レスラーノート

コルト・カバナ

COLT CABANA

本名:スコット・コルトン
1980年5月6日
イリノイ州ディアフィールド出身
185cm 106kg

タイトル歴
IWCスーパーインディー
ROH世界タッグ
OVW・TV
OVW南部タッグ
NWA世界ヘビー
NWAナショナルヘビー
ブリティッシュ・ヘビー
IWAミッドサウスヘビー
得意技
シカゴクラブ(逆エビ固め)
ビリー・ゴーツ・カース
シカゴスカイライン(ファイヤーマンズキャリーでかつぎコーナーポストに落下させる)

スティールドメインレスリングスクールに入門。同期生としてCMパンクがいた。 99年6月19日、コルト・カバナの名でデビュー。 01年11月22日、IWAミッドサウスのインディアナ州チャールズタウン大会でCMパンクと30分アイアンマッチ。場外のテーブルへのみちのくドライバーをくらってフォール負け。0対1で敗れた。

2002

02年3月8日、IWAミッドサウスのオハイオ州デイトン大会でCMパンクのIWAミッドサウスヘビー級王座に挑戦。丸めこまれてフォール負け。3月22日、IWCのペンシルベニア州モンロービル大会でクリストファー・ダニエルズと対戦。エンジェルズ・ウイングに敗れた。4月19日、IWAミッドサウスのオハイオ州デイトン大会でエディ・ゲレロ、ヘビー級王者のCMパンクと3WAYでの王座戦。カバナが丸めこんでパンクにフォール勝ち。IWAミッドサウスヘビー級王座を獲得した。5月3日、IWAミッドサウスのインディアナ州インディアナポリス大会でCMパンク、クリス・ヒーローを相手に3WAYでの防衛戦。パンクがラ・マヒストラルでヒーローにフォール勝ち。丸めこんでパンクにフォール勝ち。5月4日、IWAミッドサウスのオハイオ州デイトン大会でCMパンクを相手に30分アイアンマッチで防衛戦。8対6で勝利。7月12日、IWAミッドサウスのインディアナ州クラークスビル大会でクリス・ヒーローに敗れて王座転落。12月7日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でCMパンクと対戦。コルト45で勝利。12月28日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でROHとの契約をかけてCMパンクと対戦。ペプシ・プランジ(雪崩式ペディグリー)に敗れた。

2003

03年5月10日、IWCのペンシルベニア州ホワイト・オーク大会での王座決定戦でマット・ストライカーを破りIWCスーパーインディー王座を獲得。7月、ZERO1に初来日。8月29日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会で初代PWG王座決定トーナメント「バッド・アス・マザー3000」に参戦し、1回戦でMドッグ20と対戦。コルト45で勝利。8月30日、PWGのカリフォルニア州シティ・オブ・インダストリー大会での2回戦でスーパー・ドラゴンと対戦。ドラゴンスープレックスに敗れた。9月3日、ROHのマサチューセッツ州ウェイクフィールド大会でジミー・レイヴと対戦。コルト45で勝利。10月16日、ROHのメリーランド州グレン・バーニー大会でBJホイットマーと対戦。丸めこんでフォール勝ち。11月1日、ROHのニュージャージー州エリザベス大会でダン・マフと対戦。バーニングハンマーに敗れた。11月15日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でアダム・ピアースと対戦。丸めこまれてフォール負け。12月12日、IWCのペンシルベニア州ジョンズタウン大会でAJスタイルズを相手に防衛戦。丸めこんでフォール勝ち。12月27日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でCMパンクと組んで本間朋晃、宮本和志組と対戦。パンクがペプシ・プランジ(雪崩式ペディグリー)で本間に勝利。

