レスラーノート

デイビー・リチャーズ

DAVEY RICHARDS

1983年3月1日
ワシントン州オセロ出身
170cm 92kg

タイトル歴
ROH世界タッグ
IWGPジュニアタッグ
ROH世界ヘビー
FIP世界ヘビー
TNA世界タッグ
MLWナショナル
PWG世界タッグ
PWG世界王座
得意技
KIMURA(キムラロック)
ダイビング・ヘッドバット
アンクルロック
ゴッチ式パイルドライバー
DRドライバー(タイガードライバー)

04年にデビュー。インディ団体を転戦。

2005

05年7月9日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でシャノン・バラードと対戦。DRドライバーで勝利。7月10日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でTJパーキンスと対戦。丸めこまれてフォール負け。8月6日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でロッキー・ロメロと対戦。フロント・ネックロックに敗れた。9月3日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でクイックシルバーと対戦。雪崩式デスバレードライバーに敗れた。10月1日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でスーパー・ドラゴンと組んでエル・ジェネリコ、ヒューマン・トルネード組のPWGタッグ王座に挑戦。ドラゴンが雪崩式タイガードライバーでジェネリコに勝利。PWGタッグ王座を獲得した。10月14日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でクリス・セイビン、ピーティ・ウィリアムス組を相手にタッグ王座の防衛戦。ドラゴンがサイコドライバーでピーティに勝利。11月19日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でディスコ・マシーン、エクスカリバー組を相手にタッグ王座の防衛戦。ドラゴンがサイコドライバー2でエクスカリバーに勝利。12月3日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でディスコ・マシーン、エクスカリバー組を相手にタッグ王座の防衛戦。ケビン・スティーンが乱入してノーコンテスト。12月16日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でサモア・ジョーと対戦。マッスルバスターに敗れた。

2006

06年1月7日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でエル・ジェネリコ、クイックシルバー組を相手にタッグ王座の防衛戦。ドラゴンがサイコドライバーからのバリー・ホワイト・ドライバーでクイックシルバーに勝利。1月21日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でフェニックス・スター、ゾクレ組を相手にタッグ王座の防衛戦。両者リングアウト。2月4日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でフェニックス・スター、ゾクレ組を相手にタッグ王座の防衛戦。リチャーズがDRドライバーでゾクレに勝利。同日、クリス・ヒーロー、クラウディオ・カスタニョーリ組を相手にタッグ王座の防衛戦。リチャーズがシューティングスタープレスでカスタニョーリに勝利。2月18日、 PWGのドイツ・エッセン大会でエル・ジェネリコ、クイックシルバー組を相手にタッグ王座の防衛戦。ドラゴンが雪崩式タイガードライバーでジェネリコに勝利。2月19日、 PWGのイギリス・オーピントン大会でクリス・ボッシュ、スコット・ロスト組を相手にタッグ王座の防衛戦。ドラゴンがジャーマンスープレックス、ドラゴンスープレックスからのサイコドライバーでボッシュに勝利。3月4日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でジャック・エバンス、ロデリック・ストロング組を相手にタッグ王座の防衛戦。トップロープから飛んできたエバンスをドラゴンが受けとめて、パワーボムとリチャーズのラングブロアー(バックスタバー)の合体技で勝利。3月18日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でAJスタイルズ、クリストファー・ダニエルズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。リチャーズの雪崩式フランケンシュタイナーから、ドラゴンのパワーボムとリチャーズのトップロープからのラングブロアーの合体技でスタイルズに勝利。4月8日、ECWAのスーパー8トーナメントに出場。1回戦でスコット・ロスト、準決勝でミラノコレクションA.T.、決勝でチャーリー・ハースに勝利して優勝。4月9日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でエル・ジェネリコ、クイックシルバー組を相手にタッグ王座の防衛戦。ドラゴンが雪崩式サイコドライバーでジェネリコに勝利。5月20日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でスコット・ロスト、クリス・ボッシュ組を相手にタッグ王座の防衛戦。ロストのシャープシューターにリチャーズが敗れて王座転落。6月からROHに登場。6月3日、ROHのコネチカット州イースト・ウィンザー大会でジミー・レイヴと対戦。DRドライバーで勝利。6月17日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でジミー・レイヴと対戦。関節技で勝利。6月24日、 PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でジョーイ・ライアンのPWG世界王座に挑戦。スーパーキックからのダブルアーム・パイルドライバーに敗れた。7月15日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でAJスタイルズと対戦。スタイルズクラッシュに敗れた。8月5日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でKENTAと対戦。go2sleepに敗れた。8月12日、ROHのイギリス・リバプール大会でジミー・レイヴと対戦。DRドライバーで勝利。9月2日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でローニンと対戦。DRドライバーで勝利。9月3日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会での2回戦でオースチン・エイリースと対戦。リバース・クローバー・リーフで勝利。同大会での準決勝でロデリック・ストロングと対戦。丸めこんでフォール勝ち。同大会での決勝でCIMAと対戦。DRドライバーで勝利。バトル・オブ・ロサンゼルスに優勝した。9月15日、ROHのコネチカット州イースト・ウィンザー大会でオースチン・エイリースと対戦。垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。9月16日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でジャック・エバンスと対戦。マフラーホールドで勝利。9月29日、IWAミッドサウスのイリノイ州ミドロジアン大会でテッド・ペリー・インビテイショナルに参戦し、1回戦でジグソーと対戦。関節技で勝利。9月30日、IWAミッドサウスの同会場での2回戦でロウ・キーと対戦。ジョン・ウーからのゲットー・ストンプに敗れた。10月6日、ROHのオハイオ州クリーブランド大会でマット・サイダルとサバイバル・オブ・ザ・フィッテスト予選試合。インプラントに敗れた。10月7日、ROHのミシガン州デトロイト大会でクラウディオ・カスタニョーリと対戦。ウォーター・スライドに敗れた。10月13日、FIPのフロリダ州ブルックスビル大会でFIPヘビー級王座への挑戦権をかけてロデリック・ストロングと対戦。関節技に敗れた。10月21日、PWGのカリフォルニア州ラ・ハブラ・ハイツ大会でスコット・ロストと対戦。関節技で勝利。10月27日、ROHのオハイオ州デイトン大会でジェイ・ブリスコと対戦。DRドライバーで勝利。10月28日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でマーク・ブリスコと対戦。関節技で勝利。11月10日、FIPのフロリダ州インバーネス大会でSHINGOと対戦。関節技で勝利。11月17日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でロデリック・ストロングと組んでB−BOY、スーパー・ドラゴン組のタッグ王座に挑戦。リチャーズがシューティングスタープレスでドラゴンに勝利。PWG世界タッグ王座を獲得した。11月18日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会で4WAYマッチに敗れてタッグ王座から転落。11月25日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でオースチン・エイリースと対戦。関節技で勝利。12月2日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でロッキー・ロメロと対戦。リバース・クローバー・リーフで勝利。12月9日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でジェイ・ブリスコと対戦。ジェイ・ドリラーに敗れた。12月22日、ROHのコネチカット州ハートフォード大会でロデリック・ストロングのFIPヘビー級王座に挑戦。リングアウト負け。

