レスラーノート

フェニックス

FENIX

1990年12月30日
メキシコ・メキシコシティ出身
177cm 80kg

タイトル歴
AAAフュージョン
AAWヘビー
PWG世界タッグ
AAWタッグ
クラッシュ・クルーザー
AAAメガ
AAA世界タッグ
インパクト世界タッグ
MLW世界タッグ
AEW世界タッグ
得意技
トルニージョ
スパニッシュフライ
ブラック・ファイヤー・ドライバー(キン肉バスターの体勢からのみちのくドライバー2)

兄はペンタゴン・ジュニア、ニーニョ・デ・フエゴ。グラン・アパチェ、スカイデ、クチージョらの指導を受け、 06年4月19日にデビュー。デビュー直後はマスカラ・オリエンタルの名でインディー団体で活躍。 11年1月27日、AAAに進出。 12年11月27日、WAVEの後楽園ホール大会で行われた「Reina de Reinas 2012」に初来日。男、女、オカマのミックスタッグで数々の華麗な空中殺法を披露。ロリータ、ピンピネーラ・エスカルラタと組んでCIMA、浜田文子、葉千子組と対戦。10分42秒、浜田のスモールパッケージホールドにピンピネーラがフォール負け。

2013

13年1月26日、レボリューション・レスリング・ベラクルスのベラクルス大会でペサディーヤと組んでスペル・クレイジーリッキー・マルビン組のGHCジュニアタッグ王座に挑戦。照明のトラスから8メートルものダイブを敢行するなど、王者組を追いつめたが、20分34秒、マルビンのデッドラインにペサディーヤが敗れた。 3月17日、メキシコ・モンテレイで開催された「Rey de Reyes 2013」にて16選手参加の4WAYトーナメント決勝で、ダガ、クレイジー・ボーイ、フベントゥ・ゲレーラと戦い勝利。初代AAAフュージョン王座を獲得。6月14日、クラッシュのメキシコ・ティファナ大会で8人参加のイリミネーションマッチに勝利してクラッシュ・クルーザー級王座を獲得。9月、ノアに来日。9月7日、ディファ有明大会でカイザーと対戦。9分44秒、トルニージョ式セントーンで勝利。9月14日、長崎・平和会館大会で熊野準と対戦。9分53秒、フェニックスドライバーで勝利。9月15日、佐世保市体育文化館大会でカイザーと対戦。11分14秒、スパニッシュフライで勝利。9月18日、岡山卸センター展示場オレンジホール大会で石森太二小川良成を相手に3WAYマッチで対戦。5分21秒、フェニックスが横回転式エビ固めで石森にフォール勝ち。9月22日、後楽園ホール大会で石森のGHCジュニア王座に挑戦。18分20秒、変型レヴォルシオンに敗れた。

2014〜2016

14年1月31日、4WAYラダーマッチに敗れてクラッシュ・クルーザー級王座から転落。 16年4月20日、後楽園ホールでの王道の旗揚げ戦に来日し、ペンタゴン・ジュニアと対戦。17分41秒、パッケージドライバーに敗れた。9月2日、カリフォルニア州レセダでのPWG主催のトーナメント「バトル・オブ・ロサンゼルス」に参戦。1回戦でウィル・オスプレイと対戦。オスカッターに敗れた。12月16日、HOHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でジョン・モリソンと対戦。スターシップペインに敗れた。

2017

17年3月18日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でペンタ・エル・ゼロ・M(ペンタゴン・ジュニア)と組んで3WAYマッチに勝利してPWG世界タッグ王座を獲得。3月31日、RPWのフロリダ州オーランド大会でオスプレイと対戦。オスカッターに敗れた。4月21日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でリオ・ラッシュと対戦。フロッグスプラッシュに敗れた。5月6日、AAWのシカゴ大会でARフォックスと組んでジェイク・クリスト、サミ・キャラハン組のタッグ王座に挑戦。フォックスがローメン・ペインでジェイクに勝利。AAWタッグ王座を獲得。5月19日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でヤングバックス(ニック・ジャクソンマット・ジャクソン)を相手にタッグ王座の防衛戦。フットストンプとパッケージパイルドライバーの合体技で勝利。8月31日、AAWのイリノイ州バーウィン大会でサミ・キャラハンを破りAAWヘビー級王座を獲得。9月1日、カリフォルニア州レセダでPWG主催の「バトル・オブ・ロサンゼルス」に出場。1回戦でレイ・ホラスと対戦。変型バタフライロックで勝利。9月3日、2回戦でザック・セイバー・ジュニアと対戦。ヨーロピアンクラッチでフォール勝ち。同日の準決勝でキース・リーと対戦。グラウンド・ゼロに敗れた。10月20日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でマット・リドル、ジェフ・コブ組に敗れてPWG世界タッグ王座から転落。

