レスラーノート

アビス

ABYSS

本名:クリス・パークス
1973年10月4日
ワシントンDC出身
192cm 158kg

通称
ザ・モンスター
タイトル歴
IWA世界タッグ
NWA世界ヘビー
NWA世界タッグ
NWAワイルドサイド・ヘビー
TNA・TV
AAA世界タッグ
TNA・Xディビジョン
BCWカンナムヘビー
1PW世界ヘビー
得意技
ブラックホールスラム
ショック・トリートメント(シットダウン式アルゼンチン・バックブリーカー)

オハイオ州クリーブランドの高校ではフットボールで活躍。オハイオ大学でもフットボールで活躍。NFLのピッツバーグ・スティーラーズで93年3月まで在籍した。95年1月にデビュー。デビュー当時はNWFというインディ団体に出場。01年にプリンス・ジャスティスの名でNWAワイルドサイドに登場。5月5日にNWAワイルドサイド・ヘビー級王座を獲得した。その後、アビスに改名。マスクをつけた大型の怪奇派としてアメリカのインディ団体を転戦。

2003

03年5月にIWAプエルトリコでミゲル・ペレスと組んでIWA世界タッグ王座を獲得。6月にTNAにアビスとして登場。6月25日、TNAの放送でエリック・ワッツ対キッド・キャッシュ戦に乱入し、ブラックホールスラムでキャッシュの勝利に貢献。7月2日、TNAの放送でエリック・ワッツと対戦。ブラックホールスラムで勝利。8月27日、TNAの放送でサンドマンと対戦。ブラックホールスラムで勝利。キャッシュのボディガードとして活躍したが、その後、キャッシュと仲間割れ。10月15日、TNAの放送でキッド・キャッシュと対戦。ブラックホールスラムで勝利。10月29日、TNAの放送でキッド・キャッシュとファーストブラッドマッチ。先に額から流血したため敗れた。11月12日、TNAの放送でドン・ハリスと対戦。ブラックホールスラムで勝利。11月19日、TNAの放送でAJスタイルズと対戦。丸めこまれてフォール負け。11月26日、TNAの放送でシャークボーイと対戦。ブラックホールスラムで勝利。12月10日、TNAの放送でレイヴェンと対戦。セコンドが乱入して反則負け。

2004

04年1月28日、TNAの放送でディーロ・ブラウンと対戦。ブラックホールスラムで勝利。2月4日、TNAの放送でエル・レオンと対戦。AJスタイルズが乱入して反則勝ち。試合後、スタイルズと組んでのタッグ王座戦が発表された。同日、スタイルズと組んでケビン・ノースカット、レジェンド組のNWA世界タッグ王座に挑戦。開始直後にエル・レオンが乱入してアビスがバックステージに消えて1対2での対戦となったが、スタイルズが丸めこんでノースカットにフォール勝ち。NWA世界タッグ王座を獲得。2月18日、TNAの放送でAJスタイルズと対戦。ジェフ・ジャレットが乱入して反則負け。2月25日、TNAの放送でAJスタイルズとテーブルマッチ。レフリーが倒れている時にスワンダイブ式ボディプレスを机の上でくらってテーブルが破壊。乱入したレックス・ルガーがスタイルズを場外の机に投げ捨てて机が破壊。レフリーが意識を取り戻し、机の上に倒れているスタイルズを見てアビスの勝利。タッグ王座の所有権を獲得するが、ビンス・ルッソーに王座を剥奪された。3月3日、TNAの放送でAJスタイルズとフォールズ・カウント・エニウェアマッチ。3人のレフリーが離脱する中で乱闘を続け、ノーコンテストに終わった。3月17日、TNAの放送でAJスタイルズとのNWA世界王座挑戦権をかけたラダーマッチに勝利。3月24日、タッグ王座を剥奪された。同日、NWA世界王座挑戦権をかけてロン・キリングスと対戦。ノーコンテスト。4月28日、TNAの放送でサブゥーと対戦。レフリーを暴行して反則負け。5月5日、TNAの放送でエリック・ワッツと対戦。ブラックホールスラムで勝利。6月2日、TNAの放送でDレイ3000と対戦。ブラックホールスラムで勝利。6月4日、TNA・インパクトの第1回放送でシャーク・ボーイと対戦。ブラックホールスラムで勝利。6月18日、TNA・インパクトの放送でDレイ3000と対戦。ブラックホールスラムで勝利。6月30日、TNAの放送でエリック・ワッツと対戦。ブラックホールスラムで勝利。7月21日、TNAの放送でサブゥーとフォールズカウントエニウェアマッチ。場外戦で乱入したレイヴェンが机の上のサブゥーにダイビングエルボードロップを決めてフォール勝ち。8月4日、TNAの放送でソニー・シアキと対戦。ショック・トリートメントで勝利。8月27日、TNAの放送でソニー・シアキと対戦。ブラックホールスラムで勝利。9月10日、TNAの放送でブライアン・オーウェンと対戦。ブラックホールスラムで勝利。9月24日、TNAの放送でフランキー・カポネと対戦。ブラックホールスラムで勝利。10月1日、TNAの放送でルーサー・ジャクソンと対戦。ブラックホールスラムで勝利。10月8日、TNAの放送でジェフ・ハーディーと対戦。丸めこまれてフォール負け。11月5日、TNAの放送でセス・ディレイと対戦。ブラックホールスラムで勝利。11月11日、TNAの放送でAJスタイルズとテーブルマッチ。テーブルの上への雪崩式ブレーンバスターを狙ったが回転エビ固めの要領でパワーボムをくらって敗れた。11月19日、TNAの放送でケビン・ジョーンズと対戦。体当たりで勝利。12月5日、TNAのPPV「ターニングポイント」でモンティ・ブラウンと対戦(画鋲の上への技をかけたら勝利)。画鋲の上へのアルファボムをくらって敗れた。12月24日、TNAの放送でデビッド・ヤングと対戦。ブラックホールスラムで勝利。

