レスラーノート

ジョナ・ロック

JONAH ROCK

1988年8月25日
オーストラリア・南オーストラリア州アデレード出身
180cm 125kg

タイトル歴
NXT北米王座
得意技
サモアンドロップ
ラリアット
TSUNAMI(ダイビング・ボディプレス)

ハートリー・ジャクソンの指導を受け、07年3月にデビュー。アデレードのスネークピット・プロで無差別級王座を獲得。オーストラリア各地で活躍。マイキー・ニコルスシェイン・ヘイストが参戦するEPWではTMDKのメンバーとして頭角を現す。

2013

13年1月22日、マイキー、シェインの推薦でノアに来日。ノアの合宿所に入寮。2月23日、ディファ有明大会で井上雅央と対戦。10分32秒、サモアンドロップで勝利。2月24日、グリーンドーム前橋大会でKENTAと対戦。11分18秒、go2sleepに敗れた。3月20日、アオーレ長岡アリーナ大会でマイバッハ谷口と対戦。12分1秒、マイバッハボムに敗れた。3月22日、東部フレンドホール大会でマイバッハ谷口と対戦。9分37秒、マイバッハプレスに敗れた。4月19日、テレピアホール大会でマイバッハ谷口と対戦。7分41秒、マイバッハプレスに敗れた。4月20日、ナスキーホール・梅田大会でモハメド・ヨネと対戦。8分52秒、キン肉バスターに敗れた。4月21日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でKENTAと対戦。10分20秒、go2sleepに敗れた。4月23日、高岡テクノドーム大会でカイル・セバスチャンと対戦。6分18秒、サモアンドロップで勝利。4月26日、栃木県総合文化センター・サブホール大会で森嶋猛と対戦。7分23秒、バックドロップに敗れた。

2014

14年1月、ノアに来日。1月22日、熊本市食品流通交流会館大会で中嶋勝彦と対戦。12分35秒、胴締めスリーパーホールドにレフリーストップ負け。2月3日、後楽園ホール大会で大日本プロレスの石川晋也と対戦。8分54秒、グラウンドコブラツイストにフォール負け。2月8日、後楽園ホール大会で高山善廣と対戦。4分55秒、ランニングニーリフトに敗れた。2月27日、豊田市柳川瀬体育館大会で齋藤彰俊と対戦。9分26秒、ランニング・スイクルデスに敗れた。

2015

15年1月、ノアに来日。1月10日、後楽園ホール大会でザック・セイバー・ジュニアと対戦。8分59秒、変型DDTで勝利。1月20日、薩摩川内市・サンアリーナせんだい大会でマイバッハ谷口と対戦。6分31秒、マイバッハプレスに敗れた。2月15日、清水マリンビル大会で北宮光洋と対戦。6分13秒、変型フェイスバスターで勝利。3月8日、新木場1stRING大会で北宮と対戦。6分38秒、フェイスバスターで勝利。

2017

17年9月1日、カリフォルニア州レセダでPWG主催の「バトル・オブ・ロサンゼルス」に出場。1回戦でザック・セイバー・ジュニアと対戦。アームバーに敗れた。10月20日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でキース・リーと対戦。グラウンド・ゼロに敗れた。10月21日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でアダム・ブルックスと対戦。ブレーンバスターで勝利。

2018

18年3月23日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でジェフ・コブと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。4月20日、PGWのカリフォルニア州レセダ大会でジョーイ・ジャネラと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。4月21日、PGWのカリフォルニア州レセダ大会のメインでウォルター、PGW王者のキース・リーを相手に3WAYでの王座戦。ウォルターがラリアットでリーに勝利したため王座奪取に失敗した。5月25日、PGWのカリフォルニア州レセダ大会でティモシー・サッチャーと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。8月18日、MCWのオーストラリア・メルボルン大会のメインで内藤哲也と対戦。16分57秒、デスティーノに敗れた。9月15日、カリフォルニア州ロサンゼルスで行われた「バトル・オブ・ロサンゼルス」に参戦し、1回戦でサミー・ゲバラと対戦。ギロチンチョークで勝利。9月16日、2回戦でウォルターと対戦。パワーボムに敗れた。

