レスラーノート

田口隆祐

1979年4月15日
宮城県岩沼市出身
180cm 91Kg
血液型:O型

タイトル歴
IWGPジュニア
IWGPジュニアタッグ
CMLL世界ウェルター
NEVER6人タッグ
得意技
どどん
どどん・ジ・エンド(アルゼンチンバックブリーカーの体勢からのどどん)

少年時代は野球、陸上、サッカーなどで活躍。東海大学レスリングクラブに在籍。01年に関東学生秋期新人戦フリースタイル76kg級3位の成績。9月の入門テストに合格。

2002

02年3月、新日本プロレスに入門。10月12日、後楽園ホール大会でデビュー戦を行う予定だったが、首の負傷により延期。11月22日、後楽園ホール大会での矢野通戦でデビュー。5分29秒、逆エビ固めに敗れた。11月28日、群馬県総合スポーツセンター・サブアリーナ大会で矢野通と対戦。4分56秒、逆エビ固めに敗れた。12月1日、京都市体育館大会で矢野通と対戦。4分19秒、逆片エビ固めに敗れた。12月7日、徳島市立体育館大会でエル・サムライと対戦。5分19秒、ダイビング・ヘッドバットに敗れた。12月23日、後楽園ホール大会で山本尚史と対戦。6分30秒、羽根折り固めに敗れた。

2003

03年1月30日、後楽園ホール大会で山本尚史と対戦。7分2秒、逆エビ固めで勝利。初勝利を挙げた。2月2日、月寒グリーンドーム大会で山本尚史と対戦。7分25秒、逆片エビ固めに敗れた。2月4日、岩手県営体育館大会で矢野通と対戦。5分56秒、逆エビ固めに敗れた。2月6日、夢メッセみやぎ大会で山本尚史と対戦。6分44秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。2月7日、山形市総合スポーツセンターサブアリーナ大会でエル・サムライと対戦。5分35秒、ダイビング・ヘッドバットに敗れた。2月9日、大阪府立臨海スポーツセンター大会で矢野通と対戦。6分23秒、カナディアン・バックブリーカーに敗れた。2月12日、岡山県体育館大会で山本尚史と対戦。6分30秒、逆エビ固めで勝利。3月6日、後楽園ホール大会で山本尚史と対戦。6分15秒、ドロップキックで勝利。3月7日、新潟市体育館大会で山本尚史と対戦。4分18秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。3月11日、福山ビッグローズ大会で山本尚史と対戦。7分15秒、アキレス腱固めに敗れた。3月12日、東広島運動公園体育館大会でエル・サムライと対戦。6分33秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。3月16日、長浜市民体育館大会でアメリカン・ドラゴンと対戦。6分9秒、コブラクラッチ・フェイスロックに敗れた。3月18日、三重県営サンアリーナ大会で矢野通と対戦。7分32秒、フロントスープレックスに敗れた。3月21日、国立代々木競技場・第2体育館大会で垣原賢人と対戦。4分53秒、逆片エビ固めに敗れた。4月19日、キラメッセぬまづ大会で矢野通と対戦。9分42秒、フロントスープレックスに敗れた。4月22日、西日本総合展示場新館A区画大会で山本尚史と対戦。9分30秒、ドロップキックで勝利。4月25日、日田市総合体育館大会で山本尚史と対戦。8分36秒、ドロップキックで勝利。4月27日、長崎県立総合体育館大会でエル・サムライと対戦。7分49秒、ダイビング・ヘッドバットに敗れた。4月29日、鹿児島アリーナ大会で藤田ミノルと対戦。8分33秒、BONEYARDに敗れた。5月1日、東京ドーム大会(前日イベント)でピノイ・ボーイと対戦。5分23秒、ドロップキックで勝利。5月23日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の大和スポーツセンター大会で杉浦貴と対戦。9分13秒、チキンウイング・アームロックにレフリーストップ負け。5月25日、後楽園ホール大会で藤田ミノルと対戦。10分29秒、フジタドライバーに敗れた。5月27日、鹿沼総合体育館フォレストアリーナ大会でAKIRAと対戦。8分34秒、STFに敗れた。5月31日、兵庫県立淡路勤労センター大会で山本尚史と対戦。9分22秒、ドロップキックで勝利。6月1日、四日市体育館大会でライガーと対戦。6分53秒、垂直落下式ブレーンバスターに敗れた。6月4日、岩出町立町民総合体育館大会でえべっさんと対戦。7分14秒、飛びつき前方回転エビ固めにフォール負け。6月5日、和歌山・ガーデンホテルハナヨ大会で矢野通と対戦。6分37秒、片エビ固めにフォール負け。6月7日、小浜市民体育館大会で外道と対戦。8分39秒、ネックロックに敗れた。リーグ戦は6戦全敗に終わった。6月8日、鳥取産業体育館大会で矢野通と対戦。6分4秒、カナディアン・バックブリーカーに敗れた。7月5日、小田原アリーナ大会で山本尚史と対戦。7分12秒、ドロップキックで勝利。7月6日、岐阜産業会館大会でこの日がデビュー戦となった後藤洋央紀と対戦。6分59秒、逆エビ固めで勝利。7月8日、魚津市総合体育館大会で山本尚史と対戦。11分24秒、ドロップキックで勝利。7月9日、新日本プロレスの大阪市中央体育館サブアリーナ大会でカレーマンと対戦。6分43秒、スパイシードロップに敗れた。7月12日、滋賀県立体育館大会で後藤洋央紀と対戦。5分36秒、スワンダイブ式ドロップキックで勝利。7月15日、秋田県立体育館大会で後藤洋央紀と対戦。7分12秒、スワンダイブ式ドロップキックで勝利。7月16日、野辺地町立体育館大会で藤田ミノルと対戦。10分8秒、オクラホマ・スタンピードに敗れた。7月24日、旭川大成市民センター体育館大会で山本尚史と対戦。12分2秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。8月10日、神戸ワールド記念ホール大会で後藤洋央紀と対戦。8分42秒、サソリ固めで勝利。8月11日、愛知県体育館大会で山本尚史と対戦。9分42秒、逆エビ固めで勝利。8月12日、静岡グランシップ大会で成瀬昌由と対戦。7分42秒、ナルセロックに敗れた。8月17日、両国国技館大会で後藤洋央紀と対戦。6分3秒、グラウンド・ヘッドロックで勝利。8月24日、後楽園ホール大会で真壁伸也と対戦。6分52秒、ラリアットに敗れた。8月28日、大阪府立体育会館大会で後藤洋央紀と対戦。7分56秒、グラウンド・ヘッドロックで勝利。9月5日、いわき市総合体育館大会で山本尚史と対戦。9分4秒、逆エビ固めで勝利。9月9日、岩手県営体育館大会で成瀬昌由と対戦。7分5秒、ナルセロックに敗れた。9月21日、相模原市立総合体育館大会でこの日がデビュー戦となった安沢明也と対戦。5分29秒、逆エビ固めで勝利。10月15日、鹿児島アリーナ大会で垣原賢人と対戦。8分53秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。10月16日、島原市体育館大会で山本尚史と対戦。7分15秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。10月26日、神戸ワールド記念ホール大会で山本尚史と対戦。9分11秒、ドロップキックで勝利。10月30日、後楽園ホール大会で山本尚史と対戦。7分5秒、ドロップキックで勝利。10月31日、結城市かなくぼ総合体育館大会で後藤洋央紀と組んでIWGPジュニアタッグ王座挑戦者決定トーナメントに参戦し、1回戦でエル・サムライ、井上亘組と対戦。9分28秒、田口が逆さ押さえこみでサムライにフォール勝ち。11月1日、豊橋市総合体育館大会で安沢明也と対戦。6分3秒、逆エビ固めで勝利。11月2日、津市体育館大会での決勝で垣原賢人、成瀬昌由組と対戦。10分24秒、田口が横入り式エビ固めで垣原にフォール勝ち。11月27日、白河市中央体育館大会で山本尚史と対戦。8分41秒、ドロップキックで勝利。11月29日、宮城県スポーツセンター大会で後藤洋央紀と組んで邪道外道組とIWGPジュニアタッグ王座決定戦。12分23秒、邪道のクロスフェイス・オブ・JADOに後藤が敗れた。12月6日、テクスポート今治大会で安沢明也と対戦。5分56秒、逆エビ固めで勝利。12月7日、徳島市立体育館大会でヒートと対戦。9分23秒、クロスフェイス・オブ・HEATに敗れた。12月9日、大阪府立体育会館大会で後藤洋央紀と対戦。6分43秒、ドロップキックで勝利。12月12日、飛騨高山ビッグアリーナ・サブアリーナ大会で安沢明也と対戦。7分、ドロップキックで勝利。12月23日、後楽園ホール大会でヒートと対戦。10分42秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。