2005

05年にはジェフ・ハーディーと抗争。2月4日、TNAの放送でレックス・ロベットと対戦。ブラックホールスラムで勝利。2月13日、TNAのPPV「アゲインスト・オール・オッズ」でジェフ・ハーディーとフルメタルメイヘムマッチ(ハシゴに登り挑戦権利証を獲得すれば勝利)でNWA世界王座挑戦者決定戦。権利証を獲得して勝利。3月13日、TNAのPPV「ディスティネーションX」でジェフ・ハーディーとフォールズカウントエニウェアマッチ。倒れたラダーの上へのツイスト・オブ・フェイトに敗れた。4月1日、TNAの放送でキャシディ・ライリーと対戦。ブラックホールスラムで勝利。4月24日、TNAのPPV「ロックダウン」でAJスタイルズと金網マッチ。金網を脱出しようとするスタイルズの首を鎖で絞めて雪崩式チョークスラムを狙ったが、回転エビ固めの要領でパワーボムをくらってフォール負け。5月6日、TNAの放送でキャシディ・ライリーと対戦。ブラックホールスラムで勝利。5月15日、TNAのPPV「ハード・ジャスティス」でロン・キリングスと対戦。ブラックホールスラムで勝利。5月20日、TNAの放送でクリス・セイビンと対戦。乱入したマイケル・シェーンがセイビンにスーパーキックを決めた直後にショック・トリートメントで勝利。7月1日、TNAの放送でソニー・シアキと対戦。ブラックホールスラムで勝利。7月8日、TNAの放送でキャシディ・ライリーと対戦。ブラックホールスラムで勝利。7月17日、TNAのPPV「ノーサレンダー」でレイヴェンのNWA世界ヘビー級王座にドッグカラーマッチで挑戦。画鋲の上へのパワーボムをくらったがカウント2で返し、ブラックホールスラムを決めたがカウント2で返されて、最後は画鋲の上へのDDTに敗れた。8月5日、TNAの放送でアポロと対戦。ブラックホールスラムで勝利。8月14日、TNAのPPV「サクリファイス」でランス・ホイットと対戦。ブラックホールスラムで勝利。9月11日、TNAのPPV「アンブレイカブル」でサブゥーとノーDQマッチ。画鋲の上へのブラックホールスラムで勝利。9月15日、BCWのオンタリオ州ウィンザー大会でボビー・ルードを破りBCWカンナムヘビー級王座を獲得。10月8日、TNAの放送でソニー・シアキと対戦。ブラックホールスラムで勝利。10月14日、ROHのオハイオ州クリーブランド大会でジャック・エバンスと対戦。ブラックホールスラムで勝利。10月29日、TNAの放送でランス・ホイットと対戦。ブラックホールスラムで勝利。11月13日、TNAのPPV「ジェネシス」でサブゥーとハードコアマッチ。ブラックホールスラムで勝利。11月19日、TNAの放送でライノと対戦。ゴアに敗れた。11月26日、TNAの放送でジェフ・ハーディーと対戦。ツイスト・オブ・フェイトに敗れた。12月3日、TNAの放送でケニー・キングと対戦。ブラックホールスラムで勝利。12月11日、TNAのPPV「ターニング・ポイント」でサブゥーとバーブド・ワイヤー・マサカーマッチ。有刺鉄線のついた板で上下に挟まれヒップドロップをくらって敗れた。12月24日、TNAの放送でクリス・セイビンと対戦。ブラックホールスラムで勝利。