2004

04年3月20日、IWCのペンシルベニア州ウェスト・ミフリン大会でAJスタイルズに敗れて王座転落。3月27日、PWGのカリフォルニア州サンタアナ大会でバビ・スリムと対戦。乱入したアダム・ピアースのパンチからロープに足をかけての片エビ固めでフォール勝ち。4月23日、ROHのミネソタ州セント・ポール大会でBJホイットマーと対戦。雪崩式リストクラッチ式エクスプロイダーに敗れた。ROHではCMパンクとチーム「セカンド・シティ・セインツ」を結成し、タッグで活躍。4月24日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でCMパンクと組んでブリスコブラザーズのROHタッグ王座に挑戦。パンクがペプシ・プランジでマークに勝利。ROHタッグ王座を獲得した。5月15日、ROHのマサチューセッツ州レキシントン大会でダン・マフ、BJホイットマー組を相手にタッグ王座の防衛戦。ホイットマーのリストクラッチ式エクスプロイダーにカバナが敗れて王座転落。同日、パンクと組んでブリスコブラザーズのROHタッグ王座に挑戦(同大会中にタイトルが移動していた)。カバナがフロッグスプラッシュでマークに勝利。ROHタッグ王座をその日のうちに奪回した。5月22日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でダン・マフ、BJホイットマー組を相手にタッグ王座の防衛戦。パンクがペプシ・プランジでホイットマーに勝利。6月24日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でトレント・アシッドとサバイバル・オブ・ザ・フィッテスト予選試合。丸めこんでフォール勝ち。同大会のメインでサモア・ジョー、ブライアン・ダニエルソン、ホミサイド、オースチン・エイリース、マーク・ブリスコとサバイバル・オブ・ザ・フィッテスト決勝。カバナがトップロープ越えのサンセット・フリップでジョーに勝利。マークのシューティングスタープレスにカバナが敗れた。試合はダニエルソンが勝利した。7月23日、ROHのウィスコンシン州ウォーワトサ大会でブリスコブラザーズを相手に3本勝負でタッグ王座の防衛戦。1本目はジェイのジェイ・ドリラーにパンクが敗れた。2本目はパンクが場外で倒れて一度も試合に出なかったが、カバナが丸めこんでジェイにフォール勝ち。3本目はパンクがペプシ・プランジでマークに勝利。7月24日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でサモア・ジョーのROH世界王座に挑戦。マッスルバスターに敗れた。8月7日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でリッキー・レイエス、ロッキー・ロメロ組を相手にタッグ王座の防衛戦。ロメロに丸めこまれてカバナがフォール負けして王座転落。8月14日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でフランキー・カザリアンのPWG王座に挑戦。ウェーブ・オブ・ザ・フューチャーに敗れた。8月28日、ROHのマサチューセッツ州ブレーンツリー大会でオースチン・エイリースと対戦。アームバーに敗れた。12月18日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でスパンキーと対戦。丸めこんでフォール勝ち。

2005

05年1月15日、ROHのマサチューセッツ州ケンブリッジ大会でオースチン・エイリースのROH世界王座に挑戦。垂直落下式ブレーンバスターからの450°スプラッシュに敗れた。1月22日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でトニー・ストラドリンと対戦。丸めこまれてフォール負け。2月19日、ROHのニュージャージー州エリザベス大会でオースチン・エイリースのROH世界王座に金網マッチで挑戦。先に金網を脱出されて敗れた。2月25日、ROHのオハイオ州デイトン大会でナイジェル・マッギネスと対戦。丸めこんでフォール勝ち。3月12日、ROHのコネチカット州ウッドブリッジ大会でデリリアスと対戦。ハイジャック・バックブリーカーの体勢で回転しながら落としてフォール勝ち。同日、ナイジェル・マッギネスと組んでダン・マフ、BJホイットマー組のROHタッグ王座に挑戦。ホイットマーのリストクラッチ式エクスプロイダーにカバナが敗れた。5月7日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でナイジェル・マッギネスと対戦。ビクトリーロールにフォール負け。5月14日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でナイジェル・マッギネスと対戦。急所蹴りからのスモールパッケージホールドにフォール負け。6月12日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でジミー・レイヴと対戦。丸めこんでフォール勝ち。6月18日、ROHのニュージャージー州モリスタウン大会でサモア・ジョーのROHピュア王座に挑戦。腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。7月8日、ROHのニューヨーク州ロングアイランド大会でクリストファー・ダニエルズと対戦。ベスト・ムーンサルト・エバーに敗れた。7月9日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でナイジェル・マッギネスと3分1Rで対戦。5R、丸めこまれてフォール負け。8月12日、ROHのオハイオ州デイトン大会でスパンキーと対戦。丸めこんでフォール勝ち。8月13日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でCMパンクと3本勝負で対戦。1本目はコルト45に敗れた。2本目はラリアットで勝利。3本目は丸めこんでフォール勝ち。パンクはこの試合を最後にROHを離脱してWWEに入団した。8月20日、ROHのニュージャージー州モリスタウン大会でナイジェル・マッギネスと対戦。ラリアットで勝利。8月27日、ROHのニューヨーク州ウィリアムズビル大会でジェームス・ギブソンのROH世界王座に挑戦。ギロチンチョークに敗れた。9月17日、ROHのニューヨーク州レイクグローブ大会でホミサイドと対戦。イス攻撃をくらって反則勝ち。9月24日、ROHのマサチューセッツ州ドーチェスター大会でリッキー・レイエスとサバイバル・オブ・ザ・フィッテスト予選試合。ラリアットで勝利。同日の決勝でリーサル、ストロング、エイリース、ジョー、ダニエルズと6WAYマッチ。ダニエルズのベスト・ムーンサルト・エバーからストロングが押さえこんでジョーにフォール勝ち。エイリースが丸めこんでダニエルズにフォール勝ち。エイリースの垂直落下式ブレーンバスターからロドリックがリーサルにフォール勝ち。ストロングのパイルドライバーにカバナが敗れた。試合はストロングの勝利に終わった。10月1日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でクラウディオ・カスタニョーリと対戦。リコラボムに敗れた。10月2日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でジャック・エバンスと対戦。630°スプラッシュをかわしてラリアットで勝利。10月15日、ROHのニューヨーク州バッファロー大会でロウ・キーと対戦。ゲットースタンプに敗れた。10月29日、ROHのコネチカット州ウッドブリッジ大会でB−BOYと対戦。ラリアットで勝利。11月19日、ROHのニューヨーク州ロングアイランド大会でホミサイドとノーDQマッチ。ハンガーを使って首を絞められてレフリーストップ負け。12月3日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でミラノ・コレクションA.T.と組んでトニー・ママルーク、サル・リノーロ組のROHタッグ王座に挑戦。2人がかりのDDTにミラノが敗れた。12月16日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でスコーピオ・スカイと対戦。試合中にスコーピオが左膝を負傷。スピニング・トーホールドで固めてから両肩を押さえこんでフォール勝ち。12月17日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でアズリアルと対戦。ラリアットで勝利。

