レスラーノート

ボーン・ソルジャー

本名:平澤光秀
1982年3月27日
北海道札幌市出身
187cm 104kg
血液型:A型

タイトル歴
WWCカリビアンヘビー
WWCプエルトリコヘビー
得意技
カリビアンデスグリップ
ヒラボトム(ロックボトムと同型)

父親が指導する道場にて3歳よりレスリングを始める。中学3年で全国中学生大会70Kg級優勝。98年、高校2年で国民体育大会少年の部フリースタイル76Kg級優勝。99年、高校3年でインターハイ団体10連覇に貢献。01年、大学2年で全日本ジュニアの部フリースタイル84Kg級優勝。02年、03年、全日本学生選手権フリースタイル84Kg級3位。大学卒業後、一般企業にて営業職を経験しながら、04年国民体育大会96Kg級3位。05年、全日本社会人選手権フリースタイル120Kg級優勝。05年3月、新日本プロレスに入門。

2006

06年1月28日、後楽園ホール大会での飯塚戦でデビュー。4分29秒、逆エビ固めに敗れた。1月29日、栗原市築館運動公園総合体育館大会で宇和野貴史と対戦。5分57秒、逆エビ固めに敗れた。2月1日、八戸市体育館大会でエル・サムライと対戦。6分15秒、チキンウイング・アームロックに敗れた。2月2日、青森産業会館大会で田口隆祐と対戦。6分42秒、逆エビ固めに敗れた。2月4日、札幌テイセンホール大会で宇和野貴史と対戦。8分35秒、逆エビ固めに敗れた。2月5日、月寒グリーンドーム大会で飯塚高史と対戦。8分54秒、スリーパーホールドに敗れた。2月7日、室蘭市体育館大会で邪道と対戦。5分46秒、クロスフェイス・オブ・JADOに敗れた。2月8日、函館市体育館大会で後藤洋央紀と対戦。8分5秒、逆片エビ固めに敗れた。2月11日、大阪府立臨海スポーツセンター大会でエル・サムライと対戦。8分11秒、チキンウイング・アームロックに敗れた。2月12日、岐阜産業会館大会で飯塚高史と対戦。8分43秒、逆エビ固めに敗れた。2月17日、平塚総合体育館大会で宇和野貴史と対戦。9分7秒、逆片エビ固めに敗れた。2月18日、三条市厚生福祉会館大会で宇和野貴史と対戦。8分52秒、逆片エビ固めに敗れた。3月4日、久喜市総合体育館大会で裕次郎と対戦。5分45秒、逆片エビ固めに敗れた。3月6日、後楽園ホール大会で宇和野貴史と対戦。8分13秒、逆片エビ固めに敗れた。3月11日、愛知県体育館大会で裕次郎と対戦。7分5秒、抱えこみ式逆エビ固めに敗れた。3月12日、アクトシティ浜松大会で宇和野貴史と対戦。8分12秒、逆片エビ固めに敗れた。3月17日、大阪市中央公会堂大会で宇和野貴史と対戦。8分24秒、逆片エビ固めに敗れた。3月21日、Zepp Sendai大会で裕次郎と対戦。6分51秒、抱えこみ式逆エビ固めに敗れた。4月21日、柳井市体育館大会で裕次郎と対戦。6分35秒、キャメルクラッチに敗れた。4月23日、宮崎県武道館大会でプリンス・デヴィットと対戦。5分59秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。4月26日、鹿児島アリーナ 大会で裕次郎対戦し、5分51秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。デビュー21戦目にして初勝利。4月28日、米子コンベンションセンター大会で裕次郎と対戦。5分23秒、キャメルクラッチに敗れた。