2018

18年1月11日、MLWのフロリダ州オーランド大会でペンタゴン・ジュニアと対戦。ペンタゴンドライバーに敗れた。1月12日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でサミー・ゲバラと対戦。シューティングスタープレスに敗れた。2月3日、AAWのイリノイ州ラサール大会でACHに敗れて王座転落。4月6日、クラッシュのルイジアナ州ニューオリンズ大会でフラミータと対戦。ブラック・ファイヤー・ドライバーで勝利。4月12日、MLWのフロリダ州オーランド大会で世界王座への挑戦権をかけてペンタゴン・ジュニアと対戦。パッケージ・パイルドライバーに敗れた。4月22日、インパクトのPPV「リデンプション」でペンタゴン・ジュニア、インパクト世界王者のオースチン・エイリースを相手に3WAYでの王座戦。ペンタゴン・ジュニアがペンダゴンドライバーでエイリースに勝利したため王座奪取に失敗した。5月3日、MLWのフロリダ州オーランド大会でACHと対戦。ブラック・ファイヤー・ドライバーで勝利。6月7日、MLWのフロリダ州オーランド大会でペンタゴン・ジュニアと組んでジェイソン・ケイド、ジミー・ユウタ組、レオ・ブライエン、マイク・パトリック組を相手に3WAYでのタッグ王座決定戦。ペンタゴン・ジュニアのパッケージ・パイルドライバーとフェニックスのフットスタンプの合体技でユウタに勝利。MLW世界タッグ王座を獲得した。7月5日、インパクトの放送でリッチ・スワンと対戦。ブラック・ファイヤー・ドライバーで勝利。7月12日、MLWのフロリダ州オーランド大会でACH、リッチ・スワン組を相手にタッグ王座の防衛戦。ペンタゴン・ジュニアのパッケージ・パイルドライバーとフェニックスのフットスタンプの合体技でスワンに勝利。7月13日、PWGのロサンゼルス大会でトレバー・リーと対戦。フェニックスドライバー2で勝利。7月19日、MLWのニューヨークシティ大会でドラゴ、レイ・ホルス組を相手にタッグ王座の防衛戦。ペンタゴン・ジュニアのパッケージ・パイルドライバーとフェニックスのフットスタンプの合体技でホルスに勝利。7月21日、PPV「スラミバーサリー」で石森、ジョニー・インパクト、ピーティー・ウィリアムスと4WAYマッチ。ジョニーのスターシップペインにフェニックスが敗れた。8月16日、インパクトの放送でサミ・キャラハンと対戦。フェニックスドライバー2で勝利。8月25日、アレナ・シウダ・デ・メヒコでのAAAの「トリプレマニア」でリッチ・スワン、ブライアン・ケイジ、王者のジェフ・ジャレットを相手に4WAYでの王座戦。レフリーのラ・パルカに扮したコナンが高速カウントでワグナーから奪いとったジャレットの王座に対し、メキシカンがフェニックス1人という、期待を一身に背負っての試合となった。レフリーにギターショットを決めたジャレットのローブローをフェニックスがくらってしまい、レフリー姿のパルカが登場。コナンが変装していると思ったジャレットは大喜びするが、パルカはカウントをせずに、マスクを取るとワグナー。驚愕するジャレットに対し直後にスタナーを決めて勝利。AAAメガ王座を獲得した。8月30日のインパクトの放送でブライアン・ケイジのXディビジョン王座に挑戦。雪崩式パワーボムに敗れた。9月6日、MLWのフロリダ州フォートローダーデール大会でロウ・キーのMLW世界ヘビー級王座に挑戦。ロウ・キーのセコンドのサリーナ・デ・ラ・レンタにマスクを剥がされた直後にゲットースタンプに敗れた。10月19日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でバンディードと対戦。変型パイルドライバーに敗れた。10月25日のインパクトの放送でジョニー・インパクトのインパクト世界王座に挑戦。スターシップペインに敗れた。11月8日、MLWのイリノイ州シセロ大会でLAパーク、エル・イホ・デ・LAパーク組を相手にタッグ王座の防衛戦。ペンタゴン・ジュニアのパッケージ・パイルドライバーとフェニックスのフットスタンプの合体技でエル・イホ・デ・LAパークに勝利。