2007

07年1月26日、ROHのマサチューセッツ州ブレーンツリー大会でロッキー・ロメロと対戦。アンクルロックに敗れた。2月10日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でロデリック・ストロングと組んでエル・ジェネリコ、クイックシルバー組のPWG世界タッグ王座に挑戦。ジェネリコの垂直落下式ブレーンバスターにストロングが敗れた。2月23日、ROHのオハイオ州デイトン・モンゴリーカウンティーセンター大会でサモア・ジョーと対戦。マッスルバスターに敗れた。3月3日、ROHのイギリス・リバプール大会でホミサイドと対戦。コップキラーに敗れた。3月4日、ROHのイギリス・リバプール大会でロドリック・ストロングと組んでSHINGO、土井成樹組のROH世界タッグ王座に挑戦。土井の雪崩式DOI555にリチャーズが敗れた。3月10日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でエル・ジェネリコのPWG世界王座に挑戦。Brainbustaaaaahhhhh!!!!!に敗れた。3月24日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でSHINGOと対戦。インバーテッド・クローバーリーフで勝利。3月30日、ROHのミシガン州デトロイト大会で望月成晃と対戦。真・最強ハイキックに敗れた。4月7日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でロウ・キーと対戦。ゲットースタンプに敗れた。4月8日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でクリス・ヒーローと対戦。関節技で勝利。5月4日、xWxのドイツ・オーバーハウゼン大会で16カラット・ゴールド・トーナメントに参戦し、1回戦で潮崎豪と対戦。丸めこまれてフォール負け。5月6日、同会場でPACのwXw世界ライト級王座に挑戦。360シューテイングスタープレスに敗れた。5月12日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でエリック・スティーブンスと対戦。アームロックで勝利。6月9日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でマット・クロスと対戦。チキンウイング・アームロックで勝利。7月、ノアに初来日。7月1日から始まったノアの日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグにブライアン・ダニエルソンと組んで参戦。リーグ戦は1勝3敗1引き分けに終わった。7月27日、ROHのニューヨーク州ディアパーク大会でレース・トゥ・ザ・トップ・トーナメントに参戦し、1回戦でジグソーと対戦。チキンウイング・アームロックで勝利。7月28日、ROHのニュージャージー州エジソン大会での2回戦でペリー・プリモウと対戦。チキンウイング・アームロックで勝利。同日の準決勝でエル・ジェネリコと対戦。ターンバックル・ブレーンバスターに敗れた。7月29日、PWGのカリフォルニア州バーバンク大会でファーガル・デヴィット(プリンス・デヴィット)と対戦。関節技で勝利。8月10日、ROHのマサチューセッツ州ボストン大会でジャック・エバンスと対戦。エバンスが630°スプラッシュを狙いトップロープに上がったところでロデリック・ストロングが乱入して反則負け。8月25日、ROHのニューヨーク州マンハッタン大会でPACと対戦。チキンウイング・アームロックで勝利。9月1日、PWGのカリフォルニア州バーバンク大会でバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でナイジェル・マッギネスと対戦。ジョーブレイカー・ラリアットに敗れた。9月14日、ROHのミシガン州デトロイト大会でサイラス・ヤングと対戦。チキンウイング・アームロックで勝利。9月15日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でオースチン・エイリースと対戦。450°スプラッシュに敗れた。10月14日、PWGのカリフォルニア州ヴァンナイズ大会でスコット・ロストと対戦。シャープシューターに敗れた。10月19日、ROHのネバダ州ラスベガス大会でクラウディオ・カスタニョーリとサバイバル・オブ・ザ・フィッテスト予選試合。リコラボムに敗れた。10月26日、PWGのフランス・パリ大会でスーパー・ドラゴンと組んでケビン・スティーン、エル・ジェネリコ組のPWG世界タッグ王座に挑戦。スティーンのパッケージ・パイルドライバーからのジェネリコの垂直落下式ブレーンバスターにリチャーズが敗れた。10月27日、PWGのイギリス・ポーツマス大会でスーパー・ドラゴンと組んでエル・ジェネリコ、ケビン・スティーン組のPWG世界タッグ王座に挑戦。リチャーズがシューティングスタープレスでスティーンに勝利。PWG世界タッグ王座を獲得した。10月28日、ドイツ・エッセンでのPWGとwXwの合同大会でケビン・スティーン、PAC組を相手にタッグ王座の防衛戦。ドラゴンのパワーボムとリチャーズのバックブリーカーの合体技でPACに勝利。11月2日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でデリリアスと対戦。関節技で勝利。11月9日、FIPのフロリダ州クリスタル・リバー大会でジャック・エバンスと対戦。キムラロックで勝利。12月29日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でエリック・スティーブンスと対戦。関節技で勝利。12月30日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会で丸藤正道と対戦。15分23秒、不知火に敗れた。

