レスラーノート

クラウディオ・カスタニョーリ

CLAUDIO CASTAGNOLI

1980年12月27日
スイス・ルツェルン出身
196cm 101kg

通称
スイス・サイボーグ
タイトル歴
WWEタッグ
RAWタッグ
WWE・US
ROH世界タッグ
CZW世界タッグ
PWG世界ヘビー
ROH世界王座
カンピオナートス・デ・パレハス
得意技
リコラボム
ニュートライザー
スーパー・アッパーカット(放りあげ、落ちてきた相手の顎にエルボーをかち上げる)

00年12月24日、ドイツのwXw(westside Xtreme wrestling)でデビュー。

2004

04年7月10日、wXwのドイツ・エッセン大会でロビー・ブルックサイドと対戦。ブルックサイドがレフリーを暴行し反則勝ち。9月15日、IWAミッドサウスのインディアナ州エバンズビル大会でアレックス・シェリーと対戦。スイス・スリーパーホールドで勝利。

2005

05年2月11日、IWAミッドサウスのインディアナ州ビンセンズ大会でB−BOYと対戦。シャイニングウィザードに敗れた。2月12日、IWAミッドサウスのインディアナ州ハイランド大会でクリス・ヒーローとラウンド制(3分1R)の3本勝負で対戦。1本目は4R、スパインバスターで勝利。2本目は5R、丸めこまれてフォール負け。3本目は6R、急所蹴りをくらって反則勝ち。2月、CHIKARAプロレスでクリス・ヒーローとキング・オブ・レスリングを結成。4月2日、CZWのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でサンジェイ・ダットと対戦。ローリング・ヨーロピアン・アッパーで勝利。4月17日、CHIKARAのペンシルベニア州ピッツトン大会でシェイン・ストームと対戦。15分時間切れ引き分け。7月16日、ROHに登場。コネチカット州ウッドブリッジ大会でナイジェル・マッギネスと対戦。タワー・オブ・ロンドンに敗れた。ROHではナイジェル・マッギネスと抗争を展開。7月29日、IWCのペンシルベニア州モンロービル大会でファビュラス・ジョン・マッチェズニーのIWCスーパー・インディー王座に挑戦。ダイビング・レッグドロップに敗れた。8月6日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でジョーイ・ライアンと対戦。クロスフェイス・チキンウイングに敗れた。8月13日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でマイク・クアッケンブッシュと対戦。ウラカンラナに敗れた。9月10日、ヒーローと組んでCZW世界タッグ王座を獲得。10月1日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でコルト・カバナと対戦。リコラボムで勝利。10月13日、IWAミッドサウスのイリノイ州モリス大会でエリック・キャノンと対戦。丸めこんでフォール勝ち。10月14日、ROHのオハイオ州クリーブランド大会でナイジェル・マッギネスと対戦。丸めこんでフォール勝ち。10月15日、ROHのニューヨーク州バッファロー大会でスターリング・キーナンと対戦。リコラボムで勝利。10月29日、ROHのコネチカット州ウッドブリッジ大会でアレックス・シェリーと対戦。20分時間切れ引き分け。11月4日、ROHのミシガン州デトロイト大会でナイジェル・マッギネスのROHピュア王座に挑戦。レフリーが倒れている間にマッギネスから凶器を投げ渡されてマッギネスがダウン。レフリーがだまされて反則負け。11月5日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でBJホイットマーと対戦。リストクラッチ式エクスプロイダーに敗れた。11月19日、ROHのニューヨーク州ロングアイランド大会でミラノ・コレクションA.T.と対戦。ATロックに敗れた。12月17日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でナイジェル・マッギネスのROHピュア王座に挑戦。凶器攻撃により反則負け。12月30日、IWAミッドサウスのイリノイ州ストリームウッド大会でトリック・デイビスと対戦。丸めこまれてフォール負け。