2019

19年1月6日、インパクト・レスリングのPPV「ホームカミング」でペンタゴン・ジュニアと組んでLAX(サンタナ、オルティス)のインパクト世界タッグ王座に挑戦。合体リバースブレーンバスターにフェニックスが敗れた。2月2日、MLWのペンシルベニア州フィラデルフィア・2300アリーナ大会でデイビーボーイ・スミス・ジュニア、テディ・ハート組を相手にタッグ王座の防衛戦。スミス・ジュニアに担がれたフェニックスがテディのカナディアン・デストロイヤーをくらって敗れて王座転落。2月8日のインパクトの放送でペンタゴン・ジュニアと組んでLAXのインパクト世界タッグ王座に挑戦。合体のペンタゴンドライバーで勝利。インパクト世界タッグ王座を獲得した。3月8日、wXwのドイツ・オーバーハウゼン大会で16カラット・ゴールド・トーナメントに参戦し、1回戦でレイ・ホラスと対戦。ブラック・ファイヤー・ドライバーで勝利。3月9日、2回戦でウォルターと対戦。ゴジラクラッチに敗れた。3月8日のインパクトの放送でデズモンド・イクセイビア、ザッカリー・ウェンツ組を相手にタッグ王座の防衛戦。ペンタゴン・ジュニアがペンタゴンドライバーでウェンツに勝利。3月16日、AAAの「レイ・デ・レイジェス」でペンタゴン・ジュニアと組んでレイ・エスコルピオン、エル・テハノ・ジュニア組のタッグ王座に挑戦。ペンタゴン・ジュニアのパッケージ・パイルドライバーとフェニックスのフットスタンプの合体技を決めてテハノ・ジュニアに勝利。AAA世界タッグ王座を獲得。試合後、コナン率いるヤングバックスが登場し、その場で防衛戦が開始。メルツァードライバーにペンタゴン・ジュニアが敗れてその日のうちに王座から転落した。4月4日、ニューヨークで行われた「レッスルコン」でペンタゴン・ジュニアと対戦。スパニッシュフライで勝利。同日、MLWのニューヨークシティ大会でエア・ウルフと対戦。丸めこまれてフォール負け。4月19日のインパクトの放送でイーライ・ドレイク、エディ・エドワーズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。合体のペンタゴンドライバーでドレイクに勝利。4月28日、オンタリオ州トロントでのPPV「リベリオン」でLAX(サンタナ、オーティス)を相手にタッグ王座の防衛戦。ラダーの上から机の上への合体パワーボムをペンタゴン・ジュニアがくらって敗れて王座転落。5月3日、インパクトの放送でエディ・エドワーズと対戦。ブラック・ファイヤー・ドライバーで勝利。5月25日、MGMグランドガーデンアリーナでのAEWの旗揚げ戦でペンタゴン・ジュニアと組んでヤングバックスのAAA世界タッグ王座に挑戦。24分48秒、メルツァドライバーにフェニックスが敗れた。6月16日、ペンタゴン・ジュニアと組んでヤングバックスを破りAAA世界タッグ王座を奪回。8月31日、AEWのイリノイ州シカゴ・シアーズ・センター大会でヤングバックスを相手にラダーマッチでAAA世界タッグ王座の防衛戦。21分、ベルトを獲得して勝利。9月15日、AAAのニューヨーク・Huluシアター大会でサンタナ、オーティズ組を相手にAAA世界タッグ王座の防衛戦。ペンタゴン・ジュニアのパッケージ・ドライバーとフェニックスのダイビング・フットスタンプの合体技でオーティズに勝利。9月20日、カリフォルニア州ロサンゼルスのグローブ・シアターで行われたPWGのバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でアラミスと対戦。ブラック・ファイヤー・ドライバーで勝利。9月21日、同会場での2回戦でジョーイ・ジャネラと対戦。スーパーキックに敗れた。10月19日、 ベラクルス州オリサバでのAAAの「エロエス・インモルタレス」でケニー・オメガを相手に防衛戦。片翼の天使に敗れて王座転落。11月20日、AEWのインディアナ州インディアナポリス大会でニック・ジャクソンと対戦。ブラック・ファイヤー・ドライバーで勝利。12月4日、AEWのイリノイ州シャンペーン大会でトレント・バレッタと対戦。ブラック・ファイヤー・ドライバーで勝利。