2008

08年1月6日、ノアのディファ有明大会で青木篤志の閃光十番勝負第2戦の対戦相手となり、16分29秒、羽根折り腕固めを反転させてのエビ固めにフォール負け。1月26日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でロッキー・ロメロと組んで4WAYマッチで勝利してROH世界タッグ王座を獲得。2月16日、FIPのフロリダ州クリスタルリバー大会でオースチン・エイリースと対戦。ラスト・チャンスリーに敗れた。2月23日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でラッカス、ジグソー組を相手にタッグ王座の防衛戦。リチャーズがランニング・シットダウン・パワーボムでジグソーに勝利。3月14日、ROHのニュージャージー州ドーバー大会でケビン・スティーンと対戦。パッケージ・パイルドライバーに敗れた。3月15日、ROHのニュージャージー州ドーバー大会でクラウディオ・カスタニョーリと対戦。ヨーロピアン・アッパーに敗れた。3月16日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でディンゴと対戦。関節技で勝利。3月29日、ROHのフロリダ州オーランド大会でラッカス、ジグソー組を相手にタッグ王座の防衛戦。スパイク・DRドライバーでジグソーに勝利。4月11日、ROHのマサチューセッツ州ボストン大会で飯伏幸太と対戦。フェニックススプラッシュをかわし、ツームストンパイルドライバーからのキムラロックで勝利した。4月12日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でブリスコブラザーズを相手にタッグ王座の防衛戦。ドゥームスデイ・デバイスにロメロが敗れて王座転落。4月26日、FIPのフロリダ州クリスタル・リバー大会でタイラー・ブラックと対戦。ゴッズ・ラスト・ギフトに敗れた。5月18日、PWGのカリフォルニア州バーバンク大会でオースチン・エイリースと対戦。クローバーリーフで勝利。6月7日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でクラウディオ・カスタニョーリと対戦。スイス・デスに敗れた。6月8日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でブランドン・ボナムと対戦。20分時間切れ引き分け。7月16日、セムのディファ有明大会でDDTの高梨将弘と対戦。6分57秒、テキサスクローバーホールドで勝利。8月からブライアン・ダニエルソンと組んでノアのジュニアタッグリーグ戦に参戦したが、リーグ戦敗退。8月14日、ノアの宮城野体育館大会でKENTAと対戦。12分50秒、腕極め卍固めに敗れた。9月13日、ROHの日本公演に来日。ディファ有明大会でロデリック・ストロングと対戦。24分59秒、変型タイガードライバーに敗れた。11月1日、PWGのカリフォルニア州バーバンク大会でバトル・オブ・ロサンゼルスに参戦し、1回戦でブライアン・ダニエルソンと対戦。キャトルミューティレーションに敗れた。11月7日、ROHのカナダ・モントリオール大会でロデリック・ストロングと対戦。セコンドのエディ・エドワーズのハイキックから、DRドライバーで勝利。11月8日、ROHのカナダ・マーカム大会でジェリー・リンと対戦。DRドライバーで勝利。11月21日、ROHのオハイオ州デイトン大会でブレント・オルブライトと対戦。丸めこまれてフォール負け。12月からエディ・エドワーズとアメリカン・ウルブスを結成してタッグで活躍。