2006

06年1月7日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でクリス・ヒーローと対戦。ベリー・ヨーロピアン・アッパーカットを狙って持ち上げたところでフランケンシュタイナーをくらってフォール負け。1月27日、ROHのオハイオ州デイトン大会でチャド・コリアーと対戦。丸めこんでフォール勝ち。2月4日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でクリス・ヒーローと組んでスーパー・ドラゴン、デイビー・リチャーズ組のPWGタッグ王座に挑戦。リチャーズのシューティングスタープレスにカスタニョーリが敗れた。3月25日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でナイジェル・マッギネスのROHピュア王座に挑戦。ジョーブレイカー・ラリアットに敗れた。3月30日、ROHのミシガン州デトロイト大会でシェイン・ハーガドンと対戦。ウォータースライドで勝利。4月22日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でクリストファー・ダニエルズと対戦。丸めこまれてフォール負け。4月29日、ROHのオハイオ州クリーブランド大会でサモア・ジョーと対戦。ネイト・ウェッブとネクロ・ブッチャーが乱入して反則負け。5月20日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でアメリカン・ドラゴンと対戦。約10分もヘッドロックを決め続けたが、丸めこまれてフォール負け。6月17日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でアダム・ピアースと対戦。クリス・ヒーローが乱入して反則負け。6月23日、ROHのミシガン州デトロイト大会でホミサイドと対戦。ラリアットに敗れた。7月29日、ROHのオハイオ州クリーブランド大会でデリリアスと対戦。丸めこまれてフォール負け。8月4日、ROHのニューヨーク州ロングアイランド大会でコルト・カバナと対戦。丸めこまれてフォール負け。8月12日、ROHのイギリス・リバプール大会でBJホイットマーと対戦。ジャックナイフ式エビ固めにフォール負け。8月25日、ROHのミネソタ州セントポール大会でクリストファー・ダニエルズと対戦。丸めこまれてフォール負け。8月26日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でサモア・ジョーと対戦。マッスルバスターに敗れた。9月2日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でジャック・エバンスと対戦。630°スプラッシュに敗れた。9月16日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でクリス・ヒーローと組んでロデリック・ストロング、オースチン・エイリース組のROH世界タッグ王座に挑戦。合体技のKRS1でエイリースに勝利。ROH世界タッグ王座を獲得した。9月29日、IWAミッドサウスのイリノイ州ミドロジアン大会でテッド・ペリー・インビテイショナルに参戦し、1回戦でケビン・スティーンと対戦。リコラボムからのローリング・ヨーロピアンアッパーで勝利。9月30日、IWAミッドサウスの同会場での2回戦でマイク・クアッケンブッシュと対戦。ウラカンラナを切り返してサンセット・フリップ・パワーボムの体勢で押さえこんでフォール勝ち。同日の準決勝でエリック・キャノンと対戦。グリマリング・ウォーロックに敗れた。10月6日、ROHのオハイオ州クリーブランド大会でコルト・カバナ、ジミー・ジェイコブス組を相手にタッグ王座の防衛戦。合体技のヒーローズ・ウェルカム・キング・オブ・レスリング・エディションでカバナに勝利。10月7日、ROHのミシガン州デトロイト大会でデイビー・リチャーズと対戦。ウォータースライドで勝利。10月14日、ヒーローと組んでCZW世界タッグ王座2度目の獲得。10月21日、PWGのカリフォルニア州ラ・ハブラ・ハイツ大会でクリス・ヒーローと組んでB−BOY、スーパー・ドラゴン組のPWG世界タッグ王座に挑戦。B−BOYに丸めこまれてヒーローがフォール負け。10月27日、ROHのオハイオ州デイトン大会でオースチン・エイリースと対戦。450°スプラッシュに敗れた。11月3日、ROHのマサチューセッツ州ブレーンツリー大会でマット・サイダルと対戦。シューティングスタープレスに敗れた。11月4日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でオースチン・エイリース、ロデリック・ストロング組を相手にタッグ王座の防衛戦。凶器として使っていたブリーフケースをエイリースに奪われてレフリーの前で2人とも殴られ反則勝ち。11月24日、ROHのニューヨーク州レイク・グローブ大会でオースチン・エイリース、ロデリック・ストロング組を相手にノーDQマッチでタッグ王座の防衛戦。ヒーローズ・ウェルカム・キング・オブ・レスリング・エディションでストロングに勝利。11月25日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でマット・サイダル、クリストファー・ダニエルズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。サイダルのウラカンラナにカスタニョーリが敗れて王座転落。12月2日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でクリス・ヒーローと対戦。スタンディング・ムーンサルトプレスに敗れた。

2007

07年2月10日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でクリス・ボッシュと対戦。ヨーロピアン・クラッチにフォール負け。2月17日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でオースチン・エイリースと対戦。450°スプラッシュに敗れた。2月18日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でリコシェと対戦。ヨーロピアン・アッパーで勝利。2月24日、ROHのイリノイ州シカゴ大会でブレント・オルブライトと対戦。ハーフネルソンスープレックスに敗れた。3月10日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でロッキー・ロメロと対戦。ヨーロピアン・アッパーで勝利。3月11日、IWAテキサスのテキサス州サンアントニオ大会でマイク・クアッケンブッシュと対戦。リコラボムで勝利。3月23日、CHIKARAのペンシルベニア州レディング大会でエディ・キングストンと対戦。ヒールホールドで勝利。3月31日、ROHのミシガン州デトロイト大会でYAMATOと対戦。パワーボムで勝利。4月7日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でヒューマン・トルネードと対戦。丸めこまれてフォール負け。4月8日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でアレックス・シェリーと対戦。ダイビング・ヨーロピアン・アッパーで勝利。4月13日、ROHのニューヨーク州ロングアイランド大会でジェイ・ブリスコと対戦。ウォータースライドで勝利。4月14日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でロッキー・ロメロと対戦。丸めこまれてフォール負け。4月15日、CWEのオハイオ州ヤングスタウン大会でMドッグ20と対戦。ウォータースライドで勝利。5月4日、xWxのドイツ・オーバーハウゼン大会で16カラット・ゴールド・トーナメントに参戦し、1回戦でクリス・ヒーローと対戦。テキサスクローバーホールドに敗れた。5月5日、同会場でマット・サイダルと対戦。ウラカンラナを丸めこんでフォール勝ち。5月11日、ROHのコネチカット州ハートフォード大会でボビー・フィッシュと対戦。デッドリフトサイドスープレックスで勝利。5月12日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でマット・サイダルと組んでブリスコブラザーズのROH世界タッグ王座に挑戦。ドゥームスデイデバイスにサイダルが敗れた。6月23日、ROHのイリノイ州シカゴリッジ大会でマット・サイダルと対戦。ウラカンラナを回転エビ固めのようにたたきつけて(スイーターボム)フォール勝ち。7月27日、ROHのニューヨーク州ディアパーク大会でレース・トゥ・ザ・トップ・トーナメントに参戦し、1回戦でハロウィケッドと対戦。リコラボムで勝利。7月28日、ROHのニュージャージー州エジソン大会での2回戦でマイク・クワッケンブッシュと対戦。ヨーロピアンアッパーで勝利。同日の準決勝でジャック・エバンスと対戦。リコラボムで勝利。同日の決勝でエル・ジェネリコと対戦。ダイビング・ヨーロピアンアッパーからの変型リコラボム(ピラミッドドライバーEX)で勝利。レース・トゥ・ザ・トップ・トーナメントに優勝した。8月10日、ROHのマサチューセッツ州ボストン大会で森嶋猛のROH世界王座に挑戦。15分22秒、バックドロップに敗れた。8月18日、CHIKARAのペンシルベニア州ヘラータウン大会でPACと対戦。リコラボムで勝利。8月24日、ROHのコネチカット州ハートフォード大会でブレント・オルブライト、ROH世界王者の森嶋猛と3WAYでの王座戦。オルブライトを丸めこんでフォール勝ちして森嶋と1対1の対決となり、バックドロップに敗れた。8月25日、ROHのニューヨーク州マンハッタン大会でクリス・ヒーローと対戦。ダイビング・ヨーロピアン・アッパーからのリコラボムで勝利。8月31日、PWGのカリフォルニア州バーバンク大会でバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でダグ・ウイリアムスと対戦。リコラボムで勝利。9月2日、PWGのカリフォルニア州バーバンク大会での2回戦でPACと対戦。360シューティングスタープレスに敗れた。10月5日、ROHのマサチューセッツ州ボストン大会でクリス・ヒーローと対戦。ヨーロピアン・アッパーで勝利。10月6日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でジグソーと対戦。ヨーロピアン・アッパーで勝利。10月19日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でデイビー・リチャーズとサバイバル・オブ・ザ・フィッテスト予選試合。リコラボムで勝利。同日の決勝でロデリック・ストロング、クリス・ヒーロー、ロッキー・ロメロ、オースチン・エイリース、ヒューマン・トルネードと対戦。ヒーローのヒーローズ・ウェルカムにトルネードが脱落。ヒーローがエイリースへのパワーボムをロメロの上に落としてロメロが脱落。ヒーローが丸めこんでエイリースが脱落。ヒーローのヒーローズ・ウェルカムにストロングが脱落。ヒーローとの対決となり、ハングマンズ・クラッチに敗れた。10月21日、ROHのカリフォルニア州サンフランシスコ大会でロデリック・ストロングのFIP世界ヘビー級王座に挑戦。ギブソン・ドライバーに敗れた。11月2日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でハロウィケッドと対戦。ヨーロピアン・アッパーで勝利。11月3日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会で丸藤正道と対戦。18分42秒、ジャックナイフ式エビ固めでフォール勝ち。11月9日、FIPのフロリダ州クリスタル・リバー大会でロデリック・ストロングのFIP世界ヘビー級王座に3本勝負で挑戦。1本目は丸めこまれてフォール負け。2本目はリコラボムで勝利。3本目はギブソンドライバーに敗れた。11月11日、PWGのカリフォルニア州バーバンク大会でTJパーキンスと対戦。ヨーロピアン・アッパーで勝利。11月17日、CHIKARAのペンシルベニア州ヘラータウン大会でMIYAWAKIと対戦。リコラボムで勝利。11月30日、ROHのオハイオ州デイトン大会でセス・スカイファイアと対戦。リコラボムで勝利。12月1日、ROHのイリノイ州シカゴ大会でクリス・ヒーローと対戦。ヒーローズ・ウェルカムに敗れた。12月9日、CHIKARAのペンシルベニア州ステート・カレッジ大会でクリス・ヒーローと対戦。リコラボムで勝利。12月29日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でクリス・ヒーローと対戦。リコラボムで勝利。同日、丸藤と対戦。9分41秒、完璧首固めにフォール負け。12月30日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でラリー・スウィーニーと対戦。リコラボムを狙ったが、スウィーニーのセコンドのトーランドがレフリーを引きつけている隙にリングに上がったピューダーにより筋トレ器具で左脚を殴られてフォール負け。