2006

06年1月、ZERO1−MAXに来日。1月22日、後楽園ホール大会でGammaと組んで田中将斗、佐々木義人組と対戦。12分38秒、カバナがコルト45で佐々木に勝利。1月24日、熊谷市民体育館大会でスティーブ・コリノと組んで大谷晋二郎、高岩竜一組と対戦。18分26秒、カバナがレイクショートドライブで高岩に勝利。1月25日、牛久運動公園体育館大会でスティーブ・コリノと組んで大森隆男、神風組と対戦。14分51秒、カバナがコルト45で神風に勝利。1月26日、新木場1stRING大会でGENTAROと組んで佐々木義人、浪口修組と対戦。16分54秒、カバナがコルト45で浪口に勝利。2月4日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でアレックス・コズロフと対戦。丸めこんでフォール勝ち。2月11日、ROHのニューヨーク州ロングアイランド大会でグリム・リーファーと対戦。ラリアットで勝利。2月25日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でホミサイドと対戦。キャメルクラッチに敗れた。直後に再試合を要求。顔面にイスを投げつけられて敗れた。直後に再試合を要求。場外のテーブルへのパイルドライバーに敗れた。3月、ZERO1−MAXに来日。3月21日、札幌テイセンホール大会で神風と対戦。10分34秒、コルト45で勝利。3月28日、後楽園ホール大会でスティーブ・コリノと対戦。13分39秒、ピンクラッチにフォール負け。3月30日、ROHのミシガン州デトロイト大会でホミサイドとフォールズカウントエニウェアマッチを行ない敗れた。4月1日、ROHのイリノイ州シカゴリッジ大会でホミサイドとストリートファイトマッチ。コルト45で勝利。4月22日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でブライアン・ダニエルソンのROH世界王座に挑戦。丸めこまれてフォール負け。4月28日、ROHのオハイオ州デイトン大会でジミー・ジェイコブスと対戦。パワーボムで勝利。5月6日、 PWGのカリフォルニア州ラ・ハブラ・ハイツ大会でヒューマン・トルネードと対戦。丸めこまれてフォール負け。5月13日、ROHのニュージャージー州エジソン大会で菊タローと対戦。パワーボムで勝利。6月17日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でナイジェル・マッギネスと組んでオースチン・エイリース、ロデリック・ストロング組のROH世界タッグ王座に挑戦。ストロングのストロングホールドにマッギネスが敗れた。6月24日、ROHのイリノイ州シカゴリッジ大会でブライアン・ダニエルソンのROH世界王座に挑戦。丸めこまれてフォール負け。7月16日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でトップガン・タルワールと対戦。ツームストン・パイルドライバーの体勢でベアハッグのように絞めあげて勝利。7月28日、ROHのオハイオ州デイトン大会でナイジェル・マッギネスのROHピュア王座に挑戦。リングアウト負け。8月4日、ROHのニューヨーク州ロングアイランド大会でクラウディオ・カスタニョーリと対戦。丸めこんでフォール勝ち。8月5日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でサル・リノーロと対戦。シカゴクラブで勝利。8月12日、ROHのイギリス・リバプール大会でクリス・ヒーローと対戦。コルト45で勝利。8月26日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でブライアン・ダニエルソンのROH世界王座に3本勝負で挑戦。1本目はコルト45で勝利。2本目はローブローからの丸めこみにフォール負け。3本目は時間切れ引き分けに終わった。9月1日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でクリス・セイビンと対戦。ジャパニーズ・レッグロール・クラッチにフォール負け。9月29日、IWAミッドサウスのイリノイ州ミドロジアン大会でテッド・ペリー・インビテイショナルに参戦し、1回戦でマイク・クアッケンブッシュと対戦。クアッケンドライバー3に敗れた。10月6日、ROHのオハイオ州クリーブランド大会でジミー・ジェイコブスと組んでクリス・ヒーロー、クラウディオ・カスタニョーリ組のROH世界タッグ王座に挑戦。合体技のヒーローズ・ウェルカム・キング・オブ・レスリング・エディションにカバナが敗れた。11月3日、ROHのマサチューセッツ州ブレーンツリー大会でジミー・レイヴと対戦。シカゴクラブで勝利。11月17日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でピーティ・ウイリアムスと対戦。シカゴクラブで勝利。11月18日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でクリストファー・ダニエルズと対戦。丸めこまれてフォール負け。12月8日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でジミー・ジェイコブスと対戦。セコンドのレイシーのパウダー攻撃をくらって反則勝ち。12月22日、ROHのコネチカット州ハートフォード大会でブレント・オルブライトと対戦。丸めこんでフォール勝ち。