2009

09年1月30日、ROHのミシガン州デトロイト大会でエディ・エドワーズと組んでケビン・スティーン、エル・ジェネリコ組のROH世界タッグ王座に挑戦。リチャーズが靴で殴りかかったがスティーンにかわされてエドワーズに誤爆し、スティーンにエドワーズがフォール負け。2月6日、ROHのフロリダ州コーラルスプリングス大会でタイラー・ブラックと対戦。コーナーへのパワーボムからのスーパーキックに敗れた。2月7日、ROHのフロリダ州オーランド大会でケビン・スティーンと対戦。丸めこまれてフォール負け。2月19日、ノアの大阪府立体育会館第2競技場大会で丸藤と対戦。気迫に満ちたファイトを展開したが、11分53秒、前方回転式の不知火に敗れた。2月22日、ノアのZepp Nagoya大会で中嶋勝彦と対戦。13分13秒、垂直落下式ブレーンバスターからのジャーマンスープレックスに敗れた。3月21日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でエディ・エドワーズと組んでケビン・スティーン、エル・ジェネリコ組のROH世界タッグ王座にノーDQマッチで挑戦。リチャーズがスティーンのイス攻撃を左膝にくらい、シャープシューターに敗れた。4月3日、ROHのテキサス州ヒューストン大会でKENTAのGHCジュニア王座に挑戦。18分32秒、go2sleepに敗れた。4月10日、ROHのフィラデルフィア大会でエディ・エドワーズと組んでエル・ジェネリコ、ケビン・スティーン組に勝利してROH世界タッグ王座を獲得。4月11日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でケニー・オメガと対戦。クロイツ・ラスに敗れた。4月12日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会(100回目の大会)でタイラー・ブラックと対戦。丸めこんでフォール勝ち。4月18日、ROHのカナダ・マーカム大会でタイラー・ブラック、ブライアン・ダニエルソン組を相手にタッグ王座の防衛戦。45分時間切れ引き分け。4月24日、ROHのオハイオ州デイトン大会でタイラー・ブラックと対戦。丸めこんでフォール勝ち。4月25日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でケビン・スティーン、ジェイ・ブリスコ組を相手に3本勝負でタッグ王座の防衛戦。1本目はスティーンのシャープシューターにエドワーズが敗れた。2本目はリチャーズがテキサスクローバーホールドでスティーンに勝利。3本目はエドワーズがジェイを肩車してドゥームスデイ・デバイス式のエース・クラッシャーを決めて勝利。5月2日、FIP世界ヘビー級王座を獲得。5月8日、ROHのマサチューセッツ州ボストン大会でケビン・スティーンと対戦。場外のテーブルへのパッケージ・パイルドライバーをくらってリングに戻されフォール負け。5月9日、ROHのニュージャージー州エジソン大会でケビン・スティーン、ブライアン・ダニエルソン組を相手にタッグ王座の防衛戦。エドワーズが逆片エビ固めでダニエルソンに勝利。6月12日、ROHのバージニア州マナッサス大会でジェイ・ブリスコと対戦。丸めこまれてフォール負け。6月13日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でケビン・スティーン、エル・ジェネリコ組を相手にタッグ王座の防衛戦。エドワーズが逆片エビ固めでジェネリコに勝利。6月26日、ROHのミシガン州デトロイト大会でKENTA、ロデリック・ストロング組を相手にタッグ王座の防衛戦。エドワーズが逆片エビ固めでストロングに勝利。6月28日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でニック・ジャクソンと対戦。テキサスクローバーホールドで勝利。7月25日、ROHのカナダ・トロント大会で6人参加のガントレットマッチの最後に登場し、ジミー・レイヴと対戦。キムラロックで勝利して世界王座への挑戦権を獲得。7月31日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でロデリック・ストロングと対戦。ギブソンドライバーに敗れた。9月6日、ドラゴンゲートUSAのイリノイ州シカゴ大会でSHINGOと対戦。25分45秒、チキンウイング・アームロックで勝利。9月18日、ROHのオハイオ州デイトン大会でクラウディオ・カスタニョーリと対戦。カナディアンデストロイヤーで勝利。9月19日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でブリスコブラザーズを相手にタッグ王座の防衛戦。ドゥームスデイ・デバイスをエドワーズがくらい、リチャーズがレフリーにミサイルキックを決めて反則負け。規定により王座防衛。9月25日、ROHのマサチューセッツ州ボストン大会でブライアン・ダニエルソンと対戦。シューティングスタープレスからのキムラロックで勝利。10月4日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でケニー・キングと対戦。テキサスクローバーホールドで勝利。10月9日、ROHのイリノイ州コリンズビル大会でケニー・オメガと対戦。丸めこまれてフォール負け。11月13日、ROHのミシガン州ノバイ大会でオースチン・エイリースのROH世界王座に挑戦。垂直落下式ブレーンバスターからのラストチャンスリーに敗れた。11月28日、ドラゴンゲートUSAのペンシルバニア州フィラデルフィア・ジ・アリーナ大会でオープン・ザ・フリーダムゲート王座決定トーナメントに参戦し、1回戦でYAMATOと対戦。21分22秒、ギャラリアに敗れた。12月6日、ドラゴンゲートの札幌テイセンホール大会で望月成晃を相手にFIP王座の防衛戦。19分8秒、真・最強ハイキックに敗れて王座転落。12月19日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でブリスコブラザーズを相手にタッグ王座の防衛戦。ドゥームスデイ・デバイスにエドワーズが敗れて王座転落。

2010

10年1月16日、ニュージャージー州ローウェイでのEVOLVEの旗揚げ戦のメインで飯伏幸太と対戦。ミサイルキック、シューティングスタープレス、キムラロックから後頭部にエルボーを連打してキムラロックで勝利。1月23日、ドラゴンゲートUSAのイリノイ州シカゴ・コングレスシアター大会で望月成晃のFIP世界ヘビー級王座に挑戦。19分6秒、三角絞めで勝利。FIP世界ヘビー級王座を奪回した。1月30日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でケビン・スティーンと対戦。腕ひしぎ逆十字固めで勝利。2月5日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でTV王座決定トーナメントに参戦し、1回戦で デリリアスと対戦。腕ひしぎ逆十字固めで勝利。2月13日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でエル・ジェネリコと対戦。腕ひしぎ逆十字固めで勝利。2月27日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でケニー・オメガのPWG世界王座に挑戦。腕ひしぎ逆十字固めで勝利。PWG世界王座を獲得した。3月5日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会での準決勝でケニー・キングと対戦。腕ひしぎ逆十字固めで勝利。同日の決勝でエディ・エドワーズと対戦。逆片エビ固めに敗れた。3月20日、ROHのカナダ・ミシサガ大会でケニー・オメガと対戦。キムラロックで勝利。3月26日、ROHのアリゾナ州フェニックス大会でエディ・エドワーズと組んでブリスコブラザーズのROH世界タッグ王座に挑戦。ドゥームスデイ・デバイスにエドワーズが敗れた。4月3日、ROHのノースカロライナ州シャーロット大会でケニー・キングと対戦。テキサスクローバーホールドで勝利。4月10日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でロデリック・ストロングを相手に防衛戦。テキサスクローバーホールドで勝利。4月24日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でロデリック・ストロングと対戦。20分時間切れ引き分け。5月に新日本プロレスに来日し、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。外道ラ・ソンブラKUSHIDAライガーに勝利し、デヴィット、飯伏に敗れ、惜しくもリーグ戦に敗退した。6月19日、ROHのカナダ・トロント大会でタイラー・ブラックのROH世界王座に挑戦。リストクラッチ・ゴッズ・ラスト・ギフトに敗れた。7月25日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でクリス・ヒーローを相手に防衛戦。アンクルロックで勝利。8月27日、ROHのバージニア州リッチモンド大会でケビン・スティーンと対戦。バズソーキックで勝利。8月28日、ROHのノースカロライナ州シャーロット大会でタイラー・ブラックと対戦。テキサスクローバーホールドで勝利。9月13日、多忙のため防衛戦が不可能となりPWG世界王座を剥奪された。9月26日、新日本プロレスの神戸ワールド記念ホール大会で金本浩二と対戦。15分19秒、シューティングスタープレスをかわされた直後にムーンサルトプレス、タイガースープレックスをくらって敗れた。10月15日、ROHのオハイオ州デイトン大会でクリストファー・ダニエルズと組んでクリス・ヒーロー、クラウディオ・カスタニョーリ組のROH世界タッグ王座に挑戦。KRS1にダニエルズが敗れた。10月16日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でクリストファー・ダニエルズと対戦。アンクルロックで勝利。12月11日、大阪府立体育会館大会でデヴィットのIWGPジュニア王座に挑戦。13分4秒、ブラディサンデーに敗れた。12月17日、ROHのマサチューセッツ州プリマス大会でエディ・エドワーズと組んでクリス・ヒーロー、クラウディオ・カスタニョーリ組のROH世界タッグ王座に挑戦。ヒーローのローリング・エルボー3連発にエドワーズが敗れた。12月18日、ROHのニューヨーク州ニューヨーク大会でロデリック・ストロングのROH世界王座に挑戦。大熱戦を展開したが、ストロングホールドにレフリーストップ負け。