2006

06年1月6日、1PWのイギリス・ドンカスター大会でサブゥーと1PW王座決定トーナメント予選試合。画鋲の上へのブラックホールスラムで勝利。1月13日、バージニア州エンポーリアでのUWFとTNAの合同興行でサブゥーとハードコアマッチ。ブラックホールスラムで勝利。1月14日、TNAの放送でジェイ・リーサルと対戦。ショック・トリートメントからのブラックホールスラムで勝利。同日、バージニア州サウスヒルでのUWFとTNAの合同興行でディーロ・ブラウンと対戦。ブラックホールスラムで勝利。1月15日、TNAのPPV「ファイナル・レゾリューション」でライノと対戦。ブラックホールスラムで勝利。1月28日、TNAの放送でライノと対戦。場外で両者がダウンして動けなくなりノーコンテスト。2月10日、バージニア州ハリソンバーグでのUWFとTNAの合同興行でサブゥーと棺桶マッチ。机の上へのアラビアン・フェイスバスターをくらってリングサイドの棺桶に落とされて敗れた。2月12日、TNAのPPV「アゲインスト・オール・オッズ」でライノとフォールズカウントエニウェアマッチ。観客2階スタンド席の1列目の通路でゴアをくらってスタンド席の横の通路に置かれた机の上に転落してフォール負け。3月4日、1PWのイギリス・ドンカスター大会でのトーナメント1回戦でダレン・ブリッジと対戦。ブラックホールスラムで勝利。同日の準決勝でクリストファー・ダニエルズと対戦。ショック・トリートメントで勝利。同日の決勝でAJスタイルズと対戦。ブラックホールスラムで勝利。トーナメントに優勝し、1PW世界ヘビー級王座を獲得した。3月5日、1PWのイギリス・ドンカスター大会でスパッドを相手に防衛戦。ブラックホールスラムで勝利。同日、ウルフ・ハーマンを相手に防衛戦。画鋲をまかれて火がついた机の上へのチョークスラムで勝利。3月18日、TNAの放送でキャシディ・ライリーと対戦。ブラックホールスラムで勝利。3月31日、バージニア州ダンビルでのUWFとTNAの合同興行でライノと対戦。ゴアに敗れた。4月1日、バージニア州マーティンズビルでのUWFとTNAの合同興行でライノとハードコアマッチ。ゴアに敗れた。4月8日、TNAの放送でAJスタイルズと対戦。クリスチャン・ケージが乱入してアビスに襲いかかりノーコンテスト。4月14日、バージニア州ファームビルでのUWFとTNAの合同興行でクリスチャン・ケージのNWA世界ヘビー級王座に挑戦。アンプリティアーに敗れた。4月23日、TNAのPPV「ロックダウン」でクリスチャン・ケージのNWA世界ヘビー級王座に金網マッチで挑戦。金網の外にぶら下がった相手を追いかけて首をつかんだが、回転エビ固めの要領で散らばった画鋲の上にパワーボムをくらってしまい、なんとかカウント2で返す。ブラックホールスラムを決めたがカウント2で返されて、最後は画鋲の上へのアンプリティアーに敗れた。4月24日、TNAのフロリダ州オーランド大会でAJスタイルズと金網マッチで対戦。金網の頂上で首をつかんだが、指に噛みつかれて脱出され、サンセットフリップ・パワーボムに敗れた。4月27日、TNAの放送でライノと対戦。ブラックホールスラムで勝利。5月11日、TNAの放送でチェーズ・スティーブンスと対戦。机の上へのチョークスラムで勝利。5月14日、TNAのPPV「サクリファイス」でクリスチャン・ケージのNWA世界ヘビー級王座にフルメタルメイヒムマッチで挑戦。机の上に寝た状態でラダーの上からのダイビング・ボディプレスをくらい、ベルトを獲得されて敗れた。5月18日、TNAの放送でライノと対戦。ブラックホールスラムで勝利。6月9日、ペンシルベニア州フィラデルフィアでのUWFとTNAの合同興行でブラザー・ラントと対戦。