2007

07年1月13日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でロッキー・ロメロと対戦。丸めこまれてフォール負け。2月24日、ROHのイリノイ州シカゴ大会でジミー・ジェイコブスとウィンディシティデスマッチ。コルト45で勝利。3月4日、ROHのイギリス・リバプール大会でデリリアスと対戦。スクールボーイにフォール負け。3月10日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でカール・アンダーソンと対戦。スパインバスターからの逆エビ固めに敗れた。4月7日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会で、大会開始時に欠場が発表されたが、マット・クラシックとして登場し、菊タローと対戦。丸めこまれてフォール負け。4月14日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でダグ・ウイリアムスと対戦。カオスセオリー・スープレックスに敗れた。4月28日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でアダム・ピアースと対戦。シカゴクラブで勝利。その後、WWEと契約。2軍団体のOVWに登場。OVW・TV王座、OVW南部タッグ王座を獲得。同年、2軍団体のFCWに移籍。

2008

08年8月、スコッティ・ゴールドマンの名でWWEのスマックダウンに登場。コミカルなキャラクターで活躍。

2009

09年2月、WWEを離脱。その後はコルト・カバナの名でインディ団体を転戦。2月21日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でヒューマン・トルネード、PWG世界王者のクリス・ヒーローと3WAYマッチでの王座戦。ヒーローのヤクザキックにトルネードが敗れたため王座奪取に失敗した。4月3日、ROHのテキサス州ヒューストン大会でディーロ・ブラウンと対戦。ブラスナックルをつけて殴られフォール負け。4月4日、ROHのテキサス州ヒューストン大会でエース・スティールと対戦。ビリー・ゴーツ・カースで勝利。4月12日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会(100回目の大会)でPWG世界王座に挑戦。ローリング・エルボーに敗れた。4月18日、ROHのカナダ・マーカム大会でクラウディオ・カスタニョーリと対戦。丸めこんでフォール勝ち。4月24日、ROHのオハイオ州デイトン大会でクリス・ヒーローと対戦。ビリー・ゴーツ・カースで勝利。4月25日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でジェリー・リンのROH世界王座に挑戦。クレイドル・パイルドライバーに敗れた。5月9日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でジョーイ・ライアンと対戦。ビリー・ゴーツ・カースで勝利。6月26日、ROHのミシガン州デトロイト大会でディーロ・ブラウンと対戦。レフリーの死角をついてゴングで殴ってフォール勝ち。7月25日、ROHのカナダ・トロント大会でジョーイ・ライアンとノーDQマッチ。イス攻撃からフォール勝ち。7月31日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でチャック・テイラーと対戦。ロープをつかんで押さえこまれてフォール負け。8月28日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でスコット・ロストと対戦。ビッグ・ファット・キルに敗れた。9月17日、AIWのオハイオ州サンダスキー大会でジミー・デマルコのAIWアブソルート王座に挑戦。丸めこまれてフォール負け。9月19日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でクラウディオ・カスタニョーリと対戦。股間のカップをレフリーに放り投げ、あわててそれを捨てるレフリーの死角をついてローブローを決めてフォール勝ち。10月10日、ROHのインディアナ州インディアナポリス大会でケビン・スティーンとサバイバル・オブ・ザ・フィッテスト予選試合。スワントーンボムを膝を立てて防いだ直後にフォール勝ち。同日の決勝でロデリック・ストロング、タイラー・ブラック、クラウディオ・カスタニョーリ、クリス・ヒーロー、デリリアスとイリミネーションマッチ。 カバナが丸めこんでカスタニョーリにフォール勝ち。デリリアスに丸めこまれて2人目の脱落者となった(試合はタイラーの勝利)。11月20日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でジョーイ・ライアンと対戦。スーパーキックに敗れた。12月5日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でオースチン・エイリースのROH世界王座に金網マッチで挑戦。ヒップアタックを決めたが金網が壊れて脱出されて敗れた。12月18日、ROHのバージニア州マナッサス大会でクリス・ヒーローと対戦。ランニング・エルボーに敗れた。