4月30日、尼崎市記念公園総合体育館大会で裕次郎と対戦。7分36秒、抱えこみ式逆エビ固めに敗れた。5月7日、京都市体育館大会でプリンス・デヴィットと対戦。6分52秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。6月4日、松戸市運動公園体育館大会で内藤哲也と対戦。7分26秒、逆エビ固めで勝利。6月8日、豊橋市総合体育館・第2競技場大会で内藤哲也と対戦。7分9秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。6月10日、四日市市体育館大会で内藤哲也と対戦。8分3秒、逆エビ固めで勝利。7月7日、明石市立産業交流センター大会で後藤洋央紀と対戦。6分43秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。7月8日、ツインメッセ静岡大会で内藤哲也と対戦。8分49秒、逆エビ固めで勝利。7月11日、南部町民体育館大会で裕次郎と対戦。6分56秒、パワースラムに敗れた。7月15日、釧路市コミュニティ体育館鳥取ドーム大会で裕次郎と対戦。7分25秒、アバランシュホールドに敗れた。7月29日、LOCK UP(長州力のプロデュース興行)の新木場1stRING大会で内藤哲也と対戦。10分50秒、逆エビ固めで勝利。9月6日、長野運動公園総合体育館大会で裕次郎と対戦。6分12秒、ラリアットに敗れた。9月8日、千葉公園体育館大会で下田大作と対戦。8分3秒、逆エビ固めに敗れた。9月9日、秩父市文化体育センター・第2アリーナ大会で飯塚高史と対戦。8分31秒、スリーパーホールドに敗れた。9月13日、青森産業会館大会で内藤哲也と対戦。8分24秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。10月9日、両国国技館大会で裕次郎と対戦。5分45秒、ラリアットに敗れた。10月17日、くにびきメッセ大会で宇和野貴史と対戦。6分56秒、STUに敗れた。10月28日、ウェルサンピア高知大会で内藤哲也と対戦。7分1秒、逆エビ固めで勝利。10月29日、神戸ワールド記念ホール大会で内藤哲也と対戦。ジャンピング・エルボーアタックに敗れた。11月3日、館林市民体育館大会で内藤哲也と対戦。7分11秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。11月5日、埼玉・桂スタジオ大会で内藤哲也と対戦。7分31秒、逆エビ固めで勝利。11月18日、LOCK UPの新木場1stRING大会で宮本和志と対戦。3分50秒、逆エビ固めに敗れた。11月26日、藤沢市秋葉台文化体育会館大会で裕次郎と対戦。6分37秒、逆エビ固めに敗れた。12月2日、京都市体育館大会で宇和野貴史と対戦。7分51秒、逆エビ固めに敗れた。12月3日、鳴門市市民会館大会でプリンス・デヴィットと対戦。7分4秒、デヴィットエンド2に敗れた。12月5日、テクスポート今治大会で裕次郎と対戦。7分15秒、逆エビ固めに敗れた。12月7日、大阪市中央公会堂大会で内藤哲也と対戦。7分35秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。12月24日、後楽園ホール大会で内藤哲也と対戦。7分18秒、逆エビ固めで勝利。