2004

04年1月4日、東京ドーム大会で安沢明也と対戦。4分53秒、ドロップキックを決めてフォール勝ち。1月28日、後楽園ホール大会で4代目タイガーマスクと対戦。7分29秒、キャメルクラッチに敗れた。2月1日、北海道立総合体育センター大会で後藤洋央紀と対戦。7分45秒、逆エビ固めで勝利。2月4日、福島市国体記念体育館サブアリーナ大会で安沢明也と対戦。5分28秒、逆エビ固めで勝利。2月11日、大阪府立臨海スポーツセンター大会でこの日が再デビュー戦となった長尾浩志と対戦。7分10秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。2月13日、三条市厚生福祉会館大会で長尾浩志と対戦。5分51秒、逆片エビ固めで勝利。2月15日、両国国技館大会で後藤洋央紀と対戦。6分23秒、チキンウィング・アームロックで勝利。2月29日、名古屋レインボーホール大会でエル・サムライと対戦。9分3秒、ジャーマンスープレックスで勝利。3月5日、新潟市体育館大会で安沢明也と対戦。6分44秒、ドロップキックで勝利。3月6日、平塚総合体育館大会で長尾浩志と対戦。7分29秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。3月7日、後楽園ホール大会で邪道と対戦。13分3秒、ジャーマンスープレックスで勝利。3月19日、浜松市体育館大会で山本尚史と対戦。8分45秒、グラウンド・ヘッドロックで勝利。3月21日、尼崎市記念公園総合体育館大会で後藤洋央紀と組んでカレーマン、アメリカン・ドラゴン組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。20分36秒、アメリカン・ドラゴンのダイビング・ヘッドバットに後藤が敗れた。3月27日、苗場プリンスホテル大会でジョシュ・バーネットと対戦。8分25秒、足首固めに敗れた。4月9日から始まった第9回ヤングライオン杯に参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で長尾浩志と対戦。8分43秒、ドロップキックで勝利。4月19日、鹿児島アリーナ大会で安沢明也と対戦。8分4秒、ドロップキックで勝利。4月20日、興南会館大会でピノイ・ボーイと対戦。8分22秒、ドロップキックで勝利。4月21日、小野田市民館体育ホール大会で山本尚史と対戦。7分56秒、ドロップキックで勝利。4月23日、博多スターレーン大会で後藤洋央紀と対戦。20分時間切れ引き分け。4月24日、博多スターレーン大会でチャド・ウィックスと対戦。9分51秒、デスバレーボムに敗れた。4月26日、周南市総合スポーツセンター大会で湯浅和也と対戦。10分39秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。リーグ戦を4勝2敗1引き分けで終了。4人が同点で並んだため決勝トーナメントが開催された。4月27日、広島県立総合体育館・小アリーナ大会でのトーナメント1回戦で後藤洋央紀と対戦。8分34秒、スリーパーホールドで勝利。同日の決勝で湯浅和也と対戦。11分20秒、ジャーマンスープレックスで勝利。ヤングライオン杯に優勝した。5月13日、後楽園ホール大会のメインで棚橋弘至の持つU−30無差別級王座に初挑戦。12分1秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。5月22日、大和スポーツセンター大会で安沢明也と対戦。9分37秒、逆エビ固めで勝利。5月22日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。5月23日、後楽園ホール大会でライガーと対戦。試合開始早々、ドロップキック、ジャーマン、ミサイルキックを決めて、45秒、ドロップキックで勝利。5月25日、東御市ふれあい体育館大会で“ビッグボス”MA−G−MAと対戦。8分48秒、ラリアットに敗れた。5月29日、草加市スポーツ健康都市記念体育館大会で金本浩二と対戦。8分50秒、アンクルホールドに敗れた。5月30日、幕張メッセ大会で垣原賢人と対戦。7分32秒、グラウンド・ヘッドロックに敗れた。6月4日、高松市総合体育館大会でアメリカン・ドラゴンと対戦。20分時間切れ引き分け。6月6日、津山総合体育館大会で井上亘と対戦。10分19秒、スタガリンブローに敗れた。6月9日、水島緑地福田公園体育館大会でエル・サムライと対戦。20分時間切れ引き分け。リーグ戦は1勝4敗2引き分けに終わった。7月7日、富士見市総合体育館大会で永田裕志と対戦。10分27秒、ナガタロック2に敗れた。7月9日、三重県立ゆめドームうえの大会でヒートと対戦。10分、HEATクラッチにフォール負け。7月18日、札幌テイセンホール大会で中邑真輔と対戦。7分47秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。7月24日、一関文化センター体育館大会で後藤洋央紀と対戦。8分25秒、ジャーマンスープレックスで勝利。9月2日、北沢タウンホール大会で中嶋勝彦と対戦。16分3秒、クロスアームスープレックスで勝利。9月3日、後楽園ホール大会で井上亘と対戦。11分6秒、スタガリンブローに敗れた。9月15日、後楽園ホール大会で裕次郎と対戦。7分58秒、逆エビ固めで勝利。9月16日、宮城県スポーツセンター大会で竹村豪氏と対戦。5分7秒、回転エビ固めでフォール勝ち。10月13日、鹿児島アリーナ大会で長井満也と対戦。6分4秒、魔界ドライバーに敗れた。10月15日、都城市体育館大会で真壁伸也と対戦。8分24秒、ラリアットに敗れた。11月13日、大阪ドーム大会での準決勝で長尾浩志と対戦。6分21秒、逆エビ固めで勝利。同日の決勝で中嶋勝彦と対戦。9分41秒、逆エビ固めで勝利。ヤングライオン闘魂トーナメントに優勝した。11月21日、後楽園ホール大会で裕次郎と対戦。5分26秒、キャメルクラッチで勝利。11月23日、豊橋市総合体育館サブアリーナ大会で山本尚史と対戦。7分32秒、カラパリダで勝利。12月5日、徳島市立体育館大会で山本尚史と対戦。7分30秒、カラパリダで勝利。12月9日、広島県立総合体育館小アリーナ大会で邪道と対戦。6分38秒、クロスフェイス・オブ・JADOに敗れた。

2005

05年1月6日、北沢タウンホール大会で後藤洋央紀と対戦。9分4秒、ビクトル式逆十字固めに敗れた。1月19日、沖縄県立武道館大会で裕次郎と対戦。6分56秒、ドロップキックで勝利。1月23日、後楽園ホール大会で井上亘と対戦。7分56秒、トライアングルランサーに敗れた。2月6日、メキシコ遠征に出発し、CMLLでルードとして活躍。10月に帰国。11月3日、後楽園ホール大会でサングレ・アステカと対戦。8分46秒、ダイビング・ボディプレスに敗れた。11月26日、埼玉・桂スタジオ大会で矢野通と対戦。10分、鬼殺しに敗れた。11月27日、藤沢市秋葉台文化体育館大会で竹村豪氏と対戦。6分44秒、どどんで勝利。12月3日、京都市体育館大会で安沢明也と対戦。8分10秒、リバース・ゴリースペシャルで勝利。12月8日、テクスポート今治大会で後藤洋央紀と対戦。8分23秒、どどんで勝利。12月10日、大阪府立体育会館大会で長尾浩志と対戦。8分7秒、逆エビ固めで勝利。12月11日、愛知県体育館大会で山本尚史と対戦。6分、どどんで勝利。12月16日、沖縄県立武道館大会で4代目タイガーマスクと対戦。7分38秒、タイガースープレックスに敗れた。12月18日、後楽園ホール大会で後藤洋央紀と対戦。9分17秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。12月25日、後楽園ホール大会で飯塚高史と対戦。9分17秒、裏投げに敗れた。