2011

11年1月15日、ROHのノースカロライナ州シャーロット大会でクリス・ヒーローと対戦。腕ひしぎ逆十字固めで勝利。1月28日、ROHのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でTJパーキンスと対戦。腕ひしぎ逆十字固めで勝利。1月29日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でロウ・キーと対戦。ゲットースタンプに敗れた。2月26日、ROHのイリノイ州シカゴ大会でコルト・カバナと対戦。腕ひしぎ逆十字固めで勝利。3月18日、ROHのマサチューセッツ州プリマス大会でクラウディオ・カスタニョーリと対戦。シューティングスタープレスで勝利。3月19日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でクリストファー・ダニエルズとピュアルールで対戦。ジャックナイフ式エビ固めにフォール負け。4月1日、ROHのジョージア州アトランタ大会でロデリック・ストロングと対戦。アンクルロックで勝利。5月3日、新日本プロレスの福岡国際センター大会でロッキー・ロメロと組んでデヴィット、田口組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。17分41秒、デヴィットのブラディサンデーにロメロが敗れた。5月7日、ROHのカナダ・トロント大会でケニー・キングと対戦。アンクルロックで勝利。5月15日、新日本プロレスのペンシルベニア州アサイラム・アリーナ大会で棚橋弘至と対戦。14分45秒、ハイフライフローに敗れた。5月21日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でチャーリー・ハースと対戦。バズソーキックで勝利。5月26日からベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。第1戦の後楽園ホール大会で昨年優勝者で現IWGPジュニア王者のプリンス・デヴィットと対戦。13分18秒、パワーボムで勝利。5月28日、ディファ有明大会で邪道と対戦。13分1秒、シャープシューターで勝利。5月29日、後楽園ホール大会で4代目タイガーマスクと対戦。9分56秒、羽根折り固めに敗れた。6月3日、岩出市立市民総合体育館大会でタイチと対戦。10分6秒、シャープシューターで勝利。6月4日、KBSホール大会でフジタ“Jr”ハヤトと対戦。10分3秒、シャープシューターで勝利。6月5日、明石市立産業交流センター大会でTJPと対戦。9分51秒、パワーボムを前方回転エビ固めに切り返されてフォール負け。6月7日、ディファ有明大会で金本と対戦。12分6秒、逆さ押さえ込みをエビ固めに切り返してフォール勝ち。6月8日、ディファ有明大会でケニー・オメガと対戦。9分55秒、パワーボムで勝利。6勝2敗となり、リーグ戦を2位で通過。6月10日、後楽園ホール大会での準決勝で飯伏幸太と対戦。ムーンサルトムーンサルトをヒザを立てて防ぎ、垂直落下式ブレーンバスターやエルボーなどの打撃技でカウント3寸前まで追いこんだが、雪崩式パワーボムを雪崩式フランケンシュタイナーに切り返されてしまい、最後は11分17秒、ファイヤーバードスプラッシュに敗れた。6月26日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でエディ・エドワーズのROH世界王座に挑戦。ローリング・ソバット、バズソーキックを決めてカウント2。スーパーキック2連発、バズソーキックを決めてカウント2。ローリングソバットからのランニング・バズソーキックで勝利。ROH世界王座を獲得した。9月10日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でケビン・スティーンのPWG世界王座に挑戦。パッケージ・パイルドライバーからの胴絞めスリーパーホールドに敗れた。10月10日、新日本プロレスの両国国技館大会でロッキー・ロメロと組んでデヴィット、田口組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。13分29秒、リチャーズがデヴィットをかついでロメロがダイビングニードロップを落とす合体技、コントラクトキラーを決めてリチャーズがデヴィットにフォール勝ち。IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。10月22日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でウィリー・マックと対戦。ドラゴンスープレックスからの顔面へのキックで勝利。11月12日、大阪府立体育会館大会で4代目タイガーマスク、KUSHIDA組を相手に防衛戦。12分43秒、コントラクトキラーでKUSHIDAに勝利。11月19日、ROHのイリノイ州シカゴ・リッジ大会でエル・ジェネリコを相手に防衛戦。バズソーキック、顔面へのローリング・ソバットからのシャイニングウィザードで勝利。12月4日、愛知県体育館大会でプリンス・デヴィットのIWGPジュニア王座に挑戦。エプロンでのブラディサンデー、ダイビングフットスタンプをくらい、最後は12分16秒、ブラディサンデーに敗れた。12月23日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会のメインでエディ・エドワーズを相手に防衛戦。バズソーキックで勝利。