2007

07年1月7日、後楽園ホール大会で内藤哲也と対戦。7分4秒、ジャンピング・エルボーアタックに敗れた。1月28日、三条市厚生福祉会館大会で宇和野貴史と対戦。7分9秒、スピアーで勝利。1月30日、牛久運動公園体育館サブアリーナ大会で内藤哲也と対戦。6分57秒、スピアーで勝利。1月31日、本川越ペペホール・アトラス大会で裕次郎と対戦。7分38秒、逆エビ固めに敗れた。2月2日、水戸市民体育館大会で邪道と対戦。6分22秒、クロスフェイス・オブ・JADOに敗れた。2月6日、太田市新田総合体育館エアリスアリーナ大会で宇和野貴史と対戦。9分8秒、逆エビ固めに敗れた。2月9日、渋川市総合公園体育館大会で内藤哲也と対戦。8分1秒、逆エビ固めで勝利。3月4日、アクトシティ浜松大会で矢野通と対戦。8分3秒、鬼殺しに敗れた。3月6日、後楽園ホール大会で裕次郎と対戦。6分51秒、逆エビ固めに敗れた。3月13日、八王子市民会館大会で宇和野貴史と対戦。7分23秒、STUに敗れた。3月21日、後楽園ホール大会で宇和野貴史と対戦。8分9秒、STUに敗れた。4月7日、久喜市総合体育館大会でブラック・ストロング・マシンと対戦。6分52秒、ダイビング・セントーンに敗れた。4月9日、流山市民総合体育館大会でエル・サムライと対戦。7分13秒、チキンウイング・アームロックに敗れた。4月14日、三重・阿児アリーナ大会で本間朋晃と対戦。8分10秒、逆エビ固めに敗れた。4月17日、青森産業会館大会で裕次郎と対戦。8分34秒、チキンウイング・アームロックに敗れた。4月19日、旭川地場産業振興センター大会で内藤哲也と対戦。7分28秒、逆エビ固めで勝利。4月20日、浜頓別町多目的アリーナ大会で内藤哲也と対戦。6分51秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。5月2日、後楽園ホール大会でドン荒川と対戦。6分41秒、逆さ押さえこみにフォール負け。5月3日、 後楽園ホール大会で石狩太一と対戦。7分11秒、顔面への低空ドロップキックに敗れた。5月6日、LOCK UPの新木場1stRING大会で和田城功と対戦。7分57秒、逆エビ固めで勝利。5月12日、和歌山県立体育館大会で内藤哲也と対戦。7分55秒、逆エビ固めで勝利。5月16日、大分イベントホール大会で本間朋晃と対戦。10分41秒、逆エビ固めに敗れた。6月8日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で飯塚高史と対戦。5分16秒、スリーパーホールドに敗れた。6月15日、和歌山・ガーデンホテルハナヨ・ハナヨアリーナ大会で内藤哲也と対戦。8分12秒、スピアーで勝利。7月6日、後楽園ホール大会で石狩太一と対戦。7分23秒、ヒザ十字固めに敗れた。7月9日、高山マウントエース大会で内藤哲也と対戦。7分38秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。8月6日、ツインメッセ静岡大会でエル・サムライと対戦。8分28秒、チキンウイング・アームロックに敗れた。8月8日、横浜文化体育館大会で裕次郎と対戦。6分6秒、逆片エビ固めに敗れた。8月10日、愛知県体育館大会で内藤哲也と対戦。7分52秒、逆エビ固めで勝利。8月12日、両国国技館大会で内藤哲也と対戦。7分26秒、回転足折り固めにフォール負け。8月19日、LOCK UPの新木場1stRING大会で石狩太一と対戦。11分26秒、ドロップキックに敗れた。9月2日、幕張メッセ大会で宇和野貴史と対戦。9分16秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。9月7日、後楽園ホール大会で内藤哲也と対戦。8分47秒、ジャーマンスープレックスで勝利。9月9日、東金アリーナ大会で裕次郎と対戦。6分27秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。9月15日、久喜市総合体育館大会で宇和野貴史と対戦。8分30秒、スピアーで勝利。9月19日、千曲市戸倉体育館大会で本間朋晃と対戦。7分47秒、クレイジーエルボーに敗れた。9月22日、石川県産業展示場3号館大会で内藤哲也と対戦。7分39秒、ジャーマンスープレックスで勝利。9月24日、広島サンプラザホール大会で飯塚高史と対戦。8分48秒、スリーパーホールドに敗れた。10月18日、飯田市勤労者体育センター大会で裕次郎と対戦。7分33秒、低空ラリアットに敗れた。10月20日、柳井市体育館大会で宇和野貴史と対戦。8分47秒、ジャーマンスープレックスで勝利。10月22日、長崎県立総合体育館大会で内藤哲也と対戦。7分39秒、高角度前方回転エビ固めにフォール負け。11月23日、埼玉・桂スタジオ大会で宇和野貴史と対戦。8分54秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。12月2日、藤沢市秋葉台文化体育館大会で飯塚高史と対戦。6分44秒、スリーパーホールドに敗れた。12月7日、徳島市立体育館大会で石井智宏と対戦。7分13秒、逆エビ固めに敗れた。12月24日、後楽園ホール大会で中西学と対戦。5分、アルゼンチン・バックブリーカーに敗れた。

2008

08年3月25日、ZERO−ONE MAXの旭川地場産業振興センター大会で植田使徒と対戦。7分18秒、投げっぱなしジャーマンで勝利。

2009

09年8月9日、大阪府立体育会館大会でTAJIRIと対戦。7分37秒、バズソーキックに敗れ、試合後にグリーンミストを浴びた。9月には永田裕志井上亘スーパー・ストロング・マシンと共に青義軍を結成。