2006

06年1月29日、栗原市築館運動公園総合体育館大会で外道と対戦。11分31秒、どどんで勝利。2月2日、青森産業会館大会で平澤光秀と対戦。6分42秒、逆エビ固めで勝利。2月8日、函館市体育館大会で稔と対戦。15分時間切れ引き分け。2月14日、岡山県卸センター・オレンジホール大会で後藤洋央紀と対戦。15分時間切れ引き分け。2月19日、両国国技館大会でエル・サムライと組んで稔、後藤洋央紀組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。26分29秒、サムライがチキンウイング・アームロックで稔に勝利。IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。3月19日、両国国技館大会で金本浩二、井上亘組を相手にタッグ王座の防衛戦。19分53秒、サムライがサムライクラッチで金本にフォール勝ち。3月22日、Zepp Sendai大会で後藤洋央紀と対戦。9分34秒、どどんで勝利。4月20日、福知山三段池公園総合体育館大会で宇和野貴史と対戦。10分31秒、ラ・マヒストラルでフォール勝ち。4月25日、大牟田市民体育館大会でプリンス・デヴィットと対戦。8分12秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。5月6日、高松市総合体育館大会で邪道と対戦。10分42秒、外道のイス攻撃をくらってフォール負け。5月7日、京都市体育館大会で邪道、外道組を相手にタッグ王座の防衛戦。30分15秒、田口がどどんで邪道に勝利。5月27日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の草加市スポーツ健康都市記念体育館大会でサングレ・アステカと対戦。12分50秒、鹿殺しで勝利。6月1日、福井市体育館大会でフェーゴと対戦。6分6秒、どどんで勝利。6月2日、石川県産業展示館3号館大会でライガーと対戦。15分30秒、どどんで勝利。6月7日、大阪府立体育会館・第2競技場大会でエル・サムライと対戦。12分2秒、チキンウイング・アームロックに敗れた。6月9日、三重県立ゆめドームうえの・第2競技場大会で邪道と対戦。6分1秒、両者リングアウト。6月10日、四日市市体育館大会で稔と対戦。19分18秒、バズソーキックに敗れた。リーグ戦は3勝2敗1引き分けに終わった。7月8日、ツインメッセ静岡大会で邪道、外道組を相手にタッグ王座の防衛戦。30分4秒、邪道のクロスフェイス・オブ・JADOにサムライが敗れて王座転落。7月16日、旭川地場産業振興センター大会で4代目タイガーマスクと対戦。7分47秒、ラウンディング・ボディプレスに敗れた。9月6日、長野運動公園総合体育館大会で下田大作と対戦。8分47秒、ジャーマンスープレックスで勝利。9月12日、山形市総合スポーツセンター・サブアリーナ大会で井上亘と対戦。20分時間切れ引き分け。9月24日、大阪府立体育会館大会で4代目タイガーマスクのNWA世界ジュニア王座に挑戦。13分37秒、タイガースープレックスに敗れた。10月8日、後楽園ホールでの「WRESTLE LAND」でミラノコレクションA.T.と対戦。11分2秒、IR2に敗れた。10月29日、神戸ワールド記念ホール大会でプリンス・デヴィットと対戦。8分20秒、どどんで勝利。12月5日、テクスポート今治大会で内藤哲也と対戦。7分46秒、ジャーマンスープレックスで勝利。

2007

07年3月6日、後楽園ホール大会で飯塚高史と対戦。9分48秒、スリーパーホールドに敗れた。3月11日、試合後にエル・サムライのサムライ・ジムに入門。3月22日、若武者の新宿FACE大会で石川修司と対戦。9分56秒、回転十字固めでフォール勝ち。4月13日、大阪府立体育会館大会で稔のIWGPジュニア王座に初挑戦。18分27秒、HEATクラッチに敗れた。6月1日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で稔と対戦。14分15秒、どどんで勝利。6月3日、館林市市民体育館大会で内藤哲也と対戦。9分47秒、鹿殺しで勝利。6月9日、高松市総合体育館大会でB×Bハルクと対戦。12分30秒、どどんで勝利。6月12日、福井市体育館大会でエル・サムライと対戦。10分26秒、どどんで勝利。6月14日、阿南市スポーツ総合センター・サブアリーナ大会で外道と対戦。11分36秒、外道クラッチにフォール負け。6月15日、和歌山・ハナヨアリーナ大会で金本と対戦。12分7秒、どどんで勝利。5勝1敗でリーグ戦を突破。6月16日、京都市体育館大会での準決勝でミラノコレクションA.T.と対戦。12分47秒、ヴィクトリア・ミラネーゼに敗れた。7月6日、後楽園ホール大会で稔に再挑戦。18分47秒、どどんで勝利してIWGPジュニアヘビー級王座を獲得。9月24日、広島サンプラザホール大会で4代目タイガーマスクを相手に防衛戦。15分15秒、どどんで勝利。10月7日、華☆激のさざんぴあ博多大会でアステカを相手に防衛戦。21分9秒、どどんで勝利。10月8日、両国国技館大会で稔を相手に防衛戦。17分37秒、どどんで勝利。10月28日、神戸ワールド記念ホール大会で金本浩二を相手に防衛戦。21分54秒、どどんで勝利。11月3日、キャンプ座間ヤノ体育館大会で裕次郎と対戦。8分24秒、ラ・マヒストラルでフォール勝ち。12月8日、大阪府立体育会館・第2競技場大会で井上亘を相手に防衛戦。25分28秒、変形トライアングルランサーに敗れて王座転落。

2008

08年1月27日、後楽園ホール大会で井上亘のIWGPジュニア王座に挑戦。18分35秒、オラシオンフレイムに敗れた。4月6日、ZERO−ONE MAXのJCBホール大会で佐藤耕平と対戦。9分25秒、ジャーマンスープレックスに敗れた。4月13日、後楽園ホール大会で高岩竜一と対戦。エプロンでのデスバレーボム、雪崩式デスバレーボムなどのパワーファイトで圧倒されたが、10分11秒、旋回式ボディプレス(円盤中毒)で勝利。5月10日、ZERO−ONE MAXの大阪府立体育会館・第2競技場大会で日高郁人と対戦。14分9秒、どどんで勝利。8月29日、ZERO−ONE MAXの後楽園ホール大会で日高郁人のインターナショナルジュニア王座に挑戦。16分30秒、ショーンキャプチャーに敗れた。7月にIWGPジュニア王座決定トーナメントに参戦。7月6日、後楽園ホール大会での2回戦で4代目タイガーマスクと対戦。12分30秒、場外でタイガースープレックスをくらってリングアウト負け。12月7日、大阪府立体育会館大会でロウ・キーのIWGPジュニア王座に挑戦。18分8秒、ゲットースタンプに敗れた。

