグ王座の防衛戦。12分47秒、オライリーの腕ひしぎ逆十字固めにマットが敗れて王座転落。5月30日から始まった新日本プロレスのベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに初参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でKUSHIDAと対戦。11分44秒、キムラロックに敗れた。5月31日、キラメッセぬまづ大会でライガーと対戦。6分52秒、変型スイングスタナーで勝利。6月3日、後楽園ホール大会でTAKAみちのくと対戦。5分25秒、みちのくドライバー2に敗れた。6月4日、春日部ふれあいキューブ大会でBUSHIと対戦。8分51秒、ディグリー・オブ・ディフィカルティーで勝利。6月5日、茅野市民館マルチホール大会でリコシェと対戦。11分9秒、ベナドリラーに敗れた。6月6日、京都KBSホール大会でマスカラ・ドラダと対戦。8分4秒、飛びつき前方回転エビ固めを切り返してエビ固めでフォール勝ち。リーグ戦は4勝3敗(1不戦勝)に終わった。6月21日、大阪府立体育会館大会でアレックス・シェリー、KUSHIDA組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分50秒、KUSHIDAのホバーボードロックにニックが敗れてタッグ王座から転落した。7月26日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でキャンディス・リレイ、ジョーイ・ライアン組に敗れて王座転落。9月6日、ROHのカナダ・オンタリオ州トロント大会でニックと組んでボビー・フィッシュ、カイル・オライリー組のROH世界タッグ王座に3本勝負で挑戦。1本目はホッケースティックで殴られてからチェイシング・ザ・ドラゴンにニックが敗れた。2本目はスーパーキックの直後にパッケージ・パイルドライバーを決めてフィッシュに勝利。3本目はオライリーのアルマゲドンにニックが敗れた。10月13日、両国国技館大会でニックと組んでロメロ、コズロフ組、IWGPジュニアタッグ王者のKUSHIDA、アレックス・シェリー組を相手に3WAYでの王座戦。18分56秒、KUSHIDAのジャパニーズレッグロールクラッチホールドにコズロフがフォール負けしたため王座奪取に失敗した。10月25日、新日本プロレスの後楽園ホール大会でニックと組んでスーパージュニア・タッグトーナメントに参戦。1回戦でライガー、4代目タイガーマスク組と対戦。8分32秒、モア・バンク・フォー・ユア・バックでマットがタイガーマスクにフォール勝ち。11月1日、相模原市立総合体育館大会での準決勝でタイチ、デスペラード組と対戦。12分4秒、モア・バンク・フォー・ユア・バックでマットがデスペラードにフォール勝ち。11月3日、岐阜産業会館大会での決勝でボビー・フィッシュ、カイル・オライリー組と対戦。15分4秒、合体技のチェイシング・ザ・ドラゴンをくらってオライリーにニックがフォール負け。11月15日、HOHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でニックと組んでハーディーズと対戦。23分29秒、モア・バング・フォー・ユア・バックでマット・ハーディーに勝利。