2010

10年9月12日の秩父市文化体育センター大会を最後にプエルトリコのWWCに長期遠征。9月25日、現地のデビュー戦で11人参加のバトルロイヤルマッチに参戦し、優勝。海外遠征初戦でカリビアンヘビー級王座を獲得した。その後もヒデオ・サイトーのリング名で、塩攻撃を得意とするヒールとして活躍。ニュー・サンファン地区のアパートにアメリカ人インディレスラーのCJと共同生活。10月23日、ABBADを相手に防衛戦。終盤にマネージャーから塩を受けとったところに、腕を蹴り上げられて塩が顔面直撃。直後に丸めこまれてフォール負けし、王座転落。11月27日、バヤモン・カンチャ・ぺピン・セステロ大会でプリモ・コロンと対戦。塩攻撃を狙ったところにトラースキックをくらって自らが塩を浴び、最後は8分31秒、スタナーにフォール負け。

2011

11年2月19日、カルリートスのプエルトリコヘビー王座に挑戦。ブロックバスターで勝利してプエルトリコヘビー王座を獲得。5月13日、アメリカ遠征してきた新日本プロレスのニュージャージー州ローウェイレクリエーションセンター大会に出場。IWGPインターコンチネンタル王座決定トーナメントに参戦し、1回戦で高橋裕二郎と対戦。8分28秒、東京ピンプスに敗れた。5月15日、新日本プロレスのペンシルベニア州アサイラム・アリーナ大会で内藤哲也と対戦。10分7秒、スターダストプレスに敗れた。帰国後は、ヒデオ・サイトーの名で狂乱ファイトを繰りひろげた。7月18日、真駒内セキスイハイムアイスアリーナ大会で永田と対戦し、9分56秒に反則負け。8月からG1に初参戦。8月1日、福岡国際センター大会での初戦でジャイアント・バーナードと対戦。9分47秒、バーナードライバーに敗れた。8月2日、福岡国際センター大会でランス・アーチャーと対戦。6分42秒、ファイナルデイズ(リバースDDT)に敗れた。8月5日、後楽園ホール大会で高橋裕二郎と対戦。9分25秒、東京ピンプスに敗れた。8月6日、愛知県体育館大会で真壁刀義と対戦。5分23秒、ダイビングニードロップに敗れた。8月7日、大阪府立体育会館大会で高山善廣と対戦。ランニング、半ズボン、麦わら帽子に虫取りアミと虫取りカゴという格好でリングに上がり、虫取りアミを高山の顔にかぶせた。試合は3分29秒、エベレストジャーマンに完敗。8月8日、横浜文化体育館大会で棚橋弘至と対戦。8分1秒、ハイフライフローに敗れた。8月10日、代々木競技場・第2体育館大会で矢野通と対戦。6分9秒、鬼殺しに敗れた。8月11日、代々木競技場・第2体育館大会で内藤と対戦。7分25秒、スターダストプレスに敗れた。8月14日、最終戦の両国国技館大会で永田と対戦。4分29秒、カリビアン・デス・グリップで失神させてのフォール勝ち。初のG1は1勝8敗に終わった。9月19日、神戸ワールド記念ホール大会で永田と対戦。9分24秒、バックドロップホールドに敗れた。10月22日からはじまったG1タッグリーグでは飯塚高史と組んで出場。5戦全敗に終わった。その後は飯塚と仲間割れして抗争開始。12月9日、ディファ有明大会でタイチと対戦。キャプテン・アメリカ的なデザインに新日本のロゴを取り入れたマスクとコスチュームで登場。「私の名前はキャプテン・ニュージャパンだ!」と名のり、正義の味方に変身。8分57秒、ヒラボトムからのカリビアンデスクリップで勝利した。12月14日、後楽園ホール大会でキャプテン・ニュージャパンとして登場し、石井智宏と対戦。5分52秒、カリビンデスグリップで絞めあげていたところに飯塚が乱入。イス攻撃をくらって反則勝ち。12月18日、くすのきホール大会でキャプテン・ニュージャパンとして外道と対戦。6分10秒、カリビアンデスグリップで勝利。12月24日、後楽園ホール大会でキャプテン・ニュージャパンとして飯塚高史と対戦。奪い取ったアイアン・フィンガー・フロム・ヘルをレフリーに手渡した隙をつかれてスリーパーホールドを決められ、10分5秒、レフリーストップ負け。その後もキャプテン・ニュージャパンとして前座戦線で活躍。