画鋲の上へのブラックホールスラムで勝利。7月13日、TNAの放送でノーマン・スマイリーと対戦。ブラックホールスラムで勝利。7月21日、ノースカロライナ州ウィリアムストンでのUWFとTNAの合同興行でジェイ・リーサルと対戦。ブラックホールスラムで勝利。7月22日、ノースカロライナ州ジャクソンビルでのUWFとTNAの合同興行でサモア・ジョー、ライノとモンスターズボールマッチ。ライノがゴアを自爆してコーナーに立てかけた机に激突。ジョーのコキーナクラッチにアビスが敗れた。8月10日、TNAの放送でシャーク・ボーイと対戦。ブラックホールスラムで勝利。8月11日、サウスカロライナ州コロンビアでのUWFとTNAの合同興行でブラザー・ラントと対戦。画鋲の上へのボディスラムで勝利。8月12日、サウスカロライナ州アンダーソンでのUWFとTNAの合同興行でロン・キリングスと対戦。ブラックホールスラムで勝利。8月13日、TNAのPPV「ハードジャスティス」でブラザー・ラントと対戦。画鋲の上へのブラックホールスラムで勝利。8月24日、TNAの放送でキャシディ・ライリーと対戦。ブラックホールスラムで勝利。8月31日、TNAの放送でブラザー・ラントと画鋲1万個マッチ(画鋲の上に落としたら勝ち)。画鋲の上に投げ落として勝利。9月14日、TNAの放送でレイヴェンとハングマンズ・ホラーマッチ。リング上から場外のレイヴェンに鎖を首に巻きつけて絞めあげて勝利。9月24日、TNAのPPV「ノーサレンダー」でレイヴェン、ブラザー・ラントと3WAYでのノーDQマッチ。アビスがブラックホールスラムでレイヴェンに勝利。9月29日、バージニア州リッチモンドでのUWFとTNAの合同興行でライノと対戦。ゴアに敗れた。9月30日、バージニア州フランクリンでのUWFとTNAの合同興行でサモア・ジョーと対戦。コキーナクラッチに敗れた。10月26日、TNAの放送でファイト・フォー・ザ・ライト・トーナメントに参戦し、18人参加のリバース・バトルロイヤル(場外から始めて先にリングインしたら勝ち)に勝利。次戦は、リングに上がった7人でのバトルロイヤル。最後に残ったランス・ホイットとのシングルマッチとなり、ブラックホールスラムで勝利。決勝に進出した。11月9日、TNAの放送での決勝でAJスタイルズと対戦。スタイルズがスタイルズクラッシュの体勢に入ったところで乱入したクリス・セイビンがスタイルズにキック。直後にブラックホールスラムで勝利。ファイト・フォー・ザ・ライト・トーナメントに優勝した。11月16日、TNAの放送でカート・アングルと対戦(アングルのTNA第1戦)。アンクルロックに敗れた。11月10日、ペンシルベニア州フィラデルフィアでのUWFとTNAの合同興行でカート・アングルと対戦。画鋲の上へのオリンピックスラムに敗れた。11月19日、TNAのPPV「ジェネシス」でスティングのNWA世界ヘビー級王座に挑戦。場外のステージから有刺鉄線が敷き詰められた台の上に落とされたが、その前にスティングが制止するレフリーをラリアットで倒していたため反則勝ち。NWA世界ヘビー級王座を獲得した。12月10日、TNAのPPV「ターニング・ポイント」でクリスチャン・ケージ、スティングを相手に3WAYでの防衛戦。ブラックホールスラムでスティングに勝利。12月14日、TNAの放送でロン・キリングスと対戦。ブラックホールスラムで勝利。12月15日、ノースカロライナ州ナイトデールでのUWFとTNAの合同興行でクリストファー・ダニエルズと対戦。ブラックホールスラムで勝利。12月16日、バージニア州サウスヒルでのUWFとTNAの合同興行でブラザー・ラントを相手に防衛戦。画鋲の上へのブラックホールスラムで勝利。