2019

19年2月11日、WWEと契約。ブロンソン・リードに改名。6月12日、NXTのフロリダ州ウィンターパーク・フルセイル大学大会でNXTブレイクアウトトーナメントに参戦し、1回戦でデクスター・ルミスと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。6月13日、NXTのフロリダ州ウィンターパーク・フルセイル大学大会での準決勝でキャメロン・グライムスと対戦。ダブルフットスタンプに敗れた。8月15日、NXTのフロリダ州ウィンターパーク・フルセイル大学大会でシェイン・ソーンと対戦。ランニングブートに敗れた。10月16日、NXTの放送でマット・リドルと対戦。ブロ・デリックに敗れた。10月30日、NXTの放送でシェイン・ソーンと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。11月13日、NXTの放送でアイザイア・スコットと対戦。後頭部へのキックに敗れた。12月25日、NXTの放送でドミニク・ダイジャコビッチと対戦。チョークボムに敗れた。

2020

20年2月12日、NXTの放送でロデリック・ストロングと対戦。ジャンピングニーに敗れた。2月26日、NXTの放送でキリアン・デインと対戦。ベイダーボムに敗れた。6月3日、NXTの放送でキャメロン・グライムスと対戦。ケイブインに敗れた。6月17日、NXTの放送でレオン・ラフと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。6月24日、NXTの放送でカリオン・クロスと対戦。クロスジャケットに敗れた。7月8日、NXTの放送でトニー・ニースと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。8月5日、NXTの放送でシェイン・ソーンと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。8月12日、NXTの放送でダミアン・プリーストと対戦。ジャックナイフ式エビ固めでフォール勝ち。9月1日、NXTの放送でティモシー・サッチャーと対戦。フジワラアームバーに敗れた。9月8日、NXTの放送でオースティン・セオリーと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。10月21日、NXTの放送でオースティン・セオリーと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。セオリーに要求されて再試合を行ない、サモアンドロップで勝利。12月23日、NXTの放送でアシャンテ・アドニスと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。12月30日、NXTの放送でアイザイア・キャシディと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。

2021

21年1月20日、NXTの放送でタイラー・ラストと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。1月27日、NXTの放送でアイザイア・スコットと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。3月3日、NXTの放送でキャメロン・グライムスと対戦。ケイブインに敗れた。3月24日、NXTの放送でLAナイトと対戦。フロッグスプラッシュで勝利。4月8日、NXTテイクオーバー:スタンド&デリバーでジョニー・ガルガノのNXT北米王座に挑戦。ワンファイナルビート(スリングショットDDT)2連発に敗れた。4月8日、NXTテイクオーバー:スタンド&デリバーでジョニー・ガルガノのNXT北米王座に挑戦。スリングショットDDTに敗れた。4月27日、NXTの放送でオースティン・セオリーと対戦。オースティン・セオリーと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。5月18日、NXTの放送でジョニー・ガルガノのNXT北米王座に金網マッチで挑戦。ツナミスプラッシュで勝利。NXT北米王座を獲得した。6月29日、NXTの放送で. アイザイア・スコットを相手に防衛戦。450°スプラッシュに敗れて王座転落。7月27日、NXTの放送でアダム・コールと対戦。ラストショットに敗れた。8月6日、WWEを離脱。WWE離脱後はジョナに改名。11月13日、新日本プロレスのカリフォルニア州サンノゼ大会で突如現れ、ジュース・ロビンソンを襲撃。11月20日、インパクトのPPV「ターニングポイント」でジョシュ・アレキサンダーを襲撃。12月2日、インパクトの放送でジャイ・ヴィダルと対戦。ダイビング・ボディプレスで勝利。12月4日、新日本プロレスのアメリカでのTVマッチでジョナの名で出場し、ルーカス・ライリーと対戦。6分1秒、TSUNAMIで勝利。