2015

15年1月4日、東京ドーム大会でニックと組んでロメロ、コズロフ組、KUSHIDA、シェリー組、IWGPジュニアタッグ王者のフィッシュ、オライリー組を相手に4WAYでのタッグ王座戦。13分1秒、チェイシング・ザ・ドラゴンを決めてオライリーがコズロフにフォール勝ちしたため王座奪取に失敗した。2月11日、大阪府立体育会館大会でニックと組んでシェリー、KUSHIDA組、IWGPジュニアタッグ王者のフィッシュ、オライリー組を相手に3WAYでのタッグ王座戦。13分31秒、モア・バンク・フォー・ユア・バックでマットがKUSHIDAにフォール勝ち。IWGPジュニアタッグ王座を獲得。3月1日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でニックと組んでボビー・フィッシュ、カイル・オライリー組のROH世界タッグ王座に挑戦。チェイシング・ザ・ドラゴンにニックが敗れた。4月5日、両国国技館大会でロメロ、バレッタ組を相手にタッグ王座の防衛戦。12分33秒、合体技のストロング・ゼロ(バレッタのデュードバスターとロメロのダイビングフットスタンプ)をくらってバレッタにマットがフォール負け。タッグ王座から転落した。5月3日、福岡国際センター大会でニックと組んでIWGPジュニアタッグ王者のバレッタ、ロメロ組、フィッシュ、オライリー組を相手に3WAYでのタッグ王座戦。17分17秒、モア・バンク・フォー・ユア・バックを決めてマットがバレッタにフォール勝ち。IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。6月26日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でニックと組んでトレバー・リー、アンドリュー・エヴァレット組のPWG世界タッグ王座に挑戦。メルツァードライバーでリーに勝利。PWG世界タッグ王座を獲得した。7月5日、大阪城ホール大会でバレッタ、ロメロ組、フィッシュ、オライリー組を相手に3WAYでのタッグ王座の防衛戦。14分30秒、モア・バンク・フォー・ユア・バックを決めてマットがロメロにフォール勝ち。7月24日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でアンジェリコ、ジャック・エバンス組を相手にタッグ王座の防衛戦。モア・バンク・フォー・ユア・バックでエバンスに勝利。8月16日、両国国技館大会でフィッシュ、オライリー組を相手にタッグ王座の防衛戦。17分35秒 チェイシング・ザ・ドラゴンをくらってフィッシュにマットがフォール負け。IWGPジュニアタッグ王座から転落した。8月21日、ROHのペンシルバニア州フィラデルフィア大会でニックと組んでクリストファー・ダニエルズ、フランキー・カザリアン組のROH世界タッグ王座に挑戦。カザリアンに丸めこまれてマットがフォール負け。10月24日、後楽園ホール大会でのスーパージュニアタッグトーナメント1回戦でニックと組んでドラダ、田口組と対戦。11分8秒、マットが変型インディテイカーでドラダに勝利。11月1日、後楽園ホール大会での準決勝でリコシェ、マット・サイダル組と対戦。12分5秒、サイダルのエアーサイダルにマットが敗れた。12月11日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でジョニー・ガルガノ、トマソ・チャンパ組を相手にタッグ王座の防衛戦。マットがガルガノを丸めこんでフォール勝ち。