2010

10年2月5日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でTV王座決定トーナメントに参戦し、1回戦でエディ・エドワーズと対戦。逆片エビ固めに敗れた。2月13日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でケビン・スティーンと対戦。スティーブ・コリノが乱入して反則勝ち。3月20日、ROHのカナダ・ミシサガ大会でスティーブ・コリノと対戦。ケビン・スティーンが乱入して反則勝ち。5月7日、ROHのバージニア州マナッサス大会でケニー・キングと対戦。ケビン・スティーンが乱入してカバナと殴り合いを始めてノーコンテスト。5月8日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でケビン・スティーンとラストマンスタンディングデスマッチを行ない、敗れた。6月18日、ROHのニューヨーク州ハンバーグ大会でショーン・デバリと対戦。ビリー・ゴーツ・カースで勝利。7月22日、ROHのケンタッキー州ルイビル大会でクリス・ヒーローと対戦。丸めこんでフォール勝ち。7月23日、ROHのイリノイ州コリンズビル大会でロデリック・ストロングと対戦。ジャンピング・ビッグブートに敗れた。8月28日、ROHのノースカロライナ州シャーロット大会でエディ・エドワーズと対戦。丸めこまれてフォール負け。9月10日、ROHのマサチューセッツ州プリマス大会でエル・ジェネリコと組んでクラウディオ・カスタニョーリ、クリス・ヒーロー組のROH世界タッグ王座に挑戦。ヒーローの後頭部へのエルボーとカスタニョーリのヨーロピアン・アッパーを同時にくらってカバナが敗れた。10月15日、ROHのオハイオ州デイトン大会でアンディ・リッジと対戦。ビリー・ゴーツ・カースで勝利。10月16日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でスティーブ・コリノとアイ・クイットマッチ。テーブルの破片を顔に押しつけて勝利。11月12日、ROHのミシガン州ディアボーン大会でサバイバル・オブ・ザ・フィッテスト予選試合でレット・タイタスと対戦。丸めこまれてフォール負け。12月17日、ROHのマサチューセッツ州プリマス大会でマイク・ベネットと対戦。丸めこまれてフォール負け。12月18日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でTJパーキンスと対戦。丸めこんでフォール勝ち。

2011

11年1月14日、ROHのバージニア州リッチモンド大会でカプリス・コールマンと対戦。丸めこんでフォール勝ち。1月15日、ROHのノースカロライナ州シャーロット大会でグリズリー・レッドウッドと対戦。ビリー・ゴーツ・カースで勝利。1月28日、ROHのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でジェイ・ブリスコと対戦。ジェイ・ドリラーに敗れた。2月26日、ROHのイリノイ州シカゴ大会でデイビー・リチャーズと対戦。腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。3月6日、カリフォルニア州ハリウッドでアダム・ピアースを破り、NWA世界ヘビー級王座を獲得した。4月2日、ROHのジョージア州アトランタ大会でデイブ・テイラーと対戦。丸めこんでフォール勝ち。4月16日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でアーチバルド・ペックと対戦。ダイビング・ヘッドバットに敗れた。5月6日、ROHのミシガン州ディアボーン大会でクリストファー・ダニエルズと対戦。エンジェルズ・ウイングに敗れた。5月7日、ROHのカナダ・トロント大会でデリリアスと対戦(ラリー・スウィーニー追悼試合)。12ラージ・エルボーで勝利。5月21日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でクリストファー・ダニエルズと対戦。シカゴスカイラインで勝利。6月24日、CHIKARAのイリノイ州シカゴ大会でエディ・キングストンと対戦。バックフィスト・トゥ・ザ・フューチャーに敗れた。6月26日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でトマソ・チャンパと対戦。ラン・ブローラーに敗れた。7月8日、ROHのバージニア州リッチモンド大会でエル・ジェネリコと組んでシェルトン・ベンジャミン、チャーリー・ハース組のROH世界タッグ王座に挑戦。ベンジャミンのペイダートにカバナが敗れた。7月9日、ROHのノースカロライナ州シャーロット大会でクリス・ヒーローと対戦。ローリング・ヤクザキックに敗れた。11月13日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でアーチバルド・ペックと対戦。コルトカバニーのバトン攻撃からフォール勝ち。