2007

07年1月11日、TNAの放送でトムコと対戦。ブラックホールスラムを決めてカウント3直前でクリスチャン・ケージが乱入して反則勝ち。1月5日、ポルトガル・リスボンでのAPWとTNAの合同興行でクリスチャン・ケージを相手に防衛戦。ブラックホールスラムで勝利。1月6日、ポルトガル・ポルトでのAPWとTNAの合同興行でクリスチャン・ケージを相手にストリートファイトマッチで防衛戦を行ない、勝利。1月14日、TNAのPPV「ファイナル・レゾリューション」でスティング、クリスチャン・ケージを相手に3WAYでの防衛戦。クリスチャンがフロッグスプラッシュでスティングに勝利して王座転落。1月20日、TNAのアラバマ州バーミンガム大会でカート・アングルと対戦。アンクルロックに敗れた。2月8日、TNAの放送でチェーズ・スティーブンスと対戦。ブラックホールスラムで勝利。2月11日、TNAのPPV「アゲインスト・オール・オッズ」でスティングとプリズンヤードマッチ(リング上に置かれた巨大な檻の中に入れたら勝利)。有刺鉄線ボードが置かれた机の上へのパワーボムをくらって檻に入れられて敗れた。3月11日、TNAのPPV「ディスティネーションX」でスティングとラストライツマッチ。立てた2脚のイスの上に石の板(墓標)を置いて雪崩式ブレーンバスターを狙ったが反撃されて自分がその上に落下。棺桶に入れられて敗れた。3月29日、TNAの放送でカート・アングルと対戦。丸めこまれてフォール負け。4月19日、TNAの放送でクリスチャン・ケージと組んでレイ、ディーボン組のNWA世界タッグ王座に挑戦。3Dにアビスが敗れた。6月14日、TNAの放送でクリスチャン・ケージと対戦。イスで殴って反則負け。6月17日、TNAのPPV「スラミバーサリー」でトムコとノーDQマッチ。ブラックホールスラムで勝利。7月12日、TNAの放送でランス・ホイットと対戦。ブラックホールスラムで勝利。7月26日、TNAの放送でAJスタイルズとノーDQマッチ。乱入したトムコの画鋲の上へのダブルハンドチョークスラムをくらってフォール負け。8月16日、TNAの放送でクリスチャン・ケージとファーストブラッドマッチ。イス攻撃で流血させて勝利。9月9日、TNAのPPV「ノーサレンダー」でカート・アングルのTNA世界ヘビー級王座に挑戦。アンクルロックに敗れた。9月13日、TNAの放送でカート・アングルと金網サブミッションマッチ。アンクルロックを決めたところでジューダス・メシアス(リッキー・バンデラス)がリング下からマットを突き破り乱入してアビスに襲いかかりノーコンテスト。10月18日、TNAの放送でディスコ・インフェルノと対戦。ブラックホールスラムで勝利。11月11日、TNAのPPV「ジェネシス」でブラック・レインとショップ・オブ・ホラーズマッチ。ブラックホールスラムで勝利。11月15日、TNAの放送でブラック・レイン、レリック(ジョニー・スタンボリー)と3WAYマッチ。アビスがブラックホールスラムでレリックに勝利。

2008

08年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会に初来日。中西学と対戦。花道で画鋲をまき、ボディスラムで中西をたたきつけようとしたが、逆にフェイスクラッシャーでたたきつけられた。6分、大☆中西ジャーマンに敗れた。1月6日、TNAのPPV「ファイナル・レゾリューション」でジューダス・メシアスと対戦。有刺鉄線が巻かれたイスで殴られてフォール負け。1月17日、TNAの放送でランス・ホイットと対戦。ブラックホールスラムで勝利。2月10日、TNAのPPV「アゲインスト・オール・オッズ」でジューダス・メシアス(リッキー・バンデラス)とバーブドワイヤー・マサカーマッチ(ローブの代わりに有刺鉄線、リングには有刺鉄線ボード)。14分51秒、有刺鉄線ボードへのブラックホールスラムで勝利。2月11日にスコット・スタイナーと試合が組まれていたが、有刺鉄線マッチでのダメージがひどいのを理由に試合前に退場した。その後は長期欠場。6月8日、PPV「スラミバーサリー」のカズ対ピーティ・ウィリアムス戦後にスコット、ラッカ・カーン、ウィリアムスに攻撃されているカズを救出するために登場し、3人にブラックホールスラムを決めた。9月4日、TNAの放送でジョニー・デバインと対戦。ブラザー・レイとブラザー・ディーボンが乱入してノーコンテスト。9月11日、TNAの放送でクリスチャン・ケージと対戦。アンプリティアーをくらった直後にカート・アングルとブッカーTが乱入して反則負け。10月30日、TNAの放送でカート・アングルと対戦。場外でイスで殴られて反則勝ち。11月9日、PPV「ターニングポイント」でカート・アングルとフォールズカウント・エニウェア・マッチで対戦。スペイン語実況席後ろの放送用の足場からデッドリードライブで投げようとしたが、逆に実況席にたたき落とされてフォール負け。12月7日、TNAのPPV「ファイナル・レゾリューション」でマット・モーガンと組んでジェームズ・ストーム、ボビー・ルード組のTNA世界タッグ王座に挑戦。ストームにメリケンサックで殴られてアビスがフォール負け。12月11日、TNAの放送でジェームズ・ストームとビアボトル・オン・ア・ポールマッチ(1つのコーナーにあるポールの上に設置された瓶ビールの使用可能)。リングサイドにいたボビー・ルードに場外からイスで殴られてフォール負け。