2009

09年5月30日からはじまったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。5月30日、後楽園ホール大会でドラゴンゲートのYAMATOと対戦し、13分17秒、鹿殺しで勝利。6月3日、所沢市民体育館・サブアリーナ大会で飯伏幸太と対戦。10分13秒、どどんで勝利。6月5日、鳥取県立米子産業体育館大会でライガーと対戦し、10分8秒、ヨーロッパ式エビ固めに敗れた。6月9日、岐阜・マウントエース大会でノアの菊地毅と対戦。11分31秒、タイガースープレックスで勝利。6月11日、三重・ゆめドームうえの大会でタイチと対戦。10分1秒、ブラックメフィストに敗れた。6月13日、KBSホール大会のメインで金本と対戦。17分11秒、変型アンクルホールドに敗れた。3勝3敗となり、リーグ戦に敗退した。その後、プリンス・デヴィットとタッグチーム「Apollo55」を結成。7月5日、後楽園ホール大会のメインでデヴィットと組んでモーターシティ・マシンガンズのタッグ王座に挑戦。21分34秒、デヴィッドが新型プリンスズスロウンでアレックス・シェリーにフォール勝ちし、IWGPジュニアタッグ王座を獲得。7月10日、千葉ポートアリーナ大会でミラノコレクションA.T.と対戦。9分10秒、横入り式エビ固めにフォール負け。7月20日、月寒アルファコートドーム大会でミラノ、タイチ組を相手に防衛戦。17分9秒、田口がスモールパッケージホールドでミラノにフォール勝ち。9月13日、後楽園ホール大会のメインでモーターシティマシンガンズを相手に防衛戦。試合終盤に合体技のブラックホールバケーションを決め、23分20秒、田口のどどんでセイビンにフォール勝ち。12月22日、後楽園ホールでのスーパーJカップに参戦し、1回戦でGENTAROと対戦。10分39秒、どどんで勝利。23日、同会場での2回戦で金本浩二と対戦し、10分14秒、アキレス腱固めで勝利。準決勝で丸藤正道と対戦し、10分57秒、不知火に敗れた。

2010

10年1月4日、東京ドーム大会でウルティモ・ゲレーロ、アベルノ組を相手にタッグ王座の防衛戦。9分7秒、アベルノにブラックホール・バケーションを決めて勝利。2月14日、両国国技館大会で外道、ディック東郷組を相手に防衛戦。14分1秒、ブラックホールバケーションで外道に勝利。デヴィットが右ヒザ手術で欠場を続けていたため、4月にジュニアタッグ王座の返上を表明。5月3日、福岡国際センター大会で丸藤の持つIWGPジュニア王座に挑戦。22分40秒、タイガー・フロウジョンに敗れた。5月8日、JCBホール大会でデヴィットと組んでスーパージュニアタッグトーナメントに出場。1回戦でマスカラ・ドラダバリエンテ組、準決勝で外道、KUSHIDA組に勝利して決勝で金本、サムライ組と対戦。勝利すれば再びタッグ王座が手に入ったが、21分27秒、サムライのサムライクラッチにデヴィットがフォール負けして準優勝に終わった。5月30日からベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会では石森と対戦。11分40秒、450°スプラッシュに敗れた。6月1日、Zepp Sendai大会でタマ・トンガと対戦。7分41秒、腕ひしぎ逆十字固めで勝利。6月4日、千葉ポートアリーナ大会でケニー・オメガと対戦。14分12秒、後方回転エビ固めに敗れた。6月10日、豊橋市総合体育館大会で吉橋と対戦し、10分45秒、バカプリャハで勝利。6月11日、ゆめドームうえの大会でAKIRAと対戦。12分45秒、スタラマンチで勝利。6月12日、KBSホール大会で金本と対戦。12分57秒、どどんで勝利してリーグ戦突破。6月13日、後楽園ホール大会での準決勝で飯伏幸太と対戦し、10分14秒、ファイアーバード・スプラッシュに敗れた。7月19日、月寒ドーム大会でデヴィットと組んで金本、サムライ組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。13分59秒、田口がどどんでサムライに勝利して王座奪回。9月26日、神戸ワールド記念ホール大会で邪道、外道組を相手に防衛戦。15分50秒、田口が外道クラッチガエシーノで外道にフォール勝ち。10月11日、両国国技館大会でケニー・オメガ、飯伏幸太組を相手に防衛戦。15分5秒、飯伏のフェニックススプラッシュにデヴィットが敗れて王座転落。この試合でプロレス大賞のベストバウトを獲得した。11月9日から13日にかけてディファ有明で行われたスーパーJタッグリーグ戦にデヴィットと組んで出場したがリーグ戦で敗退。11月14日、DDTの大阪府立体育会館第2競技場大会で飯伏、オメガ組のタッグ王座に挑戦。9分42秒、ケニーのクライツ・ラス、飯伏のフェニックススプラッシュをくらって田口がフォール負け。12月12日、愛知県体育館大会でデヴィットと組んでモーターシティ・マシンガンズと対戦。13分52秒、メイドインデトロイトにデヴィットがフォール負け。

2011

11年1月22日、後楽園ホール大会「CMLL FANTASTICA MANIA」でマスカラ・ドラダの王座に挑戦。1本目は4分25秒、変型みちのくドライバー2でドラダが勝利。2本目は1分30秒、鹿殺しで田口が勝利。3本目は5分25秒、どどんで田口が勝利してCMLL世界ウェルター級王座を獲得。23日の同会場での大会2日目にはメインでデヴィットと組んで飯伏、オメガ組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。16分32秒、ブラックサンデー(ブラディサンデー、どどんの合体技)でオメガに勝利してIWGPジュニアタッグ王座を奪回。1月30日、後楽園ホール大会でタイチ、論外組を相手に防衛戦。16分9秒、田口が外道クラッチ2でタイチにフォール勝ち。3月20日、ベイコム総合体育館大会でTAKAみちのく、タイチ組を相手にタッグ王座の防衛戦。16分27秒、ブラックホールバケーションからデヴィットがブラッディサンデーを決めてタイチに勝利。4月3日、後楽園ホール大会で円華を相手に防衛戦。12分17秒、どどんで勝利。4月17日、KAIENTAI−DOJ0の後楽園ホール大会で旭、大石組を相手にタッグ王座の防衛戦。21分58秒、デヴィットがブラディサンデーで大石に勝利。4月29日、広島グリーンアリーナ・小アリーナ大会でタイチを相手にCMLL世界ウェルター級王座の防衛戦。18分8秒、ラ・ミスティカ式どどんで勝利。5月3日、福岡国際センター大会でロッキー・ロメロデイビー・リチャーズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。17分41秒、デヴィットがブラディサンデーでロメロに勝利。5月15日、ペンシルベニア州アサイラム・アリーナ大会でロウ・キー、ホミサイド組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分18秒、デヴィットがブラディサンデーでホミサイドに勝利。5月26日からベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。第1戦の後楽園ホール大会で飯伏幸太と対戦。13分21秒、ミラノ作・どどんスズスロウンで勝利。5月28日、ディファ有明大会で佐々木大輔と対戦し、7分18秒、ミラノ作・どどんスズスロウンで勝利。5月29日、後楽園ホール大会でザ・グレート・サスケと対戦。15分39秒、ミラノ作・どどんスズスロウンで勝利。6月2日、豊橋市総合体育館・第2競技場大会で外道と対戦。11分29秒、外道クラッチに敗れた。6月3日、岩出市立市民総合体育館大会でマスカラ・ドラダと対戦。7分2秒、ラ・ミスティカ式どどんを前方回転エビ固めに切り返されてフォール負け。6月5日、明石市立産業交流センター大会でライガーと対戦。9分20秒、空中胴締め落としに敗れた。6月7日、ディファ有明大会でKUSHIDAと対戦。10分14秒、ミラノ作・どどんスズスロウンで勝利。6月8日、ディファ有明大会でTAKAみちのくと対戦。9分26秒、ミラノ作・どどんスズスロウンで勝利。リーグ戦はKUSHIDA、サスケと共に5勝3敗で2位となったが、直接対決で両者に勝利していた田口が決勝トーナメントに進出した。6月10日、後楽園ホール大会での準決勝でプリンス・デヴィットと対戦。8分29秒、どどんを前方回転エビ固めに切り返されたが、さらにエビ固めに切り返してフォール勝ち。同日の決勝で飯伏幸太と対戦。必殺のミラノ作・どどんスズスロウンはオーバーヘッドキックで防がれてしまい、終盤にローリングソバット、側頭部へのミドルキック、サンダーファイヤーパワーボムをくらって動きを止められ、最後は20分22秒、フェニックススプラッシュに敗れた。6月18日、大阪府立体育会館大会でマスカラ・ドラダを相手に防衛戦。8分26秒、前方回転エビ固めを切り返したが、さらにエビ固めに切り返されてフォール負け。CMLL世界ウェルター級王座から転落した。8月1日、福岡国際センター大会で飯伏のIWGPジュニア王座に挑戦。16分10秒、フェニックススプラッシュに敗れた。8月14日、両国国技館大会で飯伏、オメガ組を相手に防衛戦。15分1秒、合体技のブラックサンデーV2を決めてデヴィットがオメガにフォール勝ち。9月11日、後楽園ホール大会でTAKAみちのく、タイチ組を相手にタッグ王座の防衛戦。19分4秒、田口がラ・マヒストラルでタイチに勝利。10月10日、両国国技館大会でロッキー・ロメロ、デイビー・リチャーズ組を相手にタッグ王座の防衛戦。13分29秒、リチャーズがかついでロメロがダイビングニードロップを落とす合体技、コントラクトキラーをくらってしまい、リチャーズにデヴィットがフォール負け。IWGPジュニアタッグ王座から転落した。12月9日、ディファ有明大会のメインで「ファン投票1位」の対戦カードとしてIWGP王者の棚橋と対戦。12分33秒、ドラゴンスープレックスに敗れた。