2008

08年1月6日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でネクロ・ブッチャーと対戦。丸めこまれてフォール負け。1月11日、ROHのマサチューセッツ州ボストン大会でラッカスと対戦。ヨーロピアン・アッパーで勝利。1月12日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でオースチン・エイリースと対戦。リコラボムで勝利。1月25日、ROHのオハイオ州デイトン大会でアダム・ピアースと対戦。リコラボムで勝利。1月26日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でエル・ジェネリコと対戦。20分時間切れ引き分け。3月7日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でロデリック・ストロングと対戦。リコラボムで勝利。3月15日、ROHのニュージャージー州ドーバー大会でデイビー・リチャーズと対戦。ヨーロピアン・アッパーで勝利。3月21日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でクリス・ヒーローと対戦。丸めこまれてフォール負け。4月5日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でスコット・ロストと対戦。雪崩式ブレーンバスターに敗れた。4月12日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でアメリカに遠征してきた飯伏幸太と対戦。リコラボムで勝利した。5月10日、ROHのニューヨーク・ハマースタイン・ボールルーム大会でナイジェル・マッギネスのROH世界王座に挑戦。ロンドン・ダンジョンに敗れた。6月7日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でデイビー・リチャーズと対戦。スイス・デスで勝利。6月22日、wXwのドイツ・オーバーハウゼン大会でKENTAと対戦。16分32秒、go2sleepに敗れた。6月28日、ROHのイリノイ州シカゴ大会でブライアン・ダニエルソンと対戦。スイス・デスで勝利。7月6日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でフェニックス・スターと対戦。ジャイアントスイングからフォール勝ち。7月25日、ROHのオンタリオ州トロント大会でブライアン・ダニエルソンと対戦。丸めこまれてフォール負け。7月26日、ROHのミシガン州デトロイト大会でナイジェル・マッギネスのROH世界王座に挑戦。ジョーブレイカー・ラリアットに敗れた。8月2日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でブライアン・ダニエルソン、タイラー・ブラック、ROH世界王者のナイジェル・マッギネスと4WAYイリミネーションマッチで王座戦。ダニエルソンにカスタニョーリが丸めこまれてフォール負けして最初の脱落。試合はマッギネスの勝利に終わった。8月15日、ROHのオハイオ州クリーブランド大会でエリック・スティーブンスのFIP世界ヘビー級王座に挑戦。コーナーに押しこみヒザ蹴りを連発し、制止するレフリーを突き飛ばして攻撃を続けて反則負け。9月20日、ROHのペンシルバニア州フィラデルフィア大会で佐々木健介と対戦。14分47秒、ノーザンライトボムに敗れた。10月19日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会で大日本プロレス対CHIKARAの7対7のガントレットマッチに7人目で出場し、関本大介と対戦。リコラボムで勝利。10月24日、ROHのコネチカット州ダンベリー大会でジェリー・リンと対戦。丸めこまれてフォール負け。11月21日、ROHのオハイオ州デイトン大会でブライアン・ダニエルソンと対戦。丸めこまれてフォール負け。12月6日、ROHのテネシー州ナッシュビル大会でブライアン・ダニエルソンとノーDQマッチ。三角絞めに敗れた。12月20日、VPWのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でハロウィケッドと対戦。ロープに足をかけて押さえこんでフォール勝ち。12月27日、ROHのニューヨーク州マンハッタン大会でケニー・オメガと対戦。丸めこまれてフォール負け。