2009

09年1月29日、TNAの放送でスコット・スタイナーとウェポンマッチ(アビスのみに凶器の使用が認められたルール)。鉄パイプを使われて反則勝ち。2月8日、TNAのPPV「アゲインスト・オール・オッズ」でマット・モーガンと対戦。ブラックホールスラムで勝利。2月12日、TNAの放送でライノと組んでジェームズ・ストーム、ロバート・ルード組のTNA世界タッグ王座に挑戦。乱入したマット・モーガンにイスで殴られてストームにアビスがフォール負け。3月15日、TNAのPPV「ディスティネーションX」でマット・モーガンと画鋲1万個マッチ。バイシクルキックをくらって入場花道の下の画鋲がまかれたテーブルに落とされて敗れた。4月19日、TNAのPPV「ロックダウン」でマット・モーガンと金網内でのドゥームズデイ・チェンバー・オブ・ブラッドマッチ(流血させてフォールすれば勝利)。両者流血し、画鋲の上へのダブルハンド・チョークスラムに敗れた。4月30日、TNAの放送でコーディ・ディーナーとウェポンマッチ。ブラックホールスラムで勝利。6月25日、TNAの放送でケビン・ナッシュと対戦。ドクター・スティービーにスタンガンを押しつけられてフォール負け。7月19日、TNAのPPV「ビクトリーロード」でドクター・スティービーとノーDQマッチ。胸にスタンガンを押しつけてフォール勝ち。8月16日、TNAのPPV「ハード・ジャスティス」でジェスロ・ホリデー(トレバー・マードック)と対戦。メリケンサックを付けて殴りかかってきた相手にブラックホールスラムを決めて勝利。9月10日、TNAの放送でドクター・スティービーと対戦。ブラックホールスラムで勝利。9月20日、TNAのPPV「ノーサレンダー」でケビン・ナッシュのレジェンド王座に挑戦。股間にスタンガンを押しつけられてフォール負け。9月24日、TNAの放送でミック・フォーリーと組んでブッカーT、スコット・スタイナー組のTNA世界タッグ王座に挑戦。フォーリーに裏切られてDDTをくらってしまい、ブッカーTのアックスキックにアビスが敗れた。10月18日、TNAのPPV「バウンド・フォー・グローリー」でミック・フォーリーと対戦。有刺鉄線ボード上へのチョークスラムで勝利。10月29日、TNAの放送でドクター・スティービーとハードコアマッチ。ショックトリートメントで勝利。11月12日、TNAの放送でドクター・スティービーと対戦。ブラックホールスラムを決めてカウント3直前で場内暗転。照明がつくとアビスが倒れていてそのままフォール負け。ミック・フォーリーが救出に入るが場内暗転。フォーリーに火の玉を浴びせてレイヴェンが登場した。11月19日、TNAの放送でドクター・スティービー、レイヴェンとハンディキャップマッチ。11月26日、TNAの放送でチャンピオンシップ・シリーズ・トーナメントに参戦し、1回戦でボビー・ラシュリーと対戦。スピアーからのドラゴンスリーパーに敗れた。12月3日、TNAの放送でクリストファー・ダニエルズと対戦。ローブローから丸めこまれてフォール負け。12月20日、TNAのPPV「ファイナル・レゾリューション」でミック・フォーリーと組んでドクター・スティービー、レイヴェン組と対戦。アビスがブラックホールスラムでレイヴェンに勝利。