2012

12年1月4日、東京ドーム大会でデヴィットと組んでデイビー・リチャーズ、ロッキー・ロメロ組のタッグ王座に挑戦。12分44秒、田口がパワーボムを前方回転エビ固めに切り返してリチャーズにフォール勝ち。ジュニアタッグ王座を奪回した。2月12日、大阪府立体育会館大会でリチャーズ、ロメロ組を相手に防衛戦。15分10秒、リチャーズのパワーボムに田口が敗れて王座転落。5月27日からベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに出場。開幕戦の後楽園ホール大会でロウ・キーと対戦。14分10秒、ダイビングフットスタンプに敗れた。5月30日、信州スカイパーク体育館大会で4代目タイガーマスクと対戦。9分41秒、ジャックナイフ式エビ固めにフォール負け。5月31日、ニューサンピア敦賀大会で邪道と対戦。9分43秒、どどんで勝利。6月1日、岩出市立市民総合体育館大会でアレックス・コズロフと対戦。14分54秒、ミラノ作どどんスズスロウンで勝利。6月3日、明石市立産業交流センター大会で佐々木大輔と対戦。6分55秒、どどんで勝利。6月5日、春日部コンベンションホール大会で高橋広夢と対戦。6分12秒、どどんで勝利。6月6日、後楽園ホール大会でTAKAみちのくと対戦。11分11秒、ヘビーキラー1号にフォール負け。6月9日、名古屋国際会議場イベントホール大会でブライアン・ケンドリックと対戦。9分59秒、どどんで勝利。リーグ戦を5勝3敗で終えて、ケンドリック、コズロフと勝ち点で並んだが、直接対決で両者に勝っているためBブロック2位が決定し、決勝トーナメントに進出。6月10日、後楽園ホール大会での準決勝でPACと対戦。10分38秒、どどんで勝利。同日の決勝ではロウ・キーと対戦。ここまで無敗の相手に対し、チョップを左目にくらって顔面を腫らしながらも果敢に攻め、フェニックススプラッシュをかわしてタイガースープレックス、どどんを決め、17分1秒、ミラノ作どどんスズスロウンで勝利。ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに初優勝した。6月16日、大阪府立体育会館大会でロウ・キーのIWGPジュニア王座に挑戦。ミラノ作どどんスズスロウンを膝へのフットスタンプで切り返され、最後は12分32秒、ウォリアーズ・ラース(ダイビングフットスタンプ)に敗れた。9月23日、神戸ワールド記念ホール大会で飯伏のIWGPジュニア王座に挑戦。17分6秒、ラリアットからのフェニックススプラッシュに敗れた。10月21日、後楽園ホール大会でのスーパージュニアタッグトーナメントにデヴィットと組んで出場。1回戦でブライアン・ケンドリック、ロウ・キー組と対戦。10分3秒、田口がどどんでケントリックに勝利。11月2日、後楽園ホール大会での準決勝でロッキー・ロメロ、アレックス・コズロフ組と対戦。9分19秒、田口がどどんでコズロフに勝利。同日の決勝でKUSHIDA、アレックス・シェリー組と対戦。16分42秒、合体技のI−94をくらってKUSHIDAに田口がフォール負け。11月15日、渋谷アックス大会で初代NEVER無差別級王座決定トーナメントに出場。1回戦でK−DOJOのヒロ・トウナイと対戦。8分19秒、最後まで腕のロックを離さない改良型のどどんで勝利。11月19日、同会場での2回戦でK−DOJOの真霜拳號と対戦。7分54秒、無道(変型羽根折り脇固め)に敗れた。12月23日、後楽園ホール大会でオカダ・カズチカと対戦。9分51秒、レインメーカーに敗れた。

2013

13年2月10日、広島サンプラザホール大会でプリンス・デヴィットのIWGPジュニア王座に挑戦。14分1秒、ブラディサンデーに敗れた。4月5日、後楽園ホール大会でKUSHIDAと対戦。8分47秒、回転エビ固めをエビ固めに切り返してフォール勝ち。4月7日、両国国技館大会でデヴィットと組んでシェリー、KUSHIDA組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。10分42秒、KUSHIDAのジャパニーズレッグロールクラッチホールドに田口がフォール負け。試合後にデヴィットからラリアットをくらい、仲間割れ。Apollo55が解散した。5月、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。5月24日、後楽園ホールでの開幕戦でアレックス・コズロフと対戦。12分25秒、リバースデスバレーボムからのロシアンスタープレス(シューティングスタープレス)に敗れた。5月26日、沼津卸商社センター大会でブライアン・ケンドリックと対戦。3分38秒、ドラゴンスープレックスに敗れた。5月28日、豊橋市総合体育館・第2競技場大会で邪道と対戦。10分31秒、ラ・マヒストラルをエビ固めに切り返されてフォール負け。5月30日、後楽園ホール大会でケニー・オメガと対戦。13分23秒、どどんが前方回転エビ固めに切り返されそうになったところに頭部から落とし、最後はどどんで勝利。6月1日、京都KBSホール大会でBUSHIと対戦。11分5秒、どどんを切り返されそうになったところを頭部から落とし、最後はどどんで勝利。6月2日、明石市立産業交流センター大会でKUSHIDAと対戦。11分27秒、変型外道クラッチでフォール勝ち。6月3日、八幡浜市民スポーツセンター大会でTAKAみちのくと対戦。7分31秒、外道クラッチ2でフォール勝ち。6月6日、後楽園ホール大会で4代目タイガーマスクと対戦。7分17秒、タイガースープレックスで勝利。5勝3敗となってBブロックを1位で通過したが、この試合で腰を負傷したため準決勝は欠場した。その後、長期欠場。