2020

20年2月19日、AEWのジョージア州アトランタ大会でペンタゴン・ジュニアと組んでケニー・オメガ、ハングマン・ペイジ組のAEWタッグ王座に挑戦。バックショット・ラリアットとVトリガーの合体技をフェニックスがくらって敗れた。5月20日、AEWの放送でオレンジ・キャシディと対戦。ダイヤモンドカッターで勝利。10月21日、AEWの放送でAEW王座挑戦者決定トーナメントに参戦し、1回戦でペンタゴン・ジュニアと対戦。カナディアン・デストロイヤーで勝利。怪我により準決勝は欠場し、代役でペンタゴン・ジュニアが進出した。11月11日、AEWの放送でペンタゴン・ジュニアと対戦。パッケージドライバーに敗れた。

2021

21年1月6日、AEWの放送でケニー・オメガのAEW世界王座に挑戦。片翼の天使に敗れた。2月24日、AEWの放送でランス・アーチャーと対戦。ブラックアウトに敗れた。3月7日、PPV「レボリューション」で15チーム参加のバトルロイヤルにPACと組んで優勝し、タッグ王座への挑戦権を獲得。3月10日、AEWの放送でマット・ジャクソンと対戦。ファイアーサンダードライバーで勝利。3月17日、AEWの放送でアンヘリコと対戦。ファイアーサンダードライバーで勝利。4月14日、AEWの放送でPACと組んでヤングバックスのAEW世界タッグ王座に挑戦。フェニックスがマスクを剥ぎとられ直後にダブルトラースキックに敗れた。9月5日、PPV「オール・アウト」でペンタ・セロ・ミエドと組んでヤングバックスのタッグ王座に金網マッチで挑戦。合体パッケージドライバーでニックに勝利。AEW世界タッグ王座を獲得した。10月8日、AEWの放送でアンソニー・ボーウェンス、マックス・キャスター組を相手にAEW世界タッグ王座の防衛戦。合体パッケージドライバーを決めてボーウェンスに勝利。10月16日、AEWの放送で謎のマスクマンのスーパーラナズを相手にAAA世界タッグ王座の防衛戦。試合途中でマスクを剥がすと正体はFTR(ダックス・ハーウッド、キャッシュ・ウィーラー)。フェニックスがムーンサルトアタックで飛んだところでハーウッドにAAA世界タッグ王座のベルトで殴打されて、ブレーンバスターに敗れ、王座転落。11月13日、PPV「フル・ギア」でFTRを相手にタッグ王座の防衛戦。合体パッケージドライバーでウィーラーに勝利。12月4日、AAAのヌエボレオン州モンテレイ大会(トリプレマニアレヒア)でペンタゴン・ジュニアと組んでFTRのAAA世界タッグ王座にラダーマッチで挑戦。ベルトを獲得されて敗れた。12月10日、AEWの放送でFTRを相手にタッグ王座の防衛戦。ペンタゴン・ジュニアのパッケージドライバー、フェニックスのダブルフットストンプの合体技でウォーラーに勝利。