2010

10年1月4日、サモア・ジョーと対戦。コキーナクラッチに敗れた。1月17日、PPV「ジェネシス」でミスター・アンダーソンと対戦。イス攻撃をレフリーに止められている間にアンダーソンがタイツからブラスナックルを取りだし、パンチされて敗れた。3月8日、TNAが放送時間をWWEと同時間に変更した最初の大会でハルク・ホーガンと組んでスタイルズ、フレアー組と対戦。スティングの乱入の結果、無効試合。大会のメインで同一カードでの再戦を行ない、アビスがブラックホールスラムでAJにフォール勝ち。3月21日、PPV「ディスティネーションX」でAJスタイルズのTNA王座に挑戦。スワンダイブ式の450°スプラッシュをカウント2で返し、ハルクアップ、パンチ、ビッグブーツからチョークスラムを決めたが衝撃でリングが陥没。無効試合に終わった。5月16日、PPV「サクリファイス」でデズモンド・ウルフと対戦。ブラックホールスラムで勝利。6月13日、PPV「スラミバーサリー」でデズモンド・ウルフと対戦。ブラックホールスラムで勝利。7月11日、PPV「ヴィクトリーロード」で王者のRVD、ジェフ、アンダーソンを相手に4WAYでの王座戦。アビスが2人まとめてフォールしているところにファイブスター・フロッグスプラッシュをくらってしまい、RVDがアンダーソンにフォール勝ち。8月9日、RVDのTNA王座に挑戦。ファイブスター・フロッグスプラッシュに敗れた。9月5日、PPV「ノーサレンダー」でライノと対戦し、ブラックホールスラムで勝利。10月10日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でRVDと対戦し、ファイブスター・フロッグスプラッシュに敗れた。11月7日、PPV「ターニングポイント」でディアンジェロ・ディネロとランバージャックマッチで対戦。ディネロを応援するファンがランバージャックとしてリングを取り囲んでの試合となった。試合終盤に現れたビショフがファンを買収。ファンが場外でディネロを痛めつけ、直後にブラックホールスラムでフォール勝ち。12月5日、PPV「ファイナル・レゾリューション」でディネロを相手に棺桶マッチで対戦。エプロンから棺桶へのチョークスラムで勝利。

2011

11年1月9日、PPV「ジェネシス」でダグのTV王座に挑戦。アビスが場外で凶器を手にした瞬間、AJが乱入してベルトで殴り、ダグがダウン。リングに戻ってブラックホールスラムを決めて勝利。TNA・TV王座を獲得。4月17日、PPV「ロックダウン」のメインでレイマット・ハーディー、フレアーと組んでフォーチュン(カザリアン、ビアマネーインク、ダニエルズ)を相手にリーサル・ロックダウンマッチで対戦。凶器が入り乱れる金網での大乱戦の末、ルードの脇固めにフレアーが敗れた。5月15日、PPV「サクリファイス」でクリムゾンと対戦。スパインバスターに敗れた。5月16日、カザリアンを破りXディビジョン王座を獲得。6月12日、PPV「スラミバーサリー」でカザリアン、ケンドリックを相手に防衛戦。ジャンピングキックをカザリアンに決めたケンドリックを場外に落とし、ダウンしたカザリアンをフォールして勝利。6月18日、AAAの「トリプレマニア」でミスター・アンダーソンと組んでジャック・エバンス、エクストリーム・タイガー組のタッグ王座に金網マッチで挑戦して敗れた。7月10日、PPV「ディスティネーションX」でブライアン・ケンドリックを相手に防衛戦。チョークスラムをエビ固めに切り返されてフォール負け。Xディビジョン王座から転落した。8月7日、PPV「ハードコアジャスティス」でイモータルのガンナー、スコット・スタイナーと組んでフォーチュンのダニエルズ、カザリアン、AJスタイルズ組と対戦。AJのセカンドロープの反動を利用したペレキックをくらってアビスが敗れた。10月9日、モンテレイでのAAAのビッグショー「エロエス・インモルタレス」でチェスマンと組んでエクストリーム・タイガー、ジャック・エバンス組を破りAAA世界タッグ王座を獲得。11月13日、PPV「ターニングポイント」でアンダーソンと組んでブリー・レイ、スコット・スタイナー組と対戦。アビスがブラックホールスラムでスコットに勝利。

2012

12年1月8日、PPV「ジェネシス」でブリー・レイとモンスターズ・ボール・マッチ(ストリートファイトマッチ)で対戦。ブラックホールスラムで勝利。3月、アビスの「弟」のジョセフ・パークとして登場。6月10日、PPV「スラミバーサリー」でジョセフ・パークとしてブリー・レイと対戦。試合の途中でリング下に姿を消し、アビスに変身してリングイン。チョークスラムを決めてテーブル破壊。もう一度リング下に姿を消し、ジョセフに戻ってフォール勝ち。11月11日、PPV「ターニングポイント」でジョセフとしてDOCと対戦。チョークスラムに敗れた。