2014

14年2月2日、後楽園ホール大会で復帰。4月6日、両国国技館大会でデヴィットと対戦。セコンドの介入を嫌ったデヴィットとクリーンファイトを展開。12分3秒、どどん、どどんスズスロウンから、新技のどどん・ジ・エンドで勝利。試合後にデヴィットと握手。この試合を最後にデヴィットは新日本プロレスを離脱した。5月3日、福岡国際センター大会で飯伏のIWGPジュニア王座に挑戦。14分3秒、シットダウン式ラストライドからのフェニックススプラッシュに敗れた。5月30日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会のメインでケニー・オメガと対戦。16分19秒、クロイツ・ラスに敗れた。5月31日、キラメッセぬまづ大会でニック・ジャクソンと対戦。9分1秒、どどんで勝利。6月1日、明石市立産業交流センター大会でロッキー・ロメロと対戦。11分42秒、どどんで勝利。6月3日、後楽園ホール大会のメインでアレックス・シェリーと対戦。14分9秒、スーパーキック2連発からのオートマティック・ミッドナイトに敗れた。6月4日、春日部ふれあいキューブ大会でタイチと対戦。9分32秒、マイクスタンドで殴られてタイチ式外道クラッチで丸め込まれたが、エビ固めに切り返してフォール勝ち。6月5日、茅野市民館マルチホール大会で4代目タイガーマスクと対戦。11分29秒、タイガースープレックスに敗れた。6月6日、京都KBSホール大会でエル・デスペラードと対戦。10分43秒、どどんで勝利。リーグ戦を4勝3敗の2位で突破。6月8日、代々木第二体育館大会での準決勝でリコシェと対戦。5分49秒、ベナドリラーに敗れた。9月21日、神戸ワールド記念ホール大会でKUSHIDAのIWGPジュニア王座に挑戦。14分55秒 アンクルホールドで勝利。IWGPジュニア王座を獲得。10月13日、両国国技館大会でエル・デスペラードを相手に防衛戦。12分12秒、どどんスズスロウンからのアンクルホールドで勝利。10月25日、後楽園ホール大会でフエゴと組んでスーパージュニア・タッグトーナメントに参戦。1回戦でタイチ、デスペラード組と対戦。12分19秒、タイチの雪崩式ブラックメフィストに田口が敗れた。11月8日、大阪府立体育会館大会でタイチを相手に防衛戦。15分18秒、どどん・ジ・エンド2連発で勝利。

2015

15年1月4日、東京ドーム大会でケニー・オメガを相手に防衛戦。13分20秒、片翼の天使に敗れて王座転落。2月11日、大阪府立体育会館大会でオメガのIWGPジュニア王座に挑戦。13分58秒 片翼の天使に敗れた。5月22日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会のメインで外道と対戦。14分、コンプリートショットからの外道クラッチにフォール負け。5月23日、久喜市総合体育館大会でバルバロ・カベルナリオと対戦。8分43秒、スライディングヒップアタックで勝利。5月26日、山形市総合スポーツセンター第2体育館大会でバレッタと対戦。10分58秒、どどんスズスロウンからのスライディングヒップアタックで勝利。5月30日、後楽園ホール大会でカイル・オライリーと対戦。13分15秒、オーマイ&ガーアンクル(アンクルホールド)で勝利。6月2日、茨城県立スポーツセンター大会で小松洋平と対戦。11分33秒、どどんスズスロウンからのどどんで勝利。6月3日、名古屋国際会議場イベントホール大会でライガーと対戦。8分34秒、ヨーロピアンクラッチを切り返してのエビ固めでフォール勝ち。6月5日、後楽園ホール大会でチェーズ・オーエンズと対戦。18分27秒、パッケージドライバーに敗れた。リーグ戦を5勝2敗で終えて惜しくも首位を逃した。8月4日、仙台サンプラザホール大会でデビッド・フィンレーと対戦。8分20秒、オーマイ&ガーアンクルホールドで勝利。10月18日、国立台湾大学総合体育館大会でジェイ・ホワイトと対戦。10分54秒、オーマイ&ガーアンクルホールドで勝利。10月24日、後楽園ホール大会でのスーパージュニアタッグトーナメント1回戦でドラダと組んでニック・ジャクソン、マット・ジャクソン組と対戦。11分8秒、マットの変型インディテイカーにドラダが敗れた。12月18日、後楽園ホール大会で中邑真輔と対戦。9分10秒、ボマイェに敗れた。

2016

16年2月25日、新宿FACEで行われた若手主体興行「ライオンズゲート」でノアの清宮海斗と対戦。6分20秒、どどんで勝利。5月21日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でマット・サイダルと対戦。10分20秒、どどんで勝利。5月23日、燕市民体育館大会でデビッド・フィンレーと対戦。9分18秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。5月25日、一関市総合体育館大会でロッキー・ロメロと対戦。12分2秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。5月29日、大阪市中央体育館・サブアリーナ大会でKUSHIDAと対戦。16分9秒、腕ひしぎ逆十字固めに敗れた。5月31日、広島グリーンアリーナ・小アリーナ大会でカイル・オライリーと対戦。11分46秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。6月3日、後楽園ホール大会でBUSHIと対戦。10分19秒、毒霧からのエムエックスに敗れた。6月6日、仙台サンプラザホール大会で外道と対戦。9分46秒、外道クラッチガエシーノでフォール勝ち。5勝2敗でリーグ戦を突破。6月7日、仙台サンプラザホール大会での優勝決定戦でウィル・オスプレイと対戦。22分5秒、リバースファイヤーバードスプラッシュからのオスカッターに敗れた。7月20日、後楽園ホールでのスーパーJカップに参戦。1回戦で原田大輔と対戦。14分56秒、どどんからのどどんスズスロウンで勝利。7月27日、「道標明」の名で演歌歌手として活動開始。デビュー曲「みちしるべ」が発売された。8月21日、有明コロシアムでの2回戦で金丸義信と対戦。9分27秒、タッチアウトに敗れた。9月1日、新宿FACEでの「ライオンズゲート」で熊野準と対戦。8分41秒、どどんで勝利。10月21日、後楽園ホール大会でのスーパージュニアタッグトーナメント1回戦でフエゴと組んでライガー、4代目タイガーマスク組と対戦。9分55秒、田口がオーマイ&ガーアンクルでライガーに勝利。10月30日、後楽園ホール大会での準決勝でバレッタ、ロメロ組と対戦。15分26秒、ストロングゼロをくらってバレッタにフエゴがフォール負け。

2017

17年1月5日、後楽園ホール大会のメインで棚橋、中西と組んでSANADAEVIL、BUSHI組の6人タッグ王座に挑戦。13分24秒、中西がヘラクレスカッターでBUSHIに勝利。NEVER6人タッグ王座を獲得した。2月11日、大阪府立体育会館大会でSANADA、EVIL、BUSHI組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。12分15秒、SANADAのSkull Endに中西が敗れて王座転落。3月6日、大田区総合体育館大会で高橋ヒロムのIWGPジュニア王座に挑戦。17分42秒、TIME BOMBに敗れた。4月4日、後楽園ホール大会のメインで棚橋、リコシェと組んでSANADA、EVIL、BUSHI組の6人タッグ王座に挑戦。17分38秒、リコシェがリバース・ロックボトムでBUSHIに勝利。NEVER6人タッグ王座を獲得。5月3日、福岡国際センター大会でSANADA、BUSHI、EVIL組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。15分48秒、BUSHIのエムエックスに田口が敗れて王座転落。5月17日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会で金丸義信と対戦。11分27秒、急所蹴りからの首固めでフォール勝ち。5月20日、松阪市総合体育館大会でボラドール・ジュニアと対戦。9分58秒、どどんで勝利。5月22日、後楽園ホール大会でデスペラードと対戦。12分38秒、ピンチェ・ロコに敗れた。5月25日、小松市末広体育館大会でBUSHIと対戦。9分25秒、エムエックスに敗れた。5月27日、つくばカピオアリーナ大会で4代目タイガーマスクと対戦。9分29秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。5月29日、後楽園ホール大会でKUSHIDAと対戦。22分53秒、バックトゥザフューチャーに敗れた。6月1日、名古屋国際会議場・イベントホール大会でACHと対戦。13分41秒、エビ固めでフォール勝ち。リーグ戦は4勝3敗に終わった。7月8日、RPWの「ブリティッシュJカップ」に参戦し、1回戦でオスプレイと対戦。オスカッターに敗れた。8月13日、両国国技館大会でリコシェと組んでニック・ジャクソン、マット・ジャクソン組のタッグ王座に挑戦。15分13秒、リコシェがシューティングスタープレスでマットに勝利。IWGPジュニアタッグ王座を獲得。9月16日、広島サンプラザホール大会で金丸、タイチ組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分41秒、田口がオーマイ&ガーアンクルで金丸に勝利。10月9日、両国国技館大会でYOH(小松洋平)、SHO(田中翔)組を相手にタッグ王座の防衛戦。14分25秒、合体技の3KをくらってYOHにリコシェがフォール負け。タッグ王座から転落した。10月29日、後楽園ホール大会でACHと組んでスーパージュニアタッグトーナメントに参戦。1回戦でTAKAみちのく、タイチ組と対戦。18分42秒、スーパー69(どどんと変型フェイスバスター)を決めて田口がタイチにフォール勝ち。10月30日、後楽園ホール大会での準決勝でデスペラード、金丸組と対戦。17分6秒、スーパー69を決めてACHが金丸にフォール勝ち。11月5日、大阪府立体育会館大会での決勝でSHO、YOH組と対戦。15分51秒、3KをくらってYOHにACHがフォール負け。11月16日、新宿FACEでの「ライオンズゲート」でGO浅川と対戦。10分31秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。