2012

12年2月25日、CHIKARAのペンシルベニア州レディング大会でコバルドと対戦。ビリー・ゴーツ・カースで勝利。2月26日、CHIKARAのニューヨーク州ディアーパーク大会でウルトラマンティス・ブラックと対戦。丸めこまれてフォール負け。4月8日、アダム・ピアースを破り、NWA世界ヘビー級王座2度目の獲得。4月11日からエディ・エドワーズと組んでノアのグローバルタッグリーグ戦に参戦。リーグ戦を2勝4敗1引き分けで終えた。5月20日、CHIKARAのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でダッシャー・ハットフィールドと対戦。スーサイド・スクイーズに敗れた。6月22日、AAWのイリノイ州バーウィン大会でメイソン・ベックと対戦。ビリー・ゴーツ・カースで勝利。8月17日、CHIKARAのウィスコンシン州ミルウォーキー大会でマイク・クアッケンブッシュと対戦。CHIKARAスペシャルに敗れた。9月21日、AAWのイリノイ州バーウィン大会でジェシー・エマーソンと対戦。go2sleepで勝利。12月29日、AAWのイリノイ州バーウィン大会でシェイン・ホリスターと対戦。丸めこまれてフォール負け。

2013

13年1月、ノアに来日。1月14日、イコス上尾大会で井上雅央と対戦。9分21秒、逆さ押さえ込みでフォール勝ち。1月17日、テレピアホール大会でモハメド・ヨネと対戦。11分9秒、キン肉バスターに敗れた。1月19日、松山市総合コミュニティセンター大会でKENTAと対戦。12分26秒、go2sleepに敗れた。1月20日、博多スターレーン大会で小川良成と対戦。9分35秒、横入り式回転エビ固めでフォール勝ち。1月22日、伊佐市体育センター大会で丸藤正道と対戦。13分9秒、横入り式回転エビ固めでフォール勝ち。1月23日、サンアリーナせんだい大会で小峠篤司と対戦。8分39秒、カバナスペシャルで勝利。3月31日、RPWのケント・シッチングボーン大会でシャ・サミュエルズを破りブリティッシュ・ヘビー級王座を獲得。12月28日、AAWのイリノイ州ベルウィン大会でトゥイーク・フェニックスと対戦。ビリー・ゴーツ・カースで勝利。

2014

14年2月1日、CHIKARAのペンシルバニア州イーストン大会でドリュー・グラックと3本勝負で対戦。1本目はグロックに敗れた。2本目はビリー・ゴーツ・カースで勝利。3本目はキャメルクラッチで勝利。2月28日、AAWのイリノイ州ベルウィン大会でシェイン・ホリスターのAAWヘビー級王座に挑戦。ローブローから丸めこまれてフォール負け。3月15日、RPWのロンドン・ヨークホール大会でマーティ・スカルを相手に30分アイアンマッチで防衛戦。2対3で敗れて王座転落。4月5日、ルイジアナ州ニューオリンズでのレッスルコン・スーパーショーでジェフ・ジャレットと対戦。ストロークに敗れた。4月12日から始まったノアのグローバルタッグリーグ戦にクリス・ヒーローと組んで参戦。2勝4敗でリーグ戦を終えた。9月5日、AAWのオハイオ州クリーブランド大会でディック・ジャスティスと対戦。丸めこんでフォール勝ち。9月6日、AAWのオハイオ州クリーブランド大会でタイソン・デュークスと対戦。ガットバスターで勝利。10月18日から始まったノアのグローバルリーグ戦に参戦。10月21日、大阪府立体育会館第2競技場大会でGHC王者の丸藤と対戦。9分11秒、虎王の2連発に敗れた。10月23日、熊本市流通情報会館大会でシェイン・ヘイストと対戦。10分57秒、シカゴ・スカイラインで勝利。10月25日、佐世保市体育文化館大会で小島聡と対戦。10分14秒、ラリアットに敗れた。10月27日、大分イベントホール大会で中嶋勝彦と対戦。8分6秒、ダイヤモンドボムに敗れた。11月2日、長野市アークスセンター大会で関本大介と対戦。11分50秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。11月7日、新潟市体育館大会で森嶋猛と対戦。8分43秒、ヒップアタックをかわして首固めでフォール勝ち。11月8日、後楽園ホール大会で齋藤彰俊と対戦。6分、カバナ固めで勝利。リーグ戦は3勝4敗に終わった。12月26日、AIWのオハイオ州クリーブランド大会でルイス・リンドンと対戦。ドラゴンスリーパーに敗れた。