2013

13年1月13日、TNAのPPV「ジェネシス」でジョセフとしてディーボンと対戦。スクールボーイにフォール負け。1月31日、TNAの放送でジョセフとしてロビーEと対戦。コーナー2段目からのボディプレスで勝利。3月10日、TNAのPPV「ロックダウン」でジョセフとしてジョーイ・ライアンと対戦。トップロープからの回転エビ固めをこらえて、ヒップドロップでフォール勝ち。3月21日、TNAの放送でジョセフとしてマット・モーガンと対戦。カーボン・フットプリントに敗れた。5月16日、TNAの放送でジョセフとしてディーロ・ブラウンと対戦。ブラックホールスラムで勝利。6月2日、TNAのPPV「スラミバーサリー」でディーボンのTV王座に挑戦。ブラックホールスラムで勝利。TV王座を獲得した。6月13日、TNAの放送でジョセフとしてクリムゾンと対戦。丸めこんでフォール勝ち。6月20日、TNAの放送でジョセフとしてミスター・アンダーソンと対戦。マイクチェックに敗れた。7月5日(収録は3月19日)、TNAの「ワン・ナイト・オンリー」でジョセフとしてジューダス・メシアスとモンスターズボールマッチ。チョークスラムで勝利。8月1日、TNAの放送でジョセフとしてジェイ・ブラッドリーと対戦。サモアンドロップで勝利。9月19日、TNAの放送でジョセフとしてロビーEと対戦。丸めこんでフォール勝ち。11月14日、TNAの放送でジョセフとしてクリストファー・ダニエルズと対戦。丸めこまれてフォール負け。

2014

14年1月2日、TNAの放送でジョセフとしてブリー・レイと対戦。急所を蹴られて反則勝ち。3月2日、W−1の両国国技館大会に来日し、高山善廣と対戦。6分45秒、レフリー暴行により両者反則負け。5月4日、W−1の東京ドームシティホール大会に来日し、カザリアンと組んでムタTAJIRI組と対戦。試合終盤、画鋲をまき散らして襲いかかったがダブルの毒霧をくらってしまい、間違ってカザリアンを画鋲の上に叩きつけてしまい、13分27秒、ムタのシャイニングウィザードからTAJIRIのバズソーキックをくらってカザリアンが敗れた。6月7日、HOHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でトミー・ドリーマーを相手にモンスターズボールマッチ。12分54秒、画鋲の上へのチョークスラムで勝利。9月7日、AAWのオハイオ州クリーブランド大会でリッキー・シェイン・ペイジと対戦。有刺鉄線テーブルへのチョークスラムで勝利。9月19日、ジェームス・ストームと組んでエディ・エドワーズデイビー・リチャーズ組を破りTNA世界タッグ王座を獲得。10月12日、TNAが後楽園ホールで開催した年間最大PPV「バウンド・フォー・グローリー」でトミー・ドリーマーと組んでブリー・レイ、ディーボン組と対戦。12分47秒、ダッドリー・デス・ドロップをくらってディーボンにドリーマーがフォール負け。

2015

15年11月6日、AAWのイリノイ州メリオネット・パーク大会でクリスチャン・フェイスと対戦。ブラックホールスラムで勝利。11月13日、HOHのペンシルベニア州フィラデルフィア大会でライノを相手にノーDQマッチ。ゴアに敗れた。

2016

16年1月、ローズマリー、クレイジー・スティーブと組んで怪奇派ユニット「ディケイ」を結成。3月19日、クレイジー・スティーブと組んでビアマネーインクを破りTNA世界タッグ王座を獲得。10月2日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でハーディーズを相手にタッグ王座の防衛戦。ジェフのラダーの上からのスワントーンボムにスティーブが敗れて王座転落。

2017

17年1月20日、AAWのイリノイ州メリオネット・パーク大会でコルト・カバナと対戦。ブラックホールスラムで勝利。3月17日、AAWのイリノイ州ベルウィン大会でホミサイドと対戦。ブラックホールスラムで勝利。4月27日、GFW(インパクト・レスリング)の放送でクレイジー・スティーブと組んでLAXのタッグ王座に挑戦。スティーブがテーブルへのブレーンバスターをくらって敗れた。6月17日、AAWのイリノイ州メリオネットパーク大会でロウ・キーと対戦。丸めこまれてフォール負け。11月5日、PPV「バウンド・フォー・グローリー」でグラドを相手にモンスターボールマッチ。ブラックホールスラムで勝利。12月2日、HOHのウィスコンシン州ウォキショー大会でトミー・ドリーマーとハードコアマッチ。ブラックホールスラムで勝利。

2018

18年3月1日、インパクトの放送でジョセフ・パークとして出場し、コンゴ・コングと対戦。ダイビング・ボディプレスに敗れた。3月22日、インパクトの放送でアビスとしてコンゴ・コングとモンスターボールマッチ。ダイビング・ボディプレスに敗れた。

2019

19年1月6日、インパクト・レスリングのPPV「ホームカミング」でイーライ・ドレイクとモンスターズボールマッチ。オールで殴られてフォール負け。同月、WWEとプロデューサーとして契約。