2016

16年1月4日、東京ドーム大会でニックと組んでロメロ、バレッタ組、マット・サイダル、リコシェ組、IWGPジュニアタッグ王者のフィッシュ、オライリー組を相手に4WAYでの王座戦。16分42秒、モア・バンク・フォー・ユア・バックを決めてニックがロメロにフォール勝ち。IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。2月11日、大阪府立体育会館大会でマット・サイダル、リコシェ組、フィッシュ、オライリー組を相手に3WAYでの防衛戦。14分59秒、サイダルのエアサイダルにニックが敗れてタッグ王座から転落した。2月20日、後楽園ホールで行われたROHと新日本プロレスの合同興行で矢野ジェイ・ブリスコマーク・ブリスコ組の6人タッグ王座に挑戦。12分55秒、マットのファイヤーバードスプラッシュからオメガが矢野にフォール勝ち。6人タッグ王座を獲得した。2月26日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でマット・サイダル、ACH、KUSHIDA組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。16分57秒、オメガが片翼の天使でサイダルに勝利。3月20日、尼崎市記念公園総合体育館大会で棚橋エルガンジュース・ロビンソン組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。16分34秒、オメガが片翼の天使でジュースに勝利。4月1日、ROHのテキサス州ダラス大会でニックと組んでモーターシティ・マシンガンズ(クリス・セイビン、アレックス・シェリー)と対戦。メルツァードライバーでセイビンに勝利。4月10日、両国国技館大会で棚橋、ヨシタツ、エルガン組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。14分46秒、エルガンの雪崩式合体エルガンボムにニックが敗れて王座転落。5月3日、福岡国際センター大会でニック・ジャクソン、オメガと組んで棚橋、ヨシタツ、エルガン組の6人タッグ王座に挑戦。14分3秒、オメガが片翼の天使でヨシタツに勝利。NEVER6人タッグ王座を奪回。6月19日、大阪城ホール大会でニックと組んでロメロ、バレッタ組、フィッシュ、オライリー組、タッグ王者のリコシェ、サイダル組を相手にイリミネーション4WAYマッチでタッグ王座戦。15分23秒、メルツァードライバーを決めてマットがサイダルにフォール勝ち。IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。7月3日、岩手産業文化センター大会でサイダル、リコシェ、小島組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。15分20秒、サイダルのエアーサイダルにマットが敗れて王座転落。7月29日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でクリス・ヒーロー、JTダン組を相手にタッグ王座の防衛戦。マットが丸めこんでヒーローにフォール勝ち。8月21日、有明コロシアムでのスーパーJカップでクリス・セイビン、アレックス・シェリー組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分56秒、メルツァードライバーを決めてマットがセイビンにフォール勝ち。9月22日、広島サンプラザホール大会でニックと組んでブリスコブラザーズのIWGPタッグ王座に挑戦。15分2秒、ドゥームズデイ・デバイスをくらってジェイにマットがフォール負け。9月25日、神戸ワールド記念ホール大会でニック、アダム・コールと組んで小島、リコシェ、デビッド・フィンレー組を相手に6人タッグ王座決定戦。14分18秒、リコシェのシューティングスタープレスにニックが敗れた。9月30日、ROHのマサチューセッツ州ローウェル大会でニックと組んでモーターシティ・マシンガンズ、王者のダニエルズ、カザリアン組を相手にラダーマッチでタッグ王座戦。ベルトを奪い、ROH世界タッグ王座を獲得した。10月10日、両国国技館大会でリコシェ、デビッド・フィンレー組を相手にIWGPジュニアタッグ王座の防衛戦。12分47秒、モア・バング・フォー・ユア・バックを決めてマットがフィンレーにフォール勝ち。10月14日、ROHのイリノイ州シカゴリッジ大会でジェイ・リーサルと対戦。リーサル・インジェクションに敗れた。10月15日、ROHのミシガン州ディアボーン大会でコルト・カバナ。ダルトン・キャッスル組を相手にタッグ王座の防衛戦。メルツァードライバーでキャッスルに勝利。10月21日、後楽園ホール大会でのスーパージュニアタッグトーナメント1回戦でニックと組んで石森、ACH組と対戦。17分40秒、ACHのミッドナイトスターにニックが敗れた。11月19日、ROHのイギリス・レスター大会でウィル・オスプレイ、マーティ・スカル組を相手にタッグ王座の防衛戦。メルツァードライバーでスカルに勝利。12月2日、ROHのニューヨーク・ハマースタイン・ボールルーム大会でブリスコブラザーズを相手にタッグ王座の防衛戦。スーパーキックを連続して放ち勝利。