2015

15年4月19日から始まったノアのグローバルタッグリーグ戦にクリス・ヒーローと組んで参戦。リーグ戦を3勝2敗で終えた。6月19日、後楽園ホール大会でヒーローと組んでランス・アーチャーデイビーボーイ・スミス・ジュニア組のGHCタッグ王座に挑戦。15分50秒、キラーボムをくらってアーチャーにヒーローがフォール負け。10月16日から始まったノアのグローバルリーグ戦に参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でシェルトン・X・ベンジャミンと対戦。10分6秒、ペイダートに敗れた。10月17日、ディファ有明大会で齋藤彰俊 、クワイエット・ストームと3WAYマッチ。5分8秒、カバナがカバナ固めでストームに勝利。10月18日、えすぽわーる伊佐沼大会で飯塚高史と対戦。7分5秒、アイアンフィンガー・フロム・ヘルをくらって反則勝ち。10月22日、北九州市立小倉北体育館大会でヨネと対戦。7分23秒、キン肉バスターに敗れた。10月26日、広島産業会館・東展示館大会で北宮光洋と対戦。9分24秒、シカゴスカイラインで勝利。10月29日、新宿FACE大会で鈴木みのると対戦。11分16秒、ゴッチ式パイルドライバーに敗れた。11月3日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で中嶋勝彦と対戦。10分31秒、シカゴスカイラインで勝利。11月6日、新潟市産業振興センター大会でマイバッハ谷口と対戦。7分4秒、スーパーマン(カバナ固め)でフォール勝ち。リーグ戦は4勝3敗に終わった。11月8日、後楽園ホール大会でデイビーボーイ・スミス・ジュニアと対戦。1分45秒、ランス・アーチャーが乱入して反則勝ち。直後にクリス・ヒーローと組んでスミス・ジュニア、アーチャー組とのタッグマッチが行われ、9分35秒、カバナがスーパーマン(カバナ固め)でスミス・ジュニアにフォール勝ち。12月23日、ノアの旗揚げ15周年記念大会となった大田区総合体育館大会でクリス・ヒーローと組んでアーチャー、スミス・ジュニア組のGHCタッグ王座に挑戦。17分49秒、ダブルインパクト式キラーボムをくらってアーチャーにヒーローがフォール負け。12月26日、AAWのイリノイ州メリオネットパーク大会でクリス・ヒーローと対戦。ローリングエルボーに敗れた。

2016

16年4月2日、ROHのテキサス州ダラス大会でROH王者のジェイ・リーサルとノンタイトルで対戦し、丸め込みでフォール勝ち。4月16日、HOHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でクリス・ヒーローと組んでランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミス・ジュニア組のGHCタッグ王座に挑戦。14分34秒、キラーボムをくらってスミス・ジュニアにヒーローがフォール負け。5月11日、カナダ・オンタリオ州トロントで行われたROHと新日本プロレスの合同興行でアダム・ペイジと対戦。7分16秒、スーパーマンでフォール勝ち。7月16日、ROHのペンシルバニア州フィラデルフィア大会でジェイ・リーサルのROH世界王座に挑戦。リーサル・インジェクションに敗れた。9月24日、ROHのジョージア州ダルース大会のメインでジェイ・リーサルを相手にリングマスターズ・チャレンジで対戦。1本目はピンフォール決着のみの試合となり、8分59秒、後方回転エビ固めにフォール負け。2本目はギブアップ決着のみの試合となり、6分2秒、シカゴクラブで勝利。3本目は30分アイアンマン・マッチで行われ、2対3で敗れた。10月14日、ROHのイリノイ州シカゴリッジ大会でマーク・ブリスコと対戦。シカゴ・スカイラインで勝利。10月15日、ROHのミシガン州ディアボーン大会でダルトン・キャッスルと組んでヤングバックスのROH世界タッグ王座に挑戦。メルツァードライバーにキャッスルが敗れた。11月4日、ROHのテキサス州サンアントニオ大会でクリス・セイビンと対戦。ローブローからのビリー・ゴーツ・カースで勝利。12月2日、ROHのニューヨーク大会でダルトン・キャッスルと対戦。バン・ア・ランに敗れた。12月16日、HOHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でムースと対戦。ディスカス・クローズラインに敗れた。12月4日、ROHのペンシルバニア州フィラデルフィア大会で世界王座次期挑戦者決定トーナメント「ディケイド・オブ・エクセレンス・トーナメント」に参戦し、1回戦でクリス・セイビンと対戦。丸めこまれてフォール負け。

2017

17年1月20日、AAWのイリノイ州メリオネット・パーク大会でアビスと対戦。ブラックホールスラムに敗れた。2月14日、DDT・野郎Zの新木場1stRING大会でアントーニオ本多と対戦。13分31秒、スーパーマンダイブで勝利。3月4日、ROHのニューヨーク大会でダルトン・キャッスルと対戦。バン・ア・ランに敗れた。5月6日、AAWのシカゴ大会でイーサン・ペイジと対戦。シカゴクラブで勝利。5月25日、AAWのイリノイ州ベルウィン大会でトレバー・リーと対戦。シカゴクラブを丸めこまれてフォール負け。7月15日、AAWのイリノイ州メリオネット・パーク大会でジョン・モリソンと対戦。ジ・エンド・オブ・ザ・ワールドに敗れた。10月15日、ROHのイリノイ州シカゴ大会で矢野通と対戦。スーパーマン・クラッチでフォール勝ち。12月24日、DDTの後楽園ホール大会で竹下幸之介のKO−D王座に挑戦。22分23秒、ロールスルージャーマンに敗れた。