2012

12年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会でデヴィット、田口組を相手にタッグ王座の防衛戦。12分44秒、リチャーズがパワーボムを田口に前方回転エビ固めに切り返されてフォール負け。ジュニアタッグ王座から転落。1月20日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でジェイ・リーサルを相手に防衛戦。後頭部へのバズソーキックで勝利。2月12日、大阪府立体育会館大会でロメロと組んでデヴィット、田口組のタッグ王座に挑戦。15分10秒、リチャーズがパワーボムで田口に勝利して王座奪回。2月17日、ROHのオハイオ州シンシナティ大会でカイル・オライリーと組んでブリスコブラザーズのROH世界タッグ王座に挑戦。ドゥームスデイ・デバイスにオライリーが敗れた。3月10日、名古屋国際会議場大会のメインでデヴィットのIWGPジュニア王座に挑戦。15分25秒、ブラディサンデーに敗れた。3月30日、ROHのフロリダ州フォートローダーデール大会でエドワーズ、ストロングを相手に3WAYでの防衛戦。ストロングがスモールパッケージホールドでエドワーズにフォール勝ち。最後は21分30秒、リチャーズがストロングにキックの連打で勝利して防衛に成功した。3月31日、同会場でマイケル・エルガンを相手に防衛戦。バズソーキックで勝利。4月21日、AAWのイリノイ州バーウィン大会でシェイン・ホリスターと対戦。丸めこんでフォール勝ち。4月29日、ROHのオハイオ州デイトン大会でアダム・コールを相手に防衛戦。関節技で勝利。5月2日、新日本プロレスが、交通事故に巻きこまれて空港に向かうことができなかったことを理由にリチャーズの来日中止を発表。5月3日に福岡国際センター大会で4代目タイガーマスク、ライガー組を相手にタッグ王座の防衛戦が行われる予定だった。タッグ王座は返上となった。5月12日、ROHのカナダ・オンタリオ州トロント大会のメインでケビン・スティーンを相手に防衛戦。パッケージ・パイルドライバーに敗れて王座転落。5月19日、ROHのバージニア州リッチモンド大会でジミー・ジェイコブスと対戦。アンクルロックで勝利。6月15日、ROHのウェストバージニア州チャールストン大会でマイク・モンドと対戦。15分時間切れ引き分け。6月22日、AAWのイリノイ州バーウィン大会でサミ・キャラハンと対戦。関節技で勝利。6月24日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でケビン・スティーンのROH王座に挑戦。パッケージ・パイルドライバーに敗れた。8月12日、wXwのオーバーハウゼン大会でザック・セイバー・ジュニアと対戦。16分58秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。9月1日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でのバトル・オブ・ロサンゼルス・トーナメントに出場。1回戦でマイケル・エルガンと対戦。ターンバックル・パワーボムからのエルガンボムに敗れた。10月6日、ROHのニュージャージー州ローウェイ大会でマイク・モンドと対戦。テキサスクローバーホールドで勝利。10月13日、ROHのカナダ・ミシサガ大会でジェイ・リーサルと対戦。リーサルインジェクションからのコージ・クラッチに敗れた。10月26日、AAWのイリノイ州バーウィン大会でサイラス・ヤングと対戦。丸めこんでフォール勝ち。10月27日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でサミ・キャリハンと対戦。マフラーホールドに敗れた。11月24日、AAWのイリノイ州メリオネット・パーク大会のメインでマイケル・エルガンのAAWヘビー級王座に挑戦。エルガンボムに敗れた。12月29日、AAWのイリノイ州バーウィン大会でデイビー・リチャーズと組んでジェイク・クリスト、デイブ・クリスト組のAAWタッグ王座に挑戦。30分時間切れ引き分け。

2013

13年1月18日、ROHのミシガン州ディアボーン大会でエディ・エドワーズと組んでブリスコブラザーズのROH世界タッグ王座に挑戦。ジェイのジェイ・ドリラーにエドワーズが敗れた。1月19日、ROHのウィスコンシン州ミルウォーキー大会でカイル・オライリーと対戦。バズソーキックで勝利。2月10日、AAWのイリノイ州パラタイン大会でサミ・キャラハンと対戦。バズソーキックで勝利。4月5日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でエディ・エドワーズと組んでボビー・フィッシュ、カイル・オライリー組のROH世界タッグ王座に挑戦。オライリーに丸めこまれてリチャーズがフォール負け。5月4日、ROHのカナダ・トロント大会でポール・ロンドンと対戦。シューティングスタープレスをヒザを立てて防ぎ、ジャックナイフ式エビ固めでフォール勝ち。6月1日、ROHのテキサス州サンアントニオ大会でジェイ・ブリスコのROH世界王座に挑戦。ジェイ・ドリラーに敗れた。6月8日、ROHのオハイオ州コロンバス大会でセドリック・アレキサンダーと対戦。テキサスクローバーホールドで勝利。6月15日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でカイル・オライリーと対戦。腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。7月11日、ROHのイリノイ州シカゴ大会でサイラス・ヤングと対戦。アンクルロックで勝利。7月12日、ROHのウィスコンシン州ミルウォーキー大会でボビー・フィッシュと対戦。キックをくらってフォール負け。8月3日、ROHのカナダ・トロント大会でエディ・エドワーズと組んでロッキー・ロメロ、アレックス・コズロフ組のタッグ王座に挑戦。フォース・オブ・ネイチャーでロメロに勝利。ROH世界タッグ王座を獲得した。8月17日、ROHのニューヨーク州ニューヨークシティ大会でボビー・フィッシュ、カイリー・オライリー組を相手にタッグ王座の防衛戦。チェイシング・ザ・ドラゴンからのオライリーの腕ひしぎ逆十字固めにリチャーズが敗れて王座転落。9月6日、ROHのテネシー州イースト・リッジ大会でマット・ターバンと対戦。ヒザへのダブル・フットストンプからのレッグロックで勝利。9月7日、ROHのアラバマ州バーミンガム大会でマイケル・ベネットと対戦。パイルドライバーに敗れた。9月20日、ROHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でエディ・エドワーズと組んでロッキー・ロメロ、アレックス・コズロフ組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。コントラクトキラーにリチャーズが敗れた。10月18日、イギリスの4FWのオックスフォード・エクセターホール大会で拳王の東北ジュニア王座に挑戦。28分45秒、ハイキック、ジャーマンスープレックスからの羅喉に敗れた。10月19日、イギリスのRPWのヨークホール大会でザック・セイバー・ジュニアと対戦。腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。11月2日、ROHのオハイオ州シンシナティ大会でACHと対戦。ダイビング・フットスタンプで勝利。11月15日、ROHのミシガン州ディアボーン大会でロデリック・ストロングと対戦。丸めこまれてフォール負け。11月、エディ・エドワーズと共にアメリカン・ピットブルズとしてWWEのNXTに登場。しかし、WWEと契約はできなかった。12月20日、PWGのカリフォルニア州レセダ大会でジョニー・ガルガノと対戦。ガルガノ・エスケープに敗れた。12月21日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス大会でリコシェと対戦。630°スプラッシュに敗れた。12月28日、AAWのイリノイ州ベルウィン大会でジミー・ジェイコブスと対戦。エンド・タイムに敗れた。