2018

18年1月27日、北海道立総合体育センター大会で真壁ヘナーレと組んでタマ、タンガファレ組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。9分15秒、タマのドリームキャッチャーにヘナーレがフォール負け。4月1日、両国国技館大会で真壁、エルガンと組んでタンガ、タマ、ファレ組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。11分20秒、タマのガン・スタンに田口が敗れた。5月6日、アイテムえひめ大会で成田蓮と対戦。8分17秒、どどんで勝利。5月18日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。5月19日、後楽園ホール大会でデスペラードと対戦。13分17秒、エル・エス・クレロにフォール負け。5月22日、後楽園ホール大会でドラゴン・リーと対戦。11分14秒、デスヌカドーラに敗れた。5月25日、大阪市中央体育館・サブアリーナ大会でKUSHIDAと対戦。1分34秒、首固めでフォール勝ち。5月27日、名古屋国際会議場・イベントホール大会で高橋ヒロムと対戦。14分49秒、Dに敗れた。5月30日、ビッグパレットふくしま大会でSHOと対戦。13分8秒、郡山スープレックスで勝利。6月2日、ニューサンピア高崎大会でマーティ・スカルと対戦。15分42秒、スモールパッケージホールドにフォール負け。6月3日、後楽園ホール大会でクリス・セイビンと対戦。10分56秒、オーマイ&ガーアンクルホールドで勝利。リーグ戦は3勝4敗に終わった。7月6日、APWとPWRがカリフォルニア州デイリーシティのパチェッリ・ジムで開催した「キング・オブ・インディーズ」に参戦し、1回戦でドラゴン・リーと対戦。デスヌカドーラに敗れた。9月15日、広島サンプラザホール大会でフィンレー、ジュースと組んで石森、タンガ、タマ組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。11分27秒、タンガのエイプシットにフィンレーが敗れた。10月16日から始まったスーパージュニアタッグリーグにACHと組んで参戦。3勝4敗でリーグ戦を終えた。11月10日、カリフォルニア州アナハイムコンベンションセンター大会でロッキー・ロメロと対戦。9分24秒、前方回転エビ固めでフォール勝ち。

2019

19年1月5日、後楽園ホール大会で矢野、真壁と組んで石森、タマ、タンガ組の6人タッグ王座に挑戦。11分33秒、タンガのエイプシットに真壁が敗れた。1月30日、仙台サンプラザホール大会で矢野、真壁と組んで石森、タマ、タンガ組の6人タッグ王座に挑戦。14分44秒、田口がオーマイ&ガーアンクルで石森に勝利。NEVER6人タッグ王座を獲得した。2月11日、大阪府立体育会館大会で石森太二のIWGPジュニア王座に挑戦。16分10秒、ブラディークロスに敗れた。2月22日、後楽園ホールでのROHと新日本プロレスの合同興行でチーズバーガー、デリリアスコルト・カバナ組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。10分16秒、矢野が横入り式エビ固めでデリリアスにフォール勝ち。3月10日、尼崎市記念公園総合体育館大会での「NEW JAPAN CUP」1回戦で天山広吉と対戦。12分8秒、キドクラッチでフォール勝ち。3月16日、後楽園ホール大会での2回戦で棚橋と対戦。17分17秒、ドラゴンスープレックスに敗れた。4月5日、RPWのニューヨーク大会でロッキー・ロメロと対戦。どどんで勝利。4月22日、後楽園ホール大会でタマ・トンガ、タンガ・ロア、ヒクレオ組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。14分17秒、真壁がダイビングニードロップでヒクレオに勝利。5月7日、後楽園ホールでのTAKA&タイチ興行のメインでタイチと対戦。28分4秒、ブラックメフィストに敗れた。5月13日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。5月14日、仙台サンプラザホール大会でYOHと対戦。20分38秒、どどん・ジ・エンドで勝利。5月16日、青森産業会館大会でDOUKIと対戦。21分22秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。5月19日、山形ビッグウイング大会でBUSHIと対戦。14分56秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。5月22日、後楽園ホール大会でロビー・イーグルスと対戦。11分13秒、シートベルトにフォール負け。5月23日、後楽園ホール大会でロッキー・ロメロと対戦。9分58秒、エビ固めでフォール勝ち。5月24日、後楽園ホール大会でバンディードと対戦。10分50秒、21プレックスに敗れた。5月26日、幕張メッセ大会で成田蓮と対戦。7分10秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。5月30日、大阪市中央体育館・サブアリーナ大会でエル・ファンタズモと対戦。20分18秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。6月3日、ジップアリーナ岡山大会でオスプレイと対戦。22分18秒、ストームブレイカーに敗れた。リーグ戦は6勝3敗に終わった。6月17日、後楽園ホール大会で高橋裕二郎、チェーズ・オーエンズ、エル・ファンタズモ組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。15分41秒、矢野が横入り式エビ固めで高橋にフォール勝ち。6月25日、仙台サンプラザホール大会でエル・ファンタズモのブリティッシュクルーザー級王座に挑戦。24分4秒、CR2に敗れた。8月22日、ワシントン州タコマ・テンプルシアターでの新日本プロレス主催の「スーパーJカップ」に参戦し、1回戦でジョナサン・グレシャムと対戦。12分59秒、エビ固めでフォール勝ち。8月24日、新日本プロレスのサンフランシスコ州立大学スチューデントライフイベンツセンター大会での2回戦でドラゴン・リーと対戦。11分37秒、ロディージャドラゴンに敗れた。10月7日、後楽園ホール大会で棚橋弘至、本間朋晃YOSHI−HASHI組を相手に6人タッグ王座の防衛戦。14分44秒、矢野が横入り式エビ固めで本間にフォール勝ち。10月16日から始まったスーパージュニアタッグリーグにロッキー・ロメロと組んで参戦。リーグ戦は4勝3敗に終わった。