2017

17年1月4日、東京ドーム大会でロメロ、バレッタ組を相手にタッグ王座の防衛戦。12分57秒、ロメロの十字架固めにマットがフォール負けして王座転落。3月4日、ROHのニューヨーク・ハマースタイン・ボールルーム大会でジェイ・ホワイト、リオ・ラッシュ組を相手にタッグ王座の防衛戦。メルツァードライバーでラッシュに勝利。直後にハーディーズを相手にタッグ王座の防衛戦。ジェフのスワントーンボムにマットが敗れて王座転落。3月18日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でレイ・フェニックス、ペンタ・エル・ゼロ・M組に敗れてPWG世界タッグ王座から転落。4月1日、ROHのフロリダ州レイクランド大会のメインでニックと組んでマット・ハーディージェフ・ハーディー組のROH世界タッグ王座にラダーマッチで挑戦。ベルトを奪ってROH世界タッグ王座を奪回した。5月12日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会で内藤、BUSHI組を相手にタッグ王座の防衛戦。メルツァードライバーを決めてBUSHIに勝利。5月19日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でニックと組んでフェニックス、ペンタ・エル・セロ・ミエド組のPWGタッグ王座に挑戦。フットストンプとパッケージパイルドライバーの合体技に敗れた。6月4日、ROHのイリノイ州コリンズビル大会でマット・ターバン、ヴィニー・マルセリア組を相手にタッグ王座の防衛戦。メルツァードライバーでターバンに勝利。6月11日、大阪城ホール大会でマットと組んでロメロ、バレッタ組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。14分14秒、ニックがシャープシューターでロメロに勝利。IWGPジュニアタッグ王座を獲得。6月23日、ROHのマサチューセッツ州ローウェル大会でハンソンレイモンド・ロウ組、チャック・テイラー、バレッタ組を相手に3WAYでタッグ王座の防衛戦。ハンソン、ロウへ同時にスーパーキックを決めて勝利。7月2日、新日本プロレスのロサンゼルス・ロングビーチ・コンベンション・アンド・エンターテイメントセンター大会でロメロ、バレッタ組を相手にタッグ王座の防衛戦。22分41秒、ニックがシャープシューターでロメロに勝利。8月13日、両国国技館大会で田口、リコシェ組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分13秒、リコシェのシューティングスタープレスにマットが敗れて王座転落。8月19日、ROHのリバプール大会でダニエルズ、カザリアン組を相手にROH世界タッグ王座の防衛戦。メルツァー・ドライバーで勝利。8月20日、ROHのエディンバラ大会でハングマン・ペイジ、ニックと組んでダルトン・キャッスル、ボーイズ組の6人タッグ王座に挑戦。ペイジのライト・オブ・パッセージにヤングバックスが対角線のコーナーから飛びのる合体技で勝利。ROH世界6人タッグ王座を獲得した。9月22日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でブリー・レイ、ブリスコブラザーズを相手に6人タッグ王座の防衛戦。裏切ったジェイ・ブリスコがテーブルをレイにぶつけた直後にペイジがレイにフォール勝ち。同日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でモーターシティ・マシンガンズを相手にタッグ王座の防衛戦。肩車して相手を背中から落とす合体技(合体の片翼の天使?)にマットが敗れて王座転落。9月23日、ROHのネバダ州ラスベガス大会で鈴木みのる、サイラス・ヤング、ビアシティ・ブルーザー組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。ペイジがライト・オブ・パッセージでブルーザーに勝利。

2018

18年1月4日、東京ドーム大会でニックと組んでSHOYOH組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。18分49秒、ニックがシャープシューターでYOHに勝利。IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。1月28日、北海道立総合体育センター大会でSHO、YOH組を相手にタッグ王座の防衛戦。22分34秒、YOHの首固めにマットがフォール負けして王座転落。3月9日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でダニエルズ、カザリアン、スコーピオ・スカイ組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。カザリアンの逆エビ固めにマットが敗れて王座転落。5月3日、福岡国際センター大会でマーティ・スカル、ニックと組んでファレタマタンガ組の6人タッグ王座に挑戦。12分5秒、モア・バング・フォー・ユア・バックを決めてマットがタンガにフォール勝ち。NEVER6人タッグ王座を獲得した。6月9日、大阪城ホール大会でニックと組んでSANADAEVIL組のIWGPタッグ王座に挑戦。15分3秒、モア・バング・フォー・ユア・バックを決めてマットがSANADAにフォール勝ち。IWGPタッグ王座を獲得した。6月29日、ROHのメリーランド州ボルティモア大会でニックと組んでブリスコ・ブラザーズのROH世界タッグ王座に挑戦。レッドネック・ブギをくらってマットがフォール負け。7月7日、新日本プロレスのカリフォルニア州サンフランシスコのカウパレス大会でSANADA、EVIL組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分5秒、メルツァードライバーを決めてマットがEVILにフォール勝ち。7月21日、ROHのジョージア州アトランタ大会でニック、コーディと組んでマット・ターバン、ヴィニー・マルセリア、TKオライアンを破りROH世界6人タッグ王座を獲得。8月12日、日本武道館大会で石森、タマ、タンガ組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。11分26秒、タマのガンスタンにスカルが敗れて王座転落。9月30日、新日本プロレスのカリフォルニア州ロングビーチのウォルターピラミッド大会でタマ、タンガ組を相手にタッグ王座の防衛戦。19分21秒、キルショットをくらってタマにマットがフォール負けして王座転落。11月4日、ROHのオハイオ州コロンバス大会でターバン、マルセリア、オライアン組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。ハウス・オブ・サウザンド・ホーセズにマットが敗れて王座転落。12月14日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でニックと組んでブリスコブラザーズ、ROH世界タッグ王者のカザリアン、スコーピオ・スカイ組を相手に3WAYでのラダーマッチによる王座戦。ジェイにベルトを奪われて敗れた。この試合を最後にROHを離脱。