2014

14年1月10日、EVOLVEのフロリダ州イーバーシティ大会でARフォックスのEVOLVE王座に挑戦。ローメン・ペインに敗れた。1月19日、PWXのノースカロライナ州ウィンストンセーラム大会でリッチ・スワンと対戦。丸めこんでフォール勝ち。1月、TNAにエドワーズと共に登場した。2月23日、エドワーズと組んでTNA世界タッグ王座を獲得。3月2日、W−1の両国国技館大会に来日し、エドワーズと組んでカズ・ハヤシ近藤修司組、ジェシー・ガッデス、ロビーE組を相手に3WAYでの防衛戦。12分45秒、合体技のブローダウンでガッデスがハヤシにフォール勝ちしたため、タッグ王座から転落した。4月27日、PPV「サクリファイス」でエドワーズと組んでジェシー・ガッデス、ロビーE組を破りTNA世界タッグ王座を奪回した。7月6日、W−1の両国国技館大会に来日し、金本、田中稔組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分45秒、合体技のフォースオブネイチャー(エディがパワーボムで持ち上げてリチャーズがバッククラッカー)を決めてリチャーズが稔にフォール勝ち。9月19日、アビス、ジェームス・ストーム組に敗れてタッグ王座から転落。

2015

15年1月30日、エドワーズと組んでTNA世界タッグ王座を獲得。3月8日、EVOLVEのニューヨーク州ディアパーク大会でアンソニー・ニースと対戦。ストレッチ・マフラーで勝利。3月13日、エドワーズの足のケガのためタッグ王座を返上。4月18日、EVOLVEのフロリダ州オーランド大会でトレバー・リーと対戦。スピニング・バズソーキックで勝利。5月1日、AAWのイリノイ州メリオネットパーク大会でトマソ・チャンパと対戦。スモールパッケージホールドにフォール負け。5月30日、EVOLVEのニューヨーク州クイーンズ大会でケイレブ・コンリーと対戦。スピニング・バズソーキックで勝利。5月31日、EVOLVEのニューヨーク州ロングアイランド大会でドリュー・グラックと対戦。丸めこんでフォール勝ち。6月25日、エドワーズと組んでTNA世界タッグ王座を獲得。7月28日、トレバー・リー、ブライアン・マイヤーズ組に敗れてタッグ王座から転落。7月29日、タッグ王座を奪回。9月6日、ダイナモ・プロのミズーリ州セントルイス大会でジェイク・ダーデンのダイナモ・プロヘビー級王座に挑戦。5分30秒、チョークスラムに敗れた。

2016

16年1月31日、ビアマネーインクに敗れてタッグ王座から転落。その後、ケガのため長期欠場。

2017

17年1月5日、ラシュリーとイーサン・カーター3世を相手にしたエドワーズのTNA王座の防衛戦で、ラシュリーがチャンピオンベルトを持ちだし攻撃を加えようとしたところに入場。背後からベルトを取りあげ、エドワーズの勝利をアシストした。1月6日、PPV「ワンナイトオンリー」で復帰し、ラシュリーと対戦。チキンウイング・アームロックに敗れた。1月20日、AAWのイリノイ州メリオネットパーク大会でマット・サイダルと対戦。エア・サイダルに敗れた。2月9日の放送でラシュリーの王座に挑戦したエドワーズのセコンドについたが、突然裏切ってベルトで殴ってラシュリーの勝利に貢献。その後、エドワーズと抗争。4月6日の放送でエドワーズとのラストマンスタンディングマッチに勝利。4月27日の放送でムースのグランド王座に挑戦。3R、エドワーズが乱入して反則勝ち。規定により王座奪取に失敗。6月8日の放送でビカス・クマールと対戦。アンクルホールドで勝利。7月2日、PPV「スラミバーサリー」で妻のアンジェリーナ・ラブと組んでエディ・エドワーズ、アリーシャ・エドワーズ組とフル・メタル・メイヘム・マッチ。夫婦対決となった。エドワーズのラダーから机へのパワーボムをリチャーズがくらって敗れた。7月27日の放送で石森太二と対戦。450°スプラッシュに敗れた。9月17日、膝の手術のため年内の長期欠場を表明。11月4日、勉強のため18年から1年間欠場することをTwitterで表明した。