2020

20年1月5日、東京ドーム大会で5チーム出場のガントレットマッチで6人タッグ王座の防衛戦。最後に残ったEVIL、鷹木信悟、BUSHI組と対戦。6分8秒、鷹木のMADE  IN JAPANに田口が敗れて王座転落。2月4日、後楽園ホール大会でゲイブリエル・キッドと対戦。8分43秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。2月5日、後楽園ホール大会で辻陽太と対戦。7分33秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。2月20日、後楽園ホール大会でロッキー・ロメロと組んでYOH、SHO組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。26分47秒、合体技のSTRONG Xをくらってロメロが敗れた。2月21日、後楽園ホール大会で矢野通、コルト・カバナと組んでEVIL、鷹木信悟、BUSHI組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。14分15秒、BUSHIのブシロールに田口がフォール負け。6月22日、無観客大会でのNEW JAPAN CUP1回戦でSANADAと対戦。15分47秒、オコーナーブリッジにフォール負け。9月5日から始まったIWGPジュニアタッグ王座決定リーグ戦にマスター・ワトと組んで参戦。1勝2敗に終わった。11月15日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の愛知県体育館大会でデスペラードと対戦。12分35秒、エビ固めでフォール勝ち。11月18日、後楽園ホール大会で石森太二と対戦。11分33秒、エビ固めにフォール負け。11月20日、後楽園ホール大会でマスター・ワトと対戦。10分22秒、エビ固めでフォール勝ち。11月23日、Gメッセ群馬大会でSHOと対戦。17分5秒、ショックアローに敗れた。11月25日、朱鷺メッセ大会でBUSHIと対戦。10分51秒、エムエックスに敗れた。11月29日、後楽園ホール大会で上村優也と対戦。11分26秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。12月2日、大阪市中央体育館大会でロビー・イーグルスと対戦。13分3秒、ロン・ミラー・スペシャルに敗れた。12月5日、鹿児島・サンアリーナせんだい大会で高橋ヒロムと対戦。25分30秒、エビ固めにフォール負け。12月6日、福岡国際センター大会でDOUKIと対戦。8分50秒、どどんで勝利。リーグ戦は3勝6敗に終わった。

2021

21年1月5日、東京ドーム大会でマスター・ワトと組んでデスペラード、金丸義信組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。13分20秒、デスペラードのピンチェ・ロコに田口が敗れた。7月17日、後楽園ホール大会で石森太二と対戦。14分23秒、エビ固めでフォール勝ち。7月25日、東京ドーム大会でロッキー・ロメロと組んで石森太二、エル・ファンタズモ組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。20分56秒、ファンタズモのCTR2に田口が敗れた。8月7日から始まったスーパージュニアタッグリーグにマスター・ワトと組んで参戦。リーグ戦は3勝2敗に終わった。10月29日、青森県武道館大会で藤田晃生と対戦。8分41秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。11月13日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の後楽園ホール大会でロビー・イーグルスと対戦。16分17秒、どどんで勝利。11月15日、後楽園ホール大会でBUSHIと対戦。13分59秒、エムエックスに敗れた。11月18日、長野運動公園総合体育館大会でSHOと対戦。14分42秒、レンチで殴られてショックアローに敗れた。11月21日、愛知県体育館大会でYOHと対戦。14分36秒、どどんで勝利。11月24日、後楽園ホール大会でマスター・ワトと対戦。12分9秒、RPPに敗れた。11月27日、藤沢市秋吉台文化体育館大会で金丸義信と対戦。10分13秒、横入り式エビ固めでフォール勝ち。11月29日、後楽園ホール大会でDOUKIと対戦。11分39秒、エビ固めでフォール勝ち。12月3日、所沢市民体育館・メインアリーナ大会で高橋ヒロムと対戦。8分56秒、名も無きヒロムロールにフォール負け。12月5日、ツインメッセ静岡大会でエル・ファンタズモと対戦。15分12秒、リストロックに敗れた。12月8日、八幡浜市民スポーツセンター大会でエル・デスペラードと対戦。18分11秒、ヌメロ・ドスに敗れた。12月11日、アクリエひめじ大会で石森太二と対戦。12分45秒、どどんで勝利。リーグ戦は5勝6敗に終わった。

2022

22年1月5日、東京ドーム大会でロッキー・ロメロと組んで石森太二、エル・ファンタズモ組、IWGPジュニアタッグ王者のロビー・イーグルス、4代目タイガーマスク組と3WAYでの王座戦。終盤、イーグルスはファンタズモのサドンデスを石森に誤爆させ、4人がかりでファンタズモを羽交い締めにして疑惑のリングシューズを脱がすと、鉛のような金属を発見。凶器が見つかったファンタズモ組は退場。12分7秒、イーグルスのロン・ミラー・スペシャルにロメロが敗れた。2月19日、北海道立総合体育センター大会でマスター・ワトと組んでエル・デスペラード、金丸義信組、石森太二、エル・ファンタズモ組、IWGPジュニアタッグ王者のロビー・イーグルス、4代目タイガーマスク組を相手に4WAYでの王座戦。12分22秒、合体技のNo.9を決めて田口が4代目タイガーマスクにフォール勝ち。IWGPジュニアタッグ王座を獲得した。3月7日、大田区総合体育館大会でNEW JAPAN CUPに参戦し、1回戦でEVILと対戦。7分26秒、EVILに敗れた。4月9日、両国国技館大会で石森太二、エル・ファンタズモ組を相手にタッグ王座の防衛戦。15分13秒、ファンタズモが丸めこもうとしたところで田口が自らタイツを脱いで生尻になると、そのまま顔面に押しつけてフォール勝ち。4月19日、後楽園ホール大会で大岩陵平と対戦。7分42秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。4月28日、山口・KDDI維新ホール大会で藤田晃生と対戦。7分50秒、オーマイ&ガーアンクルで勝利。5月1日、福岡ドーム大会で金丸義信、DOUKI組を相手にタッグ王座の防衛戦。9分10秒、金丸のウイスキー噴射をDOUKIに誤爆させて、田口が後方回転エビ固めで金丸にフォール勝ち。5月15日から始まったベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦。開幕戦の名古屋国際会議場イベントホール大会で高橋ヒロムと対戦。10分32秒、名も無きヒロムロールにフォール負け。5月18日、仙台サンプラザホール大会で石森太二と対戦。12分17秒、ジャックナイフ式エビ固めにフォール負け。5月21日、新青森県総合運動公園大会でフランシスコ・アキラと対戦。12分17秒、エビ固めでフォール勝ち。5月24日、後楽園ホール大会でクラーク・コナーズと対戦。8分25秒、トロフィーキルに敗れた。5月25日、後楽園ホール大会でSHOと対戦。10分53秒、乱入した高橋裕二郎のケイン攻撃をくらって片エビ固めにフォール負け。5月26日、後楽園ホール大会でアレックス・ゼインと対戦。6分14秒、シナモンツイストに敗れた。5月28日、幕張メッセ大会でYOHと対戦。8分1秒、アンダータイツを下げてのフランケツシュタイナーで勝利。5月29日、大田区総合体育館大会でエース・オースティンと対戦。12秒2秒、前方回転エビ固めをこらえてアンダータイツで顔面騎乗してフォール勝ち。5月31日、富山産業展示館・テクノホール西館大会で金丸義信と対戦。2分13秒、変型エビ固めにフォール負け。リーグ戦は3勝6敗に終わった。6月20日、後楽園ホール大会でTJP、フランシスコ・アキラ組を相手にタッグ王座の防衛戦。24分15秒、合体技のザ・リーニング・タワー(ダブルインパクト式ダイヤモンドカッター)をくらってアキラにワトがフォール負けして王座転落。9月25日、神戸ワールド記念ホール大会でマスター・ワトと組んでTJP、フランシスコ・アキラ組のIWGPジュニアタッグ王座に挑戦。12分43秒、ザ・リーニング・タワーをくらってアキラに田口がフォール負け。10月23日、新青森県総合運動公園・マエダアリーナ・メインアリーナ大会で棚橋弘至、ヒクレオと組んでEVIL、高橋裕二郎、SHO組のNEVER6人タッグ王座に挑戦。21分40秒、SHOのショックアローに田口が敗れた。11月21日から始まったスーパージュニアタッグリーグにクラーク・コナーズと組んで参戦。リーグ戦は3勝6敗に終わった。