2019

19年1月4日、東京ドーム大会でニックと組んでSANADA、EVIL組、タッグ王者のタマ、タンガ組を相手に3WAYでの王座戦。10分15秒、SANADAのラウンディングボディプレスにマットが敗れた。3月16日、AAAの「レイ・デ・レイジェス」でニックと組んでペンタゴン・ジュニア、フェニックス組のタッグ王座に挑戦。メルツァードライバーをペンタゴン・ジュニアに決めて勝利。AAA世界タッグ王座を獲得した。5月25日、MGMグランドガーデンアリーナでのAEWの旗揚げ戦でペンタゴン・ジュニア、フェニックス組を相手にAAA世界タッグ王座の防衛戦。24分48秒、メルツァドライバーでフェニックスに勝利。6月16日、ペンタゴン・ジュニア、フェニックス組に敗れてAAA世界タッグ王座から転落。8月31日、AEWのイリノイ州シカゴ・シアーズ・センター大会でニックと組んでペンタゴン・ジュニア、フェニックス組を相手にラダーマッチでAAA世界タッグ王座に挑戦。21分、ベルトを獲得されて敗れた。12月18日、AEWのテキサス州コーパスクリスティ大会でニックと組んでカザリアン、スコーピオ・スカイ組のAEW世界タッグ王座に挑戦。SCUレイターにマットが敗れた。

2020

20年2月29日、AEWのPPV「レボルーション」でニックと組んでケニー・オメガ、ハングマン・ペイジ組のAEW世界タッグ王座に挑戦。ペイジのバックショット・ラリアットにマットが敗れた。5月23日、PPV「ダブル・オア・ナッシング」のメインでケニー・オメガ、ニック、ハングマン・ペイジ、マット・ハーディーと組んでインナーサークル(クリス・ジェリコ、サミー・ゲバラ、ジェイク・ヘイガー、サンタナ、オルティス)とスタジアム・スタンピード・マッチで対戦。アメリカンフットボールのスタジアムのフィールド全体を使った大乱戦の末、オメガが片翼の天使でゲバラに勝利。11月7日、PPV「フル・ギア」でニックと組んでFTR(ダックス・ハーウッド、キャッシュ・ウィーラー)のAEW世界タッグ王座に挑戦。マットがスーパーキックでキャッシュに勝利。AEW世界タッグ王座を獲得した。12月23日、AEWの放送でアクレイムド(マックス・キャスター、アンソニー・ボーエンズ)を相手にタッグ王座の防衛戦。マックスにBTEトリガー(2人同時のヒザ蹴り)を決めて勝利。

2021

21年2月17日、AEWの放送でサンタナ、オルティス組を相手にタッグ王座の防衛戦。ニックがサンタナを丸めこんでフォール勝ち。3月7日、PPV「レボリューション」でクリス・ジェリコ、MJF組を相手にタッグ王座の防衛戦。メルツァードライバーでジェリコに勝利。3月10日、AEWの放送でレイ・フェニックスと対戦。ファイアーサンダードライバーに敗れた。4月14日、AEWの放送でPAC、レイ・フェニックス組を相手にタッグ王座の防衛戦。フェニックスのマスクを剥ぎとってからのダブルトラースキックで勝利。5月12日、AEWの放送でクリストファー・ダニエルズ、カザリアン組を相手にタッグ王座の防衛戦。BTEトリガー(2人同時の顔面へのヒザ蹴り)でダニエルズに勝利。5月19日、AEWの放送でバーシティ・ブロンズ(ブライアン・ピルマン・ジュニア、グリフ・ギャリソン)を相手にタッグ王座の防衛戦。マットがシャープシューターでピルマン・ジュニアに勝利。5月30日、PPV「ダブル・オア・ナッシング」でジョン・モクスリー、エディ・キングストン組を相手にタッグ王座の防衛戦。BTEトリガーでモクスリーに勝利。7月7日、AEWの放送でペンタ・セロ・ミエド、エディ・キングストン組を相手にストリートファイトマッチでタッグ王座の防衛戦。口に画鋲を含ませてからスーパーキックでキングストンに勝利。8月18日、AEWの放送でジャングルボーイ、ルチャサウルス組を相手にタッグ王座の防衛戦。BTEトリガーでジャングルボーイに勝利。9月5日、PPV「オール・アウト」でペンタ・セロ・ミエド、レイ・フェニックス組を相手に金網マッチでタッグ王座の防衛戦。合体パッケージドライバーにニックが敗れて王座転落。