2009

09年1月30日、ROHのミシガン州デトロイト大会でブレント・オルブライトと対戦。クロウバーを決められロープエスケープしたが、カウント5でもオルブライトが技を解かなかったため反則勝ち。1月31日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でケビン・スティーンと対戦。リコラボムで勝利。2月27日、ROHのコネチカット州ダンベリー大会でブレント・オルブライトと対戦。時間切れ引き分け。3月21日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でブレント・オルブライトと対戦。15分時間切れ引き分け。延長戦が行われ急所蹴りで反則負け。4月18日、ROHのカナダ・マーカム大会でコルト・カバナと対戦。丸めこまれてフォール負け。5月23日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でヴィン・ジェラードと対戦。丸めこまれてフォール負け。5月24日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でエディ・キングストンと対戦。丸めこまれてフォール負け。6月26日、ROHのミシガン州デトロイト大会でナイジェル・マッギネスと対戦。両者リングアウト。7月25日、ROHのカナダ・トロント大会でブレント・オルブライトと対戦(3分1R)。4R、丸めこんでフォール勝ち。9月18日、ROHのオハイオ州デイトン大会でデイビー・リチャーズと対戦。リコラボムをカナディアンデストロイヤーに切り返されて敗れた。9月19日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でコルト・カバナと対戦。レフリーの死角をついたローブローをくらってフォール負け。10月10日、ROHのインディアナ州インディアナポリス大会でピーティ・ウィリアムスとサバイバル・オブ・ザ・フィッテスト予選試合。ヨーロピアン・アッパーで勝利。同日の決勝でコルト・カバナ、ロデリック・ストロング、タイラー・ブラック、クリス・ヒーロー、デリリアスとイリミネーションマッチ。 カバナに丸めこまれて最初の脱落者となった(試合はタイラーの勝利)。10月17日、CHIKARAのペンシルベニア州イーストン大会でプレイヤー・ウノと対戦。UFOで勝利。10月18日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でサル・リノーロと対戦。ジャイアントスイングで勝利。11月7日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でジェイ・ブリスコと対戦。ジャックナイフ式エビ固めでフォール勝ち。11月13日、ROHのミシガン州ノバイ大会でタイラー・ブラックと対戦。丸めこまれてフォール負け。11月22日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でエディ・キングストンと対戦。ローリング・ヨーロピアン・アッパーで勝利。12月5日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でケビン・スティーンと対戦。シャープシューターで勝利。