2012

12年2月19日、仙台サンプラザホールでの「ALL TOGETHER」第2回大会でキャプテン・オールジャパン(浜亮太)、キャプテン・ノア(モハメド・ヨネ)と組んで天山小島志賀組と対戦。10分27秒、天山のアナコンダバイスにキャプテン・ニュージャパンが敗れた。4月8日、後楽園ホール大会でIWGP王者のオカダ・カズチカと対戦。6分55秒、ツームストン・パイルドライバーからのレインメーカーに敗れた。6月10日、後楽園ホール大会で天山、小島と組んで矢野、飯塚、YOSHI‐HASHI組と対戦。9分50秒、矢野の赤霧にキャプテンが丸めこまれてフォール負け。試合後、矢野にコスチュームをハサミで破られ、白ブリーフ1枚の姿で退場した。11月15日、渋谷アックス大会で初代NEVER無差別級王座決定トーナメントに出場。1回戦でK−DOJOの滝澤大志と対戦。7分22秒、MFF(変型シュバイン)に敗れた。11月19日、渋谷アックス大会で高橋裕二郎と対戦。5分55秒、東京ピンプスに敗れた。11月20日から始まった「WORLD TAG LEAGUE」にIWGP王者の棚橋と組んで出場。「棚橋君!」と試合中にエールを送り、棚橋もマスクをかぶって入場するなど、抜群のチームワークを発揮。リーグ戦を盛り上げるチームとして活躍した。リーグ戦は6戦全敗に終わった。

2013

13年2月9日、ノアの後楽園ホール大会で森嶋猛と対戦。5分57秒、バックドロップに敗れた。11月23日から始まった「WORLD TAG LEAGUE」に棚橋と組んで参戦。リーグ戦を1勝5敗で終え、最下位に終わった。12月21日、後楽園ホール大会で中邑真輔と対戦。8分42秒、ボマイェに敗れた。

2014

14年4月13日、台湾大学総合体育館大会でキャプテン台湾に変身し、後藤洋央紀と組んでカール・アンダーソン、ギャローズ組のIWGPタッグ王座に挑戦。9分31秒、マジックキラーをくらってギャローズにキャプテンがフォール負け。

2016〜

16年4月10日、ハンタークラブ結成を宣言したヨシタツに対して加入を熱望。その後もハンタークラブの見習いとしてヨシタツと組んで出場。9月12日、ヨシタツがキャプテンのハンタークラブ加入の可否をTwitterの投票で決めると宣言。9月25日、神戸ワールド記念ホール大会でヨシタツが結果を発表。投票の結果、ハンタークラブ加入に失敗した。直後にヨシタツを襲い、外国人ヒール軍団「バレットクラブ」に加入した。10月8日、ボーン・ソルジャーに改名し、ヒールファイトでヨシタツと抗争。10月15日、国立台湾大学総合体育館大会でヨシタツと対戦。5分53秒、急所攻撃で反則負け。11月3日、岐阜産業会館大会でヨシタツと対戦。11分48秒、ペディグリーに敗れた。11月18日から始まった「WORLD TAG LEAGUE」にファレと組んで参戦。7戦全敗に終わった。 17年1月5日の後楽園ホール大会での試合を最後に出場がなくなる。



スクラップブック
タナ じゃあ、発表します。ベストタッグチーム賞は・・・キャプテンエースです。
タナ番 さすがドラノーアワードですね。
タナ 先週号の週プロで既報の通り、岡山で「ワールドタッグリーグ」の公式戦がありまして。2年目にして初めて一勝を挙げました。
タナ番 待望の一勝でした。
タナ あの日は珍しく動画の収録がない大会だったので、その会場にいた方しか見てないけど盛り上がりましたねぇ。
タナ番 はい。勝った瞬間の沸き方でキャプテンってそんなに勝つと思われてないんだって痛感しました。
タナ 試合中にも伝わりますからね。「コイツ、ちょっと頼りないぞ」って(笑)。
タナ番 それ、伝えたくないですね。
タナ 一生懸命やってはいるんですけどね。あの会場の沸き方はすごかった。
タナ番 優勝に値するといっても過言ではない瞬間でした。
タナ 本当そうですね。優勝したかのような盛り上がりでした。
(週刊プロレスNo.1718 棚橋弘至のドラゴンノートより)