2022

22年1月8日、インパクトのPPV「ハード・トゥ・キル」でジョシュ・アレキサンダーと対戦。アンクルロックに敗れた。1月13日、インパクトの放送でラジャ・シンと対戦。ツナミで勝利。1月15日、(収録日は12月9日)、新日本プロレスのアメリカでのTVマッチでデビッド・フィンレーと対戦。8分20秒、TSUNAMIで勝利。1月27日、インパクトの放送でジョニー・スウィンガーと対戦。ツナミで勝利。1月29日、カリフォルニア州ロサンゼルスのグローブ・シアターで行われたPWGのバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でバディ・マシューズと対戦。カーブストンプに敗れた。2月3日、インパクトの放送でクレイジー・スティーブと対戦。ツナミで勝利。2月19日、インパクトのPPV「ノーサレンダー」でブラック・タウラスと対戦。ツナミで勝利。2月24日、インパクトの放送でジッキー・ダイスと対戦。パワーボムで勝利。3月3日、インパクトの放送でジョニー・スウィンガーと対戦。ツナミで勝利。3月5日、インパクトのPPV「サクリファイス」でPCOと対戦。ツナミで勝利。3月17日、インパクトの放送でジッキー・ダイスと対戦。ツナミで勝利。3月31日、GCWのテキサス州ダラス大会でジョシュ・バーネットを相手にフォール決着なしのノーロープマッチ。アンクルロックに敗れた。4月14日、インパクトの放送でPCOと対戦。ツナミで勝利。4月23日、PPV「リベリオン」で石井智宏と対戦。垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。5月7日(収録は4月1日)、新日本プロレスのアメリカでのTVマッチでブレイク・クリスチャンと対戦。6分56秒、ツナミで勝利。5月5日、インパクトの放送でPCOとモンスターボールマッチ。PCOサルトに敗れた。5月14日、新日本プロレスのワシントンDC・エンターテイメント&スポーツアリーナ大会でマイキー・ニコルス、シェイン・ヘイスト、バッド・デュード・ティトと組んでジェフ・コブ、アーロン・ヘナーレ、カイル・フレッチャー、マーク・デイビス組と対戦。12分9秒、サンダーバレーを決めてニコルスがフレッチャーにフォール勝ち。5月27日、HOGのニューヨーク・クイーンズ・NYCアリーナ大会でHOG世界ヘビー級王座決定トーナメントに参戦し、1回戦でジェフ・コブと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。5月28日、ウォリアーのイリノイ州コリンズビル大会でジェフ・コブと対戦。17分48秒、ジャックナイフ式エビ固めにフォール負け。6月25日、HOGの大会での2回戦でジェイコブ・ファトゥと対戦。ムーンサルトプレスに敗れた。7月9日、新日本プロレスのアメリカでのTVマッチでテイラー・ラストと対戦。12分50秒、トーピードで勝利。7月16日から始まった新日本プロレスのG1クライマックスに参戦。7月17日、北海道立総合体育センター大会で矢野通と対戦。9分1秒、リングアウト負け。7月30日、愛知県体育館大会でトム・ローラーと対戦。11分32秒、トーピード(ダイビング・ボディプレス)で勝利。8月5日、アイテムえひめ大会でジェフ・コブと対戦。14分50秒、トーピードで勝利。8月7日、大阪府立体育会館大会でオカダ・カズチカと対戦。21分53秒、トーピードで勝利。8月9日、広島サンプラザホール大会でランス・アーチャーと対戦。12分43秒、リングアウト負け。8月16日、日本武道館大会でファレと対戦。9分13秒、トーピードで勝利。リーグ戦は4勝2敗に終わった。9月のシリーズではTMDKのバッド・デュード・ティト、シェイン・ヘイストと共に活躍。10月10日、両国国技館大会でオカダ・カズチカと対戦。19分53秒、レインメーカーに敗れた。

2023

23年1月16日、RAWで戸澤陽と対戦。ツナミスプラッシュで勝利。1月30日、RAWでドルフ・ジグラーと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。2月13日、RAWでムスタファ・アリと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。2月20日、RAWでチャド・ゲイブルと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。3月13日、RAWでアライアスと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。4月10日、RAWでボビー・ラシュリーと対戦。両者リングアウト。4月17日、RAWでラシュリー対オースティン・セオリー戦に乱入してノーコンテストに終わらせた。5月22日、RAWでリコシェと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。5月29日、RAWで中邑真輔と対戦。キンシャサに敗れた。6月12日、RAWでリコシェと対戦。リングサイドにいた中邑へリコシェを投げつけ、リコシェをリングに戻してツナミスプラッシュを狙ったところで中邑に蹴られて反則勝ち。6月19日、RAWで中邑真輔と対戦。ツナミスプラッシュで勝利。7月24日、RAWでトマソ・チャンパと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。8月7日、RAWで中邑真輔と対戦。キンシャサに敗れた。8月28日、RAWでトマソ・チャンパと対戦。十字架固めにフォール負け。9月18日、RAWでチャド・ゲイブルと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。9月25日、RAWでオーティスと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。10月2日、RAWでセドリック・アレキサンダーと対戦。ツナミスプラッシュで勝利。10月16日、RAWでグンターのインターコンチネンタル王座に挑戦。ダイビング・ボディプレスからのパワーボムに敗れた。10月23日、RAWで戸澤陽と対戦。ツナミスプラッシュで勝利。11月27日、RAWでアイバーと対戦。両者リングアウト。12月11日、RAWでアイバーと対戦。雪崩式ブレーンバスターで勝利。