2010

10年3月13日、EVOLVEのニュージャージー州ローウェイ大会でボビー・フィッシュと対戦。スイス・デス、ラリアットを決めて座りこんだ相手に低空のダイビング・ヨーロピアン・アッパーを決めて勝利。3月20日、CHIKARAのペンシルベニア州イーストン大会でアレスと組んでファイアー・アント、ソルジャー・アント組のカンピオナートス・デ・パレハスに挑戦。1本目はアレスがタイガードライバーでファイアーに勝利。2本目はドゥームスデイ・デバイスでソルジャーに勝利。カンピオナートス・デ・パレハスを獲得した。4月3日、ROHのノースカロライナ州シャーロット大会でクリス・ヒーローと組んでブリスコブラザーズのROH世界タッグ王座に挑戦。ヒーローがローデッド・エルボーを決めてカスタニョーリがジェイにフォール勝ち。ROH世界タッグ王座を獲得した。5月1日、EVOLVEのニュージャージー州ローウェイ大会でチャック・テイラーと対戦。オウフル・ワッフルに敗れた。5月7日、ROHのバージニア州マナッサス大会でジェイ・ブリスコと対戦。丸めこまれてフォール負け。5月8日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でモーターシティ・マシンガンズを相手にタッグ王座の防衛戦。ブリスコブラザーズが乱入して反則勝ち。5月23日、CHIKARAのニュージャージー州ユニオンシティ大会でハロウィケッド、フライトメア組を相手にタッグ王座の防衛戦。アレスがタイガードライバーでフライトメアに勝利。6月19日、ROHのカナダ・トロント大会でブリスコブラザーズを相手にノーDQマッチでタッグ王座の防衛戦。カスタニョーリにジャイアントスイングされているジェイの頭部にヒーローが低空ドロップキックを決めて勝利。6月27日、CHIKARAのオハイオ州クリーブランド大会でイクイノックス、ヘリオス組を相手にタッグ王座の防衛戦。カスタニョーリがスイス・デスでヘリオスに勝利。7月22日、ROHのケンタッキー州ルイビル大会でタイラー・ブラックと対戦。スーパーキックに敗れた。8月28日、ROHのノースカロライナ州シャーロット大会でブリスコブラザーズ、ジョン・デイビス、コーリー・チェイビス組、ケニー・キング、レット・タイタス組を相手にタッグ王座の防衛戦。ブリスコブラザーズとの対決となり、ヒーローがローデッド・エルボーでジェイに勝利。9月4日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でリコシェと対戦。ホースカラーで勝利。9月5日、同会場での2回戦でロデリック・ストロングと対戦。スイス・デスで勝利。同日の準決勝でジョーイ・ライアンと対戦。スーパーキックに敗れた。9月10日、ROHのマサチューセッツ州プリマス大会でコルト・カバナ、エル・ジェネリコ組を相手にタッグ王座の防衛戦。ヒーローの後頭部へのエルボーとカスタニョーリのヨーロピアン・アッパーを同時に決めてカバナに勝利。9月11日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でシェルトン・ベンジャミン、チャーリー・ハース組を相手にタッグ王座の防衛戦。ハースのハース・オブ・ペインにカスタニョーリがタップしたがレフリーがセコンドのハーガドンに気を取られていたため試合続行。ヒーローがダイビング・エルボードロップを決めて、カスタニョーリをフォールさせて勝利。9月18日、CHIKARAのメリーランド州ボルチモア大会でシェイン・マシューズ、スコット・パーカー組を相手にタッグ王座の防衛戦。カスタニョーリが裏CHIKARAスペシャルでマシューズに勝利。10月9日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でブランドン・ガットソン、クリス・ヒーロー、ジョーイ・ライアンと4WAYでのPWG世界王座決定戦。スイス・デスでライアンに勝利。PWG世界王座を獲得した。10月15日、ROHのオハイオ州デイトン大会でデイビー・リチャーズ、クリストファー・ダニエルズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。KRS1でダニエルズに勝利。10月24日、CHIKARAのコネチカット州ハムデン大会でアマシス、オフィーディアン組を相手にタッグ王座の防衛戦。アレスがタイガードライバーでアマシスに勝利。11月12日、ROHのミシガン州ディアボーン大会でサバイバル・オブ・ザ・フィッテスト予選試合でグリズリー・レッドウッドと対戦。UFOで勝利。同日の決勝でレット・タイタス、ケビン・スティーン、アダム・コール、エディ・エドワーズ、ケニー・キングとイリミネーションマッチ。カスタニョーリがバイシクルキックでスティーンに勝利。カスタニョーリがラリアットでコールに勝利。カスタニョーリがスイス・デスでタイタスに勝利。キングのロイヤル・フラッシュにカスタニョーリが敗れた。11月13日、ROHのカナダ・ミシサガ大会でケビン・スティーン、スティーブ・コリノ組を相手にタッグ王座の防衛戦。カスタニョーリのヨーロピアン・アッパーからのヒーローのデス・ブローでコリノに勝利。12月5日、ノアの日本武道館大会でヒーローと組んでGHCタッグ王者の高山佐野組に挑戦。会場を熱狂させる好勝負を展開。ヒーローのムーンサルトプレスやカスタニョーリのリコラボムなど、強烈な技で対抗したが、14分22秒、高山のエベレストジャーマンにカスタニョーリがフォール負け。12月11日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でクリス・ヒーローと組んでエル・ジェネリコ、ポール・ロンドン組のPWG世界タッグ王座に挑戦。ジェネリコに丸めこまれてヒーローがフォール負け。12月12日、CHIKARAのペンシルベニア州レディング大会でマイク・クアッケンブッシュ、ジグソー組を相手にタッグ王座の防衛戦。 ジグソーのジギントニックにアレスが敗れて王座転落。12月17日、ROHのマサチューセッツ州プリマス大会でデイビー・リチャーズ、エディ・エドワーズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。ヒーローがローリング・エルボー3連発でエドワーズに勝利。

2011

11年1月15日、ROHのノースカロライナ州シャーロット大会でクリストファー・ダニエルズのROH世界TV王座に挑戦。ベスト・ムーンサルト・エバーに敗れた。1月29日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でエル・ジェネリコを相手に防衛戦。ジャイアントスイングからのストレッチマフラーで勝利。2月19日、CHIKARAのペンシルベニア州レディング大会でダッシャー・ハットフィールドと対戦。ヨーロピアン・アッパーで勝利。2月26日、ROHのイリノイ州シカゴ大会でケニー・キング、レット・タイタス組を相手にタッグ王座の防衛戦。ヒーローがキングにローデッド・エルボーを決めてカスタニョーリがフォール勝ち。3月13日、CHIKARAのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でエディ・キングストンと対戦。悪のレフリーのデレク・サバトなど、BdKの仲間が乱入して試合を優位に進め、腕にチェーンを巻きつけてのヨーロピアン・アッパーで勝利。3月18日、ROHのマサチューセッツ州プリマス大会でデイビー・リチャーズと対戦。シューティングスタープレスに敗れた。4月1日、ROHのアトランタ大会でベンジャミンハース組を相手にタッグ王座の防衛戦。ハースのハース・オブ・ペインにカスタニョーリが敗れてROH世界タッグ王座から転落。4月9日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でジョーイ・ライアンを相手に防衛戦。ストレッチマフラーで勝利。4月16日からノアのグローバルタッグリーグ戦にヒーローと組んで出場。圧倒的な身体能力と、タッグチームとしての高い完成度で活躍したが、なぜか2勝5敗の最下位に終わった。5月7日、ROHのカナダ・トロント大会でカイル・オライリーと対戦。リコラボムで勝利。5月15日、ノアのドイツ・オーバーハウゼン大会のメインで杉浦貴のGHC王座に挑戦。21分42秒、オリンピック予選スラムに敗れた。5月21日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でシェルトン・ベンジャミンと対戦。雪崩式フロントスープレックスで勝利。5月27日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でクリス・ヒーローを相手に防衛戦。ヨーロピアン・アッパーで勝利。5月28日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でロウ・キーを相手に防衛戦。スイス・デスで勝利。6月24日、CHIKARAのイリノイ州シカゴ大会でシングル王座決定リーグ戦の12ラージ・サミットに参戦し、ハロウィケッドと対戦。丸めこんでフォール勝ち。7月23日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でクリス・ヒーローを相手に防衛戦。ストレッチマフラーで勝利。試合後にケビン・スティーンから挑戦を表明されて、さらに防衛戦を行ない、スーパーキックからのパッケージ・パイルドライバーに敗れてPWG王座から転落した。7月30日、CHIKARAのペンシルベニア州レディング大会でマイク・クアッケンブッシュと対戦。CHIKARAスペシャルに敗れた。7月31日、CHIKARAのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でサラ・デル・レイと対戦。丸めこまれてフォール負け。8月20日、カリフォルニア州レセダで、PWG主催の「バトル・オブ・ロサンゼルス」に出場。1回戦でエル・ジェネリコと対戦。雪崩式のリコラ・ボムをウラカンラナに切り返され、それを切り返してエビ固めにフォールに行ったが、最後はジャックナイフ式エビ固めに切り返されてフォール負け。同日、クリス・ヒーローと組んでヤングバックスのPWG世界タッグ王座に挑戦。マットに丸めこまれてカスタニョーリがフォール負け。8月27日、CHIKARAのペンシルベニア州イーストン大会でイカルスと対戦。丸めこまれてフォール負け。9月16日、WWEと契約。オフィディアン戦は不戦敗となりリーグ戦は1勝4敗に終わった。9月17日から2軍団体のFCWにアントニオ・セザーロの名で登場。