2021

21年7月9日、アナーキーのイリノイ州グラニットシティ大会でエバレット・コナーズと対戦。13分12秒、アンクルロックで勝利。7月10日、MLWのペンシルベニア州フィラデルフィア・2300アリーナ大会でTJPと対戦。アンクルロックで勝利。7月30日、WrestleMax STLのミズーリ州セントルイス大会でJDXと対戦。17分45秒、アンクルロックで勝利。8月20日、アナーキーのイリノイ州グラニットシティ大会でトーマス・シャイアと対戦。17分32秒、ブレーンバスターで勝利。8月22日、グローリー・プロのミズーリ州セントルイス大会でフレッド・イェハイと対戦。12分13秒、アンクルロックで勝利。9月24日、アナーキーのイリノイ州グラニットシティ大会でエバレット・コナーズと対戦。9分48秒、アンクルロックで勝利。9月26日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス・グローブ・シアター大会でバンディードのPWG世界王座に挑戦。丸めこまれてフォール負け。10月1日、2CWのニューヨーク州シラキュース大会でアレックス・シェリーと対戦。シェルショックからのボーダーシティ・ストレッチに敗れた。10月2日、MLWのペンシルベニア州フィラデルフィア・2300アリーナ大会でMLWオペラカップに参戦し、1回戦でトム・ローラーと対戦。アンクルロックで勝利。同大会での準決勝でボビー・フィッシュと対戦。アンクルロックで勝利。10月3日、GPWのミズーリ州セントルイス大会で鈴木みのると対戦。ゴッチ式パイルドライバーに敗れた。10月21日、ビヨンド・レスリングのマサチューセッツ州ウースター大会でマット・マコフスキと対戦。腕ひしぎ十字固めに敗れた。11月6日、MLWのペンシルベニア州フィラデルフィア・2300アリーナ大会での決勝でTJPと対戦。アンクルロックで勝利。MLWオペラカップに優勝した。11月21日、PWGのカリフォルニア州ロサンゼルス・グローブ・シアター大会でリオ・ラッシュと対戦。フロッグスプラッシュに敗れた。

2022

22年1月21日、MLWのテキサス州ダラス大会でACHと対戦。アンクルロックで勝利。2月6日、グローリー・プロのミズーリ州セントルイス大会でデイビー・ベガと対戦。13分2秒、クレイドル・パイルドライバーで勝利。2月26日、MLWのノースカロライナ州シャーロット大会でアレキサンダー・ハマーストーンのMLW世界ヘビー級王座に挑戦。ナイトメア・ペンデュラムに敗れた。3月20日、グローリー・プロのミズーリ州セントルイス大会でマイロン・リードと対戦。13分42秒、クラッチ・パイルドライバーで勝利。3月31日、MLWのテキサス州ダラス大会でリチャード・ホリデーと対戦。マーケット・クラッシュに敗れた。4月1日、MLWのテキサス州ダラス大会でダニー・リベラと対戦。ゴッチ式パイルドライバーで勝利。4月24日、グローリー・プロのミズーリ州セントルイス大会でマイク・アウトローのグローリー王座に挑戦。19分34秒、スモールパッケージホールドにフォール負け。4月30日、グランデルのミズーリ州セントルイス大会でサムライ・デル・ソルと対戦。9分38秒、インディアンデスロックで勝利。5月13日、MLWのペンシルベニア州フィラデルフィア・2300アリーナ大会でアレックス・ケインのMLWナショナル王座に挑戦。20分時間切れ引き分け。5月22日、グローリー・プロのミズーリ州セントルイス大会でエディ・キングストンと対戦。12分41秒、ノーザンライトボムに敗れた。5月28日、ウォリアーのイリノイ州コリンズビル大会でブライアン・ケイジと対戦。17分1秒、ゴッチ式パイルドライバーで勝利。6月23日、MLWのニューヨークシティ大会でアレックス・ケインのナショナル王座に挑戦。ゴッチ式パイルドライバーで勝利。MLWナショナル王座を獲得した。7月1日、GCWのイリノイ州ソーゲット大会でジョーイ・ジャネラと対戦。ゴッチ式パイルドライバーで勝利。7月29日、アナーキーのイリノイ州アルトン大会でケニー・アルフォンソと対戦。ゴッチ式パイルドライバーで勝利。7月30日、新日本プロレスのテネシー州ナッシュビル・ナッシュビルフェアグラウンズ大会でロッキー・ロメロを相手にMLWナショナル王座の防衛戦。11分29秒、アンクルホールドを前方回転エビ固めに切り返されたが丸めこんでフォール勝ち。8月20日、WrestleMax STLのミズーリ州セントルイス大会でリバーシティ王座をかけたデビッド・リー・メモリアルトーナメントに参戦し、1回戦でモーゼズと対戦。12分24秒、ゴッチ式パイルドライバーで勝利。同日の準決勝でデイビー・ベガと対戦。3分1秒、スーパーキックに敗れた。8月27日、MLWのテキサス州エル・パソ大会でエル・ドラゴンに勝利。9月18日、MLWのジョージア州ノークロス大会でSB KENToを相手に防衛戦。アンクルロックで勝利。9月25日、プレステージのオレゴン州ポートランド大会でソニコと対戦。ゴッチ式パイルドライバーで勝利。10月7日、アナーキーのイリノイ州アルトン大会でマンダースと対戦。12分50秒、ゴッチ式パイルドライバーで勝利。11月12日、NWAのルイジアナ州シャルメット大会でコルビー・コリノを相手にMLWナショナル王座の防衛戦。アンクルロックで勝利。12月18日、グローリー・プロのミズーリ州セントルイス大会でニック・オルディスと対戦。15分5秒、ジャックナイフ式エピ固めでフォール勝ち。