レスラーノート

ロス・フォン・エリック

ROSS VON ERICH

本名:デヴィッド・マイケル・アドキッセン
1988年6月1日
テキサス州出身
183cm 95kg

タイトル歴
IWRタッグ
MLW世界タッグ
得意技
アイアンクロー

父はケビン・フォン・エリック。弟はマーシャル・フォン・エリック。アマレス、ブラジリアン柔術、アメフト、円盤投げの経験がある。11年10月18日から22日にミズーリ州エルドンで行われたWLWとノアのレスリングキャンプに参加。マーシャルと共にトライアウトに合格した。

2012

12年1月、ケビン(立会人として来日)、マーシャルと共にノアに来日。留学生としてレスリング修行を続けた。4月2日に帰国。ハーリー・レイスのWLW道場で最終調整を行い、4月20日、WLWのカンザス州セダン・ジュニアハイスクール大会でデビュー。マーシャルと組んでブライアン・ブレーカー、ジェイソン・ジョーンズ組と対戦し、15分44秒、ジョーンズのサードロープを利用してのエビ固めにマーシャルがフォール負け。4月21日、WLWのミズーリ州リッチモンド・コミュニティセンター大会のメインでマーシャルと組んでブライアン・ブレーカー、ジェイソン・ジョーンズ組と対戦。17分53秒、マーシャルのドロップキックからロスが首固めに丸めこんでジョーンズにフォール勝ち。6月15日、WLWのミズーリ州スプリングフィールド大会でマーシャルと組んでジェフ・ストロング、ジャック・ギャンブル組のWLW世界タッグ王座に挑戦。14分10秒、ギャンブルの横入り式回転エビ固めにマーシャルがフォール負け。7月22日、ノアの両国国技館大会で日本デビュー。マーシャルと組んでシェイン・ヘイストマイキー・ニコルス組と対戦。6分26秒、マイキーのシューティングスタープレスにマーシャルが敗れた。7月28日、イコス上尾大会でマーシャルと組んで丸藤石森組と対戦。13分11秒、石森の横入り式回転エビ固めにロスがフォール負け。7月29日、アクトシティ浜松大会でマーシャルと組んでGHCジュニアタッグ王者のスペル・クレイジーリッキー・マルビン組と対戦。9分48秒、クレイジーの足折り回転エビ固めにマーシャルがフォール負け。8月15日、ラゾーナ川崎大会でスペル・クレイジーと対戦。6分36秒、前方回転エビ固めにフォール負け。8月19日、テレピアホール大会で丸藤正道と対戦。9分11秒、虎王をくらってフォール負け。8月29日、栃木県総合文化センター大会で鈴木鼓太郎と対戦。10分2秒、逆エビ固めに敗れた。9月2日、佐久創造館大会でモハメド・ヨネと対戦。7分47秒、キン肉バスターに敗れた。9月6日、茅野市民館大会で中嶋勝彦と対戦。10分42秒、逆片エビ固めに敗れた。9月13日、米子コンベンションセンター大会でボビー・フィッシュと対戦。6分10秒、フィッシュフック・デラックス(カカト固め)に敗れた。9月15日、平和会館大会でモハメド・ヨネと対戦。4分11秒、キン肉バスターに敗れた。9月16日、博多スターレーン大会でポール・ロンドンと対戦。7分21秒、その場飛びシューティングスタープレスに敗れた。9月29日、後楽園ホール大会で青木篤志と対戦。5分20秒、逆エビ固めに敗れた。

2013

13年1月、マーシャルと共にノアに来日。1月23日、サンアリーナせんだい大会でブルーザー・バリーと対戦。4分25秒、右ハイキックを決めてフォール勝ち。同日に行われた9人参加のバトルロイヤルでは優勝した。2月10日、清水マリンビル大会で宮原健斗と対戦。7分42秒、ダイナミックボムに敗れた。10月、マーシャルと共にノアに来日。

2014

14年6月15日、PPV「スラミバーサリー」でTNAに初登場。マーシャルと組んでブローマンズに勝利。

2017

17年5月21日、IWRのオクラホマ州アードモア大会でマーシャルと組んでカイル・ホーク、コヨーテ組を破りIWRタッグ王座を獲得。10月1日、ノアの横浜文化体育館大会に久しぶりの来日。マーシャルと組んで池田大輔拳王組と対戦。5分55秒、マーシャルがアイアンクローを池田に決めたまま体固めでフォール勝ち。

2019

19年11月2日、MLWのイリノイ州シセロ大会でマーシャルと組んでMJF、リチャード・ホリデー組のMLW世界タッグ王座に挑戦。マーシャルのアイアンクローとロスのバックドロップの合体技でMJFに勝利。MLW世界タッグ王座を獲得。11月9日、MLWのフロリダ州オーランド大会でジェイコブ・ファトゥのMLW世界ヘビー級王座に挑戦。ムーンサルトプレスに敗れた。

2020

20年1月11日、MLWのテキサス州ノースリッチランドヒルズ大会でMJF、リチャード・ホリデー組を相手にタッグ王座の防衛戦。マーシャルのアイアンクローとロスのバックドロップの合体技でMJFに勝利。12月9日、MLWのフロリダ州オーランド大会でジェイコブ・ファトゥ、サイモン・ゴッチ組を相手にタッグ王座の防衛戦。トム・ローラー率いるチーム・フィルシーが乱入してノーコンテストに終わった。

2021

21年1月6日、MLWのフロリダ州オーランド大会でレオ・ブライエン、マイケル・パトリック組を相手にタッグ王座の防衛戦。マーシャルのアイアンクローとロスのバックドロップの合体技でパトリックに勝利。1月13日、MLWのフロリダ州オーランド大会でLAパーク、エル・イホ・デ・LAパーク組を相手にタッグ王座の防衛戦。ロスがアイアンクローをエル・イホ・デ・LAパークに決めたが、マネージャーのサリーナ・デ・ラ・レンタのスプレー攻撃を顔面に受けて悶絶。最後はLAパークのスピアーにロスが敗れて王座転落。4月28日、MLWのフロリダ州オーランド大会でドミニク・ガリーニと対戦。ファルコンアローで勝利。