2012

12年1月6日、WWEのハウスショーに出場。4月、WWEのスマックダウンに初登場。6月27日、NXTの放送でダンテ・ダッシュと対戦。ニュートライザーで勝利。7月25日、NXTの放送でアレックス・ライリーと対戦。ニュートライザーで勝利。8月19日、サンティーノ・マレラのUS王座に挑戦。ニュートライザーで勝利してUS王座を獲得。8月22日、NXTの放送でデリック・ベイトマンと対戦。ニュートライザーで勝利。9月16日、PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でザック・ライダーを相手に防衛戦。10月28日、PPV「ヘル・イン・ア・セル」でジャスティン・ゲイブリエルを相手に防衛戦。ニュートライザーで勝利。10月31日、NXTの放送でタイソン・キッドを相手にUS王座の防衛戦。ニュートライザーで勝利。11月18日、PPV「サバイバーシリーズ」でR−トゥルースを相手に防衛戦。ニュートライザーで勝利。12月5日、NXTの放送でマイケル・マクギリカティと対戦。ニュートライザーで勝利。12月16日、PPV「TLC」でRトゥルースを相手に防衛戦。ニュートライザーで勝利。12月29日、RAWでサージェント・スローターを相手に防衛戦。ニュートライザーで勝利。

2013

13年2月17日、PPV「エリミネーション・チェンバー」でミズを相手に防衛戦。ミズが誤って急所に膝を落としたため反則勝ち。3月13日、NXTの放送でビッグ・E・ラングストンと対戦。コリー・グレイブスが乱入して反則負け。4月15日、RAWでコフィ・キングストンを相手に防衛戦。トラブル・イン・パラダイスに敗れてUS王座から転落。4月24日、NXTの放送でエイドリアン・ネヴィルを相手に防衛戦。ニュートライザーで勝利。5月22日、NXTの放送でヨシ・タツと対戦。ニュートライザーで勝利。直後にサミ・ゼインと対戦。丸めこまれてフォール負け。6月12日、NXTの放送でサミ・ゼインと対戦。ニュートライザーで勝利。7月3日、NXTの放送でボー・ダラスのNXT王座に挑戦。フロントスープレックスに敗れた。7月4日、両国国技館でのWWEの日本公演に来日。クリス・ジェリコを相手にノーDQマッチで対戦。20分17秒、ウォールズ・オブ・ジェリコに敗れた。7月5日、同所での公演2日目ではシェーマスと対戦。24分6秒、ブローグキックに敗れた。8月21日、NXTの放送でサミ・ゼインと3本勝負で対戦。1年目はヤクザキックに敗れた。2本目はスリーパーホールドで勝利。3本目はニュートライザーで勝利。10月9日、NXTの放送でレオ・クルーガーと対戦。ニュートライザーで勝利。10月27日、PPV「ヘル・イン・ア・セル」でジャック・スワッガーと組んでロス・マタドールズと対戦。リバースSTOとボディアタックの合体技にスワッガーが敗れた。11月27日、NXTの放送でヨシ・タツと対戦。ニュートライザーで勝利。12月25日、NXTの放送でウィリアム・リーガルと対戦。ニュートライザーで勝利。

2014

14年1月22日、NXTの放送でCJパーカーと対戦。ニュートライザーで勝利。2月27日、NXT初のPPVとなった「アライバル」でサミ・ゼインと対戦。ニュートライザーで勝利。4月6日、「レッスルマニア」のプレ・ショーで、スワッガーと組んでタッグ王者のウーソーズ、ロス・マタドールズ、ライバック、カーティス・アクセル組を相手に4WAYでの王座戦。ウーソーズが勝利。この試合でスワッガーと仲間割れ。同大会では30人参加のバトルロイヤルにも出場。13分28秒、ビッグショーをボディスラムで落として優勝した。5月4日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でスワッガー、RVDを相手に3WAYマッチで対戦。RVDのファイブスターフロッグスプラッシュでスワッガーが脱落。ニュートラライザーで勝利した。6月1日、PPV「ペイバック」でシェーマスのUS王座に挑戦。スモールパッケージホールドにフォール負け。7月10日、両国国技館でのWWEの日本公演に来日。RVDと対戦。13分、ファイブスターフロッグスプラッシュに敗れた。7月11日、同会場での公演2日目でコフィ・キングストンと対戦。12分28秒、ニュートラライザーで勝利。7月12日、舞洲アリーナでの日本公演3日目でRVDと対戦。16分21秒、ファイブスターフロッグスプラッシュに敗れた。9月21日、PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でシェーマスのUS王座に挑戦。ブローグキックに敗れた。10月26日、PPV「ヘル・イン・ア・セル」でジグラーのインターコンチネンタル王座に3本勝負で挑戦。1本目は首固めにフォール負け。2本目はジグザグに敗れた。