2018

18年3月25日、DDTの両国国技館大会でジョーイ・ライアンと対戦。10分11秒、ビリー・ゴーツ・カースでフォール勝ち。

2019

19年1月12日、ROHのジョージア州アトランタ大会でチャッキーTと組んでブリスコブラザーズのROH世界タッグ王座に挑戦。ジェイのジェイ・ドリラーにチャッキーが敗れた。1月30日、新日本プロレスのカルフォルニア州ロサンゼルス・グローブシアター大会でシェーン・タイラーと対戦。10分22秒、エビ固めでフォール勝ち。2月10日、ROHのフロリダ州マイアミ大会でザック・セイバー・ジュニアと対戦。関節技に敗れた。2月22日、後楽園ホールでのROHと新日本プロレスの合同興行でチーズバーガー、デリリアスと組んで田口、矢野、真壁組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。10分16秒、矢野の横入り式エビ固めにデリリアスがフォール負け。3月11日、新日本プロレスの高松市総合体育館大会での「NEW JAPAN CUP」1回戦で真壁と対戦。7分26秒、スーパーマンでフォール勝ち。3月17日、後楽園ホール大会での2回戦で矢野通と対戦。7分47秒、スーパーマンでフォール勝ち。3月21日、アクトシティ浜松大会での準々決勝でSANADAと対戦。14分56秒、Skull Endに敗れた。4月14日、ROHのオハイオ州コロンバス大会でニック・オルディスのNWA世界ヘビー級王座に挑戦。マーティ・スカルが乱入して反則勝ち。規定により王座奪取に失敗した。4月27日、ノースカロライナ州コンコードでのROHとNWAの合同興行でウィリー・マックのNWAナショナル王座に挑戦。スーパーマンでフォール勝ち。NWAナショナルヘビー級王座を獲得した。5月12日、ROHのイリノイ州シカゴ大会でジェームズ・ストームを相手にNWAナショナルヘビー級王座の防衛戦。15分時間切れ引き分け。6月1日、ROHのワシントン州ケント大会でマーク・ブリスコを相手にNWAナショナル王座の防衛戦。スーパーマンでフォール勝ち。6月29日、ROHのペンシルバニア州フィラデルフィア大会でジェームズ・ストームを相手にNWAナショナルヘビー級王座の防衛戦。逆片エビ固めに敗れて王座転落。9月27日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でROH世界王座挑戦者決定トーナメントに参戦し、1回戦でマーティ・スカルと対戦。ブラック・プレイグに敗れた。10月25日、ROHのイギリス・ロンドン大会でフラミータと対戦。シカゴ・スカイラインで勝利。11月16日から始まった新日本プロレスのWORLD TAG LEAGUEに矢野通と組んで参戦。9勝6敗に終わった。12月13日、ROHのメリーランド州ボルティモア大会でアレックス・シェリーと対戦。シェリー・クラッチにフォール負け。12月15日、NWAのジョージア州アトランタ大会でクエッションマークと対戦。モングロービアンスパイクに敗れた。

2020

20年2月21日、新日本プロレスの後楽園ホール大会で矢野通、田口隆祐と組んでEVIL鷹木信悟BUSHI組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。14分15秒、BUSHIのブシロールに田口がフォール負け。4月15日、AEWの放送でTNT王座トーナメントに参戦し、1回戦でランス・アーチャーと対戦。ブラックアウトに敗れた。6月3日、AEWの放送でクリス・ジェリコと対戦。ジューダスエフェクトに敗れた。6月10日、AEWの放送でサミー・ゲバラと対戦。GTHに敗れた。10月21日、AEWの放送でAEW王座挑戦者決定トーナメントに参戦し、1回戦でハングマン・ペイジと対戦。バックショットラリアットに敗れた。

2021

21年8月20日、JCWのオハイオ州ソーンビル大会でザ・ウィードマンと対戦。スーパーキックからのダイビングエルボードロップに敗れた。11月24日、AEWの放送でブライアン・ダニエルソンと対戦。イエスロックに敗れた。

2022

22年7月23日、ROHのPPV「デスビフォアディスオナー」でアンソニー・ヘンリーと対戦。ムーンサルトプレスで勝利。11月2日、AEWの放送でクリス・ジェリコのROH世界王座に挑戦。コードブレイカーに敗れた。