2022

22年4月6日、AEWの放送でニックと組んでFTRのROH&AAAタッグ王座に挑戦。BTEトリガーからのビッグリッグをくらってマットが敗れた。6月15日、AEWの放送でニックと組んでジャングル・ボーイ、ルチャサウルス組のAEW世界タッグ王座にラダーマッチで挑戦。ジャングルにBTEトリガーを決めて、2人でラダーを登ってベルトを獲得して勝利。AEW世界タッグ王座を獲得した。7月13日、AEWの放送でリッキー・スタークス、パワーハウス・ホッブス組、スワーブ・ストリックランド、キース・リー組を相手に3WAYでタッグ王座の防衛戦。ストリックランドがスワーブストンプでスタークスに勝利したため王座転落。8月17日、AEWの放送で復帰し、ケニー・オメガ、ニックと組んで6人タッグ王座決定トーナメントに参戦し、1回戦でアンドラデルーシュドラゴン・リー組と対戦。オメガが片翼の天使でリーに勝利。8月31日、AEWの放送での準決勝でウィル・オスプレイ、カイル・フレッチャー、マーク・デイビス組と対戦。オメガが片翼の天使でフレッチャーに勝利。9月4日、PPV「オールアウト」での決勝でハングマン・ペイジ、ジョン・シルバー、アレックス・レイノルズ組と対戦。ペイジのバックショットラリアットをシルバーに誤爆させた直後にオメガがシルバーにフォール勝ち。AEW世界トリオ王座を獲得した。大会終了後の記者会見でCMパンクがAEW副社長のヤング・バックスとケニー・オメガを罵倒。その後、バックステージでニック、オメガと共にCMパンク、パンクのプロデューサーのエース・スティールと大乱闘。9月7日、AEWの放送でパンクの持つAEW世界王座とオメガとヤングバックスの持つAEW世界トリオ王座の剥奪が発表された。CMパンク、エース・スティール、オメガ、ヤングバックスには謹慎処分が下された。11月19日、PPV「フルギア」で復帰し、ケニー・オメガ、ニックと組んでPAC、ペンタゴン・ジュニア、フェニックス組のAEW世界トリオ王座に挑戦。オメガが片翼の天使を狙ったがフェニックスに凶器攻撃されて丸めこまれてフォール負け。

2023

23年1月11日、AEWの放送で3対3で迎えた7本勝負の最終戦としてマット、ケニー・オメガと組んでPAC、フェニックス、ペンタゴン・ジュニア組の6人タッグ王座にデスラダーマッチで挑戦。ベルトを獲得して勝利。AEW世界トリオ王座を獲得した。2月3日、AEWの放送でイーサン・ペイジ、マット・ハーディー、アイザイア・キャシディ組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。BTEトリガー(3人同時のヒザ蹴り)でキャシディに勝利。2月8日、AEWの放送でダリウス・マーティン、ダンテ・マーティン、ARフォックス組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。オメガが十字架固めでフォックスにフォール勝ち。2月17日、AEWの放送でダリウス・マーティン、ダンテ・マーティン、ARフォックス組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。オメガが片翼の天使でダリウスに勝利。3月5日、PPV「レボルーション」でマラカイ・ブラック、ブロディ・キング、バディ・マシューズ組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。リーのゴンゾボムをくらってブラックにマットがフォール負けして王座転落。8月27日、ロンドン・ウェンブリー・スタジアムでのPPV「オール・イン」でニックと組んでFTRのAEW世界タッグ王座に挑戦。シャッターマシーンをくらってニックがフォール負け。