2015

15年2月22日、PPV「ファスト・レーン」でタイソン・キッドと組んでウーソズのタッグ王座に挑戦。タイソン・キッドがフィッシャーマンズ式ネックブリーカーでジミーに勝利。WWEタッグ王座を獲得した。3月29日、PPV「レッスルマニア」でウーソズ、ロス・マタドールズ、コフィ、ビッグE組を相手に4WAYマッチでタッグ王座の防衛戦。ジェイがサモアン・スプラッシュをビッグEに決めた直後にセザーロがジェイをリングに落としてそのままビッグEにフォール勝ちして防衛に成功した。4月26日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でコフィ、ビッグE組を相手にタッグ王座の防衛戦。コフィにセザーロが丸めこまれてフォール負け。タッグ王座から転落した。5月17日、PPV「ペイバック」でコフィ、ビッグE組のタッグ王座に3本勝負で挑戦。お互いに1本ずつ取った3本目、乱入したセコンドのウッズにセザーロが丸めこまれて、外見が似ていたためレフリーに気づかれずにそのままフォール負け。7月3日、両国国技館で行われたWWEの日本公演でバレットと対戦。9分19秒、ジャイアントスイングからのシャープシューターで勝利。7月4日、同会場の2日目でディエゴと対戦。8分21秒、ジャイアントスイングからのシャープシューターで勝利。8月23日、PPV「サマースラム」でケビン・オーウェンスと対戦。ライツアウトに敗れた。9月に左肩を負傷。11月23日、長期欠場することがWWEから発表された。

2016

16年4月4日、RAWで復帰。5月1日、PPV「ペイバック」でミズのインターコンチネンタル王座に挑戦。イエスロックでタップを奪ったが、レフリーがエプロンで乱闘しているサミ・ゼインとケビン・オーエンズに気を取られて試合続行。その隙を突かれてスクールボーイにフォール負け。5月22日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でオーエンズ、ゼイン、王者のミズを相手に4WAYマッチで王座戦。セザーロがゼインのヘルーバキックをくらってミズにフォール負け。7月19日、ドラフトでRAWに所属。8月21日、PPV「サマースラム」でシェーマスと対戦。ブローグキックに敗れた。9月25日、PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でシェーマスと対戦。場外で消耗し試合続行不可能となり、ノーコンテストに終わった。12月18日、PPV「ロードブロック」でシェーマスと組んでニュー・デイのタッグ王座に挑戦。コフィのトラブル・イン・パラダイスをセザーロがくらったが、シェーマスがコフィのフォールをひっくり返してフォール勝ち。RAWタッグ王座を獲得した。

2017

17年1月29日、PPV「ロイヤルランブル」でギャローズアンダーソン組を相手にタッグ王座の防衛戦。シェーマスがマジックキラーをくらってしまい、アンダーソンのタイツをつかんでの丸め込みにセザーロがフォール負け。タッグ王座から転落した。3月5日、PPV「ファストレーン」でジンダー・マハルと対戦。アッパーカットで勝利。4月30日、PPV「ペイバック」でシェーマスと組んでハーディーズのRAWタッグ王座に挑戦。ジェフのスワントーンボムにシェーマスが敗れた。6月4日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でシェーマスと組んでハーディーズのRAWタッグ王座に金網マッチで挑戦。先に金網を脱出して勝利。RAWタッグ王座を獲得した。6月30日、両国国技館で行われたWWEの日本公演でヒース・スレーター、ライノ組を相手にタッグ王座の防衛戦。シェーマスがブローグキックでライノに勝利。7月1日、同会場でアンダーソン、ギャローズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。シェーマスのホワイトノイズとセザーロのスイスアッパーカットの合体技を決めてセザーロがアンダーソンにフォール勝ち。7月9日、PPV「グレート・ボールズ・オブ・ファイアー」でハーディーズを相手に30分アイアンマンマッチでタッグ王座の防衛戦。4対3で勝利した。8月20日、PPV「サマースラム」でロリンズアンブローズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。アンブローズのダーティ・ディーズにシェーマスが敗れて王座転落。9月24日、PPV「ノーマーシー」でシェーマスと組んでアンブローズ、ロリンズ組のRAWタッグ王座に挑戦。ロリンズのダーティディーズにシェーマスが敗れた。11月6日、シェーマスと組んでアンブローズ、ロリンズ組のRAWタッグ王座に挑戦。シェーマスがブローグキックでロリンズに勝利。RAWタッグ王座を奪回。12月25日、セス・ロリンズ、ジェイソン・ジョーダン組を相手にタッグ王座の防衛戦。ジョーダンのリフトアップ式ネックブリーカーにセザーロが敗れてタッグ王座から転落。

2018

18年1月28日、PPV「ロイヤルランブル」でシェーマスと組んでロリンズ、ジョーダン組のRAWタッグ王座に挑戦。ホワイトノイズとダイビング・ネックブリーカードロップの合体技を決めてセザーロがロリンズにフォール勝ちしてタッグ王座を奪回。2月25日、PPV「エリミネーション・チェンバー」でタイタス・オニール、アポロ組を相手にタッグ王座の防衛戦。合体式のホワイトノイズを決めてアポロに勝利。4月8日、PPV「レッスルマニア」でストローマンを相手にタッグ王座の防衛戦。パートナーを決めずに一人で入場してきたストローマンは、会場にいた10歳の少年のニコラス君をパートナーにして試合開始。ストローマンのランニング・パワースラムにセザーロが敗れてタッグ王座から転落。6月29日、両国国技館でのWWEの日本公演でシェーマスと組んでコフィ、ビッグE組と対戦。12分44秒、ミッドナイトアワーをくらってセザーロが敗れた。6月30日、同会場でシェーマスと組んでギャローズ、アンダーソン組、ビッグE、ウッズ組、SDタッグ王者のブラジオン・ブラザーズを相手に4WAYでのタッグ王座戦。15分22秒、ブラジオン・ブラザーズが合体パワーボムでビッグEに勝利したため王座奪取に失敗した。10月6日、オーストラリアでのPPV「スーパーショーダウン」でシェーマスと組んでニュー・デイ(コフィ、ウッズ)のスマックダウンタッグ王座に挑戦。ウッズのバックスタバーとコフィのダブルフットスタンプの合体技をくらってセザーロが敗れた。10月16日、スマックダウン1000回放送記念大会でシェーマスと組んでニュー・デイ(ビッグE、ウッズ)のスマックダウンタッグ王座に挑戦。終盤にビッグ・ショーが現れてチョークスラムでコフィをアナウンステーブルにたたきつける。これに気を取られたビッグEにシェーマスがブローグキックを決めて勝利。SDタッグ王座を獲得した。11月2日、サウジアラビアで行われたPPV「クラウンジュエル」でコフィ、ビッグE組を相手にタッグ王座の防衛戦。セコンドについていたビッグ・ショーがパンチを決めて、シェーマスがブローグキックでビッグEに勝利。11月18日、PPV「サバイバーシリーズ」でシェーマスと組んでRAWタッグ王者のAOPと対戦。パワーボムとネックブリーカーの合体技にシェーマスが敗れた。12月16日、PPV「TLC」でウーソーズ、ニュー・デイ(コフィ、ウッズ)を相手にタッグ王座の防衛戦。シェーマスがブローグキックでウッズに勝利。

2019

19年1月27日、PPV「ロイヤルランブル」でシェイン・マクマホン、ミズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。シェインのシューティングスタープレスにセザーロが敗れて王座転落。4月7日、PPV「レッスルマニア」でシェーマスと組んで4WAYでのSDタッグ王座戦に出場し、王者組のウーソーズの勝利に終わった。6月28日、両国国技館でのWWEの日本公演でリコシェのUS王座に挑戦。11分18秒、スワンダイブ式クロスボディからの回転エビ固めにフォール負け。6月29日、両国国技館での2日目でリコシェのUS王座に挑戦。17分25秒、スワンダイブ式ドラゴンラナに敗れた。7月14日、PPV「エクストリーム・ルールズ」でアリスター・ブラックと対戦。ブラックマスに敗れた。8月31日、NXT・UKテイクオーバー:カーディフでイリヤ・ドラグノフと対戦。ニュートライザーで勝利。10月31日、サウジアラビアでのPPV「クラウンジュエル」でマンスールと対戦。ムーンサルトプレスに敗れた。

2020

20年3月8日、PPV「エリミネーション・チェンバー」で中邑真輔、サミ・ゼインと組んでブラウン・ストローマンのインターコンチネンタル王座にハンディキャップマッチで挑戦。中邑、セザーロのダブルブレーンバスターとゼインのヘルヴァキックの合体技を決めてゼインがフォール勝ち。ゼインがインターコンチネンタル王座を獲得した。4月4日、PPV「レッスルマニア」(新型コロナウィルスの影響により無観客試合。実際の試合は3月25日)でドリュー・グラックと対戦。4分26秒、エアプレーンスピンで勝利。5月10日、PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でジェフ・ハーディーと対戦。スワントーンボムに敗れた。7月19日、PPV「エクストリームルールズ」で中邑真輔と組んでコフィ・キングストン、ビッグE組のSDタッグ王座にテーブルマッチで挑戦。セザーロが場外のテーブルにコフィを叩きつけて勝利。SDタッグ王座を獲得した。9月27日、PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でカリスト、リンセ・ドラド組を相手にタッグ王座の防衛戦。セザーロのジャイアントスイングと中邑キンシャサの合体技をカリストに決めて勝利。10月9日、スマックダウンでコフィ・キングストン、エグゼビア・ウッズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。コフィのトラブル・イン・パラダイスから、ウッズのダイビングエルボードロップを中邑がくらって敗れて王座転落。

2021

21年4月10日、PPV「レッスルマニア」の1日目でセス・ロリンズと対戦。11分27秒、ニュートラライザーで勝利。5月16日、PPV「レッスルマニア・バックラッシュ」でローマン・レインズのユニバーサル王座に挑戦。ギロチンチョークに敗れた。6月20日、PPV「ヘル・イン・ア・セル」でセス・ロリンズと対戦。丸めこまれてフォール負け。7月9日、スマックダウンでセス・ロリンズと対戦(マネー・イン・ザ・バンク・ラダーマッチ予選)。カーブストンプに敗れた。10月8日、スマックダウンでキング・オブ・ザ・リングに参戦し、1回戦でフィン・ベイラーと対戦。クー・デ・グラに敗れた。11月26日、スマックダウンでリッジ・ホランドと対戦。丸めこんでフォール勝ち。12月3日、スマックダウンでシェーマスと対戦。ブローグキックに敗れた。12月17日、スマックダウンでリッジ・ホランドと対戦。サイドスラムに敗れた。

2022

22年2月11日、スマックダウンでハッピー・コービンと対戦。エンド・オブ・デイズに敗れた。2月24日、WWEを離脱。以後、クラウディオ・カスタニョーリに改名。6月26日、シカゴで行われた新日本プロレスとAEWのPPV「フォビドゥン・ドア」でザック・セイバー・ジュニアと対戦。18分26秒、リコラボムで勝利。7月13日、AEWの放送でジェイク・ヘイガーと対戦。リコラボムで勝利。7月23日、ROHのPPV「デスビフォアディスオナー」でジョナサン・グレシャムのROH世界王座に挑戦。リコラボムで勝利。ROH世界王座を獲得した。8月6日、AEWの放送「バトル・オブ・ベルツ」で竹下幸之介を相手に防衛戦。リコラボムで勝利。8月26日、AEWの放送でダスティン・ローデスを相手に防衛戦。スーパー・アッパーカットで勝利。9月9日、AEWの放送でダックス・ハーウッドを相手に防衛戦。シャープシューターで勝利。9月21日、AEWの放送でクリス・ジェリコを相手に防衛戦。ジューダスエフェクトに敗れて王座転落。12月10日、ROHのPPV「ファイナルバトル」でクリス・ジェリコのROH世界王座に挑戦。ジャイアントスイングでジェリコがタップするまで回り続けて勝利。ROH